買い物するならAmazonと楽天どっち?メリットを比較してみた

買い物するなら「Amazon」と「楽天市場」どっち?メリットを比較してみた

Amazonは送料無料が最大のメリット

ネットでの買い物は、だいたいAmazonか楽天のどっちかが多いと思います。Yahooショッピングもありますが今回は2つで考えてみます。自分は急いでいる時はAmazonでポイントが狙える少し大きな買い物は楽天を使っています。今回は両サイトのメリット・デメリットをを比較してみました。

今回、Amazonのプライム会員(年会費3,900円・税込)を前提に書きますが「なぜAmazonが好きなのか?」を考えてみるとこうなります。

なぜAmazonが好きなのか?

  • 送料が無料
  • 商品検索がしやすい!
  • 購入後もDMが来ない
  • レビューが辛口で信頼できる
  • サイトの表示速度が早い!

これがすべての理由になります。

商品を探す時に一覧で出てくるのが非常に楽です。商品ページがパターン化しているので「次へ次へ」とストレスなく見ることが出来ます。その間、余計な文章やバナーが無いので脳みそに余計なノイズが入る事が無く商品探しに集中ができます。

楽天の場合、商品をクリックすると販売店のページに行って、そして関係の無い商品のバナーをスルーしながら下へ下へ行くと、ようやく商品にたどり着きます。

楽天は各店舗によってレイアウトが違うのと、使っているページのカラーやバナーが派手なので集中力がそがれます。脳みそにノイズが入り、ストレスを感じます。

時間で計算すると、楽天で1個の商品を見るとしたら、Amazonで50個の商品を見る事が出来るのではないでしょうか。

また、Amazonはプライム会員になっておくと送料無料で購入後も一切DMが来ません。この辺がAmazonの良い所といえます。

Amazonのメリット

  • 送料が無料
  • 商品探しが簡単
  • レビューの信頼度が辛口で信頼感がある
  • 商品の到着日が購入前に分かる
  • ワンクリックで買える
  • 中古商品の取り扱いも多く、書籍・電子書籍・CD・DVDが豊富
  • 返品が簡単

Amazonのデメリット

  • ポイントが貯まりにくい(ほぼ貯まらない)
  • サービスを充実させるなら有料会員が必須

自分は昔、プライム会員ではありませんでした。当時は無料会員でも、わりと翌日に届いていました。そのうちプライム会員が年々増えてきたせいもあって、無料会員は届くのが翌日→3日後などになって来て。。「これは、いかんなー」と思いプライム会員になったのですが、入る前は年会費の3,900円(税込)がなんとなくイヤでした。

感覚でいうと、まだ水やお茶をコンビニで買うのに抵抗感のある時代のような、あの感覚です。なんでお宅で商品を買っているのに有料会員にならないとダメなの。みたいな。

今ではプライム会員なしでは考えられません。便利です。

Amazonでおすすめのクレジットカードはダントツで還元率「3.2%」のJCBカード amazonでの買い物は還元率3.2%のJCBカードが1番 目次 通常ポイントで1倍分 Amazonは海外扱いなのでポイントUP(1倍分) 「Oki Dokiランド」のボーナスポイントが発生(1倍分) JCBスターメンバーズの加算ポイントも付く これらをすべて足すと3.2倍になる... この記事を読む JCB CARD Wがポイント爆発中!9月28日までポイント4倍! JCBカードが爆発中!3月31日までポイント4倍! 2017年10月に誕生した「JCBオリジナルシリーズ」(プロパカード)の2種類の「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」が現在ポイント4倍のキャンペーンをしております。「ポイント4倍」というと期間... この記事を読む

Prime Musicは音楽が聞き放題

プライムミュージック

サービスの内容はザックリ書くとこんな感じになります。

  • 100万曲以上の楽曲や数100のプレイリスト、そしてプライムラジオが聴き放題
  • ダウンロード後にオフラインでの再生も可能

楽曲の種類は多いと思います。プライム会員はすべて無料で聴けますので、飽きることはありません。また、新曲の追加などもコマめにしてくれます。

その中でもプライムラジオというのが優れもので「AMラジオ」などをイメージしますが、実際はそういうものではなく、仮に「J-POP」のジャンルを選択して聞くとします。

するとエンドレスで曲が流れる仕組みになっていて非常に便利です。最後まで曲が流れると止まってしまう「アルバム」を聴くより便利です。

さらに再生中に、親指マークが上を向いた”サムアップ(お気に入り)”あるいは親指マークが下を向いた”サムダウン(気に入らない)”を選択していくと、どんどん自分好みの楽曲が流れるように変わっていきます。一度「気に入らない」をクリックした曲は、その後流れることはありません。

プライムミュージックは便利ですが著作権OKの曲しか流れません。世の中にある音楽全てが聴けるわけではないし、むしろ世の中の音楽の一部といえます。おそらく「聞き放題サービス」はどこでも同じと思います。

Amazon音楽聴き放題「PrimeMusic」(30日間無料お試し)

Amazonパントリーを使ってみたメリットとデメリット Amazonパントリーのメリットとデメリット Amazonパントリーとは「Amazonプライム会員向けのサービス」で、食品・日用品などを1つのダンボールで購入できるシステムです。送料は290円かかります。欲しいモノだけをその都度買えば良いのではないか?と疑問に思いますが、今回どんなものなのか!「Amazonパントリー」を試してみました。 この記事を読む

プライムビデオで映画が見放題

amazon プライムビデオ

プライム・ビデオはプライム会員になると自動で付いて来るサービスで映画が見放題になります。

プライム・ビデオは見放題

  • 洋画
  • 邦画
  • 海外テレビドラマ
  • 国内テレビドラマ
  • アニメ
  • お笑い・バラエティー
  • 趣味番組
  • 音楽
  • ライブ

もちろん「スラムダンク」も見れます!。類似サービスで「Hulu」など多数ありますが、タイトル数は「Hulu」の方が多いです。

ただ、Amazonの「プライム・ビデオ」は人気の高い映画などをわりと揃えてくれているので、自分的にはわざわざ「Hulu」の1,007円(税込)を払うよりは、Amazonの会員料金の範囲内のプライム会員に価値を置いています。

また、無料で見れないタイトルはその場で決済をすれば、すぐに見ることが出来るのもありがたいです。だいたい1本400円くらいで見れます。

Amazonプライムビデオは30日間無料で見れます

1時間以内に商品が届くAmazonプライムナウ

Amazonプライムナウ

Amazonプライム会員向けのサービスで1時間以内に商品が届きます。1時間配送(注文から1時間以内に配送)は890円の配送料がかかりますが、2時間便(2時間かかる)は無料になります。

注文は合計金額2,500円以上からという制限がありますが利用時間は24時間OK。急ぎの時は「Amazonプライムナウ」はかなりありがたいサービスです。

Amazonプライムの配送エリア

  • 東京都(23区12市)
  • 神奈川県(川崎市の6区・横浜市の11区)
  • 千葉県(浦安市全域・市川市の一部)
  • 大阪府(大阪市17区・豊中市・吹田市全域、摂津市・守口市の一部)
  • 兵庫県(尼崎市・伊丹市の一部)

写真を無制限で保管したいなら「プライムフォト」

「プライムフォト」とは、プライム会員向けの無制限のフォトストレージになります。カンタンにいうとスマホで撮った写真をAmazonのサーバーにUPして無制限に保管しておくことが出来ます。PC、スマホ、タブレットのどれからもアクセスが可能です。

プライムフォトのメリット

100枚だろうが100万枚だろうがプライム会員なら無料で使う事が出来ます。昔からPCでネットをしている人は撮った写真などはHDDなどでバックアップを取っていたり、別途USBで保存しておいたりと、いろいろしていたと思いますが、今は便利な世の中になりました。

スマホしか持っていない人にはかなり助かります。タダで無制限というのは10年前では考えれないサービスです。

ただ、いくらセキュリティーがしっかりとしているとはいえ「世に出せない・出したくない」プライベート色の濃い写真などはUPしないのをオススメいたします。なんでもそうですが「自分の身は自分で守る」。これ鉄則です。

Amazonのデメリットはプライム会員の年会費の3,900円?

Amazonのデメリット

一応ですが、デメリットとしてプライム会員は年会費が3,900円(税込)がかかります。

普通に考えると「あなたの所でモノを買うのに。。年会費を取るのか!?」となりますが、大昔はプライム会員でなくても、それなりに2日後とかに届いて早かったのですが、もう今はダメです。無料会員だと遅くて遅くて「いつ届くんだい!?」という現象になってしまっているようです。

ただ、送料を1回700円と考えた場合、5.5回で元は取れます。これってよく考えるとデメリットにならないんです。むしろメリットになります。5.5回なら1ヶ月間でそのくらいAmazonを利用している人は、かなりいると思います。

Amazonポイントとは?付いたり付かなかったり amazonポイントってなに? Amazonポイントとは?Amazonで買い物をすると貯まるポイントです。1ポイント=1円分で、貯まったポイントはそのままAmazonでの買い物に使えます。有効期限は最後に買い物をしてから1年間。ポイントは1~2日で付与され、決済後すぐに仮ポイントが発生します。 この記事を読む 楽天カードは家で使うカード 楽天カードは自宅で使うカード 今の世代の人は「家でカードを使う回数」と「外で使う回数」ってほぼ同じくらいじゃないでしょうか。下手すると家の方が多いかもしれません。 「Amazon」「楽天」で買い物、スマホのゲームで課金など、自宅で使う回数は増えており... この記事を読む

楽天のメリット・デメリット

楽天カードのメリットは多くあります。あえてデメリットといえば、メールが鬼畜のように来ます。解除しないと洪水のように来ます。買い物をするたびにうっかりチェックを外すのを忘れていたらもう大変です。

こまめに解除をしていると、最低限しか来なくなります。

楽天のメリットはポイント

楽天のメリットはポイントです。とにかく「ポイント!ポイント!」です。ポイント2倍は当たり前で10倍もあります。逆に言うとポイントが無ければ魅力は感じません。そして貯まったポイントは「楽天トラベル」など、楽天グループのサービスで使える点です。これはAmazonに無い部分です。

楽天のメリット

  • とにかくポイントポイント
  • ポイント10倍なども普通にある
  • 店舗間の競争が激化し、安価で購入できるケースがある
  • 商品の写真点数が多く、説明や詳細が細かく明記されている
  • キャンペーンが多い

楽天のデメリット

  • 鬼のようにメルマガが来る
  • 基本、送料がかかる
  • レビューが信頼できない
  • 目が疲れる

「楽天グループ」で貯めたポイントで「楽天トラベル」で旅行に行けます。こういった使い方の人も多いと思います。

楽天ポイントを楽天トラベルで使う

もちろんホテルだけではなく、航空券もポイントで予約ができます。ポイントがたくさんあれば、タダ旅行も可能です。ANA、JALでマイルを貯めている人は、マイルを特典航空券にして、ホテルだけを楽天トラベルで予約するという手もあります。

服や食品は楽天の方が充実

楽天は服と食品が多い

服や食品はAmazonよりも楽天の方が種類が多いです。こういった商品に関しては写真を多用した楽天の方が伝わりやすくメリットだと思います。

上の写真のように楽天は商品写真の見せ方がうまいので、まるで手元にあるような商品に見えます。この辺はAmazonに無い魅力です。

自分は服などは、たまにネットで買います。理由は主に下記の通りです。

  • 店に買いに行くのが面倒くさい
  • 行っても商品数が少ない
  • イチイチ店員さんと会話するのがわずらわしい
  • 店に行って欲しい服が無かったら、時間をムダにした気分になる

と、まーわりとクズなんですが、実際のところほんとそうなんです(すみません)。やはり種類が多いので選ぶ選択肢が増えるというのは良い事と思います。楽天の場合、1店舗ずつ買うことになるのが多少面倒ですが、そこは慣れで!。

楽天カードの審査で通過する比率は約70~80%くらいです 楽天カードの審査で通る割合は約70~80%くらいです 目次 楽天カードの審査は約70~80%が通ります 楽天カードは何が良いのか? 楽天カードで審査に落ちる理由 ネットで「楽天カード」は「審査が甘い」「審査が通りやすい」というのをよく見ます。世間が感じる雰囲気は「おおよそ当... この記事を読む

楽天ふるさと納税は逆に儲かる

楽天ふるさと納税でプラスに

自己負担2,000円のふるさと納税ですが「楽天ふるさと納税」で寄付をすると「100円=1ポイント」のポイントとは別にSPUのポイントも付くので黒字になります。30,000円分のふるさと納税でチャラになります。

自分のSPUのステージが何倍なのかによって変わりますが、自分は7倍でしたので1万円のふるさと納税をしたら700ポイントがもらえます。1万円で700ポイントも!です。

SPUなので期間限定ポイントではありますが700ポイント=700円はおいしいです。ふるさと納税と言えば「ふるさとチョイス」が返礼品の数も多く、選択肢が広がりますがポイントはありません。これは楽天の方がお得になります。

楽天ふるさと納税で儲かる

楽天ふるさと納税で寄付をすると、どのくらい得をするのか、SPU7倍ベースで計算をしてみました。

楽天でふるさと納税をするとプラスになる額

ふるさと納税の額 もらえるポイント お金に換算
15,000円 1,050P 1,050円
30,000円 2,100P 2,100円
40,000円 2,800P 2,800円
50,000円 3,500P 3,500円
70,000円 4,900P 4,900円
100,000円 7,000P 7,000円
150,000円 10,500P 10,500円
200,000円 14,000P 14,000円
300,000円  21,000P 21,000円
400,000円  28,000P 28,000円
500,000円  35,000P 35,000円
700,000円  49,000P 49,000円
1,000,000円  70,000P 70,000円

このように、楽天ふるさと納税は、ふるさとチョイスに比べると、返礼品が少ないですが、少し我慢をしてポイント狙いで行くのも悪くありません。

本当はどっちが安い?

これどっちが安いんだろう。と購入する前に楽天とAmazonを見比べてしまいます。最後にどっちでもいっかーとなったりもするのですが。。

実際に同じ商品の価格をAmazonと楽天で調べてみた

自分は買う前に、なんとなくですがAmazonと楽天の両方で価格を見ます。楽天は送料がかかるのが多いので計算が面倒なのですが、パッと見るとどちらが安いかは、だいたい分かります。

今まで深く考えた事がなかったので、今回全く同じ商品で比較をしてみました。公平性がなるべく出るように、ジャンルの違う商品を3種類選んでいます。

Amazonが安いというイメージもありましたが、あらためてこうみると、そうでもないのが分かります。

商品名 楽天 Amazon
ドライブレコーダーケンウッド
ドライブレコーダーDRV-610
17,198円
送料無料
15,925円
送料無料
アシックス ランニングシューズ GEL-KAYANO 23-SuperWideランニングシューズ
GEL-KAYANO 23
SuperWide
9,990円
送料無料
9,990円
送料有料
エビアンは楽天とAmazonのどちらが安いか 186円
1万円以上で
送料無料
198円
パントリー専用

それぞれのカードを持っておくべし

カードを2枚作るのは面倒と思いがちですが、楽天でポイントが7倍とか9倍とかになるのなら、年間でかなりのポイントに差が出てきます。

楽天もAmazonも支払うカードを1回セットすると、次回からはカード番号を打つ必要がないのでストレスはありません。

楽天カードは恐るべし雪だるま式ポイント

楽天カードは年会費無料で100円で1ポイント貯まります。よって基本還元率は1.0%ですが、楽天市場で楽天カードを使うと2倍になります。

さらに注文をスマホアプリからすると1倍が加算。これに通常ポイントが1倍加算されますので合計4倍になります。

ここまでなら誰もが出来ます。ここから先ですが、まだ取れそうなのはこの2つになります。

  • 楽天モバイルで+2倍
  • 楽天ブックスで+1倍

これで7倍の完成です!

さらに増やしたいなら、楽天ビューティー、楽天TVのNBA視聴など色々ありますが、あまり関係のない世界。もし急ぎの買い物ではなく楽天でも送料無料の場合、Amazonよりも楽天の方がお得です。

この画像は自分の通算ポイントですが、18万ポイントというと金額で1,800万円分の買い物をしている事になりますが、実際は1,800万円も使っておりません。そんなお金もありませんw。

楽天の通算ポイント

実際に使ったお金以上のポイントが貯まります。雪だるま式で増えていくのが楽天ポイントの恐ろしい所です。

楽天カードを持っていると誰もがこのようになります。楽天市場で買い物をする時は楽天カードは必須という事になります。

楽天カードのお申し込みはこちら

Amazon MasterCardクラシックは還元率2.0%

Amazonカードには2種類あります。

カード名 券面 年会費
Amazon MasterCardクラシック Amazon Mastercardクラシック 年1回の利用で無料
Amazon Mastercardゴールド Amazon Mastercardゴールド 10,000円(税別)

ゴールドカードは年会費が10,000円(税別)かかりますので年会費無料のクラシックで十分です。

Amazon MasterCardクラシックの特長

  • 年会費1,350円(税込み)。年1回の利用で無料
  • Amazonプライム会員以外なら還元率1.5%
  • Amazonプライム会員なら還元率2.0%

つまり、既にプライム会員なら買い物をするたびに2.0%の還元率になります。貯まったポイントは1ポイント=1円でAmazonで使えます。

Amazonで買い物をする人は多いので作っておいて損はしません。買い物をするたびに2.0%の還元率が受けれます。

  • 楽天で買い物→楽天カード
  • Amazonで買い物→Amazonカード

2つとも年会費がかからないので、家に置いておいて、Amazonと楽天で使い分けをするのが1番お得です。

Amazon MasterCardクラシックのお申し込みはこちら

まとめ

合理性の「Amazon」とポイントの「楽天」をどのように使うかは、各自のライフタイルや用途によって、使い分けることが大切です。それぞれのメリットをまずはきっちり把握し、ベストな状態で選択することが最も重要なポイントです。

Amazonと楽天の買い物特性

  • シンプルに買い物をしたい人→Amazon
  • ゆっくり色々みたい人→楽天

「Amazon」は送料無料、迅速発送で日常生活品の購入が便利になります。一方の「楽天」は発送のスピードが店舗によって異なるので日常生活品以外の用途におすすめです。

「Amazon」も「楽天」もそれぞれに一長一短があります。なので、ネット通販を1つに限定せず、複数をセレクトしていいとこ取りしましょう。

2018年度版。おすすめのクレジットカードとは? おすすめクレジットカードとは? お得なクレジットカードはどれなのか?「年会費無料」「ネットでの利用が多い」「コンビニ利用が多い」「学生向けのカード」などのカテゴリに分けて「おすすめのクレジットカード」を紹介します。 この記事を読む 初参戦!楽天お買い物マラソン完走の結果!全部で○○倍でした! 初参戦!楽天お買い物マラソン完走の結果!全部で○○倍でした! 楽天お買い物マラソンは最大35倍!となっていますが、本当のところ、どのくらいになるのか?今回、実際に買い物をして何倍になったのか!その結果を簡単に解説します。 この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB CARD W

満足ポイント 5.0

年会費永年無料
還元率1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

オリコカード ザ ポイント

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

ポイントのコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

まとめのコラム

学生クレジットカードの利用限度額はどのくらい?

学生クレジットカードの利用限度額はどのくらい?

キャンペーンのコラム

2018年8月現在のクレジットカード入会キャンペーンでおいしいカード7枚

2018年8月現在のクレジットカード入会キャンペーンでおいしいカード7枚

amazonのコラム

Amazonタイムセールとは?毎日やっている?

Amazonタイムセールとは?毎日やっている?

楽天のコラム

セイコーマートで楽天ポイントが利用可能に

アメックスのコラム

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF