ふるさとチョイスより楽天ふるさと納税の方が圧倒的にお得な理由

もう5年くらい、ふるさと納税をしています。最初の頃は新鮮だったのですが、1人暮らしだと「調理するモノ」や「生モノ」はなるべく避けてしまうので、それほど欲しい物がありません。それでもありがたい物はいっぱいあります。

ここ数年、ありがたいと思う「ふるさと納税」の返礼品

  • ティッシュペーパー(50箱)
  • トイレットペーパー(96個)
  • ビール
  • 焼酎
  • ツナ缶
  • 真空パックのごはん

この辺りは実用的ですごくありがたいです。ふるさと納税に感謝しております。毎年、ふるさとチョイスを利用していたのですが、楽天ふるさと納税の方がポイントも貯まるしお得では?と最近気づいてしまい、2018年からは楽天ふるさと納税でしています。

今回、この2つでどのくらいお得度が違うのか?シミュレーションをしてみます。

ふるさとチョイスのメリットとデメリット

ふるさとチョイスは、ふるさと納税のパイオニアで1番最初に始めた会社です。よって商品数がケタ違いに多いです。これはユーザーからすると、かなりのメリットになります。欲しい物が選び放題です。

ふるさとチョイスのメリット

  • 商品数が多い
  • 参加している自治体が多い
  • 商品検索がしやすい
  • Yahoo!公金支払いでTポイントが貯まる
  • 貯まったTポイントでふるさと納税ができる

ふるさとチョイスのデメリット

  • ポイントシステムが無い

ふるさとチョイスに、特にデメリットというものはありません。ただ、ポイントが付かないのです。クレジットカードで決済をするので、クレジットカードのポイントしか付きません。

今回、楽天ふるさと納税をおすすめする理由はここです。楽天の場合はポイント8倍などが普通に発生します。

2019年度【保存版】年会費無料のおすすめのクレジットカードはこれ! 年会費無料のおすすめのクレジットカード 2019年度版の「おすすめクレジットカード」を集めました。それぞれ特徴が違いますが、年会費無料、高還元率、マイルが貯まる、特定の店舗でポイントが一気に貯まる、旅行傷害保険が付いているなど特典の多いおすすめのクレジットカードをまとめました。 この記事を読む 2018年。ふるさと納税で商品券やポイントがもらえる自治体まとめ 驚き!ふるさと納税で商品券やポイントがもらえる自治体まとめ 知ってました?ふるさと納税で商品券やポイントがもらえる自治体があります。総務省の規制で激減していますが、それでも取り扱っている根性のある自治体を紹介します。 この記事を読む

「楽天ふるさと納税」でツナ缶を頼んでビックリのポイント

「楽天ふるさと納税」でツナ缶

先日、楽天ふるさと納税で頼んだツナ缶です。

サラダを作る時に上に乗せたら良いかと思って頼みました。しかもなかなかの良い味でした。

これは寄付金10,000円のモノなので、ふるさとチョイスで頼むとTポイントが100ポイントが貯まります。ただ、それだけです。

楽天ふるさと納税だとこのようになります。同じ10,000円の寄付でも800ポイントゲットです。

「楽天ふるさと納税」 ポイント

この8倍というのはSPUが絡みますので人によって違います。もっと少ない人も多い人も出てきます。自分の場合は偶然8倍でした。

10,000円の寄付で貯まったポイント

ふるさとチョイス=100ポイント(Tポイント)

楽天ふるさと納税=800ポイント(楽天ポイント)

楽天ふるさと納税での黒字シミュレーション

今回、自分のSPUが8倍でしたので、楽天での8倍でのシミュレーションをしてみます。

年収 独身の場合 楽天での黒字額
300万 28,000円 約2,000円
400万 42,000円 約3,200円
500万 61,000円 約4,800円
700万 108,000円 約8,400円
800万 129,000円 約10,000円
1,000万 176,000円 約14,000円
1,500万 389,000円 約31,000円
2,000万 564,000円 約45,000円

おおまかですが黒字になる金額は上図になります。ふるさと納税の2,000円は引いていませんので、上図から引いて計算ください。

年収400万円以上でふるさと納税が黒字になります。

ANAのふるさと納税を使うと100円につき1マイルがもらえます ANAのふるさと納税でマイルが貯まる 「ANAのふるさと納税」を使うと100円につき1マイルがもらえます。10,000円を寄付すると返礼品と100マイルがもらえる事になります。陸マイラー(おかマイラー)にとっては貴重です。 この記事を読む 2018年。ふるさと納税で商品券やポイントがもらえる自治体まとめ 驚き!ふるさと納税で商品券やポイントがもらえる自治体まとめ 知ってました?ふるさと納税で商品券やポイントがもらえる自治体があります。総務省の規制で激減していますが、それでも取り扱っている根性のある自治体を紹介します。 この記事を読む

まとめ

今回、ポイント最優先のシミュレーション結果ですが、圧倒的に楽天の勝ちでした。

本来のふるさと納税は、あの地域に寄付をして地域活性化をして欲しい。この返礼品が欲しいというのが多いと思います。

楽天の場合は、ふるさとチョイスに比べると、返礼品がまだまだ少ないです。自分のようにポイント重視なら、その中から選ぶので気にしませんが、その辺りは人それぞれだと思います。

見てのとおり、10,000円の寄付を楽天ふるさと納税で3回以上すると、本来の2,000円の寄付が黒字になります。

以上、ふるさとチョイスより楽天ふるさと納税の方が圧倒的にお得な理由。のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:ふるさとチョイスより楽天ふるさと納税の方が圧倒的にお得な理由

このコラムにおすすめのカード

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

Yahooカード

満足ポイント 4.9

年会費無料
還元率1.0%~3.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

クレジットカードの作り方

【初心者】クレジットカードの作り方を簡単解説!2019年版

Amazon・楽天のコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

ポイントのコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

マイルのコラム

マイルカードとポイントカードのどっちがいい?

クレジットカードを作る時にマイル系カードとポイント系カードで悩んでいます

空港のコラム

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

ゴールドカードのコラム

アメックスって誰でも作れる?

アメックスグリーンは誰でも作れる?カードの特典とアメックスの審査を分かりやすく解説

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

学生のコラム

学生にメリットのあるクレジットカード

今年から大学生。どんなクレジットカードを作れば良いでしょうか!最新トリセツ。

その他のコラム

paypay(ペイペイ)の使い方とメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)とは?これから使う人は必見です。ペイペイのメリットとデメリット