楽天Edyチャージでポイントの2重取りより楽天カードで払う方がお得な理由

楽天Edyはチャージと利用でポイントの2重取りが出来ますが、使い方によっては損するケースもあります。楽天Edyのデメリットや 楽天カードの支払いがお得な理由を紹介します。

このコラムの概要

  • 楽天Edyチャージは切り捨て分が損になる

クレジットカードから電子マネーへのチャージをすると、ポイントが2重で貯まる仕組みは良くあります。

楽天カードから楽天Edyへのチャージでも、ポイントの2重取りが出来ますが、実はそれほどお得ではありません。むしろその逆で損をする事もあります。

これは楽天Edyにポイントが貯まる仕組みを理解すると分かります。

今回はその理由を解説します。

楽天Edyのメリット

楽天Edyにチャージすると200円で1ポイント

まず、楽天カードから楽天Edyにチャージしたときのポイントの仕組みから解説します。

楽天カードから楽天Edyにチャージすると200円ごとに1ポイントが貯まります。

楽天カードから楽天Edyにチャージ

  • 200円ごとに1ポイント

楽天Edyへのチャージ方法としては、現金やクレジットカードでのチャージがあり、チャージの仕方によっては効率よくポイントが貯まります。

楽天Edyにチャージできるクレジットカードは楽天カードだけではありませんが、楽天Edyへのチャージでポイントを貯めるなら楽天カードが最強です。

たとえば、MUFGカードから楽天Edyにチャージしても、MUFGのポイントプログラムの対象にはなりません。ここ大事です。

楽天Edyを使っても200円につき1ポイント

楽天Edyにチャージすると200円につき1ポイントが貯まりますが、利用時にも200円につき1ポイントが貯まります。 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

つぎに、楽天Edyでの買い物で貯まるポイントについてです。

楽天Edyを使って買い物をすると200円につき1ポイント(還元率0.5%)が貯まりますが、さらに楽天カードからチャージすると200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)が貯まります。

楽天カードでチャージするとお得

  • 楽天カードから楽天Edyへチャージ…200円につき1P(還元率0.5%)
  • 楽天Edyで買い物…200円につき1P(還元率0.5%)

合計還元率1%

楽天カードから楽天Edyにチャージして買い物をした場合の合計ポイントは1%です。

新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1%~2%
ETC550円(税込)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カードのメリット

  • 年会費無料
  • 楽天市場でポイント3倍
  • 海外旅行傷害保険は利用付帯で最高2,000万円

楽天カードのデメリット

  • ETCカードが有料
  • 広告メールが多い
  • 問い合わせがしにくい

楽天Edyより楽天カードがお得な理由

楽天Edyの200円未満は切り捨てになる

楽天Edyでの買い物で200円未満は切り捨てになるので、200円未満の買い物をする場合はポイント支払いやクレカ払いにすると上手く節約出来ます。

楽天Edyはチャージと利用でポイントの2重取りが出来るので、楽天カードで支払うよりもお得では?と思いがちですが、実はそうではありません。

おサイフケータイ(R)でEdyによる1回のお支払い200円(消費税込み/200円未満切り捨て)ごとに1マネーたまります。

参照:ドットマネー

楽天Edyでの買い物では200円(税込)ごとに1ポイントが貯まりますが、200円未満の買い物にはポイントが付与されません

その為、200円未満の買い物はEdyを使わず楽天カードで決済する、といった工夫が必要です。

楽天Edyと楽天カードを比較

ここで、900円の品物をすべて楽天カードで支払った場合と、チャージした楽天Edyで買い物をした場合のポイント還元率を比較してみます。

アクション 貰えるポイント
楽天カードで支払う 900円×1%=9ポイント
楽天Edyにチャージして支払う チャージ分1,000円=5ポイント
買い物分900円=4ポイント
合計で9ポイント

※楽天カードからのチャージは1,000円単位になります。

上記を比較すると、ポイント還元率が同じなのが分かりますが、楽天Edyでの200円未満の買い物にはポイントは付きません。

1回目はチャージをしているのでチャージ分のポイントが加算されますが、今回のチャージで100円分が余りました。

次回からこの100円分にはチャージポイントは付かないので、このようにかならず端数は残っていきます。

注意点

  • 還元率1%の楽天カードと比較すると、還元率0.5%の楽天Edyは必ず損をする

いつでも100円につき1ポイント(還元率1%)が貯まる楽天カードと比較すると、200円につき1ポイントの楽天Edyは必ず損をします。

1年間ずっと200円未満を切り捨てられるとかなりポイントの差が付くので、すべて楽天カードで支払った方がお得です。

まとめ

そもそも楽天カードの還元率は1%ある

楽天カードで買い物をすると、いつでも100円につき1ポイント(還元率1%)が貯まります。

つまり、楽天カードから楽天Edyにチャージしてもポイント還元率は同じという事です。

楽天の決済サービスをお得に使うコツ

  • 200円未満の買い物は楽天Edyを使わない

以上、楽天Edyチャージでポイントの2重取りより楽天カードで払う方がお得のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:楽天Edyチャージでポイントの2重取りより楽天カードで払う方がお得

楽天カードの関連記事と最新コラム

今回、ユーザー目線で興味のあるカード情報や専門的な解説も踏まえ、楽天カードのコラムを以下にまとめました。

このコラムにおすすめのカード

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1%~2%
ETC550円(税込)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天ゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費2,200円(税込)
還元率1%~5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

執筆者プロフィール

石崎 英司(いしざき えいじ)
石崎 英司(いしざき えいじ)
クレジットカード歴20年の専門家で、クレジットカードの券面の端の5ミリを見たら「何のカードか分かる」くらいのスペシャリスト。

今までにクレジットカードに関する記事を2,000記事以上公開。

クレジットカード・生命保険・年金などが得意分野。27歳から株を始め、株式投資も20年目のベテランでもある。

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング
おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費は通常1,375円(税込)が必要ですが、 年会費割引サービスを利用する事で年会費を永遠に無料に出来ます。

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を解説します

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を徹底解説

ポイントのコラム

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

マイルのコラム

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説