Amazon Mastercard

満足ポイント 4.8

Amazon Mastercardは年会費が永年無料で基本還元率は1%が貯まります。 さらにAmazonの利用だと最大2%までアップするのでよくAmazonで買い物をする人に メリットが大きいです。
年会費還元率ETC
無料 1%~2%無料

新規入会で6,000ポイントプレゼント

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 家族カード
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 電子マネー

Amazon Mastercardのおすすめポイント

年会費と特徴

Amazonマスターカードは、年会費が永年無料で基本還元率が1%貯まるコスパ抜群のクレジットカードです。

カードのデザインはの2種類あり、プライム会員以外の人はシルバー、プライム会員は黒のデザインとなります。

Amazon Mastercardのデザインはの2種類あり、プライム会員以外の人はシルバー、プライム会員は黒のデザインとなります。

カード番号や有効期限、セキュリティコードは全て裏面に記載されているので、利用時に盗み見られるリスクが低いのもメリットです。

家族カードは本会員1名につき3枚まで無料で発行でき、ETCカードの年会費も無料なので車によく乗る人にも向いてます。

Amazonマスターカードのメリット

  1. 年会費永年無料
  2. Amazonで還元率1.5%
  3. プライム会員はAmazonで還元率2%
  4. コンビニで還元率1.5%
  5. ETCカード無料
  6. 最高2,000万円の海外旅行傷害保険

Amazonマスターカードがあれば、Amazonで買い物でいつでも還元率1.5%が貯まり、プライム会員だと2%までアップします。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付いていて、年間200万円までのショッピング保険も付いているので旅行好きな人にもオススメです。

Amazonプライムマスターカードとの比較

Amazonマスターカードは2種類のカードが発行されています。

年会費や基本還元率、旅行保険といった基本スペックは同じですが、1番の違いはAmazonでの還元率とプライム会員の年会費です。

項目 Amazonマスターカードは2種類あり、プライム会員以外の人はシルバーのデザインが発行されます。

Amazonマスターカード

Amazonマスターカードは2種類あり、プライム会員の人は黒のデザインが発行されます。
Amazonプライム
マスターカード
年会費 無料 無料
プライム会員の年会費 5,900円(税込)
※または月額費600円(税込)
家族カード 無料 無料
ETCカード 無料 無料
通常還元率 1% 1%
コンビニの還元率 1.5% 1.5%
Amazonの還元率 1.5% 2%
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 最高2,000万円
ショッピング補償 最高200万円 最高200万円

Amazonプライム会員になるには、年会費5,900円(税込)または月額費600円(税込)を払わないといけません。

実際Amazonプライム会員になると、どのようなサービスが受けれるか?人気のサービスをまとめてみました。

プライム会員のメリット

  • Amazonの配送料・お急ぎ便・時間指定が無料
  • プライムビデオ(Amazon Prime Video)が見放題
  • プライムミュージックで200万曲が聞き放題
  • プライムリーディングで対象本が読み放題
  • プライム会員用のセールがある
  • KindleやFireタブレットが4000円割引
  • Amazonパントリーが使える
  • Amazonタイムセールに一足早く参加できる

プライム会員になるとAmazonの商品が送料無料で注文でき、お急ぎ便や時間指定も無料で出来るので、商品の到着が遅くて困る事がありません。

また、映画やTV番組が見放題になるなど、1度経験してみるとプライム会員なしでは考えられなくなる位にハマります

ちなみにですが、プライム会員になるには、Amazonマスターカードが必要ではありません。

プライム会員とAmazonマスターカードは別物です。

楽天カードでもAmazonのプライム会員になれます。

Amazonで1番ポイントが貯まるカードは、JCB CARD Wです。

プロミスのメリット・デメリット

ポイントの貯め方

いつでも還元率1%が貯まる

Amazon Mastercardは年会費が永年無料で基本還元率は1%が貯まります。 さらにAmazonの利用だと最大2%までアップするのでよくAmazonで買い物をする人に メリットが大きいです。

AmazonマスターカードのポイントプログラムはAmazonポイントで、MasterCard加盟店で利用すると100円につき1ポイント(還元率1%)が貯まります

「Amazonマスターカード」という位なのでAmazonだけでお得に利用出来るイメージですが、年会費が永年無料で還元率1%なので、楽天カードやPayPayカードに並ぶお得さです。

ポイントが加算されるタイミングは、購入場所がAmazonかそれ以外かで変わってきます。

ポイント加算のタイミング

  • Amazon利用分 : 商品発送後にAmazonアカウントに自動加算
  • Amazon以外の利用分 : 翌月15日までに自動加

Amazonでの買い物は商品発送後に自動加算されるので、ポイント反映が早いのもメリットです。

Amazonポイントの有効期限は、最終購入日または最終ポイント獲得日のいずれか遅い方の日から1年間なので、実質無期限で貯めれます。

ポイント残高の確認は、Amazonのサイト内またはAmazonアプリから確認出来ます。

Amazonポイントの残高確認は、Amazonのサイト内またはAmazonアプリから確認出来ます。

ネットショッピングでも街の店舗でも1%のポイントが貯まりますが、楽天EdyやSuicaなど電子マネーへのチャージなどポイント対象外のサービスもあるので、あらかじめチェックしておきましょう。

ポイント対象外

  • キャッシング利用分
  • リボ・分割払い手数料
  • 年会費
  • 一部保険料
  • 国民年金保険料
  • Edyチャージ
  • JRモバイルSuica
  • JR西日本スマートICOCA
  • WAONチャージ
  • nanacoクレジットチャージ

集客は簡単に出来ます。悩みから解放されます。
多数のご相談事例を公開しています。

格安のリスティング広告・WEB広告のやり方

セブン‐イレブン・ファミマ・ローソンで還元率1.5%

Amazon Mastercardを使ってセブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンで買い物でをすると、200円の利用につき1.5%のAmazonポイントが貯まります。

Amazonマスターカードを使ってセブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンで買い物でをすると、200円の利用につき1.5%のAmazonポイントが貯まります。

対象コンビニ

  • セブン‐イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • ローソンスリーエフ

大手3大コンビニと、ローソンはナチュラルローソンやローソンストア100、ローソンスリーエフも対象なので、使い勝手は抜群です。

獲得ポイントは、前月1日~末日までの対象コンビニでの利用金額を合算し集計されます。

Amazonでの買い物で1.5~2%還元

Amazonマスターカードを使ってAmazonで買い物をすると還元率1.5%が貯まり、プライム会員だと2%までアップします。

カード名 還元率
Amazonマスターカード 1.5%
Amazon Prime Mastercard 2%

例えば、Amazonで1万円の商品を購入すると、Amazonマスターカードなら150ポイント、Amazon Prime Mastercardなら200ポイントが貯まります。

例)Amazonで1万円の商品を購入した場合

  • Amazonマスターカード…150ポイント還元
  • Amazonプライムマスターカードなら200ポイント還元

Amazonマスターカードは年会費無料で持てるので、Amazon専用カードとして使うのもアリです

新規入会で6,000ポイントプレゼント

Amazon Mastercard

満足ポイント 4.8

年会費還元率ETC
無料 1%~2%無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 家族カード
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 電子マネー

ポイントの使い方

Amazonで1ポイント1円として使える

貯まったAmazonポイントは、Amazonでの買い物に1ポイント1円分として使えます

他社のポイントプログラムのように「ネットで貯めて街で使う」といった事は出来ないので、ネットショッピングは基本的にAmazon!という人に向いています。

衣料品や食品、家電などあらゆる商品をAmazonポイントで支払えますが、一部ポイント払いが出来ない商品もあるので注意しましょう。

Amazonポイントが使えないもの

  • Amazonギフト券
  • Amazonフレッシュ商品
  • Amazonコイン
  • 定期おトク便
  • デジタルコンテンツ商品(Kindle本を除く)
  • 1-Click注文(Kindle本を除く)

Amazonギフト券やAmazonフレッシュ商品、Amazonコイン、定期おトク便、およびデジタルコンテンツ商品(Kindle本を除く)の支払いには利用出来ません。

制約が少し厳しいですが、普段の買い物に関しては問題ないのでOKとします。

電子マネー

Mastercard®タッチ決済が付帯

AmazonマスターカードにはMastercard®タッチ決済が標準搭載されています。

AmazonマスターカードにはMastercard®タッチ決済が標準搭載されています。

Mastercard®タッチ決済とは、レジにある専用端末にクレジットカードをタッチするだけで支払いが出来る決済サービスです。

金額が大きかったりすると本人認証が必要な場合がありますが、基本的にはサインも暗証番号も不要なので、後ろの人を待たせる事がなくスピーディーに支払いが出来ます。

Mastercard®タッチ決済のメリット

  • 国内外で使える
  • サインや暗証番号が不要
  • スキミング被害を全額補償

Mastercard®タッチ決済は、クレジットカードをこすらずにタッチするだけで支払いができるので、スキミングされるリスクが低いのもメリットです。

万が一スキミング被害に遭ったとしても、Mastercard®タッチ決済にはスキミング被害を全額補償してくれる盗難保険が自動付帯で付いているので、安心して利用出来ます。

Mastercard®タッチ決済が使える主な店舗

  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • マクドナルド
  • イトーヨーカドー
  • ヨークマート
  • ブックファースト
  • TSUTAYA

コンビニやスーパーなど日本だけでなく海外でも利用でき、まだ使える店は少ないですが、対象店舗はどんどん増えてきています。

Mastercard®タッチ決済が使える店には、店の入り口やレジに上記のマークが貼ってあるので、利用前に確認しましょう。 

iDを無料で発行出来る

Amazonマスターカードは、ポストペイ型(後払い方式)の電子マネーiDを無料で利用出来ます

iDはカードそのものに搭載してないので、スマホにAmazonマスターカードを設定するか、別にiD専用カードの申し込みがが必要です。

iDが使える主な店舗

  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • イオン
  • マクドナルド
  • モスバーガー
  • ガスト
  • ドトール
  • すき家

コンビニやマクドナルド、イオングループなど使える店が非常に多いので、Mastercard®タッチ決済が使えない店で利用するなど、使い分けも出来ます。

保険・その他

最高2,000万円の海外旅行傷害保険

Amazonマスターカードには、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付いています。利用付帯なので、旅行代金をカードで決済した場合のみ補償されます。

海外旅行傷害保険 保険金額
死亡・後遺傷害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高50万円
疾病治療費用 最高50万円
賠償責任 最高2,000億円
携行品傷害 最高15万円
救援者費用
(年間限度額) 
最高100万円

旅行中のケガや病気に補償される傷害治療・疾病治療の補償額は最高50万円と少し頼りないですが、年会費無料なので付帯するだけありがたいです。

Amazonマスターカードのデメリット

ポイント交換先がAmazonのみ

Amazonマスターカードのデメリットは、ポイントの使い道が限られている事です。

楽天ポイントやTポイントといった他社ポイントプログラムのように、マイルやポイントに移行したり、街で使う事が出来ません

ポイントの使い道がAmazon1択なので、選択肢がないという点ではデメリットですが、Amazonの買い物で使いたい人にとってはそれほどマイナス点でもないです。

Amazonをどれだけ利用しているかで変わる

どれだけAmazonを利用しているかで、メリットやデメリットが違います。

Amazonを頻繁に利用している人なら、プライム会員になってAmazonプライムマスターカードを作る方が断然お得です。年会費無料で還元率2%なので、年間にするとかなりポイントが貯まります。

Amazonポイントはマイルや他社ポイントに移行出来ないので、Amazon以外でもポイントを使いたい場合は他のカードで補うしかありません。

年間のカード利用額の比率がAmazonが多いのであれば、ぜひ作ってみましょう。

以上、Amazonで還元率2%!Amazonクラシックのメリット・デメリット簡単まとめでした。

このコラムにおすすめのカード

Amazon Mastercard

満足ポイント 4.8

年会費還元率ETC
無料 1%~2%無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 家族カード
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 電子マネー

Amazon Prime Mastercard

満足ポイント 4.8

年会費還元率ETC
11,000円(税込)1.0%~2.5%540円(税込)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 家族カード
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 電子マネー

執筆者プロフィール

石崎 英司(いしざき えいじ)
石崎 英司(いしざき えいじ)
クレジットカード歴20年の専門家で、クレジットカードの券面の端の5ミリを見たら「何のカードか分かる」くらいのスペシャリスト。

今までにクレジットカードに関する記事を2,000記事以上公開。

クレジットカード・生命保険・年金などが得意分野。27歳から株を始め、株式投資も20年目のベテランでもある。

Amazon Mastercardのクチコミ&レビュー

  • 総合評価 5点中 4点の評価 30代/男性/会社員

    「即時審査サービス」ですぐにカードを使う事ができました。
    日常生活品をアマゾンで購入する事が多いのでポイントが貯まりやすいです

  • ポイント還元・割引 5点中 5点の評価 30代/女性/会社員

    私はAmazonで買い物をする事が多いのでAmazonマスターカードを使ってます。Amazonの買い物で還元率1.5%貯まる上に年会費無料なのでお得感を感じています。プライム会員になるかはまだ考え中です。

Amazonギフト券がもらえる!
クチコミの投稿はこちら

Amazon Mastercardの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 満18歳以上の方(高校生除く)未成年の方は親権者の同意が必要
審査・発行 審査最短3分、即日利用可能
年会費(本人) 初年度 無料
2年目以降 無料
年会費(家族カード) 初年度 無料
2年目以降 無料
限度額 カードショッピング 10~200万円
キャッシング 0~200万円
ETCカード 無料
締日 / 支払日 末日締め/翌月26日払い
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
国際ブランド
  • MasterCard

追加できるカード

追加カード ETCカード
家族カード

電子マネー

  • iD専用カード
  • Apple Pay
  • Google Pay

ポイントプログラム

ポイント還元方法 Amazonでの買い物に1ポイント1円利用可能
ポイント付与率 通常の買い物:100円=1P
Amazonの買い物(プライム会員以外):1.5P
Amazonの買い物(プライム会員):2P
ポイント還元率 通常の買い物:1%
Amazonの買い物(プライム会員以外):1.5%
Amazonの買い物(プライム会員):2%
ポイント有効期限 1年間

マイレージ

マイレージ移行先 -
マイル付与率 -
マイル還元率 -
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 -

付帯保険

海外旅行保険 死亡・後遺傷害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高50万円
疾病治療費用 最高50万円
救援者費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高15万円
国内旅行保険 死亡・後遺傷害 -
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
ショッピング保険 年間200万円まで
その他

このページをシェアする

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

ミスターマックスはクレジットカード払い・電子マネー・スマホ決済が出来る?

ミスターマックスはクレジットカード払い・電子マネー・スマホ決済が出来る?

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費は通常1,375円(税込)が必要ですが、 年会費割引サービスを利用する事で年会費を永遠に無料に出来ます。

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

泊まるほどにお得な楽天トラベルボーナスプログラムが開始

泊まるほどにお得な楽天トラベルボーナスプログラムが開始

ポイントのコラム

石川県の能登半島地震にポイントで寄付が出来る

石川県の能登半島地震にポイントで寄付が出来る

マイルが貯まる・使えるのコラム

マイルが無くても楽天ポイントで旅行に行く方法

マイルが無くても楽天ポイントで旅行に行く方法

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

コンビニのコラム

楽天カード・楽天Edy・楽天ペイの違いとは?

楽天カード・楽天Edy・楽天ペイの違いとは?

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

PayPayポイントの交換は何が1番おすすめ?

PayPayポイントの交換は何が1番おすすめ?