買い物するなら「Amazon」と「楽天市場」どっち?メリットを比較してみた

買い物するなら「Amazon」と「楽天市場」どっち?メリットを比較してみた

インターネットでモノを買うときにページを開くのは「Amazon」と「楽天市場」が多いと思います。どうしてもネット上では、この2つになってしまいます。

自分はAmazon派なんですが、楽天のポイントは魅力的!!「Amazon」派と「楽天市場」派には、それぞれの理由があると思います。そこで、両サイトのメリットを比較してみました。

Amazonは送料が無料というのが最大のメリット

自分が思うに「なぜAmazonが好きなのか」を買い物だけで限定した場合。

  • 商品検索がしやすい!
  • 送料がかからない

これがすべての理由になります。

検索をすると、商品が一覧で出てくるので、すぐ買うことが出来るんですよね。こういう点は非常に便利です。日用品も服もくつもネットで買うようになると、時間をかけて色々なサイトをみたりする時間がもったいないのと、調べるのが面倒になって来たりして、ワンクリックで買えるAmazonは重宝します。

【Amazonの主なメリット】

  • 欲しい商品がすぐに見つけれる
  • レビューの信頼度が辛口なために信頼感がある
  • 送料が無料、もしくは格安になる場合が多い
  • 商品の品質、在庫が安定しており、対応が迅速
  • ワンクリックで買える
  • 商品がいつ到着するのかが、購入前に分かる
  • 中古商品の取り扱いも多く、書籍・電子書籍・CD・DVDが豊富
  • Amazon対応商品ならトラブルが少なく、安心度が高い

プライム会員のメリットが年々大きくなってきた

自分は昔プライム会員ではありませんでした。当時はプライム会員でなくても、わりと翌日に届いていましたし。そのうちプライム会員が年々増えてきたせいもあって、翌日→2日後などなって来て。。「これは、いかんなー」と思いプライム会員になったのですが、入る前は年会費の3,900円(税込)がイヤでしたねー。

なにがイヤなのかというと「なんでAmazonでモノを買うのに、年会費を3,900円(税込)」も払う必要があるのか・・」という問題w。

当時のメリットとしては、とりあえず、プライム会員になってしまうと「翌日に届く」のは補償されるので、少しだけ優越感は味わえました。

その後なんですが、いろいろなサービスが増えてきた感じです。

【Prime Music(プライムミュージック)】は奥が深い

サービスの内容をザックリ言いますと下記になります。

  • 100万曲以上の楽曲や数百のプレイリスト、そしてプライムラジオが聴き放題

楽曲の種類は多いと思います。プライム会員はすべて無料で聴けますので、飽きることはありません。また、新曲の追加などもわりとコマめにしてくれます。なのでいつも仕事中は「プライムミュージック」をかけています。会社などで有料で有線を契約するのはもったいないです。

また、この「プライムラジオ」というのが優れもので「ラジオ」と文字にすると「AMラジオ」などをイメージしますが、実際はそういうものではなく、仮に「J-POP」のジャンルを選択して聞くとします。するとエンドレスで曲が流れる仕組みです。一度これを聴くと非常に便利で1回最後まで曲が流れると止まってしまう「アルバム」を聴くより非常に便利になります。

仕事をしながら音楽が無操作で永遠に流れてくれます。

さらに再生中に、親指マークが上を向いた”サムアップ(=お気に入り)”あるいは親指マークが下を向いた”サムダウン(=気に入らない)”を選択していくと、どんどん自分好みの楽曲が流れるステーションに変わっていきます。

この機能はかなり上手くできていると思いますね。

プライムビデオは覇王級

正直なところ、翌日に届く。もしくは当日便で届く。のこれだけでも3,900円(税込)の価値はあると思いますが、さらにその上に「Amazonプライム」で音楽が聴き放題が付いてきます。

「なんてすごい過剰サービス?」と思うのですが。さらにすごいサービスが乗っかっかってきます。

それが「プライム・ビデオ」です。

人気映画やテレビ番組、アニメ、音楽・ライブ・バラエティー番組などが、プライム会員なら無料で見れます。「スラムダンク」とかも見れますよ!。

類似サービスで「Hulu」がありますが、タイトル数は「Hulu」の方が多いです。

ただ、Amazonの「プライム・ビデオ」は人気の高い映画などをわりと揃えてくれているので、自分的にはわざわざ「Hulu」の1,007円(税込)を払うよりは、Amazonの料金の範囲内のプライム会員に価値を置いています。

また、無料で見れないタイトルはその場で数百円の決済をすれば、すぐに見ることが出来るのもありがたいです。

楽天市場のメリットは店舗の競争激化で安価で購入できるケースが多い

続いて「楽天市場」のメリットに移ります。

楽天市場は、一定条件の審査をパスした法人・個人が、サイト内のショッピングモールに「出店」する形式になります。運営形式などは、各ショッピングサイトの店舗によって差が出てきます。在庫管理・発送・問い合わせなどの業務は、各店舗の裁量によって、大きな差が出てきます。

送料は各店舗によっては無料もありますが、有料の場合だと同じ商品や同じ条件でも差が出てきます。ほとんどの場合が有料と思ってOKです。商品の取り扱い点数はAmazonの約3倍にあたる1億5,000万点に上ります。価格も比較的、Amazonよりも安価になるケースがあります。

グルメ関連の取り寄せ商品も充実しています。各地域の老舗、名店が出店していることが多く、全国の名店のグルメを味わうことができます。これは非常に希少価値の高いサービスです。

【楽天市場の主なメリット】

  • とにかくポイントポイント
  • ポイント10倍なども普通にある
  • 店舗間の競争が激化し、安価で購入できるケースが多い
  • 商品の写真点数が多く、説明や詳細が細かく明記されている
  • 商品レビューが多く、購入の参考にしやすい
  • お得なキャンペーンなどを数多く開催している

服などは楽天市場の方が種類が豊富

自分は服などはネットで良く買います。理由は主に下記の通りで。

  • 店に買いに行くのが面倒くさい
  • イチイチ店員さんと会話するのがわずらわしい
  • 店に行って欲しい服が無かったら、時間をムダにした気分になる

と、まーわりとクズなんですが、実際のところほんとそうなんです(すみません)。これでも学生時代は体育会系だったのですが、いつのまにか。。

日用品やちょっとしたモノはAmazonで買う事とが多いですが、服、くつ、ズボンなどは楽天市場か、Yahoo!ショピングで買いますね。画像が多いのと商品説明が多いというのもあります。

やはり種類が多いので選ぶ選択肢が増えるというのが理由です。1店舗ずつ買うことになるのが多少面倒ですが、そこは慣れました。

「買い物するなら」とイウテーマだったのですが、Amazonの買い物以外のサービスがほとんどになってしまいました。

次回、特集で「楽天市場」のメリットをあらためて書きたいと思います。

Amazonポイントってなに?付いたり付かなかったり
Amazonポイントってなに?付いたり付かなかったり

AmazonポイントはAmazonで買い物をすると貯まるポイントです。 ポイントは1ポイント=1円分で、貯まったポイントはそのままAmazonでの買い物に使えます。有効期限は最後に買い物をしてから1年間になります。さらにAmazonポイントが貯まりやすい方法を2つ公開いたします。

この記事を読む

まとめ

「Amazon」と「楽天市場」の2大ネット通販サイトは、似ているようで性質は全く異なります。ユーザーの人気を二分する形になりますが、各自のライフタイルや用途によって、使い分けることが大切です。それぞれのメリットをまずはきっちり把握し、ベストな状態で選択することが最も重要なポイントです。

「Amazon」は送料無料、迅速発送で日常生活品の購入が便利になります。一方の「楽天市場」は発送のスピードが店舗によって異なるので、日常生活品以外の用途におすすめです。

ネット通販の愛好者は、状況に応じて複数のショッピングサイトを使い分けます。「Amazon」も「楽天市場」もそれぞれに一長一短があります。

なので、ネット通販を1つに限定せず、複数をセレクトしていいとこ取りしましょう。

このコラムにおすすめのカード

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集