アメックスのポイントシステムと一番お得なポイントの使い方を解説

アメックスカードで貯めたポイントは、マイルやポイントへ移行したり、商品と交換出来ます。 その中でも1番お得なポイントの使い方を紹介します。

アメックスカードを利用すると、100円につき1ポイントが貯まります。

旅行サービスに特化したカードなので、カードで貯めたポイントをマイルに交換したい人も多いと思いますが、他にも楽天ポイントやカード代金に充当したり色々な使い方が出来ます。

アメックスのポイントの使い道

  • マイルへの移行する
  • 商品券やアイテムと交換する
  • カード利用代金にポイント充当する

ここでは、アメックスカードで貯めたポイントの交換先や、1番得になる使い方を紹介します。

カード利用20万円で15,000ポイントプレゼント

アメックス・グリーン

満足ポイント 4.9

年会費月会費1,100円(税込)
還元率1%
ETC年会費無料
※新規発行手数料935円(税込)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

アメックス・グリーンのメリット

  • プライオリティ・パスが無料
  • 空港ラウンジは同伴者1名まで無料
  • プライオリティ・パスが無料

アメックス・グリーンのデメリット

  • 年会費が13,200円(税込)と高額

アメックスのポイントの貯め方

アメックスのメンバーシップ・リワードとは?

アメックスカードを利用すると、100円の利用で1ポイント(還元率1%)のメンバーシップ・リワードポイントが貯まります。 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

アメックスカードのポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」と言って、基本的に100円の利用で1ポイント(還元率1%)が貯まります。

他社だと還元率0.5%のカードも多いので、普段の生活でポイントが貯まりやすいのはメリットです。

ただ、月間のカード利用合計金額ではなくカード利用1件ごとの金額で換算される為、100円未満のご利用にはポイントが付きません。

また、電気やガス、水道料金などの支払いは200円で1ポイント(還元率0.5%)で換算されます。

200円につき1ポイントが貯まるサービス

  • 電力
  • ガス
  • 水道
  • 税金(国民年金保険料/特許申請料/Yahoo!公金支払い)
  • 決済手段(Amazon Pay/au PAY残高/WebMoneyプリペイドカード/d払い決済分)
  • 病院
  • Yahoo!toto
  • 郵便窓口/Webゆうびん
  • 株式会社シーユーシー

還元率は0.5%に下がりますが、d払いの利用分やau PAYへの残高チャージでポイントが貯まるので、キャッシュレス生活に役立ちます。

ポイント加算対象外のサービス

  • 放送局
  • 電子マネー(楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA/nanaco/Apple Pay チャージ/モバイルPASMO/WAONチャージ)
  • 寄付団体

楽天Edyやnanacoにクレジットチャージが出来ますが、電子マネーへのチャージはポイント加算対象外なので注意しましょう。

ポイントの有効期限

アメックスのポイントの有効期限は、最大3年間です。

1年ごとにプログラム年度を定めていて、カード入会日から3年が経過した時点で1年目に獲得したポイントは失効します。

例えば、2020年4月1日に入会した場合、2020年4月1日~2021年3月31日に獲得したポイントは、2023年3月31日に失効します。

ただし、1度でもポイント交換するか、もしくは「メンバーシップ・リワード・プラス(年会費3,000円)」に登録すると、通常3年間の有効期限が無期限になります

アメックスのポイントを無期限にする方法

  • ポイントを商品に交換する(1回でもすると無期限に)
  • メンバーシップ・リワード・プラス(年会費3,000円)に登録する

商品券やアイテムに1度でも交換すればポイントは実質無期限になるので、よくポイントを使う人にとったら失効するリスクが全くありません。

アメックスのポイントは実質無期限!
モンちゃん
モンちゃん

また、年会費3,300円(税込)を払ってメンバーシップ・リワード・プラスに加入するとポイントの有効期限が無期限になり、さらにマイルへの換算レートがアップします。

メンバーシップ・リワード・プラスに加入する3つのメリット

  • ポイントの有効期限が無期限になる
  • マイル移行のレートがUP
  • Amazon、Yahoo!ショッピングなどでポイント3倍

年会費はかかりますが、メンバーシップ・リワード・プラスに登録するとしないとでは換算レートが大きく変わるので、マイルを貯めるなら加入は必須です。

移行先 メンバーシップ・リワード・プラス
未登録 登録済
ANAマイル 2,000P→1,000マイル 1,000P→1,000マイル
JAL 3,000P→1,000マイル 2,500P→1,000マイル
その他の航空会社 2,000P→1,000マイル

また、Yahoo!ショッピングやヨドバシカメラなどの対象店で還元率が100円につき3ポイント(還元率3%)が貯まるので、陸マイラーやポイントの有効期限が気になる人には年会費以上のメリットがあります。

カード別ポイントプログラム

アメックスカードには、プロパーか提携カードかでメンバーシップ・リワードが貯まるカードと提携先のポイントが貯まるカードがあります。

アメックスカードでは、カードの種類によって「メンバーシップ・リワードポイント」が貯まるカードと、提携先のポイントやマイルが貯まるカードがあります。

基本的にアメックスのプロパーカードの場合はメンバーシップ・リワードポイントが貯まるので、現在だと下記の10種類です。

項目 カード名 年会費(税込)
アメックスのポイント
(メンバーシップ・リワード)
が貯まるカード
アメックス・グリーン 13,200円
アメックス・ゴールド 31,900円
アメックス・プラチナ 143,000円
アメックス・センチュリオン 385,000円
アメックス・ビジネス 13,200円
アメックス・ビジネス・ゴールド 36,300円
アメックス・ビジネスプラチナ 143,000円
ANAアメックス・カード 7,700円
ANAアメックス・ゴールド  34,100円
ANAアメックス・プレミアム 165,000円
提携先のポイント
またはマイルトが貯まるカード
デルタ スカイマイル アメックス 13,200円
デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド 28,600円
ヒルトン・オナーズ・アメックス 16,500円
ヒルトン・オナーズ・アメックスプレミアム 66,000円
マリオットボンヴォイ・アメックス 23,100円
マリオットボンヴォイ アメックス・プレミアム 49,500円
ペルソナSTACIA アメックス 15,400円

ヒルトン・オナーズ・アメックスの場合、ホテルのポイント「ヒルトン・オナーズポイント」が貯まります。

また、ポイントプログラムの違いだけでなく、ホテルとの提携カードだと宿泊特典が付いていたりカードごとに付帯特典も大きく違います

自分に合ったアメックスカードを選ぶには、まずはポイントを貯めるのかマイルを貯めるのか?ライフスタイルや目的に応じて、カードの特徴をチェックしておきましょう。

アメックスのポイントの使い方

マイルに交換する

アメックスカードで貯めたメンバーシップ・リワードポイントは、ANAやJAL、その他多くの提携パートナーのマイルと交換出来ます。

アメックスカードで貯めたメンバーシップ・リワードポイントは、ANAをはじめ16の提携航空パートナーのマイルと交換出来ます

交換レートはメンバーシップ・リワード・プラスに登録しているかどうかで違ってくるので、お得なレートでマイルに移行したい場合は登録がオススメです。

移行先の航空会社名
メンバーシップ・リワード・プラス
登録済 未登録
ANA 1,000P→1,000マイル 2,000P→1,000マイル
JAL 2,500P→1,000マイル 3,000P→1,000マイル
デルタ航空 1,250P→1,000マイル 2,000P→1,000マイル
ヴァージン
アトランティック航空
タイ国際航空
キャセイパシフィック航空
シンガポール航空
ブリティッシュ
・エアウェイズ
 スカンジナビア航空
フィンランド航空
エティハド航空
エミレーツ航空
カタール航空
エールフランス
/KLM航空
チャイナエアライン
カンタス航空

ポイントをマイルに移行するには 提携先パートナーの会員登録(無料)が必要です。

ANAマイルへの交換は「ANAマイレージクラブ」、JALマイルへの交換は「JALマイレージバンク」といった様に、あらかじめ登録しておきましょう。

ANAマイルへ移行する場合の注意点

  • メンバーシップ・リワードANAコース5,500円(税込)への登録が必要

アメックスのポイントをANAマイルへ交換するには、「メンバーシップ・リワードANAコース」という年会費5,500円(税込)のサービスへの登録が必要です。

メンバーシップ・リワード・プラスの年会費3,300円(税込)と合わせると8,800円になるので、ANAマイラーはしっかり考えてからの方が良いです。

楽天ポイントやホテルのポイントに移行する

アメックスカードで貯めたメンバーシップ・リワードポイントは、楽天ポイントに移行出来ますが、レートがあまりよくないのでおすすめしません。

移行出来る共通ポインは楽天ポイントのみです。

楽天ポイントは加盟店が多いので使い勝手は抜群ですが、移行レートはメンバーシップ・リワード・プラスに加入していたとしても3,000P→1,400Pとあまり良くないのでおすすめしません。

楽天ポイント以外だと、提携ホテルグループ2社のポイント・プログラムに移行出来ます。

名称 メンバーシップ・リワード・プラス
加入 未加入
楽天ポイント 3,000P→1,400P 3,000P→900P
マリオットボンヴォイ 1,000P→990P 2,000P→990P
ヒルトンオナーズ 1,000P→1,250P 2,000P→1,250P

ポイントで支払う

メンバーシップリワードは、クレジットカードの請求金額をポイントで減額したり、1ポイント1円としてカードの年会費をポイントで支払えます。 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

とくに交換したいアイテムが無い場合は、ポイントでの支払いがおすすめです。

普段の買い物や公共料金の支払いなど、クレジットカードの請求金額をポイントで減額したり、1ポイント1円としてカードの年会費をポイントで支払えます

移行先 メンバーシップ・リワード・プラス
未加入 加入
カード年会費 1P=0.3円 1P=1円
航空会社 1P=0.8円
ホテル・旅行代理店
旅行関連以外 1P=0.5円
オンラインショピング 1P=0.5~1円
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン 1P=0.4円 1P=1円
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク 1P=0.8円
日本旅行
ヨドバシカメラ 3,000P=1,000円分商品券 2,000P=1,000円分商品券
高島屋

また、ヨドバシカメラと高島屋の全店舗で使える商品券1,000円分とも交換出来るので、よく行く人にメリットがあります。

商品券への交換は郵送ではなく店舗窓口のみなので、対象店舗やポイント交換場所は下記のURLからチェックしてみて下さい。

ヨドバシカメラの対象店舗をみる

高島屋の対象店舗をみる

商品と交換する

アメックスカードで貯めたポイントは、家電やキッチン用品、食品など500以上ある様々な商品と交換出来ます。

アメックスカードで貯めたポイントは、家電やキッチン用品、食品など500以上ある様々な商品と交換出来ます

紙のカタログは無く、会員専用のカタログサイトからポイント数に応じた商品を選んで交換する流れになるので、事前にオンライン・サービスへの登録を済ませておきましょう。

アイテム 交換例の一例
家電 テレビ・掃除機・冷蔵庫・オーブン・炊飯器
食品・飲み物 お米・魚・肉・スイーツ・コーヒー・紅茶
キッチン用品 包丁・フライパン・鍋・コーヒーメーカー
おもちゃ ゲームソフト・ゲーム機

商品によって交換レートは違いますが、だいたい0.3%〜0.5%程度なので、そこまで高くありません。

交換した商品が自宅に届くまで通常2週間ほどかかり、在庫状況によっては1ヶ月ほどかかる場合があるので、急ぎの場合ば注意しましょう。

商品券・ギフト券と交換

メンバーシップリワードポイントは、JCBギフトカードやクオ・カード、百貨店ギフトカードと3,000ポイントから交換出来ます。 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

JCBギフトカードやクオ・カード、百貨店ギフトカードと3,000ポイントから交換出来ます

ギフト券 必要ポイント 移行先金額
モスカード 3,000 1,000円分
ロイヤルホストお食事券
JCBギフトカード 3,300
全国百貨店共通商品券
アメックス百貨店ギフトカード 3,000
9,000 3,000円分
15,000 5,000円分
30,000 10,000円分
60,000 20,000円分
90,000 30,000円分
150,000 50,000円分
クオカード 6,000 2,000円分
9,000 3,000円分
15,000 5,000円分
30,000 10,000円分
ジョルジオ アルマーニ ショッピングクーポン 20,000 10,000円分

各商品券は通常2週間で発送されますが、在庫状況などによって1ヶ月以上かかる場合もあります。

Eクーポンで使う

アメックスのメンバーシップ・リワードポイントは、申し込み後すぐに使えるEクーポンと交換出来ます。 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

郵送ではなく、申し込み後すぐに使えるEクーポンと交換出来ます。

ポイント交換完了後に交換履歴画面またはメールなどでコード(番号)が送られて来るので、決済時にそのコードを入力すると割引サービスが受けれます。

名前 必要ポイント 移行先金額
ミスタードーナツ ギフトチケット 600 200円分
1,500 500円分
3,000 1,000円分
Amazonギフト券
15,000 5,000円分
150,000 50,000円分
ANA SKY コイン 3,000 1,000コイン分
30,000 10,000コイン分
LAWSONお買い物券 1,500 500円分
nanacoギフト
スターバックスドリンクチケット
WAONポイントID
サーティワンアイスクリーム ギフト券
ドットマネーby Ameba
Pontaポイント コード 3,000 1,000円分
すかいらーくお食事券
Apple iTunesギフトコード
Google Play

まとめ

ポイント交換かANAマイルがおすすめ

アメックスで貯めたポイントは、ANAマイルに移行するのか1番おすすめです。

メンバーシップ・リワード・プラスに加入している人なら還元率は1%でANAマイルで移行出来るので、陸マイラーにも向いています。

アメックスのポイントシステムを上手に活用して、貯めたポイントをお得に使いましょう。

以上、アメックスのポイントシステムと一番お得なポイントの使い方を解説でした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:アメックスのポイントシステムと一番お得なポイントの使い方を解説

アメックスの関連記事と最新コラム

ユーザー目線で興味のあるカード情報や専門的な解説も踏まえ、アメックスのコラムを以下にまとめました。

このコラムにおすすめのカード

アメックス・グリーン

満足ポイント 4.9

年会費月会費1,100円(税込)
還元率1%
ETC年会費無料
※新規発行手数料935円(税込)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

アメックス・ゴールド

満足ポイント 4.8

年会費31,900円(税込)
還元率1%
ETC年会費無料
※新規発行手数料935円(税込)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

執筆者プロフィール

石崎 英司(いしざき えいじ)
石崎 英司(いしざき えいじ)
クレジットカード歴20年の専門家で、クレジットカードの券面の端の5ミリを見たら「何のカードか分かる」くらいのスペシャリスト。

今までにクレジットカードに関する記事を2,000記事以上公開。

クレジットカード・生命保険・年金などが得意分野。27歳から株を始め、株式投資も20年目のベテランでもある。

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング
おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費は通常1,375円(税込)が必要ですが、 年会費割引サービスを利用する事で年会費を永遠に無料に出来ます。

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を解説します

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を徹底解説

ポイントのコラム

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

マイルのコラム

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説