アメックス・グリーンとANAアメックスはどっちがおすすめ?

アメックス・グリーンとANAアメックスはどっちがおすすめ?

アメックスも欲しいし、ANAもマイルも貯めたい!。という時に「どっちがいいの?」と悩んでしまうのがこの2枚のクレジットカードです。ほんと困ります。

実際どちらのクレジットカードがおすすめなのか!今回はそれを簡単に解説をします。

なにを狙うのか!で変わってくる

基準をどこに置くかで、どちらのカードにするかが見えてきます。

カードを選ぶ基準

  • ステータスが欲しいのならアメックスグリーン
  • マイルを貯めたいのならANAアメックス

少し面倒なのは「マイルも欲しい」と心の中にありながら、1年間に飛行機に乗る回数です。

年に国内旅行1~2回、海外旅行は2年に1回あるかないか。このくらいの人が1番ややこしくなります。ANAアメックスの場合はフライトマイルがもらえるので、飛行機に乗る機会が多い人の場合はマイルが増えます。この基準をどの辺に置くかで変わって来ます。

上記の回数ならあまり変わりはありません。マイルがどうしても欲しいという人はANAアメックスで、それ以外の人はアメックスグリーンがお得です。

年会費を比較してみる

年会費はもちろん安い方が助かるし、ここで決まる事もあります。

アメックス・グリーンとANAアメックスの年会費を比較すると圧倒的にANAアメックスの勝ちです。

  アメックス・グリーン ANAアメックス
年会費 13,200円(税込) 7,700円(税込)

アメックス・グリーンでもマイルは貯まる

アメックスグリーンだと「マイルが貯まらない」と思いがちですがマイルはしっかり貯まります。しかも15社の航空会社に移行が可能です。

実際15社といってもANAにさえ交換できれば問題ありませんので「にぎやかし」みたいなもんです。

アメックスのポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」で100円で1ポイント貯まりますが、メンバーシップ・リワード・プラスに登録をしている人と未登録では「移行レート」が違います。

ただし、これはアメックス・グリーンだけの話でANAアメックスの場合は入る必要はありません。

【メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の場合】

航空会社 交換率
全ての提携航空パートナー 2,000ポイント=1,000マイル

最少使用可能ポイント:2,000ポイント

【メンバーシップ・リワード・プラスに登録済の場合】

航空会社 交換率
ANA 1,000ポイント=1,000マイル
アリタリア-イタリア航空 1,250ポイント=1,000マイル
ヴァージン アトランティック航空
エールフランス
エティハド航空
エミレーツ航空
カタール航空
キャセイパシフィック航空
シンガポール航空
スカンジナビア航空
タイ国際航空
チャイナエアライン
デルタ航空
フィンランド航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
KLM航空

メンバーシップ・リワード・プラスってなに?

ポイントの有効期限が無期限になるオプションサービスです。参加費用が3,300円(税込)かかります(2年目以降は自動更新)。マイルに移行する時に交換時にマイルが2倍になります。

アメックス・グリーンは、もともとの年会費が13,200円(税込)しますので合わせると15,500円(税込)になります。メンバーシップ・リワード・プラスの特典は主に2つになります。

この辺からオプションでだんだんと費用がかさんで来ます。。

メンバーシップ・リワード・プラスの特典

  • マイルの交換率が2倍になる
  • ポイントの有効期限が無期限になる

マイル移行に手数料がかかってしまう

イメージとして、マイルに交換するときにアメックス・グリーンは費用がかかるけど、ANAアメックスは無料。のようなイメージがありますが、残念なことに両方のカードも費用がかかります。

マイル移行費用を表にまとめました。

  アメックス・グリーン ANAアメックス
本来の年会費 13,200円(税込) 7,700円(税込)
ANAコース 6,600円(税込) 6,600円(税込)
メンバーシップ・
リワード・プラス
3,300円(税込) 不要
合計年会費 21,100円(税込) 13,300円(税込)

ANAマイルに交換するのにANAコースというのに入らなければなりません。これが年間6,600円(税込)します。この辺からだんだん話があやしくなってきます。

ANAアメックスを持っていてANAマイルに換えるのに「なんでお金がいるの?」となりますが、そういう事らしいです。しかし年間6,000円は高いです。これはマイルに交換してもしなくても毎年費用が発生します。

表を見ると分かりますが、アメックス・グリーンは可哀相なくらいオプション代がかさみます。

ちなみにですがANAアメックスはメンバーシップ・リワード・プラスに入らなくてもマイルと等価交換が出来るので入る必要はないです。その代わり入らないとポイントの有効期限は3年間と少し短いよ、と言う事です。

アメックス・グリーンは余計に3,000円が必要ですが、ポイントの有効期限は無制限になります。

どちらを選択するかで悩みますが、マイルに交換しない状態でポイントで持っていて3年間。それをマイルに換えてからも3年間。合計6年間の有効期限があるのでANAアメックスの場合は、メンバーシップ・リワード・プラスに入る必要はありません。

6年もあれば十分なマイルが貯まっています。

アメックス・グリーンのメリット・デメリット

分かりやすく、アメックス・グリーンのメリットとデメリットを簡単にまとめてみます。

アメックス・グリーンのメリット

  • プライオリティ・パスが無料
  • 15社の航空会社のマイルに交換ができる
  • アメックスプラチナへの道が開ける
  • アメックスにしかない手厚いサービスがある

アメックス・グリーンのデメリット

  • ANAマイルに移行する際にわりとお金がかかる
  • 年会費が高い

ANAアメックスのメリット・デメリット

次に、ANAアメックスのメリットとデメリットです

ANAアメックス・グリーンのメリット

  • ANAグループだとマイルが2倍貯まる
  • 毎年の継続ボーナスがもらえる
  • 飛行機に乗るとフライトマイルがもらえる

ANAアメックス・グリーンのデメリット

  • ANA VISA Suicaカードなど他のANAカードに比べると年会費が高い

以上、アメックス・グリーンとANAアメックスはどっちがおすすめ?のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:アメックス・グリーンとANAアメックスはどっちがおすすめ?

アメックスの関連記事と最新コラム

ユーザー目線で興味のあるカード情報や専門的な解説も踏まえ、アメックスのコラムを以下にまとめました。

カードの支払い・再発行・解約

このコラムにおすすめのカード

アメックス・グリーン

満足ポイント 4.9

年会費13,200円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

アメックス・ゴールド

満足ポイント 4.8

年会費31,900円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天カードの分割払いとは?手数料はかかる?

楽天カードの分割払いとは?手数料はかかる?

ポイントのコラム

人気でおすすめのVISAカードランキング

人気でおすすめのVISAカードランキング

マイルのコラム

JALカードコラムのまとめ

JALカードコラムのまとめ

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

コンシェルジュが使えるクレジットカードランキング

コンシェルジュが使えるクレジットカードランキング

SiteLock