JCBカードの種類と簡単まとめ。ラインラップの把握に必見です!

JCBカードの種類と簡単まとめ。ラインラップの把握に必見です!

JCBは日本で唯一の国際ブランドであるクレジットカードです。これって世界的に見てもすごい事で、JCB以外は「アメックス」と「ダイナースクラブ」だけです。国内では圧倒的な加盟店数を誇り、海外でも徐々にネットワークを広げています。

「JCBって国内だけでしょ?作るならVISAの方がいいんじゃないの?」という人も多いと思います。確かに年に何回も海外を行く人にはVISAかアメックスは必要です。

でも、海外にそれほど行かない人はJCBでも十分OKです。JCBを持つと分かりますが、国内ならJCBのきめ細かいサービス内容は最高です。

もう1つの理由として、カードのランクアップを狙うとした場合、カードの最終形態を確認しておく必要があります。

  • VISAの場合、「三井住友MasterCardプラチナカード」(プラチナカード)
  • JCBの場合、「JCB THE CLASS」(ブラックカード)

VISAはプラチナカードの上がありません。つまりブラックカードに相当するカードがありません。しかも現在はカードの勧誘でTVのCMをしています。一方、「JCB THE CLASS」はインビテーション(招待制)でカードが欲しくても、JCB側から招待がないと作ることが出来ません。高級カードとしてのこの差は圧倒的と言えます。

そんなJCBカードですが、今回はどんな種類があるのかを簡単にまとめてみました。

JCB一般カード

JCB一般カード

基本スペックが高く、JCBブランドの定番中の定番カードとして人気を誇ります。将来的にはゴールドカードへランクアップを目指すなど、ステータスを築く入門カードになります。国内ではこの1枚でほとんどの店舗で利用することができます。

  • 年会費はオンライン入会で初年度無料。次年度以降は1,250円(税別)
  • 入会条件は原則として18歳以上(学生は不可)
  • ポイント還元率は0.5%
  • MyJチェックに登録し、年間50万円以上の利用で翌年の年会費が無料
  • 家族カードの年会費は本会員が初年度無料ならこれに準じる。次年度以降は400円(税別)
  • ETCカードの年会費は無料
  • 海外旅行傷害保険:利用付帯(MyJチェックへの登録が必要)
    (すべて最高価格)
    ・傷害死亡、後遺傷害3,000万円
    ・傷害治療費用100万円
    ・疾病治療費用100万円
    ・携行品損害20万円(自己負担3,000円)
    ・賠償責任2,000万円
    ・救援者費用100万円

【2017年3月31日迄】
今なら最大12,500円分プレゼント中!
JCB一般カードを公式サイトでみる

JCBゴールド

JCBゴールド

数あるゴールドカードの中でも、最上級レベルのステータスと付加価値があるカードです。国内28、ハワイ・ホノルルの計29空港の対象ラウンジを無料で利用できます。海外旅行傷害保険は最高で1億円が付帯しており、カードスペックの高さを誇ります。

  • 年会費はオンライン入会で初年度無料。次年度以降は10,000円(税別)
  • 入会条件は原則として20歳以上
  • ポイント還元率は0.5%
  • 2年連続で年間利用額100万円(税込)以上をクリアで、JCBゴールド ザ・プレミアへ招待される
  • MyJチェックに登録し、年間50万円以上の利用で翌年の年会費が無料
  • 家族カードの年会費は1人目無料。2人目以降から1人1,000円(税別)
  • ETCカードの年会費は無料
  • 海外旅行傷害保険:自動付帯
    (すべて最高価格)
    ・傷害死亡、後遺傷害1億円(自動付帯5,000万円+利用付帯5,000万円)
    ・傷害治療費用300万円
    ・疾病治療費用300万円
    ・携行品損害100万円(自己負担3,000円)
    ・賠償責任1億円
    ・救援者費用400万円
    ・乗継便遅延費用2万円
    ・出航遅延費用2万円
    ・寄託手荷物遅延費用2万円
    ・寄託手荷物紛失費用4万円

【2017年3月31日迄】
今なら最大12,500円分プレゼント中!
JCBゴールドを公式サイトでみる

JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールドとJCB THE CLASSの間に位置するステータスの高いカードで、インビテーション(招待制)カードになります。海外の900以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスが付帯します。他のカード会社のプラチナカードに匹敵するサービス内容でプラチナ級カードといえます。

  • 年会費は初年度無料。次年度以降は15,000円(税別)、年間100万円(税込)の利用で翌年の年会費が無料
  • 入会条件はJCBゴールドで2年連続で年間利用額100万円(税込)以上の利用が必要
  • ポイント還元率は0.5%
  • 家族カードの年会費は無料
  • ETCカードの年会費は無料
  • 海外旅行傷害保険:自動付帯
    (すべて最高価格)
    ・傷害死亡、後遺傷害1億円(自動付帯5,000万円+利用付帯5,000万円)
    ・傷害治療費用300万円
    ・疾病治療費用300万円
    ・携行品損害100万円(自己負担3,000円)
    ・賠償責任1億円
    ・救援者費用400万円
    ・乗継便遅延費用2万円
    ・出航遅延費用2万円
    ・寄託手荷物遅延費用2万円
    ・寄託手荷物紛失費用4万円

このカードはインビテーションのために申し込む事が出来ません。作るとしたらゴールドからになります。JCBゴールドを公式サイトでみる

JCB THE CLASS

JCB THE CLASS

JCBの発行するカードの中で、ステータスの頂点に位置するカードになります。「JCBのブラックカード」で最高のサービスがフル装備されています。このカードがあると、ディズニーランドの秘密のレストラン「クラブ33」に入れたり、「ファストパス・チケット」の人達よりも前に乗り物に乗ることが出来ます。待ち時間などは存在しません。一時期、年収1,500万円以上と公表しており、今でも入会のハードルの高さは変わりません。インビテーション(招待制)のカードになります。

  • 年会費は50,000円(税別)
  • JCBゴールド ザ・プレミア保有で、さらにそこからの実績が必要
  • ポイント還元率は0.5%
  • プライオリティ・パス、24時間対応コンシェルジュ、対象レストランで2名以上で1名分無料など
  • 家族カードは最高8枚まで発行可能で全て年会費無料
  • ETCカードの年会費は無料
  • 海外旅行傷害保険:自動付帯
    (すべて最高価格)
    ・傷害死亡、後遺傷害1億円(自動付帯5,000万円+利用付帯5,000万円)
    ・傷害治療費用1,000万円
    ・疾病治療費用1,000万円
    ・携行品損害100万円(自己負担3,000円)
    ・賠償責任1億円
    ・救援者費用1,000万円
    ・乗継便遅延費用2万円
    ・出航遅延費用2万円
    ・寄託手荷物遅延費用2万円
    ・寄託手荷物紛失費用4万円

このカードはインビテーションのために申し込む事が出来ません。作るとしたらゴールドからになります。JCBゴールドを公式サイトでみる

まとめ

以上、JCBの王道コースの簡単まとめでした。「JCB THE CLASS」を狙うなら、「JCB一般カード」からのスタートになります。

JCBの審査は厳しく「JCB THE CLASS」を取得するには、かなりの時間がかかります。属性に自信のある人は「JCBゴールド」から開始するのもありです。

このコラムにおすすめのカード

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCBゴールド

満足ポイント 4.6

年会費無料
還元率0.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集