JCB GOLD EXTAGE(ゴールドエクステージ)

満足ポイント 4.7

年会費初年度無料
還元率0.5%~2.5%
ETC無料

今なら最大11,000円分プレゼント!

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ココがお得!

  • 空港ラウンジが無料
  • 20歳~29歳以下のカード
  • 入会後3ヵ月間はポイント3倍
  • 入会後4ヵ月目以降はポイント1.5倍
  • 海外利用でポイントが2倍
  • セブンイレブンはポイント3倍
  • スタバではポイントが5倍
  • Oki Doki ランドは最初からポイントが3倍
  • 海外・国内旅行保険は最高5,000万円

JCB GOLD EXTAGE(ゴールドエクステージ)のおすすめポイント

特長と年会費

「JCB GOLD EXTAGE」(ゴールドエクステージ)は、20歳~29歳以下限定のクレジットカードです(学生不可)。

初年度年会費は無料、2年目以降は3,000円(税別)がかかります。家族会員は1名まで無料になります。ETCカードも無料となっています(JCBはすべてのカードでETCカードが無料)。

クレジットカードの基本仕様は、JCB CARD EXTAGE(JCBカード エクステージ)と同じになります。旅行傷害保険は海外・国内ともに最高5,000万円補償が付いています(利用付帯)。また、国内主要空港の「空港ラウンジ」とハワイ・ホノルル国際空港のラウンジも無料で使えます。

「JCBカード エクステージ」と「JCBゴールドエクステージ」が大きく違うのは、「保険関係」「空港ラウンジ」「ゴールドデスク」などが、使えたりするのが違う部分で、あとは同じになります。

ディズニーファンには嬉しい「ディズニー・バージョン」のデザインカードが追加されています。

さらに、入会後3ヵ月間は「ポイント3倍」、入会後4ヵ月目以降は「ポイント1.5倍」などのメリットがあります。

「ゴールドエクステージ」は5年間限定のクレジットカードになりますので5年後のカード更新時に「JCBゴールドカード」に自動的に切り替えになります。(要審査)

5年以内に退会をしますと、カード手数料2,000円がかかってきます。

ポイントが1ヶ月目から大爆発

ポイントプログラムは、「Oki Dokiポイント」で基本は1,000円で1ポイントになります。1ポイント=5円相当で還元率は0.5%です。

ただ、「ゴールドエクステージ」は優遇されています。

入会後3ヵ月間はポイント3倍、入会後4ヵ月目以降はポイント1.5倍になります。

ボーナス条件 ポイント 還元率
入会後3ヵ月間 3.0倍 1.5%
入会後4ヵ月目以降 1.5倍 0.75%

エクステージボーナスは1年間限定で、1年間のうちに年間カード利用額が20万円以下の場合はボーナスステージが消滅します。20万円以上の利用がある場合は、ボーナスの1.5倍がそのまま適用になります。

海外利用の場合はポイントが2倍

海外加盟店でのショッピング利用はポイント2倍です。この辺りは「JCB一般カード」と同じになります。ちなみにですが、Amazonでショッピングは海外加盟店扱いになりますのでポイントは2倍になります。

Oki Doki ランドは最初からポイントが3倍からのスタート

Oki Doki ランドでショッピングをすると、通常ポイント×3倍のポイントがもらえます。「JCB一般カード」の場合は、2倍~20倍なのですが「ゴールドエクステージ」はこの辺りでも優遇されています。

【Oki Doki ランドの人気店の一部抜粋】

Oki Doki ランド

JCBは優待店が多い!セブンで3倍、スタバで5倍!

「JCB ORIGINAL SERIESパートナーポイント優待店」でのカード利用で、もらえるポイントが2倍~になります。

【JCB ORIGINAL SERIESパートナー優待店の1部抜粋】

店舗 もらえるポイント
Amazon 4倍
セブン-イレブン 3倍
スターバックス 5倍
イトーヨーカドー 3倍
昭和シェル石油 2倍

1,000円以上の利用が必要。スターバックスプリペイドカードへの入金でもOK。

「急がば回れ」の法則でJCBゴールドカードを見据える

「JCB GOLD EXTAGE」は、格安の年会費で上質なサービスが受けられます。JCBゴールドカードと比較しても、サービス内容はほぼ同じです。

JCBゴールドカードの入会条件は「JCB GOLD EXTAGE」と同じ20歳以上です。それなら「JCBゴールドカードにした方がいい」というのは早計です!なぜなら、理由は以下の通りです。

  • JCBゴールドカードは審査が厳しい
  • 「JCB GOLD EXTAGE」は維持費がかからない
  • 「JCB GOLD EXTAGE」で実績をつくれば、インビテーション(招待)されやすい

もちろん、20代前半でも属性に問題なければ、JCBゴールドカードは発行されます。JCBにとっても年会費が7,000円高いJCBゴールドカードの方が収益的にも上客です。

しかし、クレジットカード会社は単純に上客だけを増やしていけばいい、という経営をしていません。各カード会社の顧客に対する重要な考え方は、堅実性と実績が前面にあります。

例えば以下のような状況が想定されます。

Aさん(28歳) 
カード所有歴:JCB GOLD EXTAGE=4年
職業:会社員=従業員50人以下の中小企業に5年勤務
年収:380万円
利用額:毎月2万~3万円を定期的に利用
延滞歴:なし
状況:あと1年で初回の更新を迎えるが、JCBゴールドカードのインビテーションがきた

Bさん(28歳)
カード所有歴:他社のVISAブランドの一般カード=4年
職業:会社員=一部上場で従業員1,000人以上の企業に5年勤務
年収:500万円
利用額:毎月2万~3万円を定期的に利用
延滞歴:なし
状況:JCBゴールドカードを申し込んだが、否決されて「JCB GOLD EXTAGE」をすすめられた

Bさんは属性が高いのですがJCBの利用歴が無かったので、JCBからワンクッション置く形をアドバイスされました。

ゴールドカードでも、JCBのような「独立系」のプロパーカードや「銀行系」などは審査が厳格です。「厳格」な審査をパスするのは、属性以外にも自社カードでの一定の実績が重要視されます。

Bさんの場合、例えば「JCB GOLD EXTAGE」を申し込めば、発行されたでしょう。そこで、一定期間利用していれば、Aさんよりも短期間でJCBゴールドカードのインビテーションがくる確率が高いです。

全ての人に当てはまるとはいえませんが、少なくとも「急がば回れ」という堅実性はカード会社にとても好まれます。

ゴールドカードを持つなら「JCBゴールド」が1番得! ゴールドカードを持つなら「JCBゴールド」が1番得! ゴールドカードの双璧は「JCBゴールド」と「三井住友VISAゴールド」になりますが、今回は「還元率」や付帯サービスの内容」「旅行保険」をパーツに分けてそれぞれを比較してみました。軍配はどちらに上がるか! この記事を読む

「JCB GOLD EXTAGE」→「JCBゴールドカード」の自動昇格は100%ではない?

「JCB GOLD EXTAGE」が手元に届き、5年後の初回のカード更新時にJCBゴールドカードへ自動昇格します。通常ですと、更新時期の1~2カ月前にJCBゴールドカードが郵送されます。

しかし、5年後の更新時をもって契約終了の案内がきたり、JCB一般カードへの切り替えを促す案内が届くケースがあります。JCBゴールドカードへ昇格するにあたって利用実績の審査があります。

ゴールドカード昇格の審査基準

  • 「JCB GOLD EXTAGE」や他社カードでの延滞歴の有無
  • 「JCB GOLD EXTAGE」で定期的な利用の有無

これらの審査項目に該当すれば、自動昇格は難しくなります。「JCB GOLD EXTAGE」を全く利用しなければ、JCBにとっても収益にならないので、昇格が見送られることが濃厚です。もちろん、延滞歴がなく、定期的にカードを利用していれば問題はありません。

ゴールドカードに必要な年収っていくら? ゴールドカードに必要な年収っていくら? 昔と違って、今はゴールドカードはカンタンに誰でも作れます。おおよその年収は「プロパー系で400万円以上」「提携カードで300万円以上」と言われています。正社員でも派遣でも大差ないというのが最近の流れです。年齢は30歳以上というのが多かったりもします。 この記事を読む

ゴールドになるとサービスがこんなにも

JCB GOLD EXTAGEに入会すると、ゴールドカード特典「GOLD Basic Service~JCB GOLD EXTAGE~」を利用する事が出来ます。 

【空港ラウンジサービス】
国内主要空港+ハワイ・ホノルル空港のラウンジが無料で使えるようになります。

【会員専用デスク】
JCBゴールド会員の専用の通話料無料のゴールドデスクになります。カードに関する全般的な問い合わせが出来ます。

【JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス】
JCBトラベルデスク経由で対象の「海外・国内パッケージツアー」に申し込んで、JCB GOLD EXTAGEで支払うと「Oki Dokiポイント」が3倍~最大7倍もらえます。

【東京ディズニーリゾートへの旅 トラベル特典】
JCBトラベルデスク経由で「ディズニーホテル」「東京ディズニーリゾートR・オフィシャルホテル(6施設)」に宿泊する「エースJTB」のパッケージプランを申し込んで、JCB GOLD EXTAGEで支払うと「Oki Dokiポイント」が10倍もらえます。

【手荷物無料宅配券(片道)サービス】
JCBトラベルデスク経由で「海外パッケージツアー」を申し込んで、JCB GOLD EXTAGEで支払うと、手荷物無料宅配券片道分(空港から自宅)を1組につき1枚プレゼントしてくれます。(対象空港:成田・羽田・中部国際・関西国際空港)

【国内宿泊オンライン予約】
JTBが厳選した約5,000施設のホテル、旅館の予約が出来ます。

【ハーツレンタカーサービス】
約8,500ヵ所のネットワークを誇る世界最大級のレンタカー会社「ハーツレンタカー」で、割引サービスを受けられます。

【ドクターダイレクト24(国内)】
JCBが提携している全国の提携医療機関を待料金で利用できます。

【健康チェックサービス】
痰(たん)などの検体を郵送するだけで、専門家のアドバイスや病院の紹介が受けられます。

会員専用WEBサービス「MyJCB」

「MyJCB」とは、パソコンやスマートフォンから24時間いつでも利用明細や支払い方法の変更などができるJCB会員限定のインターネットサービスです。

各種申し込みや支払い方法の変更が出来るほか、JCBカードを安心・安全に利用する為のセキュリティサービスなど、暮らしに役立つ様々なサービスを利用出来ます。「MyJCB」の主なサービスが以下のとおりです。

「MyJCB」の主な機能

  • カード利用額の確認
  • 支払い方法の管理
  • カード情報の管理
  • キャッシングサービス
  • キャンペーン
  • 各種サービスの申し込み
  • その他

これまで、パソコンでしか「MyJCB」を利用出来ませんでしたが、2016年8月30日にスマホアプリ「MyJCBアプリ」が登場しました。主なサービス上記と同じですが、スマホならではのサービスも充実しています。

「MyJCBアプリ」のログイン方法

アプリのダウンロードは、iphone版とAndroid版の両方が用意されていて、どちらも無料でダウンロードする事が出来ます。「MyJCBアプリ」のメリットは以下のとおりです。

ログインが簡単

「MyJCBアプリ」のログイン方法はオートログイン機能となっているので、2回目以降のログインはIDやパスワードを省略できます。簡単にアクセスすることが出来るので、急いでいる時など素早く確認することが出来て便利です。

また、指紋認証やアプリ専用のパスコードによるログインにも対応しているので、安全にアクセスすることが出来るのも、アプリならではのメリットです。

利用状況をすぐチェックできる

利用代金の詳細は、見やすいグラフで表示されます。

利用状況をすぐチェックできる

最長6ヵ月分のショッピング利用金額を、支払い方法ごとに色分けしてグラフ化されます。月別または日別に、これまでの利用を振り返ることもでき、支出の管理に役立つサービスとなってます。

JR東海エクスプレス予約でらくらく乗車

JR東海エクスプレス予約サービスでらくらく乗車!

「JCB GOLD EXTAGE」では、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)のネット予約&チケットレスサービス「エクスプレス予約」が使えます。

2017年9月2日から「プラスEX」は、サービス内容をリニューアルし、「エクスプレス予約」にサービスを統合しました。サービス内容の変更点は以下のとおりです。

項目 プラスEX エクスプレス予約
サービス設定区間 東海道新幹線(東京~新大阪) 東海道・山陽新幹線(東京・博多)
年会費 500円(税別) 1,000円(税別)
対象クレジットカード 提携クレジットカード 専用クレジットカード
東京~名古屋
(大人1名片道)
普通車指定:10,680円
(410円お得)
普通車指定:10,110円
(980円お得)
東京~新大阪
(大人1名片道)
普通車指定:13,940円
(510円お得)
普通車指定:13,370円
(1,080円お得)
商品 ・ICサービス(プラス):本人のみ
・プラスきっぷ:2名以上
EX予約サービス

年会費が500円(税別)から1,000円(税別)にアップしましたが、年会費がアップした分、新幹線がお得に乗れる割引サービスが強化されました。

例えば、東京~新大阪(のぞみ号普通車指定席)なら、大人片道1名あたり13,370円なので、通常のきっぷと比べて1,080円もお得になります。

東京⇔新大阪か、名古屋の路線を年に1回使う様であれば、年会費の値上げ以上にお得になるサービスとなっています。

「エクスプレス予約」サービスは、以下のメリットがあります。

  • いつでも、どこでもスピーディに予約可能
  • 予約の変更は何度でも手数料無料
  • チケットレスで乗車もスムーズ
  • 1年中、会員価格で東海道新幹線に乗車可能
  • 早めの予約でさらにお得な早特商品

「エクスプレス予約」なら、繁忙期でも1年中同じ値段なので、ゴールデンウィークや年末年始などの期間でも会員価格で利用する事が出来ます。

また、サービス統合にともない、交通系ICカードで、東海道・山陽新幹線に乗車できるチケットレスサービス「スマートEX」というサービスが始まりました。「エクスプレス予約」との違いをまとめてみました。

項目 エクスプレス予約 スマートEX
対象区間 東海道・山陽新幹線(東京~博多) 東海道・山陽新幹線(東京~博多)
年会費 1,000円(税別) 無料
登録方法 対象のクレジットカードのみ お持ちのクレジットカードで登録
予約方法 ・携帯・パソコンから予約
・何度でも手数料無料で予約変更可。
・会員価格
・対象カードで決済
・携帯・パソコンから予約
・何度でも手数料無料で予約変更可。
・駅窓口で発売額とほぼ同じ価格
・お持ちのクレジットカードで決済
乗車方法 専用のICカード お持ちのICカード
特典 グリーンプログラム

スマートEXで利用できるICカードは10種類です。

スマートEXで利用できるICカードは10種類!

年会費無料で、「エクスプレス予約」の様にチケットレスで新幹線に乗る事ができます。また、新しくクレジットカードやICカードを作成する必要がなく、既存のカードをそのまま使えるのは「スマートEX」の大きなメリットです。

いつも利用しているSuicaやPASMOで新幹線の改札を通れるので、気軽に新幹線を利用したい方には、「スマートEX」、新幹線の割引メリットを優先したい方は「エクスプレス予約」がオススメです。

JCBカードがApple Pay対応へ

JCBがApplePAy対応になりました

2016年10月からさらに新しいシステムを導入しました。JCBカードがApple Payに対応するようになりました。対応端末は「iPhoe7」「iPhoe7 Plus」「Apple Watch Series2」になります。

交通系電子マネーのSuicaのチャージなど、Apple PayのSuicaの支払いにJCBカードが利用できます。このネットワーク網を通じて、より快適でスムーズな決済をApple Payがサポートします。

ポストペイ型(後払い式)の電子マネー・QUICPayの全国の加盟店で利用できます。全国のコンビニエンスストア、ファストフード、家電量販店など、加盟店のジャンルも幅広いです。

ApplePay加盟店一覧

アプリケーションやオンラインでも、Apple Payがあればワンタッチでショッピングが可能です。カード番号や名前などの入力が一切不要なので、安全かつスピーディに支払いが出来ます。

アプリやオンラインショップでのApple Pay対応機種

  • iPhone6以降の機種
  • iPad Pro、iPad Air2、iPad mini3以降の機種
  • 2012年以降のmacOS SierraがインストールされたMacでSafariでの支払い
     (支払いの承認にはiPhone6以降の機種、Apple Watchが必要)

世界中で使えるJCB優待ガイド

「JCB優待ガイド」とは、JCBおすすめの海外加盟店が地域別に掲載されているMAP付きのオリジナル・ガイドブックです。

「JCB優待ガイド」には、現地レストランやデパートなど、様々な加盟店が載っており、掲載店に提示してJCBカードで支払うと、お得な割引や優待サービスが受けられます。

「JCB優待ガイド」は、2018年6月30日をもって冊子の配布は終了となります。冊子の配布が終了するだけで、優待情報は引き続き、以下のサイトでチェックする事が出来ます。

JCB優待ガイド

  • 海外旅行情報サイト:たびらば[旅LOVER]
  • スマホアプリ:JCB海外優待 たびらば
  • スマホアプリ:JCBハワイガイド

今までは、空港やJCBプラザ ラウンジ・JCBプラザなどに置いてある冊子の「JCB優待ガイド」を切り取って、掲載店で提示する必要がありました。

これからは、スマホアプリの「JCB海外優待 たびらば」または「JCBハワイガイド」で、優待店舗を検索して「お店に提示する画面を表示」という画面を提示し、JCBカードで支払うだけで優待が受けられる様になるので、より手軽に優待が受けられる様になります。

アプリで利用出来るJCB優待ガイド

「JCBハワイガイド」はハワイ専用のアプリとなるので、ハワイの優待を受けたい方はこちらのダウンロードをオススメします。

また、PCサイトの「たびらば[旅LOVER]」で、冊子と同様のPDF版をダウンロードし、印刷することもできますが、印刷をする手間を考えると、スマホアプリの利用が圧倒的に便利かと思います。

「JCB優待ガイド」では、レストランの食事やショッピングで20%OFFの割引が受けられるなど、お得な優待情報が満載となっています。対象店舗によって割引率には違いますが、無料で利用出来るJCB優待特典なので、JCB会員は是非活用しましょう。

ています。対象店舗によって割引率には違いますが、無料で利用出来るJCB優待特典なので、JCB会員は是非活用しましょう。

電子マネーのQUICpayで簡単決済

コンビニなどの少額決済には欠かせないのが電子マネーです。電子マネーには、先払いチャージ方式後払い方式があります。QUICpay(クイックペイ)は後払い方式ですので、残高を気にすることなくレジで使えます。この少しのストレスの差は実際に両方の電子マネー使ってみると、かなりあります。人にもよると思いますが、自分の場合は断然、後払い方式の方が使いやすいです。

電子マネーを使うことで請求はJCBカードの方に来るので、「Oki Dokiポイント」が貯まる事になります。

JCB QUICpay

QUICPayの特徴は以下の通りです。

  • 事前のチャージが必要なく、残高を気にせず利用できる
  • 決済は端末にかざすだけで、1秒前後で完了する
  • サインの記入や暗証番号の入力が必要ない
  • 1回の精算では20,000円が限度額

【タイプ別 電子マネー一覧】
電子マナーは種類が多くて困るのですが、QUICPay(クイックペイ)とiD以外は全て「先払いでチャージが必要」と覚えれば簡単です。

タイプ 会社別  
後払い電子マネー QUICPay(クイックペイ) QUICPay(クイックペイ)
電子マネーiD iD
先払い電子マネー 楽天edy 楽天Edy
電子マネーSuica Suica
電子マネーpasmo PASMO
電子マネーwaon WAON

QUICPayの種類は複雑そうだけど簡単

QUICPayには以下の種類があります。どれを使っても内容は同じになります。
【カードタイプ】

カードタイプ QUICPay専用カード 専用カード型
QUICPay専用カード クレジットカード型(QUICPay搭載)
QUICPay(nanaco) QUICPay(nanaco)

【モバイルタイプ】

フェリカ搭載の「お財布ケータイ」しか使えません。残念ですがiPhoneはフェリカ搭載ではないので使用不可になります。

QUICPayモバイルタイプ

【キーホルダータイプ】
コンビニやレストラン、全国のエッソ・モービル・ゼネラルのSSでも使用可能です。

QUICPayキーホルダータイプ

電子マネーには「先払い型」と「後払い型」がある。簡単なので覚えておこう! 電子マネーには「先払い型」と「後払い型」がある。簡単なので覚えておこう! 電子マネーには「先払い型」と「後払い型」の2種類に大別されます。それぞれに特徴があり、まだ使った事の無い人は「iD」は後払い?「楽天Edy」って、どっち?と思う人も多いと思います。今回はそんな電子マネーの種類を見ていきます。複雑ではなく、非常にシンプルなので覚えておくと便利です。 この記事を読む

セブンイレブンではポイントが3倍

セブンイレブンで、JCBカード(オリジナルシリーズ)で買い物をするとポイントが3倍になります。セブンイレブンとJCBの相性は最強なので、普段セブンによく行く人はJCBカードは超おすすめのカードになります。

セブン-イレブンの場合はJCB ORIGINAL SERIESの「パートナー優待」になりますので3倍付け加盟店なので2倍分です。

例えばセブン-イレブンにて800円と300円の買い物をして、JCB CARD Wで支払った場合のポイントは次のとおりになります。

セブンで800円利用分
通常獲得ポイント→0.8
JCB CARD Wの倍付分ポイント→0.8
セブン-イレブン利用時の倍付分ポイント→1.6

セブンで300円ご利用分
通常獲得ポイント→0.3
JCB CARD Wの倍付分ポイント→0.3
セブン-イレブン利用時の倍付分ポイント→0.6

◆通常獲得ポイント
0.8+0.3=1.1ポイント
小数点以下切り捨てし、1ポイント

◆ボーナスポイント
0.8+1.6+0.3+0.6=3.3ポイント
小数点以下切り捨てし、3ポイント

合計:通常獲得ポイント1ポイント+ボーナスポイント3ポイント=4ポイント

なお、電子マネーのQUICpayで支払っても、JCBカードで支払ってもポイントは同じになります。

コンビニに良く行くなら、コンビニカードは絶対お得! コンビニに良く行くなら、コンビニカードは絶対お得! コンビニの利用頻度は週に4~5回以上が16%。2~3回以上も含めると38%。なのにクレジットカード利用者は12%だけ。レジでの支払いも早く小銭がいらないので非常に便利。オススメのコンビニカード3枚を紹介します。 この記事を読む

スタバではポイントが5倍

「JCB ORIGINALシリーズ」※1のカードをスタバで使うと利用額が1回で1,000円以上の場合、ポイントが5倍になります。本来のJCBカードの還元率は0.5%なので、還元率は一気に2.5%となります。

「スタバで1回に1,000円以上も使わないって・・・無理。」と、ほとんどの人が厳しいと思います。でも、方法はあります。

JCBカードからの「スターバックス カード」へのチャージでもポイントは5倍になります

つまりチャージを1,000円以上すればその段階でポイントは5倍になります。あとは店舗で「スターバックス カード」を利用して1,000円以下の注文をしたとします。そこはポイントが5倍にはなりませんが、チャージで既に5倍ついていますので同じ事になります。

普段コーヒーを飲む際に、チャージをしておいたマネーを小出しに使うことで構いません。

スターバックス カード

「スターバックス カード」はプリペイドカードで、店舗で店員さんに言うと、その場で無料で作れます。

スタバでポイントが5倍になる「JCB ORIGINALシリーズ」※1

  • JCB一般カード
  • JCBゴールド
  • JCBデビットゴールド
  • JCBゴールド ザ・プレミア
  • JCBザ・クラス
  • JCB CARD EXTAGE(JCBカード エクステージ)
  • JCB GOLD EXTAGE(ゴールドエクステージ)

J/Secure(ジェイセキュア)とは

セキュリティーに関して、最近のクレジットカード各社が力を入れています。最近ではインターネットショッピングでカード情報がもれるなど不正使用が起きています。クレジットカードには券面の表にカード番号と有効期限、裏面にセキュリティーコードが記載されてます。

ネットショッピングの通常決済では、これらの3つの情報を入力すると決済が完了します。つまり、本人でなくても3つの情報を知っていれば、第三者でも簡単に決済できてしまいます。海外のサイトでは実態のないネットショップのサイトを立ち上げ、クレジット情報を盗み取る事件も起きています。

JCBカードに付属する「J/Secure」(ジェイセキュア)は、ネットでの不正使用防止に向けて導入されました。

最初にユーザー登録をしてパスワードを設定します。JCB会員の本人認証を行うシステムで、ネットショッピングをする際に最後にこのパスワードを入力しないと決済が出来ない仕組みになっています。

J/Secureを導入しているJCBカード発行会社

もしカードを落としたとしても、ネットでモノを買う場合は、このパスワードが必須になりますので不正に使われることはありません。

つまり決済画面の最後にもう一回パスワードを入れる事になるので、ひと手間はかかりますが、自分以外には分からないパスワードなので不正される事はありません。

あやしそうなショッピングサイトがあれば「JCB J/Secure」のロゴマークがなければ避けた方が賢明です。「J/Secure」の加盟店は、急速に広がっています。

【J/Secureを導入しているJCBカード発行会社】

  • JCBグループ
  • アプラス
  • 小田急電鉄
  • クレディセゾン
  • ワイジェイカード
  • セディナ
  • 西日本旅客鉄道
  • ポケットカード
  • ライフカード
  • エヌシーガイドショップ
  • 宮崎信販
  • 九州日本信販
  • エースカード
  • ビューカード
  • 山陰信販
  • イオン銀行
  • オリエントコーポレーション
  • ジャックス
  • セブン・カードサービス
  • トヨタファイナンス
  • 日立キャピタル
  • 三菱UFJニコス
  • UCS
  • 楽天カード
  • 日専連
  • ほくせん
  • 楽天銀行
  • シティックスカード
  • ライフフィナンシャルサービス

「JCBでe安心」制度でネットショッピングも安心

「JCBでe安心」とは、インターネットショッピングでご利用になった覚えのない請求があった場合、状況調査のうえ適用条件に基づき、請求を取り消しするサービスです。

以下の3つが対象業種になります。

  • インターネットショッピング
  • 電話・プロバイダー料金
  • 電話・FAXによる通信販売

不正利用が認められた場合に被害額を補償してくれます。万が一見に覚えの無い請求があった場合には、カード会社へ連絡をしましょう。

JCB安心のセキュリティ

JCBはクレジットカードを安全に利用する為に、不正使用を未然に防ぐ為の取り組みも力を入れています。

【不正検知システム】

不正検知システムを用いてカード取引ごとに不正リスクのスコアリングを実施し、不審なカード取引がないかを早期に検知します。直近の不正使用の傾向と似ている場合には、カードの取引を保留する場合があります。

【カード利用状況確認のご連絡】

第三者による不正利用の可能性を検知した場合に、電話やメールにてカードの利用内容を確認する連絡が届きます。

旅行傷害保険は利用付帯で最高5,000円

海外・国内旅行傷害保険は、利用付帯で最高5,000万円になります。海外・国内でのショッピングガード保険は最高200万円になります。ゴールドカードになるので、やはり補償が手厚くなっています。

最大1億円補償の「JCBトッピング保険」

JCBトッピング保険」とは、自転車事故や日常生活のトラブルなどに対応した、複数のプランから選べる保険です。20~69歳までの方が加入できます。

月額150円からの保険料で、最高1億円の賠償補償が受けられるなど、リーズナブルな価格で手厚い補償を受けられるのが最大のメリットとなります。

保険加入の対象カードはカード番号の最初の3桁が「354」「355」で始まるカード、または裏面にJCBのお問い合わせ先の記載があるJCBオリジナルシリーズなどが対象となります。

保険加入の対象カード

JCBトッピング保険の補償内容は以下の通りです。

プラン 補償内容
弁護士費用サポートプラン弁護士費用サポートプラン

被害事故、人格権侵害の法的トラブルにあったときの弁護士費用を補償

【法律相談費用】通算10万円限度(自己負担額1,000円)
【弁護士委任費用】通算200万円限度(自己負担割合10%)

自転車プラン(もっと安心)自転車プラン(もっと安心)

自転車事故や日常生活における損害賠償責任を補償

【死亡・後遺障害】100万円
【入院保険金日額】2,000円
【手術保険金】10,000円~20,000円
【通院保険金日額】2,000円
【個人賠償責任】1億円

自転車プラン(安心) 自転車プラン(安心)

自転車事故や日常生活における損害賠償責任を補償

【死亡・後遺障害】100万円
【入院保険金日額】1,000円
【手術保険金】5,000円~10,000円
【通院保険金日額】1,000円
【個人賠償責任】1億円

自転車プラン(基本)自転車プラン(基本)

自転車事故や日常生活における損害賠償責任を補償

【死亡・後遺障害】100万円
【入院保険金日額】1,000円
【手術保険金】5,000円~10,000円
【個人賠償責任】1億円

日常生活賠償プラン日常生活賠償プラン

日常生活における損害賠償責任を補償

【死亡・後遺障害】100万円
【個人賠償責任】1億円

携行品プラン携行品プラン

携行する身の回り品の盗難や破損を補償

【死亡・後遺障害】100万円
【携行品損害】30万円(自己負担額1事故につき3,000円)

ケガプランケガプラン

旅先などの事故によるケガを24時間補償

【死亡・後遺障害】100万円
【入院保険日額】1,000円
【手術保険金】5,000~10,000円
【通院保険金日額】500円

ゴルフプランゴルフプラン

スポーツ中のケガや日常生活における賠償責任を補償

【死亡・後遺障害】100万円
【入院保険日額】1,000円
【手術保険金】5,000~10,000円
【個人賠償責任】1,000万円
【携行品損額】10万円
【ホールインワン・アルバトロス費用】10万円

JCB GOLD EXTAGE(ゴールドエクステージ)のクチコミ&レビュー

  • 総合評価 5点中 2点の評価 20代/男性/会社員

    少し背伸びをして作ったけど。それほどメリットもなかったような・・

Amazonギフト券がもらえる!
クチコミの投稿はこちら

JCB GOLD EXTAGE(ゴールドエクステージ)の詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 満20歳以上29歳以下で安定継続収入のある方
審査・発行 最短当日発行・翌日お届け
年会費(本人) 初年度 無料
2年目以降 3,000円(税別)
年会費(家族カード) 初年度 1人目…無料
2人目より1,000円(税別)
2年目以降 1人目…無料
2人目より1,000円(税別)
限度額 ショッピング 公式サイト参照
キャッシング 公式サイト参照
ETCカード 無料
締日 / 支払日 公式サイト参照
支払い方法 公式サイト参照
国際ブランド
  • JCB

追加できるカード

追加カード ETCカード
家族カード

電子マネー

  • QUICPay

ポイントプログラム

ポイント還元方法 キャッシュバック、マイル移行、商品券他景品
ポイント付与率 ・入会3ヶ月間…1,000円=3ポイント
・入会4ヶ月~初年度…1,000円=1.5ポイント
・2年目以降…1,000円=1~1.5ポイント
・海外利用…1,000円=2ポイント
ポイント還元率 ・入会3ヶ月間…1.5%
・入会4ヶ月~初年度…0.75%
・2年目以降…0.5%~0.75%
・海外利用…1.0%
ポイント有効期限 2年間

マイレージ

マイレージ移行先 JAL ANA デルタ航空
マイル付与率 500ポイント→1,500マイル (1,000円=1ポイント=3マイル換算)
マイル還元率 初年度…0.9%~ (1マイルの価値を2円と想定)
翌年度以降…0.6%~ (1マイルの価値を2円と想定)
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 無料

付帯保険

海外旅行保険
(利用付帯)
死亡・後遺傷害 最高5,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高3,000万円
携行品損害 最高50万円
国内旅行保険
(利用付帯)
死亡・後遺傷害 最高5,000万円
入院費用 5,000円/1日
手術費用 入院日額×倍率
通院費用 2,000円/1日
ショッピング保険 国内・海外…200万円/90日間
その他 紛失・盗難補償

このページをシェアする

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

ポイントのコラム

セイコーマートで楽天ポイントが利用可能に

まとめのコラム

学生クレジットカードの利用限度額はどのくらい?

学生クレジットカードの利用限度額はどのくらい?

キャンペーンのコラム

7月現在のクレジットカードキャンペーンで1番おいしいカード4枚

7月現在のクレジットカードキャンペーンで1番おいしいカード4枚

amazonのコラム

Amazonタイムセールとは?毎日やっている?

Amazonタイムセールとは?毎日やっている?

楽天のコラム

セイコーマートで楽天ポイントが利用可能に

アメックスのコラム

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF