JCB,VISA,Masterの違いとは?

JCB,VISA,Masterの違いとは?

JCB、VISA、Master Cardはそれぞれ国際ブランドと呼ばれています。国際ブランドとは、世界中でカード払いの決済を可能にしているシステムを提供している会社のことを言います。

従って、支払時にカード払いを利用したければ、お店側がいずれかの国際ブランドと加盟店契約をしていなければなりません。

JCB、VISA、Master Cardは、それぞれが国際ブランドの1種と一括りにできますが、それぞれに強みや弱み、役割等が微妙に違っています。それでは1つずつ見ていきましょう。

JCBは日本初の国際ブランドです。

そのため、日本国内でカード加盟店となっているお店では、ほぼ100%JCBカードを利用することができます。一方で、国際的にはまだまだ発展途上であり、VISAやMaster Cardは利用できても、JCBは利用できないお店が少なくはないというのが現状です。

ちなみに、日本人がよく旅行先に選ぶハワイやグアム等や、アジア諸国では普通にJCBを使うことができます。

また、JCB独自のサービスを展開しており、海外に行った際は日本語でのサポートを受けられたり、一定の場所ではJCBのロゴの入ったクレジットカードを所有しているだけで、トロリーバスが無料で利用できたりするので、日本人なら最低1枚はJCBのカードを作っておくと良いでしょう。

VISAやMaster Cardと違って、JCBは自らがクレジットカードを発行している点も違いの1つです。VISAは何と言っても加盟店数が世界1位です。国内においてカード払いができるところはまず間違いなくVISAが利用できます。

Master CardはVISAに次いで第2位のシェアを持っています。国内においてVISAが利用できるお店はほとんど全てMaster Cardも利用できるため、左程違いはありません。

ちなみに海外に目を向けると、VISAはアメリカ方面に強く、MasterCardはヨーロッパ方面に強いと言われています。

VISAとMasterってどっちがいい?
VISAとMasterってどっちがいい?

単刀直入に言うと、どちらで作ってもほとんど変わりません。ただし、初めてクレジットカードを作る方であればVISAにしておいた方が無難と言えます。

この記事を読む

【まとめ】

JCBは世界主要都市にJCBプラザというJCB会員専用のサービスラウンジを提供しています。現地において日本語で問題を解決してくれるJCBプラザは、日本人にとって心強い味方と言えるでしょう。

クレジットカードを作る際は、それぞれの国際ブランドを最低でも1枚ずつ作る様にすると、全てに対応できて場面に応じた使い分けができる様になります。

このコラムにおすすめのカード

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友VISAゴールドカード

満足ポイント 4.5

年会費無料
還元率0.5%~1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費初年度無料 翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCBゴールド

満足ポイント 4.6

年会費無料
還元率0.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集