ANAマイルが貯まる人気のカードランキング

ANAマイルが貯まる人気のカードランキング

ANAマイルをザクザク貯めるには、ANAカードをメインカードとしてフライトや日常生活の決済をすべて1枚に集める必要があります

ANAカードはフライトをしないでも日常生活でマイルが貯まるように出来ています。まずはどのANAカードが自分に合うかを決定するのが必要です。

今回、ANAマイルが貯まる人気のカードランキングを紹介します。

ANA JCBワイドカード

満足ポイント 4.6

年会費7,975円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA JCBワイドカードは、フライト回数が多く、よく旅行や出張に行く人にメリットのあるカードです。

フライトボーナスが25%と多く、ビジネスカウンターの利用や免税店での10%OFFなど空港サービスも充実しています。

マイル移行手数料は年間5,500円(税込)と、他の国際ブランドより1,000円安いのがメリットです。

ANA JCBワイドカードのメリット

  • 入会・継続時に毎年2,000マイルがもらえる
  • フライトマイルは25%
  • Oki Dokiランドはポイントが最大20倍
  • 最高5,000万円の海外旅行保険
  • 最高5,000万円の国内航空傷害保険
  • 国際線ビジネスクラスの専用カウンター利用可能

ANA VISA ワイドカード

満足ポイント 4.7

年会費7,975円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA 一般カードより1つグレードの高いのがANA VISA ワイドカードです。入会・継続マイルが2倍の2,000マイルがもらえ、フライトマイルも25%にアップします。

さらに国際線ビジネスクラスの専用カウンターが使えるなど、サービス面でも充実しています。

ANA VISA ワイドカードのメリット

  • 年会費割引で最大6,902円(税込)
  • 入会・継続時に毎年2,000マイルがもらえる
  • フライトマイルは25%
  • ポイントUPモールでポイント最大20倍
  • 国際線ビジネスクラスの専用カウンター利用可能
  • 最高5,000万円の海外旅行保険
  • 最高5,000万円の国内航空傷害保険

ANA ダイナースカード

満足ポイント 4.6

年会費29,700円(税込)
還元率0.4%~1.2%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA ダイナースカードはポイントの有効期限が無期限です。さらに手荷物宅配やタクシー送迎、ビジネスクラスカウンターでチェックイン出来るなどワンランク上のサービスが受けれます。

普段のカード利用で還元率1%のポイントが貯まり、ポイントの有効期限がないので好きなタイミングでマイル移行出来るのもメリットです。

ANA ダイナースカードのメリット

  • 空港ラウンジが無料
  • 入会時と更新時に2,000ボーナスマイル
  • フライトマイルは25%
  • ANAカード特約店でポイント+0.5%~1%加算
  • Edyチャージ0.5%のマイルが貯まる
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険
  • 最高1億円の国内旅行傷害保険
  • 手荷物宅配&タクシー送迎
  • ビジネスクラスカウンターでチェックイン
  • コース料理が1名分無料になるエグゼクティブ ダイニング

ANA VISA 一般カード

満足ポイント 4.8

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA 一般カードはANAカードの中でも人気のクレジットカードです。

上記で紹介したANA JCB 一般カードとスペックはほぼ同じですが、移行手数料の安さを考えるとJCBの方がお得ですが、海外での加盟店の多さを考えるとANA VISA 一般カードの方が使いやすいです。

また、VISAブランドには年会費割引サービスがあるので、通常の年会費2,200円(税込)が最大1,127円(税込)まで安く出来ます。

ANA VISA 一般カードのメリット

  • 年会費割引で最大1,127円(税込)
  • 入会・継続時に毎年1,000マイルがもらえる
  • フライトマイルは10%
  • ポイントUPモールでポイント最大20倍
  • 最高1,000万円の海外旅行傷害保険
  • 最高1,000万円の国内航空傷害保険

ANA JCB 一般カード

満足ポイント 4.6

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA JCB 一般カードは、ANAカードの中でも最もスタンダードな1枚です。

入会時やカード継続時は毎年1,000マイルがもらえ、搭乗するたびに10%のボーナスマイルが貰えます。

他の国際ブランドと違い、10マイルコースの移行手数料が1,000円安いというメリットがあるので、長くカードを使う事を考えたらJCBがお得です。

ANA JCB 一般カードのメリット

  • 入会・継続時に毎年1,000マイルがもらえる
  • フライトマイルは10%
  • 1,000円につき1Pが貯まる
  • 最高1,000万円の海外旅行傷害保険
  • 最高1,000万円の国内航空傷害保険険

ANA アメックス

満足ポイント 4.8

年会費7,700円(税込)
還元率0.3%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA アメックスでは、入会時や更新時に1,000マイルがもらえ、入会後3ヶ月以内のカード利用で最大35,000マイルが貰えます。

最大のメリットは同伴者1名まで空港ラウンジが無料な点です。旅行で空港ラウンジを2人で利用したい人はANA アメックスがおすすめです。

マイルが貯まりやすいだけでなく、空港ラウンジや手荷物無料宅配サービスなど、アメックスならではの空港サービスも充実しています。

マイル移行をするには、年会費6,600円(税込)のポイント移行コースへの登録が必要ですが、登録をすればポイントの有効期限が無期限になるメリットがあります。

ANA アメックスのメリット

  • 空港ラウンジが無料
  • 入会・継続時に毎年1,000マイルがもらえる
  • 入会後3ヶ月以内のカード利用で最大35,000マイルが貰える
  • ANAグループの利用でポイント1.5倍
  • フライトマイルは10%
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 最高3,000万円の海外旅行傷害保険
  • 最高2,000万円の国内旅行傷害保険

ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.9

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

普段、通勤通学で電車に乗る人でマイルを貯めたい人は、ANAカードにSuica機能が付いたANA VISA Suicaカードがピッタリです。

入会・継続時に毎年1,000マイルがもらえ、Suicaチャージでもポイントが貯まり、搭乗すると通常のフライトマイルとボーナスマイルがダブルで貯まります

年会費2,000円ですが、年会費割引サービスを利用すると最大で年会費826円(税込)まで安くなります。

通勤や日常生活でもマイルも貯めたい人にピッタリのカードです。

ANA VISA Suicaカードのメリット

  • 年会費割引で年会費826円(税込)
  • 入会・継続時に毎年1,000マイルがもらえる
  • Suicaチャージで還元率0.5%
  • フライトマイルとボーナスマイルがダブルで貯まる
  • ANAカード特約店でポイント+0.5%~1%加算
  • 最高1,000万円の海外旅行傷害保険
  • 最高1,000万円の国内航空傷害保険
  • 最高100万円のショッピング保険

ANA JCBワイドゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費15,400円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

上記で紹介したANA VISAワイドゴールドカードのJCBブランド版で、毎年貰える継続マイルや搭乗するたびに25%のフライトマイルが貰えるなどスペックはほとんど一緒です。

年会費割引サービスはありませんが、海外旅行保険が最高1億円で疾病治療費など補償額はVISA・MasterCardの2倍なので、旅行保険で選ぶならJCBの方がお得です。

ANA JCBワイドゴールドカードのメリット

  • 空港ラウンジが無料
  • 入会・継続時に毎年2,000マイルがもらえる
  • 10マイルコース移行手数料(5,000円)が無料
  • フライトマイルは25%
  • 年間300万以上利用で還元率アップ
  • ANAカード特約店でポイント+0.5%~1%加算
  • Oki Dokiランドでポイント最大20倍
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険
  • 最高5,000万円の国内旅行傷害保険
  • 海外・国内航空機遅延保険

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費15,400円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISAワイドゴールドカードは、入会時や継続時に毎年2,000マイルがもらえ、搭乗するたびに25%のフライトマイルが貰えます。

年会費は14,400円(税込)ですが、年会費割引サービスを利用すると最大4,500円の割引になるので、実質10,450円(税込)で持てるコスパ最強カードです。

年会費とマイルの貯まり方のバランスが最強のカードです。

ANA VISAワイドゴールドカードのメリット

  • 空港ラウンジが無料
  • 年会費割引で最大4,500円の割引
  • 入会・継続時に毎年2,000マイルがもらえる
  • マイル移行は10マイルコースが無料
  • フライトマイルは25%
  • ポイントUPモールでポイント最大20倍
  • 最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険
  • 海外・国内航空機遅延保険

以上、ANAマイルが貯まるおすすめカードランキングでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:ANAマイルが貯まるおすすめカードランキング

執筆者プロフィール

石崎 英司(いしざき えいじ)
石崎 英司(いしざき えいじ)代表取締役
クレジットカード歴20年の専門家で、クレジットカードの券面の端の5ミリを見たら「何のカードか分かる」くらいのスペシャリスト。

今までにクレジットカードに関する記事を2,000記事以上公開。

クレジットカード・生命保険・年金などが得意分野。27歳から株を始め、株式投資も20年目のベテランでもある。

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天カードの分割払いとは?手数料はかかる?

楽天カードの分割払いとは?手数料はかかる?

ポイントのコラム

人気でおすすめのVISAカードランキング

人気でおすすめのVISAカードランキング

マイルのコラム

JALカードコラムのまとめ

JALカードコラムのまとめ

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

コンシェルジュが使えるクレジットカードランキング

コンシェルジュが使えるクレジットカードランキング

SiteLock