「ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」を利用するには?

「ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」を利用するには?

Photo by Twang_Dunga

ANAラウンジの中はこうなっている

出発前の空港で優雅な気分にしてくれるもの。それが空港のラウンジになります。今回はゴールドカードがあれば利用できるカードラウンジではなく、空港内のスペースに航空会社が用意しているワンランク上の「ANAラウンジ」を解説します。

ANAラウンジには「ANAラウンジ」と、超VIPな「ANAスイートラウンジ」の2種類があります。どちらも快適な空間とソファが用意されていて、トイレがキレイのが特徴です。

空港のトイレはだいたいキレイのですが、ラウンジのトイレは特別にキレイです。ちょっとした宇宙を感じます。

ANAラウンジで出来る事 すべて無料

  • アルコール
  • ソフトドリンク
  • 雑誌・新聞・週刊誌
  • 電源
  • 無線LAN
  • シャワー無料(設置してあれば)
  • 軽食・スナック(ない所も)

国内線ANAラウンジのシャワーブースは、成田空港のANA ARRIVAL LOUNGEのみ。国内線ANAスイートラウンジは羽田、新千歳、伊丹、那覇空港に設置。

「国内線ANAラウンジ」で利用できるサービスはソフトドリンク、アルコール、おつまみの無料サービス、シャワーサービス。そしてフリーのwifiサービスがメインです。ブースなどはパーソナルスペースに区切られている所もあるので、待ち時間に利用には十分な環境です。

国内線には無料の食事サービス等はありません。あってもおつまみ程度です。正直なところ、カレーとか、うどん、おにぎりなども食べたいです。

「食べたいのなら、街中のうどん屋さんに行けばいいじゃんか?」と思われますが、違うのです。ANAラウンジで、カレーとか、うどんを食べたいのです。

空港ラウンジで同伴者1名まで無料で入れるクレジットカード  「空港ラウンジ」が同伴者1名まで無料で使えるクレジットカード ブラックカード、プラチナカードなら同伴者も無料で入れますが、それ以外でも同伴者無料のクレジットカードがあります。「JALアメックスカード」「ANAアメックスカード」や「アメックスグリーン以上」なら同伴者も無料で入る事が出来ます。 この記事を読む

ANAラウンジに入る方法は全部で7通り

次にANAラウンジに入る方法です。全部で7個の方法がありますので、どれでも構いません。1つあればOKです。

ANAプレミアムメンバーである

ANAプレミアムメンバーというのは、ANAの上級会員の事を言います。ANAプレミアムメンバーには3つのランクがあり、下から順に「ブロンズ」「プラチナ」「ダイヤモンド」になっていて、これらは1年間の搭乗実績によって決ります。ダイヤモンドは「神」レベルです。

ANAプレミアムメンバー

この中で、ブロンズだけはANAラウンジに入るために「1,000マイル」又は「ANAアップグレード2ポイント」が必要になります。「プラチナ」「ダイヤモンド」はスルーで入れます。

では、プレミアムメンバーになるには?

カタカナが多くて分かりにくいかもしれませんが、もう少しだけ頑張ってください。

1年間の搭乗(飛行機に乗る)に応じてプレミアムポイントがもらえます。プレミアムメンバーになるには、このプレミアムポイントが必要で、ポイント数よってランクが決ります(ブロンズ・プラチナ・ダイヤモンド)。

プレミアムポイントというのは、搭乗や買い物などで貯まる「マイル」とは違い、飛行機に乗らないと貯まらないポイントです。プレミアムメンバーに必要なプレミアムポイントは下記になります。

ランク 必要なプレミアムポイント
ブロンズ 30,000ポイント
(15,000はANA利用必須)
プラチナ 50,000ポイント
(25,000はANA利用必須)
ダイヤモンド 100,000ポイント
(50,000はANA利用必須)

半分はANAグループ運行便を利用する必要があります、それ以外はスター アライアンスグループの利用でも構いません。

プラチナ取得をシミュレーション

では、プラチナの50,000ポイントはどのくらい飛行機に乗る必要があるのか、シミュレーションしてみます。

東京-大阪をエコノミーで片道利用したとします。計算方法は「区間基本マイレージ」×「クラス・運賃倍率」×「路線倍率」+「搭乗ポイント」です。

東京-大阪間のプレミアムポイント

280マイル×100%×2倍+400ポイント=960ポイント

約1,000ポイントとすると往復で2,000ポイント貯まります。必要なのは50,000ポイントなので、東京-大阪を往復25回する必要があります。

1年のうち月2回は飛行機に乗る計算なのでハードルは高いです。この難関を越えて、晴れてANAプレミアムメンバーになっても1年間でリセットされます。ただし、スーパーフライヤーズカードを持つ事で、この権利を一生モノに出来ます。スーパーフライヤーズカードはのちほど説明をします。

ミリオンマイラー保有者(100万マイル)

ANAミリオンマイラー

ANAマイレージクラブに入会した時から、生涯、飛行機に乗った総飛行距離の事を「ライフタイムマイル」と言います。ANAマイレージクラブにログインをすると自分のライフタイムマイルが見れます。

このライフタイムマイルが100万ライフタイムマイルになると、ANAのラウンジへ入室できる「Lounge Access Card」がもらえます。100万マイルはどのくらいの距離なのか簡単にまとめました。往復を1回で計算しています(エコノミー席)。

区間 往復マイル 必要回数
東京⇔大阪 560マイル 1,780往復
東京⇔沖縄 980マイル 1,020往復
東京⇔ソウル 1,510マイル 660往復
東京⇔ハワイ 7,660マイル 130往復
東京⇔ロンドン 12,500マイル  80往復 
東京⇔ニューヨーク 13,500マイル  74往復

表を見ての通り、仕事で海外にガンガン行く人をのぞいて、ミリオンマイラーは絶望的です。

ANAのふるさと納税を使うと100円につき1マイルがもらえます ANAのふるさと納税でマイルが貯まる 「ANAのふるさと納税」を使うと100円につき1マイルがもらえます。10,000円を寄付すると返礼品と100マイルがもらえる事になります。陸マイラー(おかマイラー)にとっては貴重です。 この記事を読む

プレミアムクラスに乗る

anaプレミアムクラスに乗る

プレミアムクラスとは、国際線でいう、ファーストクラスやビジネスクラスみたいな席です。プレミアムクラスという言い方は国内線にしか存在しません。飛行機に搭乗すると前方に8席くらいあるあれです。

シートが広いのでゆったりしていて、離陸すると食事が出ます。もともと料金が高いのでANAラウンジは入れます。東京⇔沖縄だとエコノミークラスより約12,000円前後、高くなります。飛ぶ距離が長くなると、もっと料金の差が開きます。

つまり、ANAの上級会員ではないけれど、高い席に乗っているのでANAラウンジに入室できるという事になります。

ANAカードプレミアムのどれかを持っている

上級会員でなくても、ANAプレミアムカードを持っているとラウンジに入れます。ただし、会員本人だけで同伴者は入れません。年会費がかなり高いのがネックです。年会費は毎年発生するので、よほど余力がある人にしか向いていません。

カード名 カード券面 年会費
ANA JCB カードプレミアム ANA JCBカード プレミアム 70,000円(税別)
ANA VISAプラチナ プレミアムカード ANA VISAプラチナ プレミアムカード 80,000円(税別)
ANAアメックス・プレミアム・カード ANAアメックス・プレミアム・カード 15万円(税別)
ANAダイナース プレミアムカード ANAダイナース プレミアムカード 15万5,000円(税別)

スターアライアンス・ゴールドメンバーになる

ANAはスターアライアンスという航空団体に属しています(JALはワンワールド)。ANAのプラチナ会員になると、航空団体の「スターアラインスのゴールド会員」にもなります。

スターアライアンスのゴールド会員になると、スターアライアンスに加盟している他の航空会社でも同様のサービスが受けれます。代表的なサービスは、ラウンジ利用や優先カウンターでのチェックイン、優先搭乗、預け手荷物の優先受け取りなどです。

加盟会社同士のサービスの相互サービス交換をイメージしてください。

極端に言うと、ANAラウンジを利用したいために、シンガポール航空の上級会員になるのもありという事です。

スターアライアンス 航空会社一覧

航空会社名
ANA 日本
アシアナ航空 韓国
エアインディア インド
エア・カナダ カナダ
エジプト航空 エジプト
エバー航空 中国
オーストリア航空 オーストリア
シンガポール航空 シンガポール
スイス航空 スイス
スカンジナビア航空 スウェーデン
デンマーク
ノルウェー
ターキッシュエアラインズ トルコ
タイ国際航空 タイ
ルフトハンザドイツ航空 ドイツ
ニュージーランド航空 ニュージーランド
ユナイテッド航空 アメリカ
中国国際航空 中国
南アフリカ航空 南アフリカ

ANA SUITE LOUNGE利用券を入手する

ANA SUITE LOUNGE利用券

これは分かりやすいです。ANA SUITE LOUNGE利用券を入手すればラウンジに入れます。この利用券を入手する方法は正規ルートで2つあります。

ANA SUITE LOUNGE利用券を入手する方法

  • 1年間で80,000プレミアムポイント以上獲得する(3枚)
  • ダイヤモンドメンバー限定の特典(6枚)

色は違いますが、どちらもANA SUITE LOUNGEに入れるので同じです。もちろんANAラウンジにも入れます。

正直、上記の条件は超えれないハードルです。そこで出番なのがメルカリとヤフオクです。だいたいですが1枚4,500円~5,000円で落札できます。

スーパーフライヤーズカードを持っている

スーパーフライヤーズカード

スーパーフライヤーズカード、略してSFCというクレジットカードです。上記で書いたANAプレミアムメンバーの「プラチナ」を達成すると申し込める権利が発生します。ANAプレミアムメンバーは1年間でリセットされてしまうので、ここで何もしなければまた平会員に戻ります。

ANAプレミアムメンバーになっている期間に、スーパーフライヤーズカードに申し込んでカードを作ることで、一生ANAの上級会員になれます。

もちろん毎年の年会費15,000円(税別)は必要ですが、今後は毎年50,000プレミアムポイントを稼ぐ必要もなくなるので魔法のカードといえます。

ただ、最近は上級会員が増えすぎて、ANAラウンジが込み合って座れないというのをチラホラ聞きます。陸マイラー御用達のソラチカルートが長すぎたのかもしれません。

そのソラチカルートも最近終了になりました。といっても一生モノのカードなので、増えていくことはあっても減ることは無いのですから、今後のラウンジの混み具合はどうなるのか疑問です。

以上、ANAラウンジに入れる7個の方法を簡単にまとめました。

以前は「ANA MY CHOICE」で3,100円を支払うという方法もあったのですが、2017年10月に終了になりました。

年間18,000ANAマイルを無料でゲットする方法!同時にJAL7,200マイルもゲット出来ます トリップアドバイザーに口コミ投稿で毎月1,500マイルをゲットする方法 年間18,000のANAマイルと7,200のJALマイルをゲット出来る方法です。この方法は、誰でも簡単にANAとJALのマイルをゲットする方法です。しかも何かのモニターになるとかではありません。むしろ、社会や人に貢献をしながらマイルをゲット出来ます。今回はその方法を簡単に解説いたします。 この記事を読む

国際線はさらにすごい

国際線のANAラウンジは、国内線ANAラウンジと一味違います。これは入ってみないと分かりませんが、食事が違ってきます。

国内線よりすごい国際線ANAラウンジの中はこんな感じ

ANAラウンジは国内線より、国際線の方がレベルが高くなっています。

国内線と国際線のANAラウンジの違い

  • 国内線:時間によっては混み混みで食事はナシ
  • 国際線:内装もゴージャスで食事が無料でいろいろ用意されている

全世界45空港にある「国際線ANAラウンジ」は、国内線ラウンジとは違い軽食サービスが充実しています。当然ですが「国内線ANAラウンジ」にあるものは「国際線ANAラウンジ」にはすべてあります。

食事メニューは、国内線より大幅にグレードアップします。特に日本を出発前の軽食はカレーは人気で最後の日本食として長旅のスタートを切るのにふさわしい内容となっております。

なんとなくですが、ラウンジでカレーを食べるのが、ステータスになっている感じがします。もしくはカレーしかない?

ANAラウンジ設置空港

国内・国際線のANAラウンジの設置空港です。せっかく乗るのにANAラウンジが無い空港で乗っても残念です。覚えておくと旅のテンションも上がります。

国内線ANAラウンジ設置空港

国内線ANAラウンジは成田、羽田や関西空港など、全国15箇所にあります。国内線のANAラウンジは、国際線と比べると高級感と食事面で落ちます。2時間半あれば日本の端から端まで行けるので仕方ありません。

国内線ANAラウンジ 設置空港

  • 成田空港(国内線出発ラウンジ)
  • 羽田空港
  • 関西空港
  • 伊丹空港
  • 新千歳、仙台、小松、岡山、広島、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇空港
  • 名古屋(中部)空港は「セントレア エアライン ラウンジ」を代替利用

国際線ANAラウンジ設置空港

国際線のANAラウンジは主要都市の4箇所だけになります。

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 関西空港
  • 名古屋(中部)空港は「スター アライアンス ラウンジ」を代替利用

ANAラウンジより格上のANAスイートラウンジ

ANAスイートラウンジは世界が違います。ここに無条件で入れるのはファーストクラスのチケット保有者か、ANAダイヤモンド会員だけです。それほど入れる条件が厳しくなっています。

ANAラウンジとANAスイートラウンジの違い

「ANAラウンジ」でもハイレベルなのですが、さらにその上を行くのが「ANAスイートラウンジ」になります。現在「ANAスイートラウンジ」があるのは全国で4空港のみになります。

国内線 羽田空港
伊丹空港
那覇空港
国際線 羽田空港
成田空港

「ANAラウンジ」よりもゴージャスなシャワールームに高級アメニティ、そしてリクライニングシートなどのリラックス空間が広がります。また席の間隔がより広めに取っているので、「ANAラウンジ」よりさらにセレブ感があります。写真のとおり、食事が違います。

寿司、サンドイッチ、丼物や麺類、サラダ、スイーツなどがあらゆるものが充実しており、世界最高峰のサービスとセレブリティーな空間を実感できます。

どんな空間だよ!ですよね。

羽田空港では、深夜便を利用する人を対象にレストラン”DINING h”が用意されており、従来のビュッフェ形式での食事に加え、”DINING h”限定の和食・洋食のアラカルトメニューが食べれます。

常駐するシェフが注文をしてから調理をするために、できたての温かい料理が出てきます。レストラン専属の係員が常駐し、ANAとして初めての本格的なレストラン形式でのサービスとなります。(羽田空港のANA SUITE LOUNGEのみフルコースメニューが用意されています)。

レストラン専属のスタッフって、セレブ過ぎてANAさんすごいです。

10,000マイル貯めるのに必要な金額っていくら? 10,000マイル貯めるのに必要な利用金額っていくら? 10,000マイル貯めるにはザックリで100万円が必要になります。ただ、提携店でのカード利用はマイルが2倍になったりコンビニ利用や公共料金の引き落としなども含めると、実際には80万円くらいで10000マイルに達成できます。10,000マイルで行ける所をまとめてみました。 この記事を読む

ANAスイートラウンジを利用するには?

ファーストクラスのチケットを持っている

ファーストクラスのチケットは最強なので「ANAスイートラウンジ」に問答無用で入れます。ファーストクラスは空港内と機内では全てが最優先されます。

ファーストクラスのすごい所

  • チェックインは専用レーンなので待たない
  • 預けれる荷物の数が多い
  • 手荷物検査も専用レーンなので並ばない
  • ラウンジは空いている
  • ビール・食べ物は飲み食べ放題
  • マッサージや個室シャワーは無料
  • 優先搭乗後、CAさんが席まで案内してくれる
  • 席に着くとすぐにシャンパンが出てくる
  • 着陸後、手荷物がコンベアーで一番先に出てくる

寿司やカレーなど食べ放題です。カレーを2杯食べても怒られません。気になるファーストクラスの価格ですが、驚きます。

成田→ニューヨークの正規料金(片道)

ファーストクラス1,420,000円

エコノミークラス590,000円

無造作に30日後の金曜日出発で検索したのですが、正規料金だとエコノミーでも結構します。それでもファーストクラスとは2倍も違います。

ファーストクラスに乗るために特典航空券を使っても、すべてのファーストクラスのサービスは受ける事ができます。タダ券の特典航空券だからと差別などはありません。

ANAのダイヤモンド会員

ANAのダイヤモンド会員は、上級会員を含め全ての会員の中で「神」です。ANAのダイヤモンド会員は別格の扱いになります。

ANAスイートラウンジはANA上級会員の中でダイヤモンド会員しか利用できません。残念ながらプラチナ会員は利用できません。ANAダイヤモンドはそれほど別格とされています。

また、ダイヤモンド会員の同伴者は1名まで無料で入る事ができます。

ミリオンマイラー保有者(200万マイル)

ANAミリオンマイラー

ミリオンマイラーで200マイルを達成した人はANAスイートラウンジに入室が出来ます。同じミリオンマイラーでも100万マイルの人は入る事が出来ません。100万マイルの人はANAラウンジまでとなります。

200万マイルがどのくらいすごいのかを簡単に計算します。

成田-ハワイの往復で貯まるマイルが約7,600マイルです。

200万マイル ÷ 7,600マイル =263回の往復

エコノミーで計算をしていますが、成田-ハワイを往復で263回行かないと200万マイルになりません。

仮にANAスイートラウンジに入室のできない100万マイルのミリオンマイラーとしても、130回も成田-ハワイの往復が必要になります。

機長を除いて、全国に何人いるのだろう?の世界です。

ANA SUITE LOUNGE利用券を入手する

これは普通のANAラウンジの時と同じ仕様になります。「ANA SUITE LOUNGE利用券」はANAラウンジでも、ANAスイートラウンジでも両方入る事ができます。

以上、「ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」を利用するには?のまとめでした。

このコラムにおすすめのカード

ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.9

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.6

年会費14,000円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

ポイントのコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

まとめのコラム

学生クレジットカードの利用限度額はどのくらい?

学生クレジットカードの利用限度額はどのくらい?

キャンペーンのコラム

ペイペイで100億円キャンペーンをやってみた

ペイペイで100億円あげちゃうキャンペーンを試してきました

amazonのコラム

Amazonタイムセールとは?毎日やっている?

Amazonタイムセールとは?毎日やっている?

楽天のコラム

楽天市場が11月23日からブラックフライデーを開催

楽天市場が11月23日からブラックフライデーを開催

アメックスのコラム

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF