ANA JCBカード プレミアム

満足ポイント 4.8

年会費70,000円(税別)
還元率1.0%~2.75%
ETC無料

今なら最大32,500マイル相当がもらえる!!

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA JCBカード プレミアムのおすすめポイント

年会費と特徴

「ANA JCBカード プレミアム」は、ANAカードのJCB系としては、最上級のクレジットカードになります。これより上のクラスのカードはありません。

年会費は70,000円(税別)と、JCB発行のプロパーの中では最上級カードの「THE CLASS」よりも年会費が高くなっています。※「THE CLASS」は50,000円(税別)

インビテーションではなく、通常申し込みで作る事が出来ます。

特徴としてマイルの貯まり方が半端なく貯まります。1,000円で10マイルが基本ですが、それとは別に「Oki Dokiポイント」も付きますので、1,000円で13マイル貯まることになります。

また、この辺りのクレジットカードを持つ人は月間利用額が普通に20万円くらい使う人が多いので、それだけで年間に30,000マイルを超えてきます。毎年継続マイルのボーナスを付けると40,000マイルを超えます。

飛行機に乗らないだけでもこの計算ですが、このカードは飛行機に乗ると乗るだけすごい勢いでマイルが増えるカードです。ANAマイルが増えるとんでもないクレジットカードと言えます。

ANAプレミアムカードの年会費比

ANA JCB系で最上級のクレジットカードで年会費は70,000円(税別)で、これまでのANAカードとは別世界のクレジットカードになります。

そこで他社発行のクレジットカードも含めて、ANA系プラチナカードの年会費を比較してみました。

【ANA プラチナ系カードの年会費比較】

クレジットカード名 年会費
ANA JCBカード プレミアム 75,600円(税込)
ANA VISAプラチナプレミアムカード 86,400円(税込)
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 162,000円(税込)
ANAダイナース プレミアムカード 167,400円(税込)

入会マイルと毎年継続マイルでそれぞれ10,000マイル

「ANA JCBカード プレミアム」は入会時に「入会マイル」として10,000マイル。毎年継続すると「毎年継続マイル」として10,000マイルもらえます。破格のボーナスマイルと言えます。

ちなみにですが、ローシーズンですと、「東京」→「沖縄」に必要な無料の特典航空券が14,000マイルになります。

さらにフライトマイルは、これまた破格の区間基本マイレージ×50%もらえます。

項目 ボーナスマイル
入会マイル 10,000マイル
毎年継続マイル 10,000マイル
フライトマイル 区間基本マイレージ×50%

Oki Dokiポイントが2倍貯まる!1,000円で13マイル

「ANA JCBカード プレミアム」は1,000円で2ポイント貯まります。このうち1ポイントは「ボーナスポイント」になります。

「通常獲得ポイント」→「1000円 = 1ポイント = 10マイル
「ボーナスポイント」→「1000円 = 1ポイント = 3マイル」なので、合計で13マイルになります。

マイル移行手数料はもちろん無料です。

空港ラウンジは同伴者無料!プライオリティパスも無料入会

国内主要空港のカードラウンジが無料で使えます。同伴者も1名まで無料で入る事が出来ます。

さらに、もう1つ上のクラスの国内線空港の「ANAラウンジ」も会員本人であれば、無料で入ることが出来ます。「カードラウンジ」と、「ANAラウンジ」は、格が違います。

プライオリティ・パスを無料発行できる特典も付いていて、プライオリティ・パスがあれば、世界の700ヵ所以上の空港ラウンジが無料で使う事が出来ます。

プライオリティ・パスのクラスもプレステージ会員(年会費399ドル)で最上級のクラスになりますので、これだけで年間4万円が無料になります。

「ANA JCBカード プレミアム」があれば、「ラウンジは無料じゃないの?」と思ってしまいますが、このカードが効力を発揮するのは日本国内の空港だけで、海外に行けばほぼ役に立ちません。もちろんJALの最上級カードも同様です。

海外では乗り継ぎ時間も長かったりしますので、その時に役立つのが「プライオリティ・パス」になります。

会員クラス 年会費 ラウンジ利用料
1回につき
同伴者
利用料金
スタンダード会員 99ドル 27ドル 27ドル
スタンダードプラス会員 249ドル 10回まで無料
以降27ドル
27ドル
プレステージ会員 399ドル 無料 27ドル

同伴者に関しては、日本国内の空港であれば、「ANA JCBカード プレミアム」の提示で同伴者が無料になります。プライオリティ・パスの同伴者の27ドルは、海外での空港の説明になります。

【ビジネスクラス専用カウンターが使えます】

ビジネスクラス専用カウンターが使えます。日曜日の夕方の国内線の主要空港は、かなり混雑します。

チェックインカウンターに50人以上並ぶこともざらです。それに比べてビジネスクラス専用カウンターは、人がほとんどいません。当日、空港にいれば「カードさえあれば・・」と後悔する事があります。

24時間365日対応のコンシェルジュデスクが利用出来る

「ANA JCBカード プレミアム」には、普通のクレジットカードにはない、色々な付加サービスが用意されています。電話1本でコンシェルジュとして24時間365日ご利用になれます。

  • 旅行の手配
  • レストラン予約
  • 各種チケットの手配

ANAカード共通、その他のおトクなサービス

家族間のマイルを合算して利用可能

すでにお持ちの家族のマイルを合算して特典に交換できる「ANAカードファミリーマイル」(無料)。家族ひとりのマイルでは特典交換できなくても家族みんなのマイルを合わせれば、あっという間に特典航空券などを手に入れられます。

ANAカードマイルプラス加盟店

「ANAカードマイルプラス」の対象商品や店舗で使うと普段のマイルとは別に、100円につき1マイルまたは200円につき1マイルが加算されます。

ビジネスきっぷ

ANAカード会員専用の便利でお得なな割引運賃「ビジネスきっぷ」を利用出来ます。

ビジネスきっぷメリット

  • ご搭乗日当日まで予約・変更可能
  • 片道2回でも往復でも使える
  • マイルが100%貯まる
  • 国内線全路線でご利用OK

ANAカードの共通サービス

ANA国内ツアーのANAスカイホリデー、ANA海外ツアーのANAハローツアー・ANAワンダーアースのツアー基本代金が5%OFFにまります。

また、「ANA JCBカード プレミアム」なら、以下の一般カード・ゴールドカードの優待サービスも受けられます。

ANAカード共通サービス

  • ANAカード会員専用の割引運賃「ビジネスきっぷ」を利用可能
  • ANA国内線・国際線機内販売10%引き
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス5%引き
  • 空港内店舗「ANA FESTA」で10%引き
  • ショッピングサイト「ANAショッピング A-style」で5%引き

ワイドカード・ワイドゴールドのサービス

  • ANAグループ空港内免税店での10%引き
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンクサービス
  • ビジネスクラス専用チェックイン

ANA QUICPay+nanacoが新しく登場! 電子マネーでさポイント加算

ANA QUICPay+nanaco

ANA JCBカード会員限定の「ANA QUICPay+nanaco」とは、AKiP(スキップ)サービス、ANA QUICPay、nanacoの3つの機能が1枚にまとまったキーホルダー型の電子マネーです。

QUICPayまたはnanacoのマークのあるお店なら小銭いらずでささっとかざすだけでお支払い完了できます。スピーディーにお買いものができ、さらにポイントも貯まります。

SKiPとは?

ANA国際線で事前に予約・購入・座席指定を済ませたお客さまが、搭乗手続きをせずに保安検査場および登場口でタッチするだけでらくらく搭乗できるサービスです。

QUICPay(クイックペイ)とは?

月に一度のカード払い(後払い)で事前チャージ(入金)のいらない電子マネー。利用金額に応じてJCBのOki Dokiポイントが貯まります。 普段のカード利用分と合わせて請求及びOki Dokiポイントが貯まります。

例:1,000円の利用=1 Oki Dokiポイント。

1 Oki Dokiポイント= 10マイル(5マイルコースは5マイル)

コンビニエンスストア、ガソリンスタンド、スーパーマーケット、ドラッグストアなどでご利用可能です。詳しくは公式ページQUICPayの使えるお店をご覧ください。

さらにANAカードマイルプラス店舗ではOki Dokiポイントとは別に自動的にマイルも貯まります。(100円または200円につき1マイル)

nanacoとは?

nanacoにチャージした金額まで買い物が出来る全国のセブン&アイグループ各店を始め、色んな場所で使える電子マネー。利用金額に応じてnanacoポイントが貯まります。

・ANA JCBからのクレジットチャージも可能

利用金額に応じてポイントが貯まり、1ポイントが電子マネー1円に変わります。

例:500円の購入で5ポイント。次回の買い物から使えます。

セブン-イレブン、イトーヨーカドー、デニーズ、西武・そごう(食品売場)をはじめとした全国のnanaco加盟店でご利用になれます。

また、セブンイレブンの買い物をQUICPay(カード)で支払えばJCBのOki Dokiポイント+マイル+200円ごとにnanaco1ポイント+nanacoボーナスポイントが貰えます。

 ※nanacoボーナスポイントとは(店頭で対象商品の記載があるもの)です。

ANA JCBカードがApple Pay対応へ

JCBカードがApple Pay対応へ!

Apple Payとは、お持ちのANAカードをiPhone7やApple Watch Series 2 へ設定することで、安心・安全・スピーディーに支払いができるサービスです。

ポストペイ型(後払い式)の電子マネー・QUICPayの全国の加盟店で利用できます。全国のコンビニエンスストア、ファストフード、家電量販店など、加盟店のジャンルも幅広いです。

QUICPayが使える店舗一覧

 アプリケーションやオンラインでも、Apple Payがあればワンタッチでショッピングが可能です。カード番号や名前などの入力が一切不要なので、安全かつスピーディに支払いが出来ます。

※Apple Payを利用するにはiOS 10.1以降が必要です。

楽天Edyでマイルを貯める

「ANA JCBカード プレミアム」には、プリペイド型の電子マネー「楽天Edy」が搭載されています。

コンビニやスーパーなど全国の「楽天Edy加盟店」にて楽天Edyを使うと、200円あたり1マイルが付与されます。マイル付与率は0.5%となります。おサイフケータイでも同じ様にANAマイルを貯める事が出来ます。

楽天Edyには、対象店舗でお得にマイルを貯められる「Edyマイルプラス」という制度があります。対象店舗にて楽天Edyで支払いをすると、200円につき2マイルが貯まるので、付与率は1.0%となります。Edyマイルプラス対象店舗は以下のとおりです。​

Edyマイルプラス対象店舗一覧
ニッポンレンタカー 紀伊国屋書店 DAIMARU 沖縄ファミリーマート
アネックス エスカ マツモトキヨシ はるやま

さらに!「ANA JCBカード プレミアム」で楽天Edyにチャージすると、200円につき1マイルが自動的に積算されます。一般カードはチャージでマイルはたまらないので、 プレミアムカードならではの特典となっています。

「ANAマイレージクラブ モバイルプラス」で3倍のマイルが貯まる

ANAマイレージクラブ会員なら、楽天Edyでさらにお得にマイルを貯める事が出来る「ANAマイレージクラブ モバイルプラス」という制度に加入できます。

「ANAマイレージクラブ モバイルプラス」とは、月額300円(税別)の有料サービスで、入会すると楽天Edyの利用で獲得マイル数がアップしたり、空港で様々な特典が受ける事が出来ます。

一番のメリットは、マイルが通常の3倍貯まる事です。200円につき3マイルが貯まるので付与率は1.5%となります。

ANAマイレージクラブ モバイルプラスのメリット

  • 楽天Edyの利用で200円につき3マイルが貯まる
  • マイルを最大1.5倍のレートでANA SKYコインに交換できる
  • 「旅割」が一般販売よりも2日早く予約・購入できる
  • 空港サービス(コーヒー1日1杯無料、WiFiレンタル料無料サービスなど)

マイルがお得に貯まるだけでなく、ANA国際線に適用される料金プログラム「旅割」を、一般発売より2日も早く予約・購入が出来るなど、旅行や出張などでも役立つ嬉しいサービスが盛り沢山となっています。

「ANAマイレージクラブ モバイルプラス」への登録は、モバイル端末からのみとなっており、NTTドコモ、au、SoftBankの3大キャリアの利用者のみとなっています。ガラケーからも登録は出来ます。

関西エリアに強いANA PiTaPaカード

「PiTaPaカード」とは、関西エリアをはじめとする全国の電車・バスの利用や、PiTaPaマークのあるお店での飲食やショッピング等の支払いに使えるカンタン・便利な交通系ICカードです。

「PiTaPaカード」はポストペイ型(後払い方式)なので事前のチャージもサインも必要ありません。電車やショッピングの支払い時に、ぴたっとタッチするだけでスピーディに決済ができます。

関西エリアに強いANA PiTaPaカード

年会費は本会員・家族会員共に無料となっています。ただし、年に1度もPiTaPaの利用がない場合は、PiTaPa維持管理料として1,000円(税別)が必要となります。

ANA PiTaPaカードを利用すると、100円につき1ポイントの「ショップdeポイント」というポイントが貯まります。還元率は1.0%と高めとなっています。

貯まったポイントは、500ポイントごとに50円を、当月の電車・バスなどの乗車料金から自動的に値引きされます。ポイント交換の手間が省けるのもメリットです。

ポイントを交通で利用するほかにも、ANAマイルと交換する事も出来ます。ANAマイルとショップdeポイントは、相互交換も可能です。

ANAマイルを PiTaPaショップdeポイントへ交換 10,000マイル→100,000ポイント
PiTaPaショップdeポイントを ANAマイルへ交換 500ポイント→20マイル

電車・バスなどの割引よりもマイルを貯めたい!という方は、あらかじめ会員専用サイト「PiTaPa倶楽部」で移行設定の登録をしておくと、自動的にマイルに移行してくれるので便利です。

ポイントの有効期限は2年後の3月末日までとなっています。 

関西圏を中心に、PiTaPa加盟店はどんどん増えています。「ANA PiTaPaカード」が利用できる主な店舗は以下のとおりです。

シャンル 店舗
コンビニ・駅売店 アズナス
アンスリー(京阪・南海)
ファミリーマート(近畿2府4県全店舗および三重県・愛知県の一部店舗)
サークルKサンクス(関西地区・三重県の店舗)
ローソン(一部店舗)
百貨店 阪急百貨店
阪神百貨店
近鉄百貨店
大型商業施設 グランフロント大阪
なんばウォーク
なんばパークス
Whityうめだ
スーパー・グルメ イズミヤグループ
阪急オアシス
成城石井
フレッズカフェ
書店 ブックファースト(関西地区)
紀伊国屋書店(関西地区)
専門店 ヨドバシカメラ(京都・大阪)
Joshin
洋服の青山
ココカラファイン(関西地区)

ANAマイレージクラブアプリ

ANAマイレージクラブアプリ

2016年4月に、ANAマイレージクラブ専用アプリがリリースされました。

「ANAマイレージクラブアプリ」とは、ANAマイレージクラブ会員なら誰でも利用出来るアプリで、マイルの期限や残高がひと目で分かるなど、ANAマイルの管理がスマホで簡単に出来ます。

フライトはもちろん、ネットショッピングやグルメ予約など日常生活で貯めたマイルを見やすいグラフで確認する事が出来ます。

管理できるのは通常のマイルだけでなく、提携店のショッピング利用等で貯まる「ANA SKY コイン」と、ANAのフライト利用に応じてマイルとは別に積算される「プレミアムポイント」の管理まで出来ます。

オシャレなデザインは会員ごとに異なり、デザインによってステータス身分が判断できます。アプリのダウンロードは、iphone版とAndroid版の両方が用意されていて、どちらも無料でダウンロードする事が出来ます。アプリの主な機能は以下のとおりです。

主な機能

  • マイルの残高・期限の確認
  • 「ANA STORE」への簡単アクセス
  • デジタルカードでマイルが貯まる
  • ANAマイレージクラブインフォメーション

デジタルカードで搭乗できる

「ANAマイレージクラブアプリ」では、デジタルカードの画面を表示させて「ANAアメックスカード」と同じ様に、マイル積算などのサービスを利用する事が出来ます。

空港でチェックインの手続きをせずに直接保安検査場に進める「Skipサービス」やラウンジへの入室も、スマホのデジタルカードで代用が利きます。

これまでパソコンでしか確認出来なかったマイルの管理がスマホで簡単に出来る様になり、アプリ経由の買い物でもマイルを使ったり貯めたり出来るなど、便利なサービスが盛り沢山となっています。

海外・国内旅行の付帯傷害保険は最高1億円

年会費が70,000円(税別)だけに、保険関係はかなり手厚くなっています。

担保項目 保険金額
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円
国内航空傷害保険 最高5,000万円
ショッピングガード 最高500万円

ANA JCBカード プレミアムの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 原則として20歳以上で本人に安定継続収入のある方(学生不可)
審査・発行 2~3週間
年会費(本人) 初年度 70,000円(税別)
2年目以降 70,000円(税別)
年会費(家族カード) 初年度 4,000円(税別)
2年目以降 4,000円(税別)
限度額 ショッピング 限度額 個別に設定
キャッシング 限度額 個別に設定
ETCカード 無料
締日 / 支払日 15日締め / 翌月10日払い
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス払い/リボ払い/分割払い
国際ブランド
  • JCB

追加できるカード

追加カード ETCカード
家族カード

電子マネー

  • Edy
  • QUICPay
  • PiTaPa

ポイントプログラム

ポイント還元方法 ANAマイル、JCBギフトカード、キャッシュバック、他社ポイント移行(楽天スーパーポイント、Tポイント等)
ポイント付与率 1,000円=2ポイント(通常ポイント 1ポイント/ボーナスポイント 1ポイント)
ポイント還元率 1%~1.125%(旅行代金ポイント充当プラン/福田屋百貨店商品券/各種ポイント交換時)
ポイント有効期限 2年間

マイレージ

マイレージ移行先 ANA 
マイル付与率 1P→10マイル(1,000円=1P=10マイル)
マイル還元率 2.6%~2.75% (1マイルの価値を2円と想定)
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 無料

付帯保険

海外旅行保険
(自動付帯)
傷害死亡・後遺傷害 最高1億円
傷害治療費用 最高1,000万円
疾病治療費用 最高1,000万円
救援者費用 最高1,000万円
賠償責任 最高1億円
携行品損害 最高100万円(免責3,000円、期間中 最高100万円)
海外旅行保険家族特約
(自動付帯)
傷害死亡・後遺傷害 最高1,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高50万円(免責3,000円、期間中 最高100万円)
国内旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1億円
入院費用 5,000円/1日
手術費用 最高40万円
通院費用 2,000円/1日
国内旅行保険家族特約 死亡・後遺傷害 -
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
国内航空保険 死亡・後遺傷害 最高5,000万円
入院費用 10,000円/1日
手術費用 最高40万円
通院費用 2,000円/1日
航空便遅延費用 乗継遅延費用 2万円限度
出航遅延・欠航搭乗不能費用 2万円限度
手荷物遅延費用 2万円限度
手荷物紛失費用 4万円限度
ショッピング保険 年間最高500万円/90日間(自己負担額 1事故につき3,000円)
その他 ・犯罪被害傷害保険…最高1,000万円
・空き巣被害見舞金…5万円
・紛失・盗難補償
・空港ラウンジサービス

このページをシェアする

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

ポイントのコラム

セイコーマートで楽天ポイントが利用可能に

まとめのコラム

学生クレジットカードの利用限度額はどのくらい?

学生クレジットカードの利用限度額はどのくらい?

キャンペーンのコラム

7月現在のクレジットカードキャンペーンで1番おいしいカード4枚

7月現在のクレジットカードキャンペーンで1番おいしいカード4枚

amazonのコラム

Amazonタイムセールとは?毎日やっている?

Amazonタイムセールとは?毎日やっている?

楽天のコラム

セイコーマートで楽天ポイントが利用可能に

アメックスのコラム

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF