春だ!初めてのクレジットカードは何がいい?

「空港ラウンジ」で同伴者1名まで無料で使えるクレジットカード 


飛行機に乗る回数が多い人は「空港ラウンジ」の存在を当たり前に知っていますが、実はあまり知らない人も多いのも事実です。

自分は時間があれば行くパターンですが、空港でのちょっとした時間にコーヒーでも飲んで、一息つける空間はありがたいものです。

空港ラウンジは、対象のクレジットカードでゴールドカードのステータス以上を持っていれば、ほとんどのカードで利用が無料になります(ゴールドカードでも利用できないのもあります)。これでも十分にお得ですが、同伴者1名まで無料のクレジットカードもあります。

「逆に同伴者はお金がかかります」では、2人で旅行に行った時に「ごめん、俺だけ行って来るわ・・」とは言えませんし・・。「同伴者も無料ス」というのは助かります。

でも実際は、同伴者無料のクレジットカードは、ほとんど無いのが実情です。

年会費が安いのに同伴者が無料のクレカ

夫婦、親子、友人、会社関係者ら、同伴者と飛行機を利用したとします。相方が空港ラウンジを利用できるステータスカードを持っていれば問題ありませんが、そうでなければアウトです。空港によりますが、ラウンジの利用料金は1,000円~が多いです。シャワーを使うならさらに1,500円(税別)かかります(空港によって前後があり)。

そこで、以下で紹介する2枚のカードが、コスパも優れています。

【JALアメックスカード】

JALアメックスカードは空港ラウンジで同伴者も無料

年会費:6,000円(税抜)
ラウンジ:国内28空港のラウンジ、ハワイ・ホノルル国際空港のラウンジが無料
同伴者:1名まで無料

【ANAアメックスカード】

ANAアメックスカードは空港ラウンジで同伴者も無料

年会費:7,000円(税抜)
ラウンジ:国内28空港のラウンジ、ハワイ・ホノルル国際空港、インチョン国際空港が無料
同伴者:1名まで無料

この2枚のクレジットカードは、空港ラウンジ利用における、最強のコストパといえます。年会費が1万円以下で、空港ラウンジを無料で利用できる少数派のカードです。さらに、同伴者1名が無料になるのですから、通常のゴールドカードを上回るサービスです。

国際ブランドがアメックスなので、加盟店舗数の少なさで利便性が若干劣ります。でも、JCBとアメックスは「加盟店の相互開放」をしているので、JCBカードが使えるところでは、アメックスも使えます。ただ、JCBが使えるところでもアメックスが使えるのは、実際は8割くらいといわれています。

これがアメックスの魅力! これがアメックスの魅力! 日本のアメックスは、セゾン系とアメックス本家の2種類あります。本家アメックスは「プライオリティパス」が付いていて、世界中の航空会社のラウンジを無料で利用することが出来ます。もちろん、食事、アルコール、シャワーはすべて無料で利用が出来ます。 この記事を読む

年会費は高いけど、当然行けます!のクレジットカード

ここからはハイクラスカードになりますが、国内の空港ラウンジで同伴者が1名まで無料のカードです。

同伴者が1名まで無料のハイクラスカード

券面 カード 年会費
アメックス・グリーン 1万2,000円(税別)
アメックス・ゴールド アメックス・ゴールド 2万9,000円(税別)
デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド デルタ スカイマイル
アメックス・ゴールド
2万6,000円(税別)
アメックス・スカイ・トラベラー アメックス・スカイ・トラベラー 1万円(税別)
アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア 3万5,000円(税別)
三井住友VISAプラチナ 三井住友VISAプラチナ 5万円(税別)
JCB THE CLASS JCB THE CLASS 5万円(税別)

アメックスはグリーンでも、国内空港ラウンジが同伴者1名まで無料です。意外ですが、ステータスカードといわれる「ダイナースクラブカード」は、ブラックの「プレミアム」でも、同伴者は有料になります。あまりにも使い勝手が悪いし、そりゃーおかしいだろ!という点から、年に2枚、ラウンジクーポン券が送られるようになりました。

年会費5万円以上のプラチナカードでは、当然といえば当然のサービスという気がします。いずれにせよ、ラウンジの同伴者1名無料という特典は、非常に希少なサービスであることが分かりました。

【アメックス・グリーン】

アメックスグリーンはラウンジの同伴者も無料

年会費:12,000円(税抜)
ラウンジ:国内28空港のラウンジ、ハワイ・ホノルル国際空港・インチョン国際空港が無料
同伴者:1名まで無料

【アメックス・ゴールド】

アメックスゴールドはラウンジの同伴者も無料

年会費:29,000円(税抜)
ラウンジ:国内28空港のラウンジ、ハワイ・ホノルル国際空港・インチョン国際空港が無料
同伴者:1名まで無料

【三井住友プラチナカード】

三井住友プラチナカードは空港ラウンジ同伴者も無料

年会費:50,000円(税抜)
ラウンジ:国内28空港のラウンジが無料で利用可能
同伴者:1名まで無料

【JCB THE CLASS】

JCB THE CLASSは空港ラウンジで同伴者も無料

年会費:50,000円(税抜)
ラウンジ:国内28空港のラウンジ、ハワイ・ホノルル国際空港が無料
同伴者:1名まで無料

「JCB THE CLASS」はインビテーションカードになりますので、先に「JCBカード」もしくは「JCBゴールド」の取得が必要になります。

2018年度版。おすすめのクレジットカードとは? おすすめクレジットカードとは? お得なクレジットカードはどれなのか?「年会費無料」「ネットでの利用が多い」「コンビニ利用が多い」「学生向けのカード」などのカテゴリに分けて「おすすめのクレジットカード」を紹介します。 この記事を読む 家族カードなら空港のラウンジで夫婦は無料? 家族カードなら空港のラウンジで夫婦は無料? 夫婦で家族カードをお持ちの方は、空港のラウンジ利用がそれぞれ無料になります。基本的には利用料が1人当たり1,000円、ただしゴールドカード等を所有していれば無料、家族は同伴者1人が無料か、家族カードを所有している場合は無料となっています。 この記事を読む 簡単解説。「空港ラウンジ」の種類ってなに? 空港ラウンジには種類があります カード会社が運営する「カードラウンジ」と、航空会社が運営する「航空系ラウンジ」に分けられる。「航空系ラウンジ」は入室条件は高め。高級感もあり、アルコール無料、軽食無料とサービスの質も高くなっている。 この記事を読む

まとめ

以前は、ゴールドカードでもラウンジの同伴者1名無料のサービスが多くありました。しかし、経費面を考え、各カード会社がサービスを縮小しました。カード会社がコストパフォーマンスを見直した結果で、カードユーザーから「改悪」とも言われてきました。

空港ラウンジの利用は、見栄やステータスだけではありません。特に出張時には、ネット環境が整っており、コピーやFAX機能もあって重宝します。特に「充電が出来る」というのが、かなり助かります。急ぎの報告書や業務連絡など、仕事での需要がかなり多くあるのが実情です。

1人なら問題ないですが、複数での出張や旅行には、同伴者1名無料のサービスがあれば、非常に利便性が高まります。

ちなみにですが、ダイナースカードは空港ラウンジは本人のみで同伴者は有料になります。同伴者の分は、ポイントを使って「無料クーポン」と交換すれば入れますが、その時点で有料と変わりありません。

以上、「空港ラウンジ」が同伴者1名まで無料で使えるクレジットカードのまとめでした。

このコラムにおすすめのカード

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)

満足ポイント 4.8

年会費12,000円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

満足ポイント 4.8

年会費29,000円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

楽天のコラム

楽天SPUが最大12倍にパワーアップ

楽天SPUが最大12倍にパワーアップ!無理をしない組み合わせを狙おう

アメックスのコラム

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF

航空系のコラム

バニラエアが「わくわくバニラSALE

バニラエアが「わくわくバニラSALE!」を開始 奄美大島だ!

飲食系のコラム

楽びんで松屋の牛丼が宅配可能に

松屋の牛丼が宅配で届くようになりました

ポイントのコラム

セブンカード・プラスのメリットの簡単まとめ

セブンカード・プラスのメリットの簡単まとめ

まとめのコラム

おすすめクレジットカードとは?

2018年度版。おすすめのクレジットカードとは?