TポイントはANAマイルやJALマイルに交換できる?

TポイントはANAマイルやJALマイルに交換できる?

業界トップクラスのポイントサービスであるTポイントは使い道が多種多様です。

そこで、飛行機に乗る機会の多い人にオススメしたいのが「ANAマイル」や「JALマイル」に交換する方法です。貯まりに貯まったTポイントを持て余すなんてもったいない!思い切って旅行費用に使ってみませんか?

ANAマイルへの交換は簡単

TポイントをANAマイルに交換するなら、最低500ポイント以上のTポイントが必要です。500ポイント以上から、500ポイント単位で交換できると覚えておきましょう。

ANAマイルへの交換レートは500Tポイント→250ANAマイルです。

「あれ?半減してるじゃん!これって損なんじゃないの?」と思うかもしれませんが、意外とそんな事はありません。というのも、ANAマイルは「特典航空券」に交換することで、1ポイントの価値が跳ね上がります。

具体的にはこんな感じです。

マイルに交換するとこんなにお得

クラス マイルの価値
エコノミー 1マイル2円~
ビジネス 1マイル2.5~5円
ファースト 1マイル7~16円

この通り、他のポイント交換レートと比べると破格の高さです。よってANAマイルは、ぜひとも国際線特典航空券に利用することをオススメいたします。

スマホでANAマイルへの交換手順を図説

実際にTポイントをANAマイルに交換しようとスマホでやろうとしたら分かりにくかったので図説をします。

手順1

まず「Tサイト」にログインします。TOPページの「探す」というのをクリックします。

tポイントをanaマイルに交換をスマホでする

手順2

探すをクリックすると、下にビローンと出てきますので「提携先一覧」をクリックします。

tポイントをanaマイルに交換する

手順3

「提携先一覧」をクリックすると「交換できる」というボタンが出てきます。これをクリックします。

スマホでtポイントをanaマイルに交換

手順4

長いですね。もう少しです。続いて「交換できる」というのがまた出てきますので、クリックします。

tポイントをanaマイルに交換

手順5

これでようやくANAが出てきます。最後に「TポイントからANAマイルに交換する」をクリックすると、交換が出来ます。

tポイントをanaマイルに交換する方法

 

手続き完了後、約2〜3日でANAマイルの残高に反映されます。

2019年度【保存版】年会費無料のおすすめのクレジットカードはこれ! 年会費無料のおすすめのクレジットカード 2019年度版の「おすすめクレジットカード」を集めました。それぞれ特徴が違いますが、年会費無料、高還元率、マイルが貯まる、特定の店舗でポイントが一気に貯まる、旅行傷害保険が付いているなど特典の多いおすすめのクレジットカードをまとめました。 この記事を読む

TポイントをANAマイルに交換する時の注意点

注意点としては、一度ANAマイルへと交換手続きをしてしまうと、キャンセルが出来ません。

交換手続き後にやっぱり止めたいとなってもキャンセル手続きはできませんし、もっと注意したいのが、ANAお客様番号を間違えて入力してしまうこと。

数字を1つでも間違えてしまうと、別のお客様番号にANAマイルが付与されてしまいますし、それを戻すことも不可能になります。くれぐれも番号入力は慎重に行うようにしましょう。

1マイルっていくら? 1マイルっていくら? 金券に変えたり、航空券に変えることで何に変えるかでマイルの円レートが違ってきますが一般的には1円~3円くらいの幅になります。 この記事を読む

JALは経由をしまくってマイルがなくなる

次にTポイントからJALマイルへの交換方法ですが、これが少し厄介で、まずTポイント→ANAマイルのように、Tポイント→JALマイルへと直接交換する事が出来ません。

交換ルート 直接交換できる?
Tポイント→ANAマイル
Tポイント→JALマイル ×

直接交換できないとなれば、TポイントをどうやってJALマイルへと変換させるかですが、1番使われている方法は他社ポイントサイトを経由する方法です。

手順は以下になります。

手順1:TポイントをANAマイルに交換する

手順2:そのANAマイルをマツキヨポイントに交換する

手順3:マツキヨポイントをJALマイルに交換する

まず、TポイントをJALではなくANAマイルに交換するところから始まります。「え?まじで?ANAマイル?」になりますが、この方法が1番効率の良いです。

仮に10,000Tポイントで計算をしてみました。

手順1:10,000Tポイント→5,000ANAマイル

手順2:5,000マイル→5,000マツキヨポイント(等価交換)

手順3:5,000マツキヨポイント→2,000JALマイル

よって10,000Tポイント→2,000JALマイルという事になります。

TポイントからJALマイルへの交換はデメリットしかない

上記の通り、Tポイントから他社ポイントを経由することで、一応はJALマイルへの交換が可能となります。「一応は・・」です。

しかし、他社ポイントを経由するごとにポイントはレートや手数料の関係でどんどん目減りしていきますので、結果的にJALマイルとして手元に残るマイルはとても少なくなってしまいます。

よって、交換手順が楽で、交換レートも50%で済むANAの方がダントツでお得です。
ANAマイルなら、「特典航空券」への交換で1ポイントの価値も大幅にアップします。

まとめ

ANAマイルとJALマイルでは、ANAマイルの方がTポイントとの相性が良好です。

ANAマイルの「特典航空券」へと交換することで最低でも2.5倍、最高で16倍の価値になるのも見逃せません。

Yahooカードなどを持っていて、マイルに交換するのならANAマイルと交換しましょう。楽天カードも同様にANAとの交換になります。楽天ポイントをJALマイルに交換しようとすれば、かなり損をします。

どうしてもJALマイルが欲しいと言う人は、この辺りのカードを持つとJALマイルと交換率が高いです。

JALマイルと相性の良いカード

ANAマイルをJALマイルに交換する方法!マツキヨルート ANAマイレージをJALマイレージに交換する方法!マツキヨ版 ANAマイルからJALマイルへ交換したいマイラーの存在は確実にあります(タブン)。 自分もそうですがANAカード、JALカードの両方を持っていたりするとこの現象が起こります..。そこで今回は一発で交換できるマツキヨルートを使って説明します。 この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

Yahooカード

満足ポイント 4.7

年会費無料
還元率1.0%~3.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB CARD W

満足ポイント 5.0

年会費永年無料
還元率1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

JCBカードなら洋服の青山でポイント5倍

JCBカードなら洋服の青山でポイント5倍。新社会人の人はチャンス

年会費無料のコラム

クレジットカードの作り方

【初心者】クレジットカードの作り方を簡単解説!2019年版

Amazon・楽天のコラム

AmazonでJALマイルを倍増できる方法

AmazonでJALマイルを倍増できる方法

ポイントのコラム

LINEペイ キャンペーン ファミマで2割還元を開始

LINEペイがファミマで2割還元を開始。ペイペイの100億円キャンペーンに対抗です

マイルのコラム

マイルカードとポイントカードのどっちがいい?

クレジットカードを作る時にマイル系カードとポイント系カードで悩んでいます

空港のコラム

プライオリティパスがあれば、関西空港の「ぼてじゅう」のお好み焼き3,400円分まで無料で食べれます

プライオリティパスがあれば、関西空港の「ぼてじゅう」のお好み焼き3,400円分まで無料で食べれます

ゴールドカードのコラム

クレジットカードのデメリットを考えてみる

クレジットカードのデメリットを改めて考えてみた

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

三井住友カードなら、セブン・ローソン・ファミマ・マックでポイント5倍!しかも期限がナシです

三井住友カードなら、セブン・ローソン・ファミマ・マックでポイント5倍!しかも期限がナシです

旅行保険のコラム

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

学生のコラム

クレジットカードは大学生でも作れる?

クレジットカードは大学生でも作れる?

その他のコラム

paypay(ペイペイ)の使い方とメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)とは?これから使う人は必見です。ペイペイのメリットとデメリット