ANAカードの早分かり比較一覧表

ANAカードは全部で4種類

ANAカードは種類が多く複雑に見えますが、まとめると4種類です。この4種類にそれぞれJCB、VISA、MasterCard、アメックス、ダイナースのANAカードになります。

ANAカードは大きく分けると4種類

  • 一般カード
  • ワイドカード
  • ワイドゴールドカード
  • プレミアムカード(年会費やばめ)

上位カードになるにつれ、年会費が高くなりますがマイルも多く貯まります。年会費が高くなると付帯するサービスが多くなり、フライトマイルもが多くなります。

年会費が高くても安くても、陸で買い物をする時の貯まるマイルは同じです(プレミアムだけ別)。

4種類のANAカードの年会費を比較

気になる年会費をVISAカードで比較してみます。VISAはまだ良いですが、アメックスやダイナースなどは付帯サービスも良いので年会費がやたら高いです。

カード名 券面 年会費
一般カード ANA VISA 一般カード 2,000円(税別)
ワイドカード ANA VISA ワイドカード 7,250円(税別)
ワイドゴールドカード ANA VISAワイドゴールドカード 14,000円(税別)
プレミアムカード ANA VISAプラチナプレミアムカード 80,000円(税別)

ワイドゴールドカードになると、年会費がワイドカードの2倍になりますが、マイルを貯めるならこのカードが1番おすすめです。理由はあとで書きます。

「ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」を利用するには? ANAラウンジとANAスイートラウンジの使い方 ANAラウンジに入る方法は全部で7通り。快適な空間とソファが用意されていて、トイレがキレイのが特徴です。「国内線ANAラウンジ」ソフトドリンク、アルコール、おつまみの無料サービス、シャワーサービスなど。国際線ではカレーを食べるのが定番です。 この記事を読む

カード別のサービスの内容を分かりやすく

ANAカードに慣れていないとカード別のサービスの内容が分かりくいです。そこでカード別にまとめてみました。知ってしまうと、そんなに難しいモノではありません。

基本として、一般カードに付帯するサービスは上位カードにはすべて付帯されています。上位カードになるとフライトマイルのボーナスが増えるのでマイルが猛烈に貯まります。

ANA一般カード

ANA一般カード

ANA一般カードの特徴になります。いわゆるANAの基本カードです。このカードだと一応マイルは貯まりますが、チョロチョロしか貯まりません。

項目 内容
年会費 2,000円(税別)
入会ボーナスマイル 1,000マイル
継続ボーナスマイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル 10%
ファミリーマイル
カードマイルプラス
カードラウンジ ×
ANAラウンジ ×

以下、空港や保険などのサービスになります。

空港・予約サービス

  • ビジネスきっぷOK
  • 機内販売10%OFF
  • 空港免税店5%OFF
  • astyle5%OFF
  • 旅行商品5%OFF
  • ANA FESTA10%OFF
  • 電子マネー付帯

提携ホテル・レンタカー特典

  • 提携ホテル宿泊割引
  • レンタカー割引

保険

  • 海外旅行保険は最高1,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行保険は最高1,000万円(自動付帯)

ANA一般カードを公式サイトで申し込む

ANAワイドカード

ANAワイドカード

ANAワイドカードの特徴になります。入会マイルボーナスと継続ボーナスがANA一般カードの2倍になり、搭乗ボーナスも25%に上がります。

項目 内容
年会費 7,250円(税別)
入会ボーナスマイル 2,000マイル
継続ボーナスマイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
ファミリーマイル
カードマイルプラス
カードラウンジ ×
ANAラウンジ ×

以下、空港や保険などのサービスになります。すでに上記のANA一般カードであるサービスは省略して、それ以上のランクアップの分だけ書いています。

空港・予約サービス

  • ビジネスクラス専用チェックイン(国際線のみ)
  • 空港免税店10%OFF

提携ホテル・レンタカー特典

  • 提携ホテル朝食無料・ウェルカムドリンク付き

保険

  • 海外旅行保険は最高5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行保険は最高5,000万円(自動付帯)
ANAの旅割と特割ってなに?どっちが安い? ANAの「旅割」と「特割」ってなに?どっちが安い? 旅割と特割はANAの国内線だけにある割引サービスで、旅割だと定価の約半分くらいの料金で飛行機に乗ることが出来ます。前もって予約をするだけなので誰もが使う事が出来ます。実際にどのくらい安くなるのかもシミュレーションをしてみました。 この記事を読む

ANAワイドカードを公式サイトで申し込む

2019年度【保存版】年会費無料のおすすめのクレジットカードはこれ! 年会費無料のおすすめのクレジットカード 2019年度版の「おすすめクレジットカード」を集めました。それぞれ特徴が違いますが、年会費無料、高還元率、マイルが貯まる、特定の店舗でポイントが一気に貯まる、旅行傷害保険が付いているなど特典の多いおすすめのクレジットカードをまとめました。 この記事を読む

ANAワイドゴールドカード

ANAワイドゴールドカード

ANAワイドゴールドカードは、サービスの内容はワイドカードとほぼ同じです。カードラウンジが使えるようになるのと、ANA JCBワイドゴールドカードにすると、電子マネーのEdyからのチャージマイルが貯まるので、根こそぎ行きたい人にはJCBがおすすめです。

項目 内容
年会費 14,000円(税別)
入会ボーナスマイル 2,000マイル
継続ボーナスマイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%
ファミリーマイル
カードマイルプラス
カードラウンジ
ANAラウンジ ×

以下、空港や保険などのサービスになります。国内航空傷害保険が付いてきます。あとはワイドカードと同じ内容です。

保険

  • 国内航空傷害保険は最高5,000万円(自動付帯)

ANA JCBワイドゴールドカードにすると海外旅行保険は自動付帯で最高5,000万円、利用付帯で1億円になります。VISA、Masterは海外旅行保険は最高5,000万円(自動付帯)のみになります。

ANAワイドゴールドカードを公式サイトで申し込む

ANAカードプレミアム

ANAカードプレミアム

涙が出そうなくらいに年会費が高くなります。プレミアムカードになると、今までのANAカードとは一線を引きます。どちらかというとANAカードなのですが、プラチナカードの要素の方が強くなります。

継続ボーナスも10,000マイルと太っ腹で、特典航空券だと、これだけで東京⇔大阪が往復できます。搭乗ボーナスも50%まで上がります。

国内線のANAラウンジも入れますが同伴者がNGです。旅行は2人で行くことが多いので、ここだけが残念です。年会費8万円なので同伴者も無料にして欲しいです。

項目 内容
年会費 80,000円(税別)
入会ボーナスマイル 10,000マイル
継続ボーナスマイル 10,000マイル
搭乗ボーナスマイル 50%
ファミリーマイル
カードマイルプラス
(一部で2倍)
カードラウンジ
ANAラウンジ

以下、空港や保険などのサービスになります。プライオリティ・パスとANAラウンジが利用できます。

空港・予約サービス

  • プライオリティ・パス
  • ANAラウンジ(国内線のみ)
  • ANA航空券の購入はマイルが2倍
  • コンシェルジュサービス(旅行・ホテル・レストラン)

保険

  • 海外旅行保険は最高1億円(自動付帯)
  • 国内旅行保険は最高1億円(自動付帯)
  • 国内航空傷害保険は最高5,000円(自動付帯)

レジャー・イベント

  • プラチナオファー
    (通常では体験できない三井住友プラチナカード会員限定のイベントやプロモーションの案内)
  • Visaプラチナゴルフ
    (国内外の名門コースで、カード会員優待価格でプレーができる)

グルメ

  • プラチナグルメクーポン(一流レストランで2名以上のコース料理が1名分無料)
  • プラチナワインコンシェルジュ(田崎真也氏が会員のために厳選したワインを特別販売)

ホテル

  • 一流のホテル・旅館の宿泊予約サービス「リラックス」で優待割引
  • Visaプラチナトラベル」で優待割引
  • Visaプラチナカード会員優待価格

今回はVisaの特典を書いておりますがJCB、アメックス、ダイナースも、同じような似たサービスが用意されています。

ANAカードプレミアムを公式サイトで申し込む

TポイントはANAマイルやJALマイルに交換できる? TポイントはANAマイルやJALマイルに交換できる? TポイントをANAマイルに交換する方法 ANAマイルへの交換は簡単 スマホでANAマイルへの交換手順を図説 T... この記事を読む

フライトマイルのまとめ

少し長くなりました。だらだら書くと分かりにくくなるので、フライトボーナスマイルや搭乗ボーナスマイルを表にまとめます。プレミアムカードは同じANAカードとは思えません。

カード名 入会ボーナスマイル 継続ボーナスマイル 搭乗ボーナスマイル
一般カード 1,000マイル 1,000マイル 10%
ワイドカード 2,000マイル 2,000マイル 25%
ワイドゴールドカード
プレミアムカード 10,000マイル 10,000マイル

50%

ANAマイルを移行する

JALカードは自動でJALマイルが貯まりますが、ANAカードはクレジットカード会社のポイントが貯まります

つまり、VISAなら「ワールドプレゼントポイント」。JCBなら「Oki Dokiポイント」が貯まります。

これをマイルに移行する場合、マイル移行手数料を支払う必要があります。JALの場合は直接マイルが貯まるのでココが一番の違いです。

マイル移行の方法と費用

ANAのマイル移行には10マイルコースと5マイルコースの2つが用意されていて、マイルの交換率が変わります。

ANAマイル移行

  • 10マイルコース
    1,000円=1ポイント=10マイル
  • 5マイルコース
    1,000円=1ポイント=5マイル

どう見ても10マイルコースの方が得に見えますが、10マイルコースは年間6,000円(税別)の手数料がかかります。5マイルコースは移行手数料が無料。カードの年会費に年間6,000円(税別)の手数料が上にのっかっかって来ますので、よく考える必要があります。

さらに応募方式・自動移行方式というのがあります(VISAの言い方)。JCBの場合だとマルチポイントコース(応募方式)とマイル自動移行コース(自動移行方式)と呼ばれています。

イメージはこんな感じです。

VISAのマイル移行

応募方式:自分のタイミングでマイルに移行ができる
自動移行方式:毎月自動でマイルに移行される

どちらが得なのかというと応募方式です。マイルの有効期限は3年ですが、ポイントがマイルに移行された時点でマイルの有効期限が切られていきます。

三井住友カードのポイントの有効期限は2年間ありますので、ギリギリまでポイントで持っておいて、マイルを使う予定が来た時にマイルに移行する方が使い方としても便利です。これで有効期限を5年にすることができます。

なお、ワイドゴールドカードとプレミアムカードは10マイルコースの年間6,000円(税別)の移行手数料は標準装備で付いているので無料です。

見やすく表にまとめました。

カード名 5マイルコース 10マイルコース
一般カード 無料 6,000円(税別)
ワイドカード
ワイドゴールドカード 無料で自動加入
プレミアムカード
アメックス・グリーンとANAアメックスはどっちがおすすめのカードか検証! アメックス・グリーンとANAアメックスはどっちがおすすめ? 目次 なにを狙うのか!で変わってくる 年会費を比較してみる 「アメックス・グリーン」でもマイルは貯まる メンバ... この記事を読む

マイル移行手数料のJCBとVISAでは料金が違う

上記で書きましたが、ANAカードの場合、ポイントをマイルに移行するのに手数料が発生します。実は「JCB」と「VISA/Master」では手数料に違いがあります。

ANAマイル移行手数料
JCB 年間5,000円(税別)
VISA 年間6,000円(税別)
ANAの国内線プレミアムクラスってなに? ANAの国内線プレミアムクラスってなに? プレミアムクラスに乗ると、エコノミーでは味わえないサービスが待っています。「プレミアムチェックイン」に始まり「機内食」そして「手荷物受取も優先」。今回は「ANAプレミアムクラス」のすべてを紹介します この記事を読む

ANAワイドゴールドカードがおすすめ

ANAカードを作るとしたら、年会費と飛行機に乗る回数を考えながら自分に1番合うカードが必要です。そこで1番おすすめなのはANAワイドゴールドカード

年会費は14,000円(税別)しますが、マイル移行手数料の年間6,000円(税別)が最初から自動加入されています。

さらに、毎月の明細書を「WEB明細書サービス」にすると1,000円の割引。マイ・ペイすリボに登録+年1回の利用で3,500円の割引があります。マイ・ペイすリボは設定が自由に出来るので100万円にしておけばリボになりません。

年会費は14,000円だけど?

  • マイ・ペイすリボで3,500円の割引
  • WEB明細書サービスで1,000円の割引

つまり年会費は9,500円(税別)になります。しかもマイル移行手数料の年間6,000円(税別)がその中に含まれています。それを引くと、実質の年会費はたったの3,500円(税別)という事になります。すごい得ですよね!

ANAカードマイルプラスとは?

ANAカードマイルプラスの提携店でANAカードを使うと、クレジットカード会社のポイントとは別に100円につき1マイルまたは200円につき1マイルが自動的に加算されます。JALでいう「JALカード特約店」になります。

JALの場合、特約店の数がべらぼうに多く、ANAカードマイルプラスの提携店は見劣りします。しかも高級路線が多く、普段の生活の中で使えるような店舗などが少ないです。

これならまだ使える!というANAカードマイルプラスの提携店をまとめました。

日常で使えそうなANAカードマイルプラス提携店

  • セブンイレブン
  • スターバックス
  • イトーヨーカドー
  • マツモトキヨシ
  • ルートインホテルズ
  • 札幌東急REIホテル
  • 札幌エクセルホテル東急

ただ、ANAカードマイルプラスの提携店は微妙でも、ANAグルメマイルの店舗は庶民的な店ばかりなので日常使いが出来ます。どちらかというと、ANAグルメマイルの方が使う機会が多いと思います。

全カードの年会費のまとめ

テーマにANAカードの早分かり比較と唄っているので、すべてのカードの年会費を簡単に書いておきます。アメックスは3枚、ダイナースは2枚しかありません。

ANA VISAカード

カード名 券面 年会費
一般カード ANA VISA 一般カード 2,000円(税別)
ワイドカード ANA VISA ワイドカード 7,250円(税別)
ワイドゴールドカード ANA VISAワイドゴールドカード 14,000円(税別)
プレミアムカード ANA VISAプラチナプレミアムカード 80,000円(税別)

ANA JCBカード

カード名 券面 年会費
一般カード ANA JCBカード 2,000円(税別)
ワイドカード ANA JCBワイドカード 7,250円(税別)
ワイドゴールドカード ANA JCBワイドゴールドカード 14,000円(税別)
プレミアムカード ANA JCBカード プレミアム 70,000円(税別)

ANA アメックスカード

カード名 券面 年会費
一般カード ANA アメックスカード 7,000円(税別)
ゴールドカード ANA アメックスゴールドカード 31,000円(税別)
プレミアムカード ANA アメックス・プレミアムカード 150,000円(税別)

ANA ダイナースカード

カード名 券面 年会費
ゴールドカード ANA ダイナースカード 27,000円(税別)
プレミアムカード ANA ダイナースプレミアムカード 155,000円(税別)
初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ 初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ 「ANAカード」と言ってもかなりの種類があります。今回はANA一般カードからプラチナカードの年会費、ボーナスマイル、フライトマイルや付帯サービスなど、全てのカードを簡単に分かりやすく紹介します。 この記事を読む

ANAカードのまとめ

マイルを貯めるにはANAカード、JALカードのどちらかが必ず必須になります。ANAカードを持つのなら、年間費がかかっても「10マイルコース」を選択しましょう。マイルの貯まり方が2倍です。

年間に飛行機に乗る回数があまり無いのであれば、「ANA 一般カード」で十分と思います。1つグレードを上げて、ワイドカードにしたとしても、区間マイルが「10%」→「25%」になって、さらに継続マイルが1,000マイル増えますが、それほど差はありません。普段の生活費や光熱費、日常ショッピングだけの繰り返しでも3年間で国内の特別航空券は1回はゲット出来ます。

飛行機に良く乗る人は、実質年会費が3,500円(税込)のANAワイドカードゴールドをおすすめします。

以上、ANAカードの早分かり比較一覧表のまとめでした。

このコラムにおすすめのカード

ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.9

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.6

年会費14,000円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

クレジットカードの作り方

【初心者】クレジットカードの作り方を簡単解説!2019年版

Amazon・楽天のコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

ポイントのコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

マイルのコラム

マイルカードとポイントカードのどっちがいい?

クレジットカードを作る時にマイル系カードとポイント系カードで悩んでいます

空港のコラム

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

ゴールドカードのコラム

アメックスは誰でも作れる?アメックスの審査を解説

アメックスグリーンは誰でも作れる?カードの特典とアメックスの審査を分かりやすく解説

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

学生のコラム

学生にメリットのあるクレジットカード

今年から大学生。どんなクレジットカードを作れば良いでしょうか!最新トリセツ。

その他のコラム

paypay(ペイペイ)の使い方とメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)とは?これから使う人は必見です。ペイペイのメリットとデメリット