ANAバリューとANAスーパーバリューとは?どっちが安い?

ANAバリューとANAスーパーバリューとは?どっちが安い?

ANAには旅割や特割といった国際線の割引サービスがありましたが、2018年10月28日から国内線運賃が大幅にリニューアルしました。

変更点や新運賃を分かりやすく紹介します。

ANAの運賃

2018年10月28日からANA国際線運賃がリニューアルしました。

安い運賃で人気だった旅割や特割といった定番メニューは、名称がANA VALUE(ANAバリュー)やANA SUPER VALUE(ANAスーパーバリュー)など英語になりましたが内容はこれまでのものと同じです。

リニューアル後は355日前から航空券の予約が出来るようになったので、混雑時期の路線も一足先に予約が出来て便利です。

まずは、ANAの代表的な運賃を紹介します。

運賃 予約期限 予約変更
ANAフレックス(通常運賃) 当日予約OK
ビジネスきっぷ 当日購入OK
バリュー1 前日まで購入OK ×
バリュー3 3日前まで購入OK ×
スーパーバリュー21 搭乗日21日前まで ×
スーパーバリュー28 搭乗日28日前まで ×
スーパーバリュー45 搭乗日45日前まで ×
スーパーバリュー55 搭乗日55日前まで ×
スーパーバリュー75 搭乗日75日前まで ×
ANAスーパーバリューEARLY 355日前から ×

この他にもシニア割など年齢にあわせた運賃もあります。

2020年度【保存版】年会費無料のおすすめクレジットカード 2020年度【保存版】年会費無料のおすすめクレジットカード 2020年度版の「おすすめクレジットカード」を集めました。それぞれ特徴が違いますが、年会費無料、高還元率、マイルが貯まる、特定の店舗でポイントが一気に貯まる、旅行傷害保険が付いているなど特典の多いおすすめのクレジットカードをまとめました。 この記事を読む

ANAバリューとANAスーパーバリューって何?

ANAバリューとANAスーパーバリューの比較 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

ANAバリューやANAスーパーバリューとは早期割引運賃の事で、旧運賃の特割や旅割と同じサービスです。前もって予約で安く航空券が手に入ります。

JALだと「スーパー先得」「ウルトラ先得」という名前です。直前で予約をするよりも75日前から予約・購入する方が割引率が高くなります

従来の特割・旅割とANAバリューとANAスーパーバリューの違いをまとめました。

旧運賃 新運賃 条件
特割1 バリュー1  搭乗日の前日まで
特割3 バリュー3 搭乗日3日前まで
旅割21 スーパーバリュー21 搭乗日21日前まで
旅割28 スーパーバリュー28 搭乗日28日前まで
旅割45 スーパーバリュー45 搭乗日45日前まで
旅割55 スーパーバリュー55 搭乗日55日前まで
旅割75 スーパーバリュー75 搭乗日75日前まで

名前が英語になっただけで基本的な仕組みはこれまでと変わりはなく、予約日が遠いほど運賃は安く、予約後の取消料が高くなるのが特徴です。

数字が大きいほど割引率は高くなるので、来週旅行いこう!よりも何ヶ月も前から計画をするとそれだけでホテル代と食事代がが浮きます。

年間18,000ANAマイルを無料でゲットする方法!JAL7,200マイルもゲット出来ます トリップアドバイザーに口コミ投稿で毎月1,500マイルをゲットする方法 年間18,000のANAマイルと7,200のJALマイルをゲット出来る方法です。この方法は、誰でも簡単にANAとJALのマイルをゲットする方法です。しかも何かのモニターになるとかではありません。むしろ、社会や人に貢献をしながらマイルをゲット出来ます。今回はその方法を簡単に解説いたします。 この記事を読む

リスティング広告の乗り換えキャンペーン実施中

これがANA SUPER VALUEの料金!ほぼ半額になる

実際に、VALUEやANA SUPER VALUEがどのくらい安くなるのかを計算してみました。

割引運賃には、他にも株主優待割引や介護割引など色々ありますが、今回は株主優待券などを除いて調べています。

例)羽田→沖縄の片道運賃(繁忙期の年末年始)

割引サービス 片道料金(行きのみ)
フレックス(普通運賃) 46,610円
ビジネスきっぷ 46,610円
バリュー3 38,110円
バリュー1 44,410円
スーパーバリュー21 24,110円
スーパーバリュー28  18,110円
スーパーバリュー45 15,510円
スーパーバリュー55 15,210円

この中でもスーパーバリューが圧倒的に安く、スーパーバリュー55とANAフレックスを比べると3倍以上安く購入出来ます

上記の表は片道料金ですが、往復運賃で計算したとしても6万円位差が出ます。6万円あればホテル代や食事代もすべて出るので、やはりこの差は大きいです。

2020年度版 総合クレジットカードランキング 2020年度版 総合クレジットカードランキング 2020年の色々なジャンルのクレジットカードランキングをまとめました。飲み屋でモテるカード、映画館でお得なカード、同僚の前でカッコいいカード、フリーター向けクレジットカード、3日以内に届くカード、主婦・パート向けカード、最難関カード、プライオリティパス付きカード、ETCでお得なカード、カラオケボックスでお得なカードなど この記事を読む

ANAバリューやANAスーパーバリューでマイルは付く?

ANAバリューやANAスーパーバリュー サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

割引運賃だとマイルが付かないのでは?と心配になりますが、ちゃんと貰えます。区間マイルを運賃別にまとめました。

区間基本マイレージ 対象運賃
100%
ANAフレックス
ビジネスきっぷ
75%
ANAバリュー1
ANAバリュー3
ANAスーパーバリュー21
ANAスーパーバリュー28
ANAスーパーバリュー45
ANAスーパーバリュー55
ANAスーパーバリュー75
ANAスーパーバリューEARLY

航空券の値段が安ければ安いほど貯めれるマイルも少なくなるシステムです。

例)東京-沖縄の区間基本マイレージは984マイル

  • 984マイル×75%(ANAバリュー)=738マイル

ANAフレックスなら984マイル貰えますが、バリューやスーパーバリューだと738マイルと少し少ないです。でもその分航空券が激安なので貰えるだけラッキーです。

ANAバリューならプレミアムポイントが貰える

プレミアムポイントとは搭乗したら貰えるポイントの事で、マイルとは別にもらえます。

ANAバリューやANAスーパーバリューなどの安い航空券での搭乗でもプレミアムポイントが貰えるのか疑問ですが、結論から言うとANAバリューは貰えますがANAスーパーバリューは貰えません

割引運賃 搭乗ポイント(一区間)
ANAフレックス 400
ANAバリュー
ビジネスきっぷ
ANAスーパーバリュー21 0
ANAスーパーバリュー28
ANAスーパーバリュー45
ANAスーパーバリュー55
ANAスーパーバリュー75
ANAスーパーバリューEARLY

以前、特割・旅割だった頃も、特割は貰えて旅割は貰えませんでした。

リニューアルで貰えるようになれば良かったですが、スーパーバリューを使う人は安くて行けたら良いという人が大半なので問題ないと思います。

ANAバリューとANAスーパーバリューでは予約取り消し手数料が違う

ANAバリューとANAスーパーバリューはキャンセルが出来るので、急な予定が入った場合も助かります。

ただ、予約取り消し時の手数料は運賃種別によって大幅に違い、割引運賃のように料金が安い分取り消し時にかなり手数料を取られるのが特徴です

ANAスーパーバリューの場合

ANAスーパーバリューの21~75や、355日前から予約出来るANAスーパーバリューEARLYは以下の取り消し手数料がかかります。

ANAスーパーバリューの取り消し手数料 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

解約日時 取消手数料
航空券購入後~搭乗日55日前 取消手数料は無料
払戻手数料はかかる
搭乗日54日前~搭乗日45日前 運賃の約30%相当額
搭乗日44日前~搭乗日28日前 運賃の約40%相当額
搭乗日27日前~搭乗日14日前 運賃の約50%相当額
搭乗日13日前~出発時刻前 運賃の約60%相当額
出発時刻以降 運賃額の100%

スーパーバリューの場合、搭乗日13日前~出発時刻前の60%というのはかなり痛いです。

キャンセルをする時は、前日とかになにかしらの緊急事態が重なってキャンセルにするわけですから、60%は痛すぎますが料金も安いので諦めるしかありません。

ANAバリューの場合

次にANAバリュー1、3のキャンセル手数料をみてみます。

解約日時 取消手数料
航空券購入後~出発時刻前 運賃の約5%相当額
出発時刻以降 運賃額の100%
※旅客施設使用料のみ返却

ANAバリューの場合だと直前でも5%なので、スーパーバリューの60%と比べると大きな違いが分かります。

例えば、羽田→沖縄の航空券が38,000円だった場合、取り消し手数料は5%なので1,900円がかかります。

そんなに安くして航空会社は損をしない?

こんなに安く飛行機に乗れて航空会社は損をしないの?という疑問が出てきますが、航空会社が1番怖いのは客が1人だったとしても飛ばなければなりません。

飛ぶとなれば、客が1人でも以下の費用はかかります。

必要な費用

  • 燃料費
  • 着陸料(トン数)
  • 停留料(トン数)
  • 施設利用料

羽田は1回着陸すると安くても35万円くらいします。客の乗降や機内の掃除、機内サービスの積込み、燃料の補給など空港内にいるだけでまたお金を取られます。

普段、なにげに使っている手荷物が流れて来るベルトコンベアーなども施設利用料がかかり、他にも細々した費用が山のようにあって航空会社は空港にいっぱい取られてます。

つまり、航空会社としては何とかして多くの客を乗せないと儲けが出ません。

前もって予約があると航空機の準備もしやすく、イベントや時期などに応じての需給も分かってきます。来年の予測も出来て早期割引をする事で、数多くのメリットがあります。

早期割引というのは航空会社と客の相乗効果で成り立ってるという事です。

まとめ

ANAの運賃は色々な種類があるので慣れていないと区別が付きにくいですが、結論から言うとスーパーバリューが圧倒的に安いです。

割引運賃の特徴

  • ANAスーパーバリュー→早めの予約で割引運賃が安い
  • ANAバリュー→スーパーバリューより高いが普通運賃より安い。前日購入可能。

この割引サービスは国内線のみの運賃なので、前もって予定が分かってる時に重宝します。

ANAの国内線プレミアムクラスとは? ANAの国内線プレミアムクラスとは? プレミアムクラスに乗ると、エコノミーでは味わえないサービスが待っています。「プレミアムチェックイン」に始まり「機内食」そして「手荷物受取も優先」。今回は「ANAプレミアムクラス」のすべてを紹介します この記事を読む 初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ 初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ 「ANAカード」と言ってもかなりの種類があります。今回はANA一般カードからプラチナカードの年会費、ボーナスマイル、フライトマイルや付帯サービスなど、全てのカードを簡単に分かりやすく紹介します。 この記事を読む

以上、ANAバリューとANAスーパーバリューとは?どっちが安い?のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:ANAバリューとANAスーパーバリューとは?どっちが安い?

このコラムにおすすめのカード

ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.9

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費14,000円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ
おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天ペイとは?楽天ペイのメリットと使い方

楽天ペイで還元率1.5% 楽天ペイのメリットと使い方

ポイントのコラム

人気でおすすめのVISAカードランキング

人気でおすすめのVISAカードランキング

マイルのコラム

JALカードコラムのまとめ

JALカードコラムのまとめ

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

dカードが好きになる。dカード・dポイント・d払いを分かりやすく徹底解説

dカードが好きになる。dカード・dポイント・d払いを分かりやすく徹底解説