ANA JCB 一般カード

満足ポイント 4.6

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料

今なら最大19,600マイル相当がもらえる

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA JCB 一般カードのおすすめポイント

特徴と年会費

ANA JCB 一般カードは、ANAとJCBが提携して発行しているANAカードで、ANAマイルを貯める基本カードになります。

年会費は初年度無料、2年目は2,000円(税別)でETCカードの年会費も無料です。2年目以降は2,000円(税別)かかりますが、毎年継続マイルの1,000マイルがあるので、1,000マイル=2円換算で、実質は年会費無料のカードになります。

項目 年会費
初年度年会費 無料
翌年からの年会費 2,000円(税別)
ETCカード 無料
家族カード 初年度無料、2年目以降1,000円(税別)

家族カードは初年度無料で2年目以降は1,000円(税別)です。

JALカードの場合は、飛行機に搭乗しないとボーナスマイルがもらえませんが、ANAはクレジットカードを継続するだけでもらえるので旨みがあります。

あまり意識しなくても、生活費や買い物などで、月7万円くらいのカード利用をしていると、2年間で東京⇔沖縄にタダでいける特典航空券をGET出来ます(往復)。

なお、ANA JCB 一般カードはApple pay、Google Payの両方に対応しています。

ANA JCB 一般カード

満足ポイント 4.6

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

マイルやポイントの貯め方

マイル移行は10マイルコースがおすすめ

ANAカードは申し込み時に「ANAマイレージ自動移行への参加」を入力する項目があります。自動移行にすると毎月自動でマイルに移行されるので「申し込まない」がおすすめです。

ANAカードを作る上で、ここの部分が1番大事です。

anaマイル 自動移行はもったいない

申し込まなかった場合、JCBなのでOki Dokiポイントが貯まります(以降、ポイント)。貯まったポイントを自分のタイミングでマイルに移行する事になります。

マイル自動移行コースマルチポイントコースという2つのコースがあります。

マイル自動移行コース毎月自動でマイルに移行されます。
マルチポイントコース手動で自分の好きな時にマイルに移行できます。

5マイルコースは移行するとマイルが半分になります。これは非常にもったいないです。

コース名称 移行レート 移行手数料
マイル自動移行
5マイルコース
1ポイント=5マイル 無料
マイル自動移行
10マイルコース
1ポイント=10マイル 5,000円(年間/税別)
マルチポイント
5マイルコース
1ポイント=5マイル 無料
マルチポイント
10マイルコース
 1ポイント=10マイル 5,000円(年間/税別)

ポイントは2年間有効なので、マルチポイントコース 10マイルにしておいて、2年に1回手動で移行をすれば、5,000円(税別)ですみます。くれぐれも忘れないようにしてください。

ANA VISA 一般カードのマイル移行手数料は年間6,000円(税別)なので、JCBの方が1,000円安くなります。

入会マイルと毎年継続マイルがもらえる

ANA JCB 一般カードは入会時に入会マイルとして1,000マイル。毎年継続すると毎年継続マイルとして1,000マイルもらえます。

項目 ボーナスマイル
入会マイル 1,000マイル
毎年継続マイル 1,000マイル
フライトマイル 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

フライトマイルは10%加算

飛行機に乗ると、フライトマイルとして区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%がボーナスとしてもらえます。

フライトマイルは、空港のチェックインカウンターでANAカードの提示や自動チェックイン機でもカードを通すことでもらえます。

この時、帰りの分のマイルも一緒に完了します。

Oki Dokiランドはポイントが最大20倍

JCBが運営するポイントモール「Oki Doki ランド」を経由すると、ポイントが最低でも2倍にアップします。

Oki Doki ランドには約400店ショップがあり、ポイントが最大20倍になる店舗もあります。

Amazonや楽天もあるので買い物で困る事はありません。

Oki Dokiランド

Oki Doki ランドの主な店舗の1部抜粋

ジャンル 店舗名 倍率 合計還元率
総合モール 楽天市場 2倍 1%
Amazon 2倍 1%
Yahoo! 2倍 1%
ヤマダモール 2倍 1%
百貨店 伊勢丹オンライン 5倍 2.5%
高島屋オンライン 4倍 2%
東急百貨店 4倍 2%
ファッション ベルメゾンネット 3倍 1.5%
アンテプリマ 2倍 1%
L.L.Bean 2倍 1%
GAP 2倍 1%
本・CD・DVD    BOOKFAN 4倍 2%
セブンネット  2倍 1%
 紀伊國屋ウェブ 2倍 1%
スポーツ・アウトドア    アシックスオンライン 2倍 1%
アトミックゴルフ 2倍 1%
つるやゴルフ 2倍 1%
ナチュラム 2倍 1%
チケット チケットぴあ 2倍 1%
agoda(アゴダ) 2倍 1%
海外格安航空券のena 2倍 1%
トラベル 一休.com 3倍 1.5%
日本旅行 2倍 1%
じゃらん 2倍 1%

キャンペーンなどもありますので変動があります

ANA JCB 一般カード

満足ポイント 4.6

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANAカード特約店でポイント+0.5%~1%加算

ANAのポイントアップサービス「ANAカードマイルプラス」を利用出来ます。

ANAカードマイルプラスの提携店でカード決済すると、通常ポイントに加えて100円または200円につき1マイルが貰えます。

通常ポイントとは別にマイルが貯まるので、還元率は最低でも1を獲得出来ます。マイルプラス加盟店は多くてすべて書けない為、人気店を1部紹介します。

ジャンル 店舗名 加算されるマイル
航空券・機内販売 ANA・ANAグループ 100円=1マイル
ANA国内線・国際線 機内販売
空港施設 アンジュ保育園
ANA Cargo
羽田空港ペットホテル
お土産・免税店 三洋堂
JTB商事
高島屋免税店SHILLA&ANA
モバイル・Wi-Fiルーター グローバルWiFi
WiFiレンタルどっとこむ
TripFeverイリー
ホテル プラザホテル 200円=1マイル
ホテルモントレ
ルートインホテル
レオパレスホテルズ
リーガロイヤルグラン沖縄
空港アクセス ハロー・トーキョー
イースタンエアポートモータース
コンビニ・スーパー セブンイレブン
イトーヨーカドー
レストラン ANAカードマイルプラス・グルメ
京成友膳
メルセデス ミー
ガソリン 出光
百貨店 阪急百貨店 100円または
200円=1マイル~
阪神百貨店
ドラッグストア マツモトキヨシ
レンタカー ニッポンレンタカー
ネットショッピング セブンネットショッピング

ポイントの使い方

商品と交換する

1ポイント3.5円~5円相当で商品やギフト券と交換ができます。キッチン用品や生活家電など様々な商品と交換が出来ます。一例は以下のとおりです。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ 12缶セット
ポイントを商品と交換交換ポイント数:700
16インチ折りたたみ自転車
16インチ折りたたみ自転車交換ポイント数:3,200
シャープ 空気清浄機
シャープ 空気清浄機交換ポイント数:5,800
iRobot ロボット掃除機ルンバ876iRobot ロボット掃除機ルンバ876交換ポイント数:16,550

ギフトカード・商品券と交換する

金券などのギフトカードとも交換が出来ます。

移行先 必要ポイント数 交換先の価格
iTunes Card 500 1,500
nanacoカード 550 2,000
1,050 5,100
4,050 20,000
8,050 40,000
スターバックス カード 650 2,000
モスカード
ぐるなびギフトカード
ジェフグルメカード
モンテローザグループ食事券
コメダ珈琲店プリカ
すかいらーく優待券
KFC CARD(ケンタッキー)
JCBプレモカード 670 3,000
ハーゲン・ダッツミニギフト券(4枚)  700 2,640
ベルメゾン買い物券 950 3,000
スターバックス カード 1,400 5,000
美容室TAYAソーシャルギフトカード 1,500 5,000

 JCBギフトカード

JCBギフトカードは、還元率が0.48~0.5%と高いのでおすすめです。

移行先 必要ポイント数 交換先の価格
JCBギフトカード  1,050 5,000円分
2,050 10,000円分
3,050 15,000円分
4,050 20,000円分
5,050 25,000円分
6,050 30,000円分
7,050 35,000円分
8,050 40,000円分
9,050 45,000円分
10,050 50,000円分

他社ポイントへ交換する

貯まったポイントは他社のポイントへ交換が出来ます。交換出来るポイントは以下の通りです。

 移行先 必要ポイント数 移行先ポイント数
楽天Edy 200 600
楽天ポイント 800 
dポイント
 WALLET ポイント(AU)
カエトクカード
 ビックポイント 1,000
 ビックネットポイント
ベルメゾン・ポイント
ジョーシンポイント
nanacoポイント
セシールスマイルポイント
JTBトラベルポイント
ちょコムポイント
スターバックス
ニッセン買物券 1,200
Tポイント  500 2,000 

マイルへ移行する

オキドキポイントをマイルへ移行する

ANAマイル以外にも、JALマイル、ANAマイル、デルタ航空、ANAスカイコインに移行できます。ANAかJALのどちらかだけ交換が出来るというのも多いですが、JCBの場合、両方とも交換が可能です。

移行先 必要ポイント数 移行先マイル数
ANA 500 1,500
JAL
デルタ航空
ANAスカイコイン

ポイントチャリティー

ユニセフやユネスコなどの寄付にポイントを利用できます。

ANAカードの共通特典

ANAカードの共通特典

ANAカードでは、免税店での割引やパッケージツアーの割引など旅行に役立つ様々な特典が受けれます。

一般カードからプレミアムカードまでのANAカードの共通特典をまとめました。

全てのANAカードにある共通の特典のまとめ 全てのANAカードにある共通の特典のまとめ すべてのANAカードにある共通の特典をまとめました。一般カードからプレミアムカードまでの全てのANAカードが特典の対象です。知っておくと便利。 この記事を読む

ANAカード専用運賃「ビジネスきっぷ」

ANAカード専用運賃「ビジネスきっぷ」

「ビジネスきっぷ」はANAカード会員限定の割引きっぷで、ANA国内線の航空券が通常より安く買えます。

片道のみの販売はしてないので、往復など同一路線を2回搭乗する場合にオススメです。

このビジネスきっぷのメリットは、当日予約OK便の変更が何度でも無料で出来る点です。予定が変更する可能性がある人には使い勝手がいいです。しかもマイルが100%で貯まります。

通常運賃と比較してみました。

項目 ANAフレックス(通常運賃) ビジネスきっぷ
販売開始 搭乗日355日前
予約期間 当日まで
予約変更 可能
マイル積算比率 100%
片道購入 ×
払い戻し手数料 1区間/430円
運賃例
東京(羽田)-大阪(通常期)
24,000円 15,950円

どちらも1年前から予約が出来て変更が出来るのにビジネスきっぷなら東京―大阪で8,000円も安くなります。

1番の違いはビジネスきっぷは片道のみで買えないという点ですが、往復で購入する人ならかなりお得に買えます。

さすがに予約変更が出来ないANAバリュー(旧特割)などの安さにはかないませんが、通常運賃よりは安く買えます。

また、ビジネスきっぷに空港サービスをプラスした運賃「プレミアムビジネスきっぷ」もあります。

運賃はビジネスきっぷより割高になりますが、、ANAラウンジが同行者1名まで無料で使えて150%でマイルが貯まります。

電子マネー

ANAクイックペイ+nanacoが新しく登場

ANA QUICPay+nanaco

ANA JCBカード限定の「ANA クイックペイ+nanaco」とは、SKiP(スキップ)サービス、クイックペイ、nanacoの3つの機能が1枚にまとまったキーホルダー型の電子マネーです。

クイックペイまたはnanacoのマークのあるお店なら、かざすだけで支払いが完了します。もちろんポイントも貯まります。

楽天Edyでマイルを貯める

ANA JCB 一般カードには、楽天Edyも搭載されています。

コンビニやスーパーなどで楽天Edyを使うと、200円あたり1マイルが貯まります。

楽天Edyは対象店舗でマイルが貯まるEdyマイルプラスという制度があります。

対象店舗で楽天Edyで支払いをすると、200円につき2マイルが貯まるので付与率は1%です。Edyマイルプラス対象店舗は以下のとおりです。​

Edyマイルプラス対象店舗一覧
ニッポンレンタカー 紀伊国屋書店 DAIMARU 沖縄ファミリーマート
アネックス エスカ マツモトキヨシ はるやま

ANAマイレージクラブ モバイルプラスでマイルが3倍

ANAマイレージクラブ モバイルプラス メリット

さらに、楽天Edyでお得にマイルを貯める事が出来るANAマイレージクラブ モバイルプラスというサービスがあります(要:ANAマイレージクラブ会員)。

このサービスは月額300円(税別)がかかります。

ANAマイレージクラブ モバイルプラスのメリット

  • 楽天Edyの利用で200円=3マイルが貯まる
  • ANA SKYコインが最大1.5倍のレートで交換できる
  • 特典航空券の先行予約・購入が出来る

ANA JCB 一般カード

満足ポイント 4.6

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

追加できるカード

関西エリアに強いANA PiTaPaカード

PiTaPaカードとは、関西エリアや全国の電車・バス、PiTaPaマークのある店舗で使える交通系ICカードです。

PiTaPaカードはポストペイ型(後払い方式)なので事前のチャージが不要です。電車やショッピングの支払い時に、ぴたっとタッチするだけでスピーディに決済ができます。

関西エリアに強いANA PiTaPaカード

年会費は本会員・家族会員共に無料です。ただし年1回の利用がないと維持管理料として1,000円(税別)がかかります。

カード利用で100円=1ポイントのショップdeポイントというポイントが貯まります。還元率は1%と高めです。

貯まったポイントは、500ポイントごとに50円を当月の電車・バスなどの乗車料金から自動的に値引きされます。ポイント交換の手間が省けるのはメリットです。

ポイントはANAマイルと交換もできます。相互交換も可能です。

マイルを PiTaPaショップdeポイントへ交換 10,000マイル→100,000ポイント
PiTaPaショップdeポイントをマイルへ交換 500ポイント→20マイル

電車・バスなどの割引よりもマイルを貯めたい!という人は、あらかじめ会員専用サイト「PiTaPa倶楽部」で移行設定の登録をしておくと、自動的にマイルに移行してくれます。

ポイントの有効期限は2年後の3月末日です。 

現在、関西圏を中心にPiTaPa加盟店は増えています。ANA PiTaPaカードが利用できる主な店舗は以下のとおりです。

シャンル 店舗
コンビニ・駅売店 アズナス
アンスリー(京阪・南海)
ファミリーマート(近畿2府4県全店舗および三重県・愛知県の一部店舗)
サークルKサンクス(関西地区・三重県の店舗)
ローソン(一部店舗)
百貨店 阪急百貨店
阪神百貨店
近鉄百貨店
大型商業施設 グランフロント大阪
なんばウォーク
なんばパークス
Whityうめだ
スーパー・グルメ イズミヤグループ
阪急オアシス
成城石井
フレッズカフェ
書店 ブックファースト(関西地区)
紀伊国屋書店(関西地区)
専門店 ヨドバシカメラ(京都・大阪)
Joshin
洋服の青山
ココカラファイン(関西地区)

便利なサービス

ANAマイレージクラブアプリ

ANAマイレージクラブアプリ

ANAマイレージクラブアプリとは、ANAマイレージクラブ会員なら誰でも利用出来るアプリで、マイルの期限や残高がひと目で分かるなど、ANAマイルの管理がスマホで簡単に出来ます。

フライトはもちろん、ネットショッピングなど日常生活で貯めたマイルも見やすいグラフで確認できます。

管理できるのは通常のマイルだけでなく、提携店のショッピング利用等で貯まるANA SKY コインと、ANAのフライト利用に応じてマイルとは別に積算されるプレミアムポイントの管理まで出来ます。

オシャレなデザインは会員ごとに違い、デザインによってステータス身分が判断できます。アプリの主な機能は以下のとおりです。

主な機能

  • マイルの残高・期限の確認
  • 「ANA STORE」への簡単アクセス
  • デジタルカードでマイルが貯まる
  • ANAマイレージクラブインフォメーション

ANAマイレージクラブアプリ サルでも分かるクレジットカードおすすめ

ANAマイレージクラブアプリ サルでも分かるクレジットカードおすすめ

JR東海エクスプレス予約でらくらく乗車

JR東海エクスプレス予約サービスでらくらく乗車!

東海道・山陽新幹線(東京~博多間)のネット予約&チケットレスサービスの「エクスプレス予約」が使えます。

エクスプレス予約を使うとどのくらい安くなるのかを「のぞみ」を例に下の表にまとめました。

普通車指定席の運賃(大人1名 片道)

区間 所定運賃 エクスプレス予約 差額
東京-新大阪 14,450円 13,370円 1,080円
東京-名古屋 11,090円 10,110円 980円

年会費が500円(税別)から1,000円(税別)にアップしましたが、年会費がアップした分、新幹線に安く乗れる割引サービスが強化されました。

例えば、東京-新大阪は片道13,370円なので通常のきっぷと比べて1,080円安くなります。年会費は1,000円(税別)かかりますが、年1回以上乗る人はお得になります。

エクスプレス予約のメリット

  • いつでも、どこでもスピーディに予約可能
  • チケットレスで乗車もスムーズ
  • 予約の変更は何度でも手数料無料
  • 1年中、会員価格で東海道新幹線に乗車可能
  • 早めの予約だとさらにお得な早特商品

あまり知られていませんが新幹線の料金は「繁忙期」と「閑散期」では運賃が若干違います。

エクスプレス予約の良い所は、1年中同じ価格でキップが買えるという点です。ゴールデンウィークや年末年始などの期間でも会員価格で買えます。

いざという時に便利な「スマリボ」

JCBの自動リボ払いサービス「支払い名人」が、2019年4月16日から「スマリボ」というサービスにリニューアルします。

支払い名人は1回払いが自動的にリボ払いになるサービスで、毎月自分で決めた金額を設定出来ましたが、今回のリニューアルで支払い方法やサービス内容が大幅に変わります。主な変更点は下記の通りです。

項目 支払い名人 スマリボ
支払い方法 利用残高にかかわらず
自由に金額を設定
利用残高に応じて
支払い金額が決まる
リボ手数料 15%(初回無料) 15%(初回から手数料発生)
年会費 優遇なし 年会費キャッシュバック
・一般カード1,350円
・ゴールドカード上限5,000円
ポイント Oki Dokiポイント2倍

メリットは年会費キャッシュバックポイント2倍の特典が受けれるようになりました。

年会費キャッシュバックは、カード有効期限月前月から1年以内にカードの利用があると、カードのグレードに応じて割引が受けれます。

種類 年会費(税込) キャッシュバック額
一般カード 1,350円以上 1,350円
1,350円未満 年会費(税込)と同額
ゴールドカード 5,000円以上 5,000円
5,000円未満 年会費(税込)と同額

一般カードは1,350円(税込)、ゴールドカードは5,000円(税込)年会費が安くなります。JCB THE CLASSとJCBプラチナは対象外。

ANA JCB 一般カードの年会費は2,000円(税別)なので、スマリボを使うと年会費が650円(税別)になります。リボ手数料発生時はポイント2倍になるのもお得です。

JCBの年会費キャッシュバックサービス

メリットばかりではなく、初回もリボ手数料が発生するなどの改悪もあります。支払い方法も変わり、これまで毎月の支払い金額を自由に設定できたのが、リボ残高に応じて支払額が自動的に決まる「残高スライドコース」という制度になりました。

残高スライドコースは次の2つのコースから選べます。

コース 利用残高 毎月の支払い
ゆとりコース ~100,000円 5,000円
100,001円~500,000円 10,000円
500,001円~1,000,000円 15,000円
1,000,001円~ 20,000円
標準コース ~100,000円 10,000円
※以降10万円加算毎に+1万円加算

スマリボの支払い例

基本的にリボ払いなのでおすすめはしませんが、リスクを把握して特典をうまく活用出来ればいざという時に役立つ支払い方法です。

10マイルコースは移行手数料がかかる

ANA JCB 一般カードのマイル移行手数料は、5マイルコースは無料で10マイルコースを選ぶと5,000円(税別)の移行手数料がかかります。

一見5マイルコースの方がお得に見えますが、10マイルコースなら交換レートが2倍になるので効率よくマイルを貯めるなら10マイルコースがオススメです。

ANA一般カードにはJCBの他にVISAとMasterCardブランドがありますが、この2つは移行手数料が6,000円(税別)なので、1,000円安いJCBブランドがお得です。

ANA JCB 一般カードの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 原則として18歳以上で本人、または配偶者に安定継続収入のある方
審査・発行 約1週間
年会費(本人) 初年度 無料
2年目以降 2,000円(税別)
年会費(家族カード) 初年度 無料
2年目以降 1,000円(税別)
限度額 ショッピング 限度額 個別に設定
キャッシング 限度額 個別に設定
ETCカード 無料
締日 / 支払日 公式サイト参照
支払い方法 公式サイト参照
国際ブランド
  • JCB

電子マネー

  • Edy(一体型カード)
  • クイックペイ(分離型カード/おサイフケータイ)
  • PiTaPa(分離型カード)

ポイントプログラム

ポイント還元方法 他社ポイントへ移行(楽天スーパーポイント、Tポイント等)、ANAマイルへ移行、キャッシュバック、VJAギフトカード、200種類以上の景品等
ポイント付与率 1,000円=1ポイント
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 2年間

マイレージ

マイレージ移行先 ANA 
マイル付与率 5マイルコース 1P→5マイル(1,000円=1P=5マイル)
10マイルコース 1P→10マイル(1,000円=1P=10マイル)
マイル還元率 5マイルコース 1%~1.12%(1マイルの価値を2円と想定)
10マイルコース 2%~2.12%(1マイルの価値を2円と想定)
マイレージ移行手数料 5マイルコース 無料
10マイルコース 5,000円(税別)

付帯保険

海外旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1,000万円
傷害治療費用 -
疾病治療費用 -
救援者費用 最高100万円
賠償責任 -
携行品損害 -
国内旅行保険 死亡・後遺傷害 -
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
国内航空保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1,000万円
ショッピング保険 最高100万円/90日間(自己負担額10,000円 海外での利用が対象)
その他 紛失・盗難補償(紛失・盗難による不正使用を補償)

このページをシェアする

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

クレジットカードの作り方

【初心者】クレジットカードの作り方を簡単解説!2019年版

Amazon・楽天のコラム

楽天カード、楽天Edy、楽天ペイの違いとは?

楽天カード、楽天Edy、楽天ペイの違いってなに?

ポイントのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

マイルのコラム

マイルカードとポイントカードのどっちがいい?

クレジットカードを作る時にマイル系カードとポイント系カードで悩んでいます

空港のコラム

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

ゴールドカードのコラム

アメックスって誰でも作れる?

アメックスグリーンは誰でも作れる?カードの特典とアメックスの審査を分かりやすく解説

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

学生のコラム

学生にメリットのあるクレジットカード

今年から大学生。どんなクレジットカードを作れば良いでしょうか!最新トリセツ。

その他のコラム

paypay(ペイペイ)の使い方とメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)とは?これから使う人は必見です。ペイペイのメリットとデメリット