ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.9

ANA VISAワイドゴールドカード
年会費15,400円(税込)
還元率0.5%
ETC無料

今なら最大14,000マイル相当がもらえる

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISAワイドゴールドカードのおすすめポイント

特徴と年会費

ANA VISAワイドゴールドカードのメリット・デメリット サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

ANA VISAワイドゴールドカードは、ANA VISA ワイドカードの上級カードで、マイルの貯まりやすさと旅行サービスが充実しています。

年会費は14,400円(税込)で、家族カードの年会費は4,400円(税込)ですが、割引特典を利用すれば年会費を安く出来ます。

ANA VISAワイドゴールドカードのメリット

  • 入会・継続時に毎年2,000マイルがもらえる
  • ANA便に搭乗するたび25%のボーナスマイルが貯まる
  • マイルの移行手数料が無料
  • 機内販売や空港免税店の割引特典
  • 空港ラウンジサービス
  • ゴールドデスク
  • ドクターコール24
  • ANAのスキップサービスが利用出来る
  • 最高5,000万円の海外旅行保険
  • 年間300万円までのお買物安心保険

カード利用をするとマイルではなくポイントが貯まるのが特徴で、1ポイント2マイル(還元率1%)のお得なレートでマイル移行が出来ます。

通常だとマイル移行手数料として6,600円(税込)が必要ですが、ANA VISAワイドゴールドカードなら無料です。

旅行にも強く、最高5,000万円の海外旅行保険やゴールドデスク、空港ラウンジが無料で利用出来ます。

入会と継続でそれぞれ2,000マイルが貰える

ANA VISAワイドゴールドカードに入会すると、入会時と毎年の更新時にボーナスマイルが2,000マイルが貰えます。

JALの場合は継続するだけではなく、飛行機に乗らないともらえないので、その点ではANAカードの方がお得です。

項目 ボーナスマイル
カード入会時 2,000マイル
毎年継続マイル 2,000マイル

ただ、ANA VISA ワイドカードと同じボーナスマイル数なので、ゴールドカードとしてもう少しだけ色を付けて欲しい所です。

今なら最大14,000マイル相当がもらえる

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費15,400円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

年会費を安くする方法

マイ・ペイすリボで年会費が安くなる

マイ・ペイすリボで年会費が安くなる サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

マイ・ペイすリボとは、ショッピング1回払いの利用分が自動的にリボ払いになる支払い方法です。

マイ・ペイすリボに登録をして年に1回でもリボ手数料の支払いがあれば、年会費が安くなります。

ANA VISAワイドゴールドカードの年会費

  • 通常年会費:14,400円(税込)
  • マイ・ペイすリボ(リボ払い)の利用:10,550円(税込)

つまり、年1回でもリボ金利を発生させたら年会費が3,550円(税込)も安くなるので、リボ払いに抵抗がない人にはオススメです。

Web明細サービスで年会費を安くする

Web明細サービスの利用で年会費が安くなる サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

上記で紹介したマイ・ペイすリボはイヤだという人は、Web明細サービスがオススメです。

毎月の利用明細を「紙」ではなく、Web明細にするだけで年会費が1,000円割引になります。

Web明細サービスの利用

  • 通常年会費:14,400円(税込)→14,300円(税込)
  • マイ・ペイすリボと併用→通常年会費:14,400円(税込)→9,550円(税込)

ANA VISAワイドゴールドカードは、Web明細サービスとマイ・ペイすリボの重複割引が出来るので、マイ・ペイすリボと合わせると年会費は9,550円(税込)になります。

ポイントの貯め方

ポイントプログラムはVポイント

三井住友カードのポイントプログラムはVポイント サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

ANA VISAワイドゴールドカードのポイントプログラムはVポイントで、200円につき1ポイント(還元率0.5%)が貯まります。

ポイントの有効期限は3年間で、カードのランクが上がるとポイントの有効期限が長くなります。

ANA VISAカードのポイント有効期限

  • ANA VISA Suicaカード・ANA VISA一般カード:ポイント獲得月から2年間
  • ANA VISA ワイドカード:ポイント獲得月から2年間
  • ANA VISAワイドゴールドカード:ポイント獲得月から3年間
  • ANA VISAプラチナプレミアムカード:ポイント獲得月から4年間

貯まったVポイントは、ANAマイルに移行したり、ギフト券や共通ポイントと交換出来ます。

ポイントは必ずマイルと交換したいという人は、自動でマイル移行してくれるコースもあるので便利です。

今なら最大14,000マイル相当がもらえる

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費15,400円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ポイントUPモール(Amazon、楽天、LOHACO)で最大20倍!

ポイントUPモールでお得に買い物ができる サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

ネットショッピングをする際に、ポイントUPモールを経由してから買い物をすると、ポイントが最大20倍貯まります。

Amazonや楽天市場、Yahooショッピングなどはポイント2倍が貯まるので、効率よくポイントを貯めたい人は必須です。人気ショップを一部紹介します。

ショップ ポイント倍率
Amazon 2倍
楽天市場
Yahoo!ショッピング
PayPayモール
ディノス
エディオン
ジョーシン
au PAY マーケット 3倍
東急ハンズ
ビックカメラ.com
ヤマダモール
ベルメゾン
セブンネットショッピング
イトーヨーカドーネット通販 5倍
じゃらん
セシール
ニッセン 7倍
エクスペディア 9倍

ココイコ!でポイント3倍狙い

ボーナスポイントが貰えるココイコ! サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

ココイコ!とは、WEBサイトに載ってる店に事前エントリーして、店に行ってカード決済するとポイントやキャッシュバック特典が貰えるお得なサービスです。

ココイコ!利用方法 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

ビックカメラやジョーシン、高島屋や大丸などの人気店でポイント2~3倍が貯まるので、よく行く店があれば効率よくポイントが貯めれます。

もしエントリーし忘れても、店内でスマホからエントリーすれば大丈夫です。

ジャンル ショップ名 ポイント倍率
家電 ジョーシン 2倍
ビックカメラ
ソフマップ
飲食 びっくりドンキー
書店 ブックファースト
紀伊国屋書店
百貨店 高島屋 3倍
大丸・松坂屋
近鉄百貨店
小田急百貨店
その他 ENEOS

今なら最大14,000マイル相当がもらえる

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費15,400円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ETCカードの利用でポイントが貯まる

ETCカードの利用でポイントが貯まる サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

ANA VISAワイドゴールドカードは、ETCカードの利用でポイントが貯まるので、これから発行を考えている人にオススメです。

ANA VISAワイドゴールドカードのETCカードのメリット

  1. 年会費が実質無料
  2. ETCの利用でVポイントが貯まる
  3. 会員補償制度付き

ETCカードの利用200円につき1ポイント(0.5%)のVポイントが貯まるので、車によく乗る人にはメリットが大きいです。

年会費は初年度無料で2年目から550円(税込)が必要ですが、年に1度でもETCカードを利用すればずっと無料で持てます。

さらに、不正利用された場合の補償制度も付いているので、もしもの時も安心です。

マイルの貯め方

還元率1%でマイル移行出来る

マイル移行は2倍コースがおすすめ サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

カードで貯めたVポイントをANAマイルに移行したい場合は、以下の2倍コースへの加入(無料)が必要です。

項目 2倍コース
移行レート 1ポイント=2マイル
(還元率1%)
ポイント移行単位 1ポイント以上1ポイント単位
移行上限 なし
移行手数料 無料

通常なら2倍コースは年間6,600円(税込)の移行手数料がかかりますが、ANA VISAワイドゴールドカードなら無料です。

マイルへの移行は、以下の2つの方法から選べます。

マイルへの移行方法

  • 応募方式:好きな時にポイントを自分で移行する
  • 自動移行方式:毎月自動でマイルに移行してくれる

一見、自動移行の方が便利そうですが、毎月だらだらマイルに移行されてその時点からマイルの有効期限が発生してしまうので、応募方式の方がオススメです。

ANA VISAワイドゴールドカードのポイントの有効期限は3年間なので、ギリギリまでVポイントで置いておいて、そこからマイルに移行するのが賢いやり方です。

ポイントとマイルの有効期限

  • Vポイントの有効期限:3年間
  • マイルの有効期限:3年間

フライトでボーナスマイルが貯まる

ANA便に乗ると、通常のフライトマイルに加えて、区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%の割り増しボーナスマイルが貯まります。

通常よりマイルが25%多く貯まるので、よく飛行機に乗る人はメリットが大きいです。

ANA便搭乗ごとのボーナスマイル

  • 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

もちろん、ANA以外のスターアライアンスグループの航空会社に乗ってもフライトマイルは貯まります。

マイルからスカイコインへ交換が出来る

ANAマイルをスカイコインに交換する サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

貯まったマイルは、1マイルからANA SKYコインに交換出来ます。

スカイコインは現金と同じで、航空券や旅行商品に使える電子クーポンです。

マイルを直接航空券に交換するのも1つの方法ですが、マイルをスカイコインに換えて、そのスカイコインで航空券を買うとボーナスとして交換率が上がります。

対象カード 交換マイル数 交換後のコイン数
ANAカード
(一般・ワイド)
1~9,999マイル 1~9,999マイル(1倍)
10,000マイル 12,000(1.2倍)
20,000マイル 2,6000(1.3倍)
30,000マイル 42,000(1.4倍)
40,000マイル 60,000(1.5倍)
50,000マイル~
200,000マイル
75,000(1.5倍)~
300,000(1.5倍)

ANAマイレージモールで貯める

通販がお得になるANAマイレージモール サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

ネットショッピングをする際に、ANAマイレージモールを経由して買いものをすると、通常のポイントに加えボーナスマイルが貯まります。

ANAマイレージモールはANAマイルが直接貯まるのが特徴で、楽天市場やYahoo!ショッピングでよく買い物をする人は、ANAマイレージモール必須です。

サイト名 利用額とボーナスマイル
au PAYマーケット 100円=1マイル
マツモトキヨシ
ニッセン
楽天市場 200円=1マイル
楽天西友ネットスーパー
ヤマダモール
Yahoo!ショッピング 300円=1マイル
ベルメゾンネット

ANAカードマイルプラス

ポイントとマイルがダブルで貯まるANAカードマイルプラス サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

ANAカードマイルプラス加盟店でANA VISAワイドゴールドカードを利用すると、ポイントとマイルがダブルで貯めれます

ANAカードマイルプラス加盟店の還元率

  • 通常ポイント:200円につき1ポイント(還元率0.5%)
  • ボーナスマイル:100円または200円につき1マイル(還元率0.5%~1%)

還元率最大2%

通常ポイントと合わせると合計還元率は最大1.5%になるので、よく行く店がある場合はかなりお得です。人気店を1部紹介します。

ANAカードマイルプラス加盟店

  • セブン-イレブン
  • マツモトキヨシ
  • スターバックス
  • TSUTAYA
  • 大丸・松坂屋
  • 高島屋
  • 阪急百貨店
  • ニッポンレンタカー

また、ANA VISAワイドゴールドカードを紐付けたApplePayやグーグルペイなどのスマホ決済でも、 ANAカードマイルプラスでポイントアップになります。

iDでポイントアップになる店

  • ENEOS
  • セブン-イレブン
  • 紳士服コナカ
  • 紳士服のフタタ
  • SUIT SELECT
  • DIFFERENCE
  • FUTATA THE FLAG
  • 西鉄ホテルズ(一部店舗を除く)
  • 大和自動車交通
  • 東京無線タクシー

クイックペイでポイントアップになる店

  • ENEOS
  • セブン-イレブン
  • 紳士服コナカ
  • SUIT SELECT(九州・沖縄・山口を除く)
  • DIFFERENCE(九州・沖縄・山口を除く)
  • 東京無線タクシー

今なら最大14,000マイル相当がもらえる

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費15,400円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ポイントの使い方

店やネットショッピングで使う

店やネットショッピングで使う サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

カードの利用で貯めたVポイントは、1ポイント1円としてネットショッピングやコンビニなどの店頭で利用出来ます。

買い物でVポイントを使うには、まずスマホアプリの「Vポイントアプリ(プリペイド)」のインストールが必要です。

Vポイントで買い物をする方法

  1. Vポイントアプリをインストール
  2. Vポイントアプリにポイントチャージする
  3. iPhoneはiD加盟店で、アンドロイドはVisaのタッチ決済加盟店で使う

Vポイントアプリの残高にポイントチャージして、店の読み取り機にスマホをタッチして決済する形です。コード決済ではありません。

Vポイントアプリ サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

iPhoneだとApple PayにVポイントを移行でき、iD加盟店で利用できます。アンドロイドはGoogle PayでVisaをタッチ決済が出来ます。

チャージした後に街で使う方法

  • iPhone:支払い時にレジで「iDで払います」
  • アンドロイド:支払い時に「VISAで」または「VISAタッチで払います」

1ポイント1円でチャージでき、1日最大30万円まで手数料無料でチャージ出来ます。

Vポイントが足りない場合は、クレジットカードや銀行口座からもチャージ出来るので安心です。

クレジットカードの請求額に充当する

クレジットカードの請求額に充当する サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

Vポイントを1ポイント=1円として、クレジットカードの支払い金額にキャッシュバック(充当)出来ます。

その月の支払いがなかった場合は、キャッシュバック繰越残高として翌月に繰り越されるので、現金還元を受けたい人に向いています。

Vポイントをクレジットカードの請求額に充当する  サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

繰り越し残高の有効期限は3ヵ月間ですが、自動移行ではないので自分で少しずつ移行すれば失効のリスクも回避出来ます。

オンラインギフトカードと交換する

Vポイントのポイント交換 オンラインギフトカード

オンラインギフトカードとは、自宅に郵送される商品券ではなくポイント交換後すぐにネットやアプリで使えるデジタルクーポンです。

Amazonギフト券やGoogle Playといった商品と即時交換出来るので、音楽やマンガを急ぎで買いたい時にも便利です。

移行先 必要ポイント 移行先ポイント
Amazonギフト券 500 400円分
Google Playギフトコード
App Store & iTunesギフトカード

ギフト券と交換する

Vポイントの交換 ジェフグルメカード

郵送で届くタイプのギフト券で、500ポイントから交換出来ます。

使い道が豊富なAmazonギフト券や、おつりが貰えるジェフグルメカードは使い勝手抜群です。

商品名 必要ポイント 移行先
スターバックスカード 500 400円分
Amazonギフト券 500円分
タリーズカード 1,250 1,000円分
QUOカード 1,500
マックカード
ジェフグルメカード
すかいらーくグループご優待券
図書カードNEXT
VJAギフトカード 5,500 5,000円分
10,500 10,000円分
15,500 15,000円分
20,500 20,000円分

他社ポイントに移行する

dポイントやPontaポイントなどの共通ポイントに、500ポイントから交換出来ます。

基本的に1ポイント=0.8円のレートが多いですが、dポイントやビッグカメラ、ジョーシンなどの家電系のポイントだと、1ポイント=1円のレートで交換出来るのでオススメです。

移行先 必要ポイント 移行先ポイント
楽天ポイント 500 350
Tポイント 400
nanacoポイント
Pontaポイント
WAONポイント
ベルメゾンポイント
カテエネポイント
Gポイント
楽天Edy
dポイント 500
ビックポイント
ゴールドポイント
ジョーシンポイント

今なら最大14,000マイル相当がもらえる

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費15,400円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

空港・トラベルのまとめ

空港ラウンジが無料で使える

ANA VISAワイドゴールドカードは、国内主要空港+ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを本会員のみ無料で利用できます。同伴者は有料です。

ラウンジの利用には、当日の搭乗券とANA VISAワイドゴールドカードを提示すればOKです。

国際線ビジネスクラス専用カウンターが使える

ANA VISAワイドゴールドカードは国際線ビジネスクラス専用カウンターが使える サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

ANA VISAワイドゴールドカードは、エコノミークラス利用時でもビジネスクラス専用のチケットカウンターが使えます。

余裕を持ってチェックイン出来るので、カウンターが混んでいる時は重宝します。

ドクターコール24

急病やケガをした時に、医師や看護師、保健師などの専門スタッフと電話相談が出来ます。

24時間・年中無休で相談に応じてくれるので緊急時には役立ちます。相談は無料で相談例は以下のとおりです。

ドクターコール24の相談例

  • 赤ちゃんが夜中に突然熱を出した
  • 胃炎で治療中ですが、どんなことに注意したらいいのか
  • 女医のいる産婦人科を教えてほしい
  • 不意のケガの応急手当に困っている

ANAカードの共通特典

ANAカード専用運賃「ビジネスきっぷ」

ANAカード専用運賃「ビジネスきっぷ」 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

ANA国内線の航空券が通常より安く買える「ビジネスきっぷ」を利用出来ます。

片道のみの販売はしてないので、往復など同一路線を2回搭乗する場合にオススメです。

ビジネスきっぷのメリット

  • 搭乗日当日まで予約・変更可能
  • 片道2回でも往復でも使える
  • 100%~150%のマイルが貯まる
  • 国内線全路線で利用OK

当日予約が出来て便の変更が何度でも無料で出来るのがメリットなので、予定が変更する可能性がある人には使い勝手抜群です。

電子マネー

VISAのタッチ決済が標準搭載

国際ブランドがVISAだとVISAタッチ決済が使える サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

国際ブランドがVISAだと、Visaのタッチ決済が標準搭載されています。

Visaのタッチ決済は、レジにあるリーダーにクレジットカードをタッチするだけで支払いが出来る決済サービスです。サインも暗証番号も不要なので、後ろの人を待たせる事がなくスピーディーに支払いが出来ます。

金額が大きかったりすると本人認証が必要な場合がありますが、基本的にはサインなしでOKです。

Visaタッチ決済のメリット

  • 素早く支払いが出来る
  • 海外でも使える
  • ポイントが貯まる

タッチ決済でも200円につき1ポイントのVポイントが貯まるので、コンビニなどの少額決済でもお得にポイントが貯まります。

コンビニやスーパーなど日本だけでなく海外でも利用でき、加盟店の目印として店の入り口やレジに下記のマークが貼ってあります。 

Visaのタッチ決済の使える店  サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

使い方は簡単で、会計時に「VISAのタッチ決済で」と伝えて、専用端末にカードをタッチするだけでOKです。

Visaのタッチ決済が使える主な店舗

  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • ウエルシア
  • マクドナルド
  • モスバーガー
  • ドトール
  • すき家
  • ブックファースト

今なら最大14,000マイル相当がもらえる

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費15,400円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友カードiDが無料で使える

三井住友カードはiDを無料発行出来る サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

ANA VISAワイドゴールドカードは、後払い式電子マネーのiDが標準搭載されています。

iDは事前のチャージが不要なので、残高を気にする事なく使えるので便利です。iDは使える店が非常に多いので、VISAのタッチ決済が使えない店で利用するなど、使い分けも出来ます。

ANAカードでiDを使うメリット

  1. 使える店が多い
  2. 200円につき1ポイントが貯まる
  3. ANAカードマイルプラス加盟店で還元率最大2%

通常だとiDの利用200円につき1ポイント(還元率0.5%)のVポイントが貯まります。

さらに、セブン-イレブンやENEOSといったANAカードマイルプラス加盟店なら、通常ポイントに加え100円または200円につき1マイル(還元率0.5%~1%)が加算されるので、効率よくポイントが貯めれます。

iDが使える主な店舗

  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • イオン
  • マクドナルド
  • モスバーガー
  • ガスト
  • ドトール
  • すき家

万が一クレジットカードの紛失や盗難にあっても、クレジットカードと同じ会員保障制度が付いているので安心です。

ANA VISA Suicaカードなど一部iDを搭載出来ないカードもありますが、基本的にほとんどのANAカードが利用出来ます。

iDを標準搭載できるANAカード

  • ANA一般カード
  • ANA学生カード
  • ANAワイドカード
  • ANAスーパーフライヤーズカード
  • ANAワイドゴールドカード
  • ANAスーパーフライヤーズゴールドカード
  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード
  • ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード
  • ANA社員ゴールドカード
  • ANAグループ社員カード

保険・その他

マイ友プログラムでマイルをもらおう

マイ友プログラムでマイルが貰える サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

自分が紹介をした人がANAカードを作ると、ボーナスマイルが貰えます。

ボーナスマイル

  1. 紹介者:2,000マイル
  2. 入会者:2,000マイル

入会した相手だけでなく、紹介した自分もマイルが貰えるので、加入したい人がいれば紹介しましょう。

海外旅行保険は自動付帯で最高5,000万円

ANA VISAワイドゴールドカードの旅行保険 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

海外旅行保険は自動付帯で5,000万円です。この部分は良いのですが、ケガ・病気の治療が150万円は若干寂しいです。

海外で治療をすると300万円とか500万円とか請求される事もあるので、額面が多いに越したことはありません。

海外旅行保険

項目 保険金額
死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害治療 150万円
疾病治療 150万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 100万円

 国内旅行傷害保険
国内旅行傷害保険も自動付帯になります。自動付帯はありがたいです。

項目 保険金額
死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院日額 5,000円
通院日額 2,000円
手術保険金 最高20万円

国内航空傷害保険がある

聞きなれない保険ですが、ANA VISAワイドゴールドカードには国内航空傷害保険が付いています。国内旅行傷害保険と、国内航空傷害保険は保険でカバーされる範囲が違います。

国内旅行傷害保険と国内航空傷害保険の2つがある

国内旅行傷害保険

旅行に行く際の公共の乗り物などでの傷害事故。宿泊ホテルが火災などを起こした際のケガ。パックツアーなどでの事故が該当。

国内航空傷害保険

出発地の空港の施設内での事故、搭乗中の事故、到着地の空港の施設内での事故が該当。

国内旅行傷害保険の方が広範囲でカバーしてくれる保険になります。

国内航空傷害保険

項目 保険金額
死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院日額 10,000円
通院日額 2,000円
手術 入院日額×倍率
(10倍、20倍または40倍)

国内航空便遅延保険も付いている

国内航空便遅延保険はハイクラスカードのみ付いている事が多いのでこのサービスは重宝出来ます。事前に旅費などをカードを支払う必要のある利用付帯になります。

名称 保険金額
乗継遅延 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能 1万円
手荷物遅延 1万円
手荷物紛失 2万円

今なら最大14,000マイル相当がもらえる

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費15,400円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISAワイドゴールドカードのデメリット

デメリット無しの最強カード

ANA VISAワイドゴールドカードの年会費は14,400円(税込)ですが、マイ・ペイすリボやWeb明細サービスを利用することで年会費を9,550円(税込)まで安く出来ます。

さらにこのカードは、マイル移行手数料の年会費6,600円(税込)が不要なので実質は3,550円(税込)で持つ事が出来る最高のクレジットカードです。

旅行保険も充実しているので、なんのデメリットもありません。

以上、年会費9,500円になる。ANA VISAワイドゴールドカードのメリット・デメリットのまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:年会費9,500円になる。ANA VISAワイドゴールドカードのメリット・デメリットのまとめ

このコラムにおすすめのカード

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費15,400円(税込)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.9

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

執筆者プロフィール

石崎 英司(いしざき えいじ)
石崎 英司(いしざき えいじ)
クレジットカード歴20年の専門家で、クレジットカードの券面の端の5ミリを見たら「何のカードか分かる」くらいのスペシャリスト。

今までにクレジットカードに関する記事を2,000記事以上公開。

クレジットカード・生命保険・年金などが得意分野。27歳から株を始め、株式投資も20年目のベテランでもある。

ANA VISAワイドゴールドカードのクチコミ&レビュー

  • 総合評価 5点中 5点の評価 30代/男性/会社員

    ANA VISA ワイドカードから切り替えました。やはり金色はカッコイイというのが印象です。
    マイル手数料が無料というのが嬉しいですね

Amazonギフト券がもらえる!
クチコミの投稿はこちら

ANA VISAワイドゴールドカードの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 原則として、満30歳以上で、本人に安定継続収入のある方
審査・発行 2~3週間
年会費(本人) 初年度 15,400円(税込)
2年目以降 15,400円(税込)
年会費割引
1.カードご利用代金WEB明細書サービスの利用し、年6回以上の請求で年会費 14,300円(税込)
2.マイペイす・リボ登録し、年に1回以上クレジットカード利用した時 年会費 11,550円(税込)
2つの割引サービス適用時(1.と2.) 年会費10,450円(税込)
年会費(家族カード) 初年度 4,400円(税込)
2年目以降 4,400円(税込)
年会費割引
マイペイす・リボ登録し、年に1回以上クレジットカード利用で年会費 2,750円(税込)
限度額 ショッピング 限度額 70~200万円
キャッシング 限度額 0~100万円
ETCカード 550円(税込)(初年度年会費無料)
年会費割引
年間1回以上のETCカード利用で翌年度年会費無料
締日 / 支払日 15日締め / 翌月10日払い
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス払い/リボ払い/分割払い
国際ブランド
  • VISA
  • Master Card

追加できるカード

追加カード ETCカード
家族カード

電子マネー

  • Edy
  • iD
  • PiTaPa

ポイントプログラム

ポイント還元方法 ANAマイル、VJAギフトカード、キャッシュバック、他社ポイント移行(楽天スーパーポイント、Tポイント等)、商品券他景品
ポイント付与率 200円=1ポイント
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 最長3年間

マイレージ

マイレージ移行先 ANA
マイル付与率 1P→2マイル
マイル還元率 1%
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 無料

付帯保険

海外旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高5,000万円
※自動付帯1,000万円+利用付帯4,000万円の合算額
傷害治療費用 最高300万円
疾病治療費用 最高300万円
救援者費用 最高500万円
賠償責任 最高5,000万円
携行品損害 最高50万円
海外旅行保険家族特約
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高50万円
国内旅行傷害保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高5,000万円
※自動付帯1,000万円+利用付帯4,000万円の合算額
入院費用 5,000円/1日
手術費用 最高20万円
通院費用 2,000円/1日
国内航空傷害保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高5,000万円
入院費用 10,000円/日
手術費用 最高40万円
通院費用 2,000円/1日
ショッピング保険 最高300万円/90日間(自己負担額:3,000円)
その他 ・紛失・盗難補償(紛失・盗難による不正使用を補償)
・空港ラウンジサービス

このページをシェアする

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を解説します

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を徹底解説

ポイントのコラム

三井住友カードで貯めたVポイントの1番おすすめの交換先を紹介します。さらにVポイントの有効期限やポイント交換時の注意点も詳しく解説します。 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

マイルのコラム

JALカードコラムのまとめ

JALカードコラムのまとめ

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説

SiteLock