クレジットカードの還元率の計算方法!

クレジットカードの還元率の計算方法!

Photo by Tracey Mahler

クレジットカードのポイントを分かりやすく解説

クレジットカードで買い物をする際に、現金払いより1番得をする事。それはポイントです。

「なんとなく分かるけど、いまいち分からない」というユーザーも多いのではないでしょうか。
クレジットカードを賢く使うため、ポイントの還元率の計算はとても大事になります。

ポイント還元率の計算方法

では、1番簡単な楽天カードで計算をしてみます。楽天カードは100円で1ポイントつきます。この1ポイントは1円として使うことが出来ます。

1ポイントの価値は1円となります。

よって、「1円(1P)」 ÷ 「100円の決済」=0.01なので還元率は1%

楽天カードは、1ポイント=1円と宣言してくれているので、計算方法もすごく簡単に出来ます。

この「1ポイントの価値」がコツで、還元率を出す時には必ず「1ポイントの価値」が分からないと計算する事が出来ません。

クレジットカード会社の多くは「1ポイントの価値」を宣言してくれていないので、面倒ですが自分で計算するしかありません。

一度JCBで計算してみます

JCBは1,000円ごとに1ポイント貯まるので、JCBギフトカード 5,000円分と交換するには1,000ポイント必要です。

まず「1ポイントの価値」を計算してみます。

5,000円分÷1,000ポイント=5円になります。これで1ポイントが5円の価値があるのが分かりました。

よって、5円÷1,000円=0.005なので、還元率は0.5%になります。銀行系は還元率0.5%というのがほとんどになります。還元率の目安として1%以上ならOKでそれ以下は還元率が低いお考え下さい。

ポイントは知っている人が得する仕組み

クレジットカードのポイントシステムとは?

大多数のクレジットカードには、決済金額ごとにポイントがつきます。ポイントが貯まると、商品や商品券などと交換できます。現金払いにはないカード払いのお得なシステムです。

カードのお得度を見る重要項目はポイント還元率です。例えば0.5%と1.0%の還元率では、2倍の差になってしまいます。見た目は小差ですが、実は大きな差になってしまうのです。

では、どのくらい差が出るのか実際にシュミレーションをしてみます。

【1,000円分の商品券を獲得するために使う金額】

・還元率0.5%の場合

1,000÷0.005=200,000=20万円

・還元率1%の場合

1,000÷0,01=100,000=10万円

どうでしょうか。

1,000円の商品券をゲットするためには、還元率0.5%と1.0%で10万円の差が出てしまいます。わずか0.5%の差でこの金額差は、決して小さいとは言えませんよね。だからこそ、知っている人は、ポイント還元率1.0%以上のカードを所有しているのです。

メインカードには年会費無料の還元率1%以上のカードがおススメ

例えば公共料金、食料品など日常生活費をクレジットカード決済すると、ポイントが加速度的に貯まります。

決済にポイント還元率が1%以上、かつ年会費無料のカードを使うと、お得度が増します。そんな都合の良いカードって…、実はあります。

ポイント還元率1%以上で年会費無料のカード

カード名 還元率
ビックカメラSuicaカード 1~1,5%
楽天カード 1~2%
オリコカード THE POINT 1~2,5%
Yahooカード 1~3%
REX CARD 1,5~2.5%

これらのクレジットカードは、かなり人気があります。Yahoo!JAPANカードや楽天カードは、自社のショッピングサイトを利用すると、さらにポイントが加算されます。

このほか、キャンペーン時での利用などでもポイントが加算されます。ちなみに、ステータスカードと言われるアメックス、ダイナースクラブ、銀行系のカードは、ポイント還元率が0.5%前後です。これらのカードはサービスに特化しているため、総じてポイント還元率が低めになっています。

還元率が2%以上のクレジットカード厳選5枚 還元率2%以上のクレジットカードのまとめ クレジットカードを選ぶ基準として、注目する1つにポイント還元率があります。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%が相場で、1%となると高還元率、1.5%などになると超高還元率のカードになります。今回は、還元率2%以上になるクレジットカードとその条件を探してまとめてみました。 この記事を読む 2019年度【保存版】年会費無料のおすすめのクレジットカードはこれ! 年会費無料のおすすめのクレジットカード 2019年度版の「おすすめクレジットカード」を集めました。それぞれ特徴が違いますが、年会費無料、高還元率、マイルが貯まる、特定の店舗でポイントが一気に貯まる、旅行傷害保険が付いているなど特典の多いおすすめのクレジットカードをまとめました。 この記事を読む

クレジットカードの還元率の計算方法のまとめ

クレジットカードは、賢く使えば得するシステムがいっぱいです。数字が出てきてややこしいですが、まずポイント還元率をしっかり頭に入れるだけでも、カードに対する見方が変わってきます。還元率の計算も一度覚えてしまえば簡単です。

今、お持ちのカードを見直してください。複数枚のカードを所有している方なら、ぜひとも見直しをおススメします。

ポイント還元率1.0%以上で年会費無料をキーワードに、あなたに最適な1枚を見つけてください。

考えるのが面倒な人は楽天カードオリコ・ザ・ポイントを持ちましょう。年会費無料で高還元率なので「おすすめのクレジットカード」になります。

以上、クレジットカードの還元率の計算方法!のまとめでした。

このコラムにおすすめのカード

オリコカード ザ ポイント

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

Yahooカード

満足ポイント 4.9

年会費無料
還元率1.0%~3.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

クレジットカードの作り方

【初心者】クレジットカードの作り方を簡単解説!2019年版

Amazon・楽天のコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

ポイントのコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

マイルのコラム

マイルカードとポイントカードのどっちがいい?

クレジットカードを作る時にマイル系カードとポイント系カードで悩んでいます

空港のコラム

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

ゴールドカードのコラム

アメックスって誰でも作れる?

アメックスグリーンは誰でも作れる?カードの特典とアメックスの審査を分かりやすく解説

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

学生のコラム

学生にメリットのあるクレジットカード

今年から大学生。どんなクレジットカードを作れば良いでしょうか!最新トリセツ。

その他のコラム

paypay(ペイペイ)の使い方とメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)とは?これから使う人は必見です。ペイペイのメリットとデメリット