これがアメックスの魅力!

これがアメックスの魅力!

アメリカンエキスプレスカード。通称「アメックスカード」はクレジットカードの中でも人気のあるブランドです。

クレジットカードの格付けでは、高所得者向けのカードが上位を多く占めており、アメックスのカードはダイナースなどと並んでハイステータスのカードです。そんなアメックスの魅力を今回は簡単に紹介していきます。

日本のアメックスは、セゾン系とアメックス本家の2種類

日本で発行されているアメックスカードは、アメリカン・エキスプレス社が独自に発行している「オリジナルのカード(プロパーカード)」と、信販会社のクレディセゾンと「アメリカンエキスプレス」が提携して発行している「セゾン・アメックスカード」の2種類が存在しています。

「セゾン・アメックス」と「本家アメックス」の違いは明確で、セゾン・アメックスの方が年会費も安く、審査にも通りやすいので所有しやすいという点がありますが、格付けでは圧倒的に本家アメックスの方が上です。

しかも本家で手に入るアメックスは、「アメリカン・エキスプレス・カード」と「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」の2枚だけですごくシンプルです。「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」やブラックカードの「センチュリオンカード」はインビテーション(招待制)なので、申し込んでも手に入れることは出来ません。

【本家アメックスの発行しているラインナップ】

カードフェイス カード名 年会費
これがアメックスの魅力!1
アメリカン・エキスプレス・カード 12,000円
(税別)
これがアメックスの魅力!2
アメリカン・エキスプレス・ゴールド 29,000円
(税別)
これがアメックスの魅力!3
プラチナカード
(インビテーション)
13万円
(税別)
これがアメックスの魅力!4
センチュリオンカード
(インビテーション)
35万円
(税別)

セゾンはどちらかというと、アメックスブランドを残しながらも、一般向けのカードになった「廉価版(れんかばん)」といったイメージです。

値段的にも、本家アメックスのカードの最低ランクである「アメリカンエキスプレスカード(グリーンカード)」は12,000円(税別)ですが、セゾン・アメックスだと入門向けカードの「セゾンパール・アメックス」などは年会費実質無料で利用することができます。

セゾン・アメックスの「ゴールドカード」の年会費が10,000円(税別)なので、本家アメックスの最低ランクカードはセゾン・アメックスのゴールドカードよりも高いカードなのです。

「グリーンカード」と「セゾン・アメックスゴールド」はほとんど同格のクレジットカードですが、旅行サービスや苦情受付など、全体的なサービスの質などはアメックスのグリーンカードの方が高いようです。

ですから、最高のサービスを求める人はアメックスカードを利用するようです。

一般カードがゴールドカードクラスのアメックスカード

アメックスのステータス

最低ランクのグリーンカードは、他のゴールドカードよりも高いステータスを持っています。もうここまで来れば、1つだけ違うエンジンを積んだクルマみたいなもんです。

また、そのステータス面だけでなく、実際のサービスもその値段に見合った質の高いサービスを受けることができます。その例を少しあげてみます。

プライオリティパスで豪華な空港ラウンジが利用可能

「プライオリティパス」があれば一般向けとは違う、本来は有料の航空会社の上級会員やビジネスクラスやファーストクラス向けのラウンジに入る事が出来ます。空港によっては普通のラウンジが代替ラウンジとしてあてがわれる事もあります。

年会費が1万円ほどのゴールドカードは、一般向けの休憩所のようなラウンジになり、ソフトドリンクが飲み放題という程度になります。

プライオリティパスで利用できるラウンジは、アルコールも飲み放題、食事も無料で食べ放題となっていますし、ソファやテーブルも質が全く違います(すべてではありません)。

別件になりますが、「楽天プレミアムカード」(年会費10,000円、税別)もプライオリティパスが無料でもらえます。

【プライオリティパスの年会費】

会員クラス 年会費 ラウンジ利用料
1回につき
同伴者
利用料金
スタンダード会員 99ドル 27ドル 27ドル
スタンダードプラス会員 249ドル 10回まで無料
以降27ドル
27ドル
プレステージ会員 399ドル 無料 27ドル

なお、アメックスグリーンは、残念ながら「スタンダード会員」になります。アメックスゴールドも「スタンダード会員」ですが、年2回まで無料で使うことができます。

「空港ラウンジ」が同伴者1名まで無料で使えるクレジットカード  「空港ラウンジ」が同伴者1名まで無料で使えるクレジットカード 意外にも「ゴールドカード」だと空港ラウンジを使えるのは自分だけで、同伴者は有料というのが多かったします。今回は年会費が安いのに「同伴者も無料」というカードを紹介します。 この記事を読む

日本国内で「プライオリティパス」で入れる空港は4つだけ

国内で「プライオリティパス」で入れるラウンジは4つしかありません。成田、関西、中部、福岡の4空港のみです。

成田などで使えるのは「空港ラウンジ事業」を運営している会社のラウンジで、ハイステータスの「航空系ラウンジ」ではありません。ビールは最初の1杯だけ無料でつまみは「柿の種」とか。あとはすべて大韓航空のラウンジになります。

「大韓航空ラウンジ」も、もちろん航空会社のラウンジですので、本来はそれなりの人しか入れませんが、海外の他の航空会社の用意したラウンジと比較すると若干、質が落ちます。

なぜ大韓航空?と思うかもしれませんが、大韓航空が「プライオリティパス」と提携しているからになります。「ANA」や「JAL」は「プライオリティパス」と提携していないので、「ANAラウンジ」や「サクララウンジ」を開放しておりません。

どちらかというと、日本の場合は「ANAラウンジ」と「サクララウンジ」しかハイスペックな感じがないので、その他は休憩所扱いです。

  利用者 密度 食事
カードラウンジ 庶民 休憩所
(満員で入れない事も)
なし
航空会社ラウンジ 裕福 時間別で混む事も
(基本はストレスなし)
豪華

食事に関しては、「ANAラウンジ」「サクララウンジ」でそれぞれ、中に入るとさらに階級層に分かれているのでハイスペックな方を基準に書いています。

これが、プライオリティパスの実力。実はすごかった

ラウンジで混同している人もいると思うので確認ですが、「プライオリティパス」を持っていれば、航空券が違っても、プライオリティパス社と契約している航空会社のラウンジに自由に入る事ができます。イメージで言いますと、JALチケットでANAラウンジに入れるとお考え下さい。

話を戻します。海外はわりと違って「プライオリティパス」で入れるラウンジは「航空系ラウンジ」も多く、当りを引けばハイスペックなラウンジでゆっくりできます。もちろん食事も豪華です。

下の写真は、シンガポール・チャンギ国際空港の第1ターミナルにある、AIRPORT WELLNESS OASIS(エアポート・ウェルネス・オアシス)です。

ここでは、フィッシュスパが無料で使えます。(足をプールに浸すと魚が寄ってきて、足にある老廃した皮膚を食べ、皮膚が綺麗になり足の皮膚がツルツルになるお魚さんのマッサージ)

これがアメックスの魅力!5

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の写真はチャンギ国際空港の「プライオリティパス」で入れるラウンジです。

チャンギ国際空港は、「プライオリティパス」で入れるラウンジが11個もあります。さすがに東南アジアのハブ空港と言われるだけあります。

もちろん、食事もシャワーも仮眠室もすべて無料です。

これがアメックスの魅力!6

「プライオリティパス」の文章が多く、話が脱線になりましたが、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」があれば、「プライオリティパス」が無料で付いてきます。

荷物を無料で届けてくれるサービス

旅行の出発時、重たい荷物を空港まで運ぶのが面倒な時もあります。アメックスのグリーンやゴールドカードを持っていれば、旅行の際に自宅から空港まで、帰国時に空港から自宅までそれぞれスーツケース1つを無料で届けてくれる手荷物無料宅配サービスを受けることができます。

また、駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ゲートから駅改札口からバス停まで荷物を運んでもらうこともできます。

保険や保証が強い

海外旅行・国内旅行保険での保険も手厚く、ショッピングやオンラインショッピングで損害を被ったときも全額補償サービス付きです。また、他社にはない購入品の返品保障というサービスもついています。

24時間日本語対応のグローバルホットライン

アメックス以外のたいていのクレジットカードにもトラベルデスクはありますが、その数は少なくあまり期待できたものではありません。

ところが、アメックスのカード会員は、現地のトラベルデスクから現地の観光情報や天気情報の詳細を知らせてもらうことができ、各種のツアーチケットの手配や車の手配などといったサービスを全て日本語で頼むことができます。

盗難やチケット紛失などのサポートも受けることができます。海外で困ったときはグローバルホットラインを利用するとすぐに解決することができるのです。

これがアメックスの魅力!のまとめ

アメックスはもともと運送運輸会社がクレジットカード業界に乗り込んできた会社で、旅行を含めた海外の移動にとてつもなく強いカードです。

「グローバルホットライン」など海外旅行に出たときに特に力を発揮します。サービスをフルに利用すれば、旅行に行く際、荷物をほとんど持つ必要はありませんし、空港についたらまた荷物を運んでもらい、ラウンジでVIP待遇を受けることができるといったように、終始セレブな気分を味わうことができます。

年間12,000円(税別)を払って「アメックスのグリーンカード」を持つだけで大人のゴージャスなステータスを感じることができるのです。

JALの「サクララウンジ」に入る方法! どうやればJALの「サクララウンジ」に入れるのか!? 「サクララウンジ・・・」響きの良い言葉です。 どうすれば、この「サクララウンジ」が利用できるのか!? もちろん普通のクレジットカードでは利用は出来ません。ゴールドカードを持っていても 利用出ません。普通のゴールドカードなどで入れるのは「カード会社提携のラウンジ」のみになります。 この記事を読む プライオリティ・パスが無料付帯カードのまとめ プライオリティ・パス付帯カードのまとめ 「プライオリティ・パス」があれば、ラウンジ内での食事、アルコールも無料で利用が出来ます。そんな「素晴らしいカード絶対欲しい!」となりますよね。クレジットカード次第では、自動で付帯されるカードが何枚かあります。今回はそのクレジットカードを紹介します。中には誰でも簡単に手に入れる事の出来るカードもあります。 この記事を読む ANAマイレージをJALマイレージに交換する方法!マツキヨ版 ANAマイレージをJALマイレージに交換する方法!マツキヨ版 マツキヨルートで変換できる手法を検証。方法として「マツキヨルート」の最新版があります。 決して、換算率が良いとは言えませんが、有効期限が到来してANAポイントが消滅するよりはいいです。 手順を詳細に説明しております。 この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)

満足ポイント 4.6

年会費12,000円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

満足ポイント 4.8

年会費29,000円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ダイナースクラブカード

満足ポイント 4.9

年会費22,000円(税別)
還元率0.4%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


おすすめ比較特集