「ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」を利用するには?


出発前の空港で優雅な気分にしてくれるもの。それが空港のラウンジになります。今回はゴールドカードがあれば利用できる空港ラウンジではなく、ワンランク上質なサービスを提供している「ANAラウンジ」の利用条件を紹介します。

ANAのラウンジサービスは「ANAラウンジ」と超VIPな「ANAスイートラウンジ」の2種類があります。もし使えるのであれば「なんとかして入りたいANAラウンジ」です。

2017年「ANAラウンジ」お試しキャンペーンが延長! 2017年 ANAラウンジお試しキャンペーンが延長! 「ANAラウンジ」のお試しキャンペーンがズルズルと延長されています。キャンペーン搭乗期間は「2017年6月30日」までになります。 月に3回乗れば「ANAラウンジ」が無料で使えますので、飛行機に乗る予定がある人は、うまく... この記事を読む

「ANAラウンジ」の設置空港とその内容

ANAラウンジは成田、羽田や関西空港含め全国15箇所の空港に設置されています。国内線のANAラウンジは、国際線と比べるとサービス面での充実度は若干落ちます。

国内線ANAラウンジ

国内線ANAラウンジ 設置空港
  • 成田空港(国内線出発ラウンジ)
  • 羽田空港
  • 関西空港
  • 伊丹空港
  • 新千歳、仙台、小松、岡山、広島、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇空港
  • 名古屋(中部)空港は「セントレア エアライン ラウンジ」を代替利用

「国内線ANAラウンジ」で利用できるサービスはドリンク、アルコール、おつまみの無料サービス、シャワーサービス。そしてフリーのwifiサービスが主です。ブースなどはパーソナルスペースに区切られているモノもあるので、毎回の待ち時間のリラックスタイムに利用するのには十分な環境といえます。

無料の食事サービス等はありません。あってもおつまみ程度です。正直なところ、「うどん」や「おにぎり」なども食べたいです。

「食べたいのなら、街中のうどん屋さんに行けばいいじゃんか?」と思われますが、違うのです。ANAラウンジで、うどんとおにぎりが食べたいのです!。

国際線ANAラウンジ

国際線ANAラウンジ 設置空港
  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 関西空港
  • 名古屋(中部)空港は「スター アライアンス ラウンジ」を代替利用

全世界45空港を網羅する「国際線ANAラウンジ」は、国内線ラウンジとは異なり、軽食サービスが充実しています。当然ですが「国内線ANAラウンジ」にあるものは「国際線ANAラウンジ」にはすべてあります。

食事メニューは、国内線より大幅にグレードアップします。特に日本を出発前の軽食はカレー、おむすび、うどんなどが揃っており、最後の日本食として長旅のスタートを切るのにふさわしい内容となっております。

ANAラウンジ

ラウンジは国内線より、国際線の方がかなりレベルが高くなっています。

  • 国内線ANAラウンジ:時間によっては混んでいて、食事はナシ
  • 国際線ANAラウンジ:内装もゴージャスで、食事が無料でいろいろ用意されている
三井住友VISAカードの簡単まとめ 三井住友VISAカードの簡単まとめ 「三井住友VISAカード」は、いろいろ種類があります。今回、いざ作る時に、どれにしようか迷う人のために、簡単にまとめてみました。 この記事を読む

ANAラウンジを利用するには?

気になる利用条件ですが、ゴールドカードさえあれば利用できる「カードラウンジ」とは異なり、航空会社が用意しているラウンジは選ばれし人達だけが利用できるようになっています。ANAラウンジを利用する場合は以下の条件のどれかが必要になります。

①「ANAプレミアムメンバー」である

②「ミリオンマイラー」で「Lounge Access Card」を持っている

③以下の搭乗クラスである
 ・国内線:プレミアムクラス
 ・国際線:ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー

④「ANAカードプレミアム」のどれかを持っている
 ・ANA JCBカード プレミアム(年会費70,000円,税別)
 ・ANA VISAプラチナプレミアムカード(年会費78,000円,税別)
 ・ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード(年会費150,000円,税別)
 ・ANA ダイナースプレミアムカード(年会費155,000円,税別)

⑤「スターアライアンスゴールドメンバー」になる

⑥「ANA SUITE LOUNGE利用券」を入手する(ANAラウンジも兼用)
 (ヤフオク等のオークションでも購入可能で約7,000~9,000円で手に入ります)

⑦「ANA MY CHIOCE」を利用し、3,100円を支払う
 (成田、羽田空港のラウンジのみ)

⑧スーパーフライヤーズカードを持っている

この中で1番簡単なのは7番の利用券購入です。それ以外は取得にお金がかなりかかります。

「ANA JCBカード プレミアム」(年会費70,000円,税別)を所有していると、マイルの貯まり方も区間マイルの50%ボーナスで貰えます。さらにグルメ・ベネフィット(JCB指定の高級料理店で1名分無料)やコンシェルジュサービスも付いているので、他にも付加価値があるのですが、残念ながらこのカードを保有でもカード本人しかANAラウンジが使えません。同伴者は有料になってしまいます。

ゴールドカードでは利用できないのが「ANAラウンジ」です。たしかに誰もが押しかけてラウンジが満員になると「ファーストクラス」のチケットの人は怒りますよね。

しかし利用条件が厳しい分、カードラウンジとは比べ物にならないサービスとリラックス空間を約束してくれます。

初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ 初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ ひとくちに「ANAカード」と言ってもかなりの種類があります。実際、多すぎてどれを選べかいいのか!?迷いますよね。今回はANA一般カードからプラチナカードまで簡単に分かりやすく紹介してます。 この記事を読む 「空港で出てくる預けた手荷物の順番」があるって知ってました? 「空港で出てくる預けた手荷物の順番」があるって知ってました? プライオリティタグは「速達」の証。座席のクラスによって着陸後の手荷物を優先して、早く出してくれるサービスです。順番は以下になります。「ファーストクラス」「ビジネスクラス」「マイル上級会員」「エコノミー」。狙うは「マイル上級会員」になります。 この記事を読む

「ANAラウンジ」より格上の「ANAスイートラウンジ」

「ANAラウンジ」でもハイレベルなのですが、さらにその上を行くのが「ANAスイートラウンジ」になります。現在「ANAスイートラウンジ」があるのは全国で4空港のみになります。

国内線 羽田空港
伊丹空港
那覇空港
国際線 羽田空港
成田空港

「ANAラウンジ」よりもゴージャスなシャワールームに高級アメニティ、そしてリクライニングシートなどのリラックス空間が広がります。また席の間隔がより広めに取っているので、「ANAラウンジ」よりさらにセレブ感があります。

「ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」を利用するには?1

食事サービスも寿司、サンドイッチ、丼物や麺類、サラダ、スイーツなどがあらゆるものが充実しており、世界最高峰のサービスとセレブリティーな空間を実感できます。

羽田空港では、深夜便を利用する人を対象にレストラン”DINING h”が用意されており、従来のビュッフェ形式での食事に加え、”DINING h”限定の和食・洋食のアラカルトメニューが食べれます。

常駐するシェフが注文をしてから調理をするために、できたての温かい料理が出てきます。レストラン専属の係員が常駐し、ANAとして初めての本格的なレストラン形式でのサービスとなります。(羽田空港のANA SUITE LOUNGEのみフルコースメニューが用意されています)。

レストラン専属のスタッフって、セレブ過ぎてANAさんすごいです。

「ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」を利用するには?2

10,000マイル貯めるのに必要な金額っていくら? 10,000マイル貯めるのに必要な利用金額っていくら? 100万円?!って驚かれた方もいらっしゃるかと思いますが、家賃がこのクレジットカードで使用することができるのであれば、1年間でかなりの金額行きます。 この記事を読む

「ANAスイートラウンジ」を利用するには?

「ANAラウンジ」の利用条件はガックリ来るほど厳しいのですが「ANAスイートラウンジ」の利用条件は以下のとおりで、さらにハードルが上がります。

①ファーストクラスのチケットを持っている。
②ANAのダイヤモンド会員
③ミリオンマイラー保有者(200万マイル)
④ANA SUITE LOUNGE利用券を入手する(ヤフオクで約9,000円くらい)

①は10年に1回の贅沢で。②③はありえない壁の高さです。やはり④狙いになります。

ツイッターの画像はご本人様の承諾を得て掲載をしております。

ANAの「プレミアムクラス」って何?細分化された国内線のクラスを解説 ANAの「プレミアムクラス」って何?細分化された国内線のクラスを解説 最近の航空会社は上級客の取り合いになっています。上級クラスは「搭乗前」から格別のサービスを受け、「空」の上での食事サービスも全く違って来ます。「ANA」と「JAL」に分けて解説をしてみました。 この記事を読む 一番かっこいいクレジットカードは何? 一番かっこいいクレジットカードは何? 人によって個人差があると思いますが、私が一番格好いいと思うクレジットカードは「JCBのTHE CLASS」です。THE CLASSはJCBが発行しているカードの中で、最もランクの高いカードです。 この記事を読む 一番得するマイルの使い方を知っておく 一番得するマイルの使い方を知っておく ポイント交換?ギフトカードと交換? 航空券と交換?座席のグレードアップ。どれが一番得かを紹介します この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

ANA VISA 一般カード

満足ポイント 4.2

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.3

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA ワイドカード

満足ポイント 4.1

年会費7,250円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

VIASO(ビアソ)カード

満足ポイント 4.6

年会費無料
還元率0.5%~1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


おすすめ比較特集