還元率2%以上のクレジットカードのまとめ


クレジットカードを選ぶ基準として、注目する1つにポイント還元率があります。

還元率1%の場合、100万円使ったら1万円分のポイントがキャッシュバックされます。中身としては商品券や電子マネーなどに交換して利用することができます。

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%が相場で、1%となると高還元率、1.5%などになると超高還元率のカードになります。中には、提携しているサービスをうまく併用することで、2%を超える還元率になるカードが存在します。

今回は、還元率2%以上になるクレジットカードとその条件を探してまとめてみました。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

還元率2%以上のクレジットカードのまとめ

オリコカード ザ ポイントは年会費無料。基本還元率は1%ですが、新規入会から6カ月間は基本還元率が2%になります。
加えて、「オリコモール」というサイトを経由してAmazonや楽天などの提携サイトからお買い物をすることで、更に加算ポイントを受け取ることができ、還元率はぐっとアップします。一例をあげるとAmazon利用で還元率が2%になります。

楽天市場を利用で還元率は3.0~17.5%にもなります。オリコモールと提携しているサービスや店舗は600を超え、ほぼ網羅していないサービスはありません。ホテルの予約からレンタカーサービスまで全てオリコモールで探すことができ、それに応じたポイントが還元されます。

ネットショッピングを多用する方には最強のカードです。
貯まったポイントはAmazonギフト券やiTunesギフトコードに即時交換ができ、すぐに使うことができます。ポイントの使いやすさでも「オリコカード ザ ポイント」はオススメです。

P-one Wiz

還元率2%以上のクレジットカードのまとめ2

P-one Wizは年会費無料のリボ払い専用カードになります。リボ専用カードですが、カード到着後に「ずっと全額コースの登録」に変更すれば普通のカードと同じように使うことが出来ます。

基本ポイント還元率は0.5%というカードですが、このカードの最も素晴らしい点は、カードを使った金額から1.0%の割引きで請求がされます。

つまり、月に10万円分カードを使ったとすると、9万9,000円の請求になります。そこに0.5%のポイントが加わるので、実質的な基本ポイント還元率は1.5%です。

オリコカード ザ ポイントと同じく、入会して6ヵ月間はポイントがアップします。しかもその倍率は3倍で、合計の基本還元率は2.5%にもなります。

また、オリコカードと同じく「P-oneモール」を経由してネットショッピングをした場合、追加のポイントが加算されます。例えば「P-oneモール」を経由してYahoo!ショッピングで10,000円以上のお買い物をした場合、Yahoo!ストアのポイント1%+「P-oneモール」経由ポイント1.5%+基本還元率2.5%と合計5%分のポイントを獲得することができます。

Yahoo! JAPANカード

還元率2%以上のクレジットカードのまとめ3

Yahoo! JAPANカードは年会費無料で基本還元率1%のカードです。ヤフーショッピングを使うと、基本還元率+加算ポイント2%で合計3%の還元率になります。

また、5の付く日にポイントが5倍になる「5の付く日キャンペーン」と併用ができるので、Yahoo!ショッピングとLOHACOを利用すると、ポイントは最大8%の還元率になります。

貯まるポイントはTポイントで使い道が広くオススメです。

「Yahoo! JAPANカード」がすごい理由
「Yahoo! JAPANカード」がすごい理由

新しく出たYahoo! JAPANカードは、Tポイントを効率よく貯められる仕様になっており、ポイント還元率も1%となって様々な雑誌などで取り上げられる人気カードになりました。そんなYahoo! JAPANカードのメリットをご紹介します。

この記事を読む

楽天カード

還元率2%以上のクレジットカードのまとめ4

おなじみ、高還元率の代表的なカードで、年会費無料、基本還元率1.0%です。

「楽天市場」でカード決済をすると基本還元率に加えて2.0%分のポイントが加算されるのですが、実はどのカードでもポイントが加算されるといった状況で、実際には還元率が1.2%などのリクルートカードを利用した方がお得でした。

しかし、2016年の1月から始まった「スーパーポイントアッププログラム」によって、楽天カードからの支払いを選択すると、ポイントが4倍~7倍になるという楽天カードにとてつもない優位性が生まれました。このキャンペーンは常時開催で今のところ、終了は予定されていません。

楽天カードは、まぎれもなく最強カードといえます。

初めてのクレジットカードは何がいい?
初めてのクレジットカードは何がいい?

日本国内だけでも1,000枚以上のカードが発行されている現状、初めて持つカードはどんなカードが向いているのか情報が多すぎて大変です。そこで、今回は照準を絞って分かりやすくまとめてみました。選ぶポイントは「多方面で使えるか!」「ポイントがお得に貯められるか」です

この記事を読む

まとめ

基本還元率が2.0%という高還元率のカードは年会費有料(2,000円)の「リクルートカードプラス」がありましたが、2016年の3月で申し来み終了となってしまいました。その他のカードでお得にポイントを貯めるのであれば、上記のカードを利用すると、還元率は2%を大きく超えてきます。

今回のカードを選んだ基準は「いかに使い方が幅広いか」という点で選定しています。確かに「タカシマヤカード」を使って高島屋でお買い物をすると8%の還元率になりますが、他で利用した際には基本還元率である0.5%です。

ヤフーショッピングや楽天市場では様々なショップが出店しており、ほぼ探せないものはありません。生活用品や雑貨品などを基本的にネットショップに切り替え、上記のカードを利用することが還元率をぐんぐん上げるコツと思います。

このコラムにおすすめのカード

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

満足ポイント 4.9

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

P-one Wiz

満足ポイント 4.0

年会費無料
還元率1.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

Yahoo! JAPANカード

満足ポイント 4.2

年会費無料
還元率1.0%~3.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー
</


おすすめ比較特集