「プラチナカード」と「プレミアムカード」どっちが上?

「プラチナカード」と「プレミアムカード」どっちが上?

photo by Richard Moross

出来る男にバリバリのキャリアウーマン。

ブランド物の財布から、キラキラ輝くステータスカードを取り出したら。
とってもカッコイイですね。

普段使いに「永年無料のクレカ」をこよなく愛しても、やっぱり心のどこかで憧れるプラチナカード。ゴールドなんか飛び越えて、社会的ランクをこれ見よがしに見せつけるプレミアムカードをさり気なく使ってみたい。

「あれっ、プラチナカードとプレミアムカードって何が違うんだろう?」

今回はそんな素朴な疑問を紐解いていきます。

プラチナカードとプレミアムカードの違い

・プレミアムの定義は非常に曖昧

プレミアムという意義は、つまり「プレミアムな人々」が持てるカード。

意味としましては、下記のような感じになります
・上質な、上等な
・割高の

言い換えるとクレカを常に愛用し、クレジット会社に多大な利益を与える高属性の人々が持てるクレカの総称をいいます。

「楽天カード」や「ファミマカード」はプレミアムとは言えず、一般的にゴールドカード以上の属性のことを指します。

実際、「ダイナースクラブ プレミアムカード」というのがあります。
このカードの立ち位置は「ブラックカード」になります。

大きく見ますと、「ブラックカード」「ブラチナカード」も「プレミアムカード」というククリに収まります。
非常にあいまいな言葉ですので、じゃー「ゴールドカード」はどうなんだ?となりますが、ゴールドカードは今は昔と違って、ありがたみがありませんので「プレミアムカード」とまで言えないと判断します。

カード発行会社や国際ブランドによって、審査もインビテーションシステムも異なる為、カードが黄金に輝いているから=高属性のプレミアムとは言い切れません。

ややこしいですが、基本、「プレミアムカード」というのは、ゴールド以上の属性のカードだということを覚えておいて問題ないかと思われます。

気になるぞ!プレミアムカード招待の基準

・一番緩いプラチナカードはこれしかない!

もはやゴールドカードは普通に働いて、普通にクレヒスを積んでいけば誰でも取れる時代になってきました。

しかしプラチナは腐ってもプラチナ、シルバーっぽく見えますがやっぱりプラチナホルダーは群を抜いて少なくなるのが現状です。

インビテーションがなくても作れるプラチナカードは一概に年会費が安く(2万円とか全然手が届くレベル)、プラチナ上級カードに比べるとサービスが劣るのが特徴と言えます。

ゴールドじゃ満足できない!でもインビテーションなんて無理という方には、登竜門として「セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード」と「エポスプラチナカード」をおすすめいたします。

クレディセゾンの「セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード」は、本家アメックスと比べ年会費審査も格段に低く、年収が300万~ら500万で拾得可能と言われています。

反対にエポスプラチナカードは招待制ですが、エポスカードからゴールドへの招待が年間20から50万のショッピング利用で移行可能。

そしてゴールドからプラチナへは年間約100万で招待が来た方も少なくありません。
どうしてもプラチナの4文字が欲しい方は、難しいことを考えずこの2枚のカードを目指してみましょう。

・あれっ、ブラックカードって?

あれっ、なにか一つ足りない!
そうです!ブラックカードの存在を忘れちゃいけません。

ステータス的にはプラチナカードの上を行く最高の属性を誇るカードです。
クレカ属性ピラミッドの頂点を極めるブラックは、セレブ中のセレブにミリオネラしか持てないそんなカード。

日本では「Visa Infinite カード」や「JCBザ・クラス」などが知られており、プラチナ以上に幅のあるサービスはもはや庶民の常識的範疇を逸脱しています。

勿論ブラックはプラチナ以上に審査基準は厳しく、年齢や年収、クレヒスなども重要になり、年収は最低1,000万以上必要と言われています。

☆楽天ブラックカードはなかなかレアと言われていますが、実はマスターのプラチナ扱いのカードだそうでブラックではない模様。

アメックスブラックカードの凄さを知った! アメックスブラックカードの凄さを知った! ブラックカードといえば、やはり王道がアメックスのセンチュリオンカードです。他のカードに比べて年会費などは高いですが、それだけ多くのメリットがあるブラックカードです。選ばれし者が持てるこのカードのメリットを詳しくご紹介します。 この記事を読む

やっぱりアメックスセンチュリオンが最高峰

クレカの王様つまるところ、持っているだけで羨望の眼差しを向けられる最高のカードとは何なのか?

この究極の答えはやはりコレでした。
天下のお金持ちだけが持てるアメックスはセンチュリオンカード。
年会費は367,500円、そしてどんな願いも叶えてくれる専用コンシェルジュに、利用限度額∞というブラックの中のブラックこそがアメックスセンチュリオンなんです。

勿論インビテーションのみで入会が可能。
日本においても某占い師の先生や有名音楽家など多くの著名人がカードホルダーとして名を連ねています。

幻のパラジウムにチタンカードって何?

センチュリオンが一番と言っておきながら、実はアメックスにはチタンカードなるものが存在しています。

プラスチックのペラッペラカードではなく、メタリックに輝くチタンが採用された希少カード。機能としてはセンチュリオンと変わりはありませんが、希望を出せばチタンカードに変更可能だそうな。初年度年会費は90万超えという……

またJPモルガンは「パラジウムカード」なるVISAカードを発行しています。
しかし拾得難易度はセンチュリオン以上と言われ、個人資産が3,000万ドル以上というとんでもない属性が必要です。

スタイリッシュに輝くレアメタルなパラジウムカード、その威力はブラック同等しかしそれ以上に希少価値が高すぎるカードなのでした。

「空港で出てくる預けた手荷物の順番」があるって知ってました? 「空港で出てくる預けた手荷物の順番」があるって知ってました? プライオリティタグは「速達」の証。座席のクラスによって着陸後の手荷物を優先して、早く出してくれるサービスです。順番は以下になります。「ファーストクラス」「ビジネスクラス」「マイル上級会員」「エコノミー」。狙うは「マイル上級会員」になります。 この記事を読む

まとめ

ピンからキリまで存在しているクレカも、こうして段階を追って偏差値化してみると面白いですね!

普通の生活で「プラチナカード」「ブラックカード」を所有することは簡単ではありませんが、いずれこんなカードを持ってみたい!
そんな浅はかな夢を持ち続けてクレカを使えば、きっとあなたのショッピングも楽しくなってくることでしょう。

まずは初心を忘れずクレヒス修業に臨むとしましょう。

このコラムにおすすめのカード

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

Yahoo! JAPANカード

満足ポイント 4.2

年会費無料
還元率1.0%~3.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ライフカード

満足ポイント 4.3

年会費無料
還元率0.5%~3.33%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

VIASO(ビアソ)カード

満足ポイント 4.6

年会費無料
還元率0.5%~1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集