JCB CARD WとJCB一般カードはどっちがお得?

JCB CARD WとJCB一般カードはどっちがお得?

JCB CARD WJCB一般カードはどちらもJCBの基本となるJCBオリジナルシリーズのクレジットカードです。

年収が低くても比較的審査に通りやすい、最初の1枚として人気があります

「JCBカードを作りたいけどどっちがいいのか分からない」という人のために2枚の違いを分かりやすく比較してみました。

JCB CARD Wのメリット

審査に通りやすい

JCBカードと言えば日本を代表する国際ブランドと言う事もあり、審査が厳しめなイメージを持ってる人も多いかもしれません。

JCBカードを発行したいけど年収が低いから審査に通る自信がない、と不安に思う人も多いかと思います。

そんな人にオススメしたいのが、JCBのプロパーカード「JCB CARD W」です。

JCB CARD W

このカードは18歳~39歳までの人が申し込める若年層向けのカードで学生もよく持っています。他のJCBカードと比べると審査は甘いです。

申し込み資格

  • 18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入がある人
  • 高校生を除く

高校生は作れませんが配偶者に安定収入があるならフリーターでも主婦でもOKです。

申し込み条件はWeb限定で39歳までの人が対象ですが、カード発行後は40歳を過ぎてもずっと持ち続けれます。

いつでもポイント2倍で年会費無料

JCB CARD Wの1番のメリットは、いつでもどこでもポイントが2倍貯まる点です。

1,000円の利用で2ポイントが貯まるので還元率は1%になります。しかも、JCB CARD Wは年会費が永年無料です。

さらにJCBカード加盟店での利用ならボーナスポイントが貰えます。

JCB CARD Wのメリット

  • 年会費が永年無料
  • ポイントがいつでも2倍貯まる
  • 加盟店の利用だと更にポイント加算

JCB CARD W

満足ポイント 5.0

年会費永年無料
還元率1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB一般カードのメリット

安定のプロパーカードを実質無料で持てる

JCB一般カードはJCBプロパーカードの中でももっともベーシックなカードで、まずはこの1枚から、といった感じの基本カードです。

安定のプロパーカードを実質無料で持てる

年会費は1,250円(税別)がかかりますが、ネットからの申し込みで初年度年会費は無料です。

2年目からは年会費がかかりますが、以下の2つの条件をクリアすれば2年目以降も無料で持てます。

年会費が無料になる条件

  1. MyJチェックの登録し、利用明細を郵送からWeb閲覧に変更
  2. 年間合計50万円(税込)以上のショッピングの利用

MyJチェックに登録すると紙面での請求書がなくなってWeb閲覧になり、登録後は利用額などスマホでいつでも確認出来ます。便利なサービスに登録するだけなので条件という程のことじゃないです。

もう1つの条件は年間で50万円以上のカード利用が必要ですが、月額にすると約42,000円でクリア出来るのでハードルはそれほど高くありません。

毎月の利用額

  • 50万円÷12ヶ月=42,000円

携帯代や光熱費、あとは買い物で少し使えばクリアできます。

JCB一般カード

満足ポイント 4.8

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB STAR MEMBERSでポイントアップを狙える

JCBスターメンバーズは、年間でJCBカードを一定金額以上利用すると翌年ポイント還元率がアップするメンバーシップサービスです。

登録は不要なので、JCB一般カードを持ってるだけで参加出来ます。

ポイント還元率アップを狙える

年間でいくら使えばどれだけポイントがアップするか見てみましょう。

年間利用額 メンバー ポイントUP率
100万円以上 スターαPLUS 50%UP
50万円以上 スターβPLUS 20%UP
30万円以上 スターePLUS 10%UP

JCB一般カードの年会費を無料にするには年間50万円使う必要がありますが、50万円をクリアすれば年会費も無料になってポイントも20%アップします

JCBプロパーカードのメリットとJCBカードの種類 JCBカードの種類と簡単まとめ JCBは日本で唯一の国際ブランドであるクレジットカードです。これは世界的にもすごい事で、JCB以外は「アメックス」と「ダイナースクラブ」だけです。国内では圧倒的な加盟店数を誇り、海外でも徐々にネットワークを広げています。そんなJCBカードを簡単にまとめてみました。 この記事を読む

実績を積めばインビテーションが届く

JCB一般カードで実績を積んでいけば、JCBゴールドのインビテーションが届きます

5年、10年と長く使っていく事を考えて、のちのちはゴールド、プラチナと上級カードにステップアップしたい人にJCB一般カードは向いています。

JCB card W とJCB card W plus Lの違いはなに? JCB card W とplus Lの違いはなに? JCB card WとJCB CARD W plus Lの違いは女性用特典があるかないかです。基本スペックは全く同じでJCB CARD W plus Lは女性向けの特典をプラスしたクレジットカードです。応募で貰えるコスメやファッションがあるので女性が作るならJCB CARD W plus Lの方がお得です。 この記事を読む

国内外の旅行傷害保険が3,000万円まで補償

JCB一般カードは実質無料で持てる上に旅行保険も充実しています。

JCB一般カードの旅行傷害保険

  • 海外旅行傷害保険…最高3,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険…最高3,000万円(利用付帯)

国内・国外共に3,000万円の旅行傷害保険が付いてるので、万が一の時にも安心です。

しかも海外でのカード利用だとポイント2倍になるのでJCB一般カードは海外でお得です。ハワイならJCBカードはどこでも使えます。

JCB一般カードとJCB CARD Wの違い

年会費を比較

年会費で比較すると、永年無料のJCB CARD Wの方がお得です。

カード名 初年度 2年目以降
JCB CARD W 無料 無料
JCB一般カード 無料 1,250円(税別)
※MyJチェックの登録、
年間合計50万円以上の利用で無料

JCB一般カードは年間50万円のカード利用があれば2年目以降も無料で持てますが、無料にはかないません。

家族カードの年会費を比較

家族会員の年会費もJCB CARD Wの方がお得です。

カード名 年会費
JCB CARD W 無料
JCB一般カード 400円(税別)

JCB一般カードは400円(税別)かかりますが、JCB CARD Wは永年無料です。

ただし、JCB一般カードは本会員の年会費が無料の場合は家族会員も無料で持てるので無料で持つ事も可能ですが、永年無料と比べるとお得さは劣ります。

本会員、家族会員共に年会費のお得さはJCB CARD Wという結果になりました。

JCB家族カードのメリットとデメリット JCB家族カードのメリットとデメリットとは クレジットカードを作るには安定した収入が必要です。 ですが、収入の少ない学生や主婦だと信頼性が低く、クレジットカードの審査落ちもあります。作れたとしても年会費無料のカードでゴールドカードなどには手が届きません。 そんな時... この記事を読む

ポイント還元率を比較

JCB一般カードとJCB CARD W、どちらもカードの利用で貯めれるポイントはOkiDokiポイントです。

ポイント還元率で比較してみますが、結論から言ってJCB CARD Wが圧勝です。

還元率の違い

  • JCB一般カード…1,000円の利用で1ポイント(還元率0.5%)
  • JCB CARD W…1,000円の利用で2ポイント(還元率1%)

同じ買い物をしても基本還元率が倍違うので、JCB CARD Wのお得さは群を抜いてます。

旅行傷害保険を比較

付帯保険は、よく旅行に行く人にとってカードを選ぶ際の重要なポイントです。

項目 JCB CARD W JCB一般カード
海外旅行傷害保険 利用付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高3,000万円
傷害治療 最高100万円 最高100万円
疾病治療 最高100万円 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円 最高20万円
救援者費用 最高100万円 最高100万円
国内旅行傷害保険 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円

JCB一般カードには国内、海外ともに最高3,000万円が付帯しますが、JCB CARD Wには国内旅行保険が付帯していません。

海外旅行傷害保険も補償額が1,000万円高く、付帯保険の比較ではJCB一般カードに軍配が上がります

ただし、海外旅行保険は死亡・後遺障害以外の補償額は同等なので、国内旅行保険は付いてなくても大丈夫、と言う人はJCB CARD Wを選んでも問題ありません。

付帯保険でカードを選ぶ

  • 国内・海外ともに保険を充実させたい…JCB一般カード
  • 海外旅行保険が付いてれば国内旅行保険はいらない…JCB CARD W
ハワイに行くならJCBカードが最強のクレジットカードの理由 JCBカードはハワイ最強の理由 JCBカードはハワイでの特典がかなり多く、レストランやホテルが割引価格になったり、トロリーバスやラウンジが無料で利用出来ます。 ハワイ観光でJCBカードがあると無いとじゃどれだけお得度に違いが出るのか?JCBカードがハワイに強い理由を詳しく紹介します。 この記事を読む

発行日数を比較

カードの発行日数で比較してみます。

発行日数の比較

  • JCB CARD W…最短3営業日
  • JCB一般カード…即日発行、翌日お届け

即日発行で翌日には自宅に届くJCB一般カードが圧勝です。即日発行するにはちょっとした条件があります。

即日発行の条件

  • オンラインで口座の設定
  • 平日11時までのオンライン申込み

朝の11時までに申し込めば翌日には届くので、急ぎでカードを作りたい人はJCB一般カードがオススメです。

JCB CARD Wのデメリット

JCB CARD Wはインビテーションが来ない

残念ながらJCB CARD WはJCBゴールドのインビテーションは来ません

毎月高額なカード利用で実績を積んだとしてもJCBゴールドは手に入らないので、アップグレードを目指してる人には向いてません。

JCBゴールドを狙うなら、JCB一般カードから始めるか最初からJCBゴールドを作りましょう。

ただ、インビテーションは届きませんが自分から申し込みは出来るので、デメリットという程でもありません。

JCBゴールドのインビテーションの条件は? JCBゴールドのインビテーションの条件と審査基準 今回はJCBゴールドのメリットとインビテーションの基準を解説します。JCBゴールドにアップグレードするメリット。インビテーションの基準と審査。JCBゴールドにUPするデメリットに分けて解説をしていきます。 この記事を読む JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションの条件は? JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションの条件 完全招待制のクレジットカードでJCBカードからの招待が来ないと作れません。JCBゴールドは知っているけど、JCBゴールド ザ・プレミアは初めて聞いたという人も多いと思います。今回は、JCBゴールド ザ・プレミアのメリットとインビテーションの条件について解説をします。 この記事を読む

JCB STAR MEMBERSが対象外

JCBスターメンバーズは、JCBカードを使うほど、ポイント還元率がアップします。残念ながらJCB CARD Wは対象外です。

とは言うものの、ブラックカードのJCBザ・クラスで年間300万円以上を使っても、ポイント加算分をいれて還元率は0.85%です。

JCB CARD Wは還元率が1%なので、JCB STAR MEMBERSは対象外ですが問題はありません。

JCB一般カードのデメリット

ポイント還元率が低い

JCB一般カードは基本還元率が0.5%とそれほど高くありません。

還元率だけを見れば同じJCBでも還元率1%を獲得出来るJCB CARD Wの方がお得です。

JCB一般カードでポイントを上手く貯めるには、ポイント加算を目当てにJCB パートナー店で利用するなどの工夫が必要です。

まとめ

若い人ならJCB CARD Wがおすすめ

今回JCB CARD WとJCB一般カードの比較をしてみましたが、総合的に見ると維持費が無料で常にポイント2倍貯まるJCB CARD Wの方がお得度が高いという事が分かりました。

JCB CARD Wは40歳以上の人は申し込みが出来ませんが、18~39歳までの人には自信を持ってオススメします。

まとめ

  • JCB CARD W…とにかくポイント還元率を重視したい人、年会費無料がいい人
  • JCB一般カード…いずれゴールドカードを持ちたい人

以上、JCB CARD WとJCB一般カードはどっちがお得?でした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:JCB CARD WとJCB一般カードはどっちがお得?

このコラムにおすすめのカード

JCB CARD W

満足ポイント 5.0

年会費永年無料
還元率1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB一般カード

満足ポイント 4.8

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ
おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友VISAカードの年会費が安くなる

三井住友VISAカードの年会費を安くする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天プレミアムカードの3つのコース。どれにする?

楽天プレミアムカードの3つのコースはどれがおすすめ?

ポイントのコラム

三井住友カードのポイント交換で一番お得なモノ

三井住友カードのポイント交換は何が一番おすすめ?完全ガイド

マイルのコラム

AmazonでANAマイルを貯める方法

AmazonでANAマイルを貯める方法!

空港のコラム

空港ラウンジとは?JCBカードで入れる空港ラウンジ

空港ラウンジとは?JCBカードで入れる空港ラウンジ

ゴールドカードのコラム

JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションの条件

JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションの条件は?

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

学生のコラム

学生にメリットのあるクレジットカード

今年から大学生。どんなクレジットカードを作れば良いでしょうか!最新トリセツ。

その他のコラム

2020年2月から三井住友カードのデザインが変わる!旧カードとの変更点は?

2020年2月から三井住友カードのデザインが変更。旧カードとの変更点は?