「QUICPay」と「QUICPayプラス」の違いってなに?

「QUICPay」と「QUICPayプラス」の違ってなに?

最近「QUICPayプラス」という文字をネット上でよく見るようになりました。「QUICPay」を普段からよく使う自分には気になる言葉です。

「QUICPayプラス」とは何なのか?

JCBのサイトに情報が少なかったので、今回JCBさんに直接聞いて調べてみました。

従来の「QUICPay」との違い

ザックリいうと基本的な機能は「同じ」です。違う点はここです。

  • 「QUICPay」は買い物の上限が2万円まで
  • 「QUICPay+」は2万円以上が可能

クイックペイを使うシーンは、コンビニが多いので「2万円以上必要?」と疑問に思ったりもします。まー、飲み屋でクイックペイプラスで支払いができるのなら、便利だとは思います。

デビットカード・プリペイドカードも紐付けが可能

クレジットカード以外にも「デビットカード」「プリペイドカード」にも紐付けが出来るようになりました。

公式サイトを見ると、デビットカードは今後対応予定なので現在はプリペイドカードのみとなります(2017年7月現在)

「QUICPayプラス」のみの店は「QUICPay」は使えないのか?

これが1番気になる所です。自分のように現在「QUICPay」を持っているけど「QUICPayプラス」のマークのある店では、「QUICPay」は使えないのか?という疑問なんですが、JCBさんに聞いてみました。

Q:「QUICPay+」しか使えない店では「QUICPay」は使えないのですか?

A:「QUICPay+」対応店舗でも「QUICPay」はお使いいただけます。

Q:「QUICPay+」を持っていた場合、「QUICPay」しか対応していない店でも使う事が出来ますか?

A:「QUICPay」しか対応していない店でも使うことは可能です。ただし、上限は2万円になります。

つまり、「QUICPay」しか持っていなくても「QUICPay+」の店で使える。

逆に「QUICPay+」しか持っていなくても「QUICPay」対応の店でも使える。という事になります(両方使える)。

電子マネーで2万円以上払う機会のない人は、あらたに作る必要もそれほど無い。という感じがしました。

「QUICPay」はコンビニで非常に便利なので、まだ持っていない人はこの際に作って置く事をおすすめします。

以上、「QUICPay」と「QUICPayプラス」の違いってなに?のまとめでした。

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

ポイントのコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

まとめのコラム

学生クレジットカードの利用限度額はどのくらい?

学生クレジットカードの利用限度額はどのくらい?

キャンペーンのコラム

2018年8月現在のクレジットカード入会キャンペーンでおいしいカード7枚

2018年8月現在のクレジットカード入会キャンペーンでおいしいカード7枚

amazonのコラム

Amazonタイムセールとは?毎日やっている?

Amazonタイムセールとは?毎日やっている?

楽天のコラム

セイコーマートで楽天ポイントが利用可能に

アメックスのコラム

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF