クイックペイとクイックペイプラスの違いはなに?

クイックペイとクイックペイプラスの違いはなに?

JCBが運営するQUICPay(クイックペイ)には、QUICPayとQUICPay+(クイックペイプラスと読みます)の2つの種類があります。

普段の日常生活でQUICPayを使う場合、どちらを使ってもそれほど気にする必要はありません。ただ、高額な買い物をする時に違いが出ます。

今回はQUICPayとQUICPay+との違いや、QUICPay+が使えないお店についても一部紹介していきます。

QUICPayとQUICPay+との違いはなに?

QUICPayとQUICPayプラスの違い

QUICPayとQUICPay+は、ともに電子マネーという点は変わりません。

また、使い方も同じです。

QUICPayとQUICPay+は利用限度額と登録できるカードが異なります

QUICPay+は2万円を超える利用でも可

QUICPayは上限2万円までしか利用できませんが、QUICPay+は2万円以上の利用が可能です。

ただ、QUICPay+の2万円以上も可能という場合でも、登録しているクレジットカードなどの利用限度額以上は利用できません。

Amazonで利用すると20%キャッシュバック

JCB CARD W

満足ポイント 5.0

年会費永年無料
還元率1.0%~5.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

支払いに紐づけるカードが増える

クイックペイとクイックペイプラスの違い

QUICPayは紐付けが出来るのはクレジットカードだけでしたが、QUICPay+にはクレジットカードはもちろん、デビットカードやプリペイドカード(※)なども登録が可能です。

※代表的なプリペイドカード:auプリペイドカード、LINEカード、MIXI6gramカードなど

QUICPay+のメリット

QUICPay+には、クレジットカードの利用限度額内なら2万円以上でも使えるメリットがあります(プリペイドカードでもチャージ残高の範囲内で利用可能)。

QUICPayからQUICPay+に進化して2万円の利用限度額が撤廃されたのは、電子決済システムのセキュリティー機能が向上したためです。

QUICPayのセキュリティーが甘いというわけではありませんが、高額での利用でも安心して使えるQUICPay+は、以前にも増して「安心して使える電子決済システム」といえます。

以上のほか、一般的なQUICPayのメリットは以下のとおりです。

QUICPayのメリット

  • サイン不要でスピーディーに買い物が楽しめる
  • クレジットカードを持ち歩かなくても買い物できる
  • 紙幣や小銭を触らないので感染症リスクも低減できる
  • 万一QUICPayカードを紛失したり盗難にあっても被害額が補償される

QUICPayとQUICPay+の比較

ここまでお伝えしたQUICPayとQUICPay+との比較を表にしました。

種類 支払い方法 1回の利用上限
QUICPay クレジットカード 2万円まで
QUICPay+ クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
2万円以上の利用も可能
2万円以上の利用も可能

QUICPay+に非対応の店舗は2万円までしか使えません。

Amazonで利用すると20%キャッシュバック。入会&10万円以上の利用で1万円キャッシュバック

JCBゴールド

満足ポイント 4.8

年会費11,000円(税込)
還元率0.5~5.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

QUICPay+は使えない店がある

QUICPay+は使えない店がある

高額利用でも利用できると評判のQUICPay+ですが、実はQUICPay加盟店すべてでQUICPay+が利用できるわけではありません。

利用者がQUICPay+を使えるようにするためには、加盟店側で新たな契約が必要になり、店舗のなかには「QUICPayのみの対応」としている所もあります。

参考までに「どのようなお店でQUICPay+が使えないのか」一部のお店を一覧にしました。

店舗名 QUICPay QUICPay+
セブン-イレブン
ファミリーマート
ローソン
ENEOS ×
昭和シェル石油 ×
イオングループ
イズミヤ ×
ダイエー ×
阪急オアシス ×
ドトールコーヒー
デニーズ
マクドナルド

以上、クイックペイとクイックペイプラスの違いはなに?のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:クイックペイとクイックペイプラスの違いはなに?

このコラムにおすすめのカード

JCB CARD W

満足ポイント 5.0

年会費永年無料
還元率1.0%~5.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCBゴールド

満足ポイント 4.8

年会費11,000円(税込)
還元率0.5~5.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

執筆者プロフィール

石崎 英司(いしざき えいじ)
石崎 英司(いしざき えいじ)
クレジットカード歴20年の専門家で、クレジットカードの券面の端の5ミリを見たら「何のカードか分かる」くらいのスペシャリスト。

今までにクレジットカードに関する記事を2,000記事以上公開。

クレジットカード・生命保険・年金などが得意分野。27歳から株を始め、株式投資も20年目のベテランでもある。

このコラムを読んだ人はこちらのコラムも興味があるかも

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング
おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費は通常1,375円(税込)が必要ですが、 年会費割引サービスを利用する事で年会費を永遠に無料に出来ます。

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を解説します

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を徹底解説

ポイントのコラム

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

マイルのコラム

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説