10,000マイル貯めるのに必要な金額っていくら?

10,000マイル貯めるのに必要な利用金額っていくら?

「特別航空券」をゲットする必要マイルは、おおよそ10,000マイルです。

では、10,000マイルはどのくらいクレジットカードで買い物をすると達成できるのか!?今回は「陸(おか)マイラー」として、シュミレーションをしてみました。

マイルを貯めるのに1番早いのは飛行機に乗ることですが、そんな人はあまりいないので、今回はコンビニや飲食などの普段使いのクレジットカードのポイントで計算をしてみます。

年間で80~100万円のカード利用で10,000マイルになる

年間100万円?!って驚かれた方もいると思いますが、ANAでもJALでも、10,000マイルを貯めるには、だいたいこのくらいになります。80~100万円というのが、少し雑な感じもしますが、ANAやJALの特約店で食事をしたり、ローソンでポンタカードを使ったりしますと、予想より多くのポイントをかき集めることができます。

おおまかにこれらを計算すると80~100万円という事でお願いします。

公共料金や日常品の支払いをカード決済にしていると実は1年間で結構な金額になります。総務省が発表している2015年の単身者の1カ月間の支出を表にしてみました。

項目 金額
食費 40,202円
外食 11,860円
住居関連 20,349円
光熱費 11,667円
その他 75,979円
合計 160,057円

資料:総務省統計局

単身世帯での1カ月間の支出の平均が160,000円あります。このうち、半分の8万円超を毎月カードで決済すれば年間で10,000マイルが貯まります。8万にいかなくても、1年半くらいかければ10,000マイルは簡単に達成できます。

個人のライフスタイル、年収によっては当然、支出の増減があります。どれくらいクレジットカードの利用を盛り込めるかは分かりませんが十分可能です。もちろん、2人以上の世帯なら、さらに1カ月間の支出が増えます。

ANAの国内線プレミアムクラスってなに? ANAの国内線プレミアムクラスってなに? プレミアムクラスに乗ると、エコノミーでは味わえないサービスが待っています。「プレミアムチェックイン」に始まり「機内食」そして「手荷物受取も優先」。今回は「ANAプレミアムクラス」のすべてを紹介します この記事を読む

生活の中でよく使いそうなANAカードマイルプラス提携店一覧

先ほど軽く書いたのですが「ANA」の特約店でカード決済をすると、クレジットカードで貯まるポイントと別に「100円=1マイル」や「200円で=1マイル」など、ANAマイルが余分に貯まります。

生活をしていくうえで、すべて特約店で買い物やサービスを利用したりする訳にはいかないですが、日常的に使う可能性の高い店などを一覧にしました。ANAの場合は、特約店の事を「ANAカードマイルプラス提携店」と呼びます。

普段から意識して利用すると、10,000マイルはもっとお金をかけずに貯めることが出来ます。

【よく使いそうなANAカードマイルプラス提携店】

ジャンル 店舗名 余分にもらえるマイル
コンビニ・スーパー セブンイレブン 200円で1マイル
イトーヨーカドー 200円で1マイル
ドラッグストア マツモトキヨシ 200円で1マイル
爽快ドラッグ 100円で1マイル
ガソリンスタンド 出光 200円で1マイル
ENEOS 100円で1マイル
東京無線 200円で1マイル
 大和自動車交通 100円で1マイル
飲食・予約 スターバックス 100円で1マイル
 タベログ 来店人数×30マイル
 ホットペッパー 予約 = 20マイル
書籍・DVD iTunes Store  100円で1マイル
紀伊國屋書店  100円で1マイル
 ブックオフオンライン 100円で1マイル

他にもいっぱいあるのですが、日常生活で利用しそうな所をピックアップしてみました。ぜひこれらの店でANAカードを使って時短で10,000マイルを貯めてください。

JALの特約店一覧

JALの特約店もANA同様に、余分にマイルがもらえます。200円=1マイルが自動で貯まります。下記は少なく掲載しておりますが、特約店はかなりの数があります。

 ジャンル 店舗名
コンビニ・スーパー  イオン
ファミリーマート 
ファッション ニッセン
 GAP
ジーユーオンライン
グルメ ロイヤルホスト
タベログ
ENEOS
トヨタレンタカー 
オリックスレンタカー
カラオケ シダックス
10,000マイル貯める方法 10,000マイル貯める方法 マイルを貯める方法として大きく分けて2つあります。飛行機に乗って距離に応じてマイルを貯める方法。どうやったら早く目標の10,000マイルに到達できるか考えてみました 飛行機には全く乗らずクレジットカードを屈指して貯めていく方法。 この記事を読む

10,000マイルで行けるところ

10,000マイルで行ける所を紹介します!

では、10,000マイルで行けるところはどこなのか?ローシーズンで簡単にまとめてみました。なおこれは片道だけではなく、往復10,000マイルで行けるところになります。残念ながら東京⇔沖縄などは、往復で14,000マイルになります。

対象路線
東京 秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪
大阪 萩・石見、松山、高知、福岡、大分、熊本、宮崎
名古屋 新潟、松山
札幌 利尻、稚内、女満別、根室中標津、オホーツク紋別、釧路、函館、青森、秋田
仙台 小松
福岡 対馬、五島福江、宮崎 
長崎 壱岐、五島福江、対馬 
沖縄 宮古、石垣 
宮古 石垣

まとめ

特典航空券に交換できる10,000マイルを獲得するために必要な利用金額は、クレジットカードで年間100万円程度です。これは、生活費をそのままクレジットカードに変えるだけで十分可能な数字です。

入会とともにマイルを付与してくれるサービスがあれば、もっと早く貯めることができます。

ハワイに行けるマイルってどのくらい? ハワイに行けるマイルってどのくらい? 値引きがされていない通常のJALマイルであれば40,000マイル必要です。これは、1か月間に平均で1,150マイル貯めることができれば、3年間でやっと貯まるマイル数です。 この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

ANA VISA 一般カード

満足ポイント 4.2

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.3

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.2

年会費14,000円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JAL 普通カード(VISA/Master)

満足ポイント 4.1

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JAL CLUB-Aゴールドカード(VISA/Master)

満足ポイント 4.1

年会費16,000円(税別)
還元率2.00%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

VIASO(ビアソ)カード

満足ポイント 4.6

年会費無料
還元率0.5%~1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


おすすめ比較特集