「JALカード」と「JALマイレージバンクカード」の違い

「JALカード」と「JALマイレージバンクカード」の違い

JALカード、JMBカード、マイレージ!?一緒になっている?

実際にJALの飛行機を利用する場合はもちろんですが、ショッピングなどでも、JALのマイレージを貯めるなどという話がよく聞かれます。

そこで「JALのカード種類」や「JALカード」と「JALマイレージバンクカード」の違い、どれがお得か?など、基本的なことを紹介しますので参考にしてください。

マイレージってなに?

マイレージ制度の始まりは、1981年にアメリカン航空で自社にお客を囲い込むために行われました。利用したフライトの航続距離(マイル)によって特典が与えられますので、マイレージといわれています。「陸での計算の1.6キロ」と「海や航空距離計算の1.8キロ」の2種類あるのですが、ここで使われるマイルは海里といって、1マイルは約1.8キロの方が使われます。

マイレージ制度の初期の頃は、よく利用する人に「座席をグレードアップ」するとか、「無料航空券を支給」していたのですが、徐々に利用方法が複雑になっていきました。今ではホテルやショッピングでも利用できるのが当然のようになっています。

そしてマイレージを管理するシステムが必要なために、JALの場合はそれを「JALマイレージバンク」と呼んでいます。ちょうど、お金を銀行=バンクに貯めておくように、マイレージをマイレージバンクに貯めて管理するものとイメージしてください。

1マイルっていくら? 1マイルっていくら? 金券に変えたり、航空券に変えることで何に変えるかでマイルの円レートが違ってきますが一般的には1円~3円くらいの幅になります。 この記事を読む

JALのカードは3種類に分けられる

よく「JALカード」と呼びますが、細かくは次の3種類になります。

JALカード
JALマイレージバンクカード(JMBカード)
JALマイレージバンク提携カード

そして、どれもがJALマイレージバンクを管理するカードになります。言葉が似ていてややこしいですが、全部マイレージのカードであることには変わりありません。

主な違いを説明すると次のようになります。

JALカード
マイレージを管理するだけでなく、クレジットカード機能が付いています。ショッピングなどにも幅広く対応していて、最も便利なカードといえます。

JALマイレージバンクカード(=JMBカード)
マイレージを管理する基本的な機能だけの、最も基本的なカードになります。クレジット無しのポイントカードともいえます。

JALマイレージバンク提携カード
JALマイレージバンクカードと交通機関などが提携して、相互のサービスを利用できるようにしたものです。提携先のクレジット機能がついたものもあります。

つまり、JALだけのカードでいえば、クレジット付きが「JALカード」、クレジット無しが「JALマイレージバンクカード」となります。

1番お得なのは「JALカード」

飛行機に乗ると「マイル」が貯まるわけですが、陸での買い物でもマイルは貯まります。JALの場合は、「JAL特約店」で利用すると「通常の2倍」のマイルが貯まる仕組みなので買い物をする際に現金で支払うよりも、クレジットカードで払うことで「陸マイル」がせっせと貯まる仕組みになっています。「JALマイレージバンクカード」はクレジット機能が付いてい無いので、このあたりに差が出てきます。

【日常生活でのカード利用と特典】

多くの支払い先でJALカードのクレジットが利用でき、それによりマイレージが加算されます。対象となるジャンルは、電気、ガス、水道、スーパー、デパート、コンビニ、ネットショッピング、飲食店、交通機関、美容院 など広いジャンルが含まれます。

基本マイレージは200円で=1マイル。「ショッピングプレミアム(有料)」に入ると100円=1マイル。さらに、JALカード特約店(全国に52,000店)ではマイルが2倍になります。

空港の店舗や免税店、パーキング、ホテルニッコーなどで会員割引が受けれます。

【飛行機の利用での特典】

・JALカード会員には、搭乗すると通常マイレージ以外にボーナスマイレージが貯まります。ネットで買った格安チケットでも、出発前のカウンターでマイレージカードを提出すれば「搭乗マイルボーナス」をもらえます。

  • JALカード会員は搭乗手続きがよりスムーズになります。例えばビジネスクラスチェックインカウンターの利用など。(一部はカードの種類でサービスが限定されることもあります)
  • JALカード会員向けの割引で、チケットを購入できることがあります。

貯まったマイルは商品券や、航空券に変えることが出来て、実際タダ乗りが出来る事になります。

JALカードのまとめ

一口にJALカードといってもいろいろなカードがあります。基本はマイレージを管理するものですが、「クレジット付き」かどうかでJALカードと呼ぶものとJALマイレージバンクカードに分かれます。

新しくJAL関係のカードを作る場合、クレジットにこだわりがなければJALカードがおすすめです。マイレージの加算や利用できる特典が有利で、利用できる対象の店舗なども非常に広範囲となっています。

このコラムにおすすめのカード

JAL 普通カード(VISA/Master)

満足ポイント 4.1

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JAL CLUB-Aカード(VISA/Mater)

満足ポイント 4.1

年会費10,000円(税別)
還元率1.0%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JAL CLUB-Aゴールドカード(VISA/Master)

満足ポイント 4.1

年会費16,000円(税別)
還元率2.00%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JALカード プラチナ(JCB)

満足ポイント 4.0

年会費31,000円(税別)
還元率1.0%~4.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集