クレジットカードのシェアを公開

クレジットカードのシェアを公開

クレジットカードのシェアって、ものすごく気になりますよね。自分の持っているカードは、どんな感じに位置しているのか。シェアの高さによって世界各地での利便性に大きな影響を与えます。

今日は5大国際ブランドのVisa、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースクラブのシェアを見ていきます。

他社の追随を許さない最強Visa。MasterCardも約3割を占める

クレジットカードブランドのシェア率を比較 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

クレジットカードで一番大切なのは、ステータスでもサービス内容でもなく、使えるか使えないのかの一点だけです。

日本はもちろん米国、欧州、アジア、アフリカなど、あらゆる国と地域で使用できなければ、ストレスになってしまいます。

当然、世界的に見てシェアの高いカードこそ、世界各地での利便性があります。

【クレジットカード売上高の世界シェア】(2015年3月のNILSON REPORT調べ)

順位 シェア ブランド
1位 58% Visa
2位 26% MasterCard
3位 10% 中国銀聯
4位 3% アメックス
5位 1% JCB
6位 1% ダイナースクラブ

中国銀聯はほとんどが、デビットカード形式のため5大国際ブランドには入っていません。

1位は60%弱を占めるVisaで、2位がMasterCardの30%弱となっています。言い換えれば、この2枚を持っていれば、世界中で困ることはありません。Visaの58%は圧倒しています。

アメックス、JCB、ダイナースクラブは全て足しても5%程度です。現実的には、国際ブランドをVisaの1枚にしても、世界各地で高確率で使用できるということです。Visaが最強なのはおおよそ想像できましたが、アメックスが意外にもシェアは低かったりします。

アメックス、JCB、ダイナースクラブホルダーの大半は、メインカードのほか、サブカードにVisaかMasterCardのいずれかを所持しています。世界でVisaとMasterCardが使えて、アメックス、JCB、ダイナースクラブが使えないケースがよくあります。しかし、その逆はほぼありません。

新規入会&利用で最大6,500円相当プレゼント

三井住友カード(NL)

満足ポイント 5.0

年会費永年無料
還元率0.5%~5.0%
ETC550円(税込) (初年度無料)
※前年1回の利用で翌年無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友カード(NL)のメリット

  • 世界中で使える
  • カード番号の漏洩が無い
  • 対象のコンビニ・飲食店でポイント最大5%

三井住友カード(NL)のデメリット

  • ポイント還元率が0.5%と低め
  • 電子マネーのチャージでポイントが付かない

※商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。

一部Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

シェアの高い国際ブランドは加盟店の数も比例する

世界シェアの高い国際ブランドは、使い勝手にも優れています。Visa(MasterCardも含む)は、世界200以上の国・地域の約4,000万店で利用することができます。VisaとMasterCardは、販路拡大をするエージェントが同じということもあり、利用可能な店舗数がほぼ同数となっています。

JCB、アメックス、ダイナースクラブの3社は、加盟店が双方で使える契約を結んでいます。
世界190の国・地域の2,900万店で使用できます。

クレジットカード初心者には、まず国際ブランドで「Visa」か「MasterCard」をおススメする理由がここにあります。

JCBの世界シェアの売り上げは1%ですが、実は単独ではアメックスやダイナースクラブより加盟店が多いのです。JCBの会員数は9,100万人(2015年3月末現在、JCB調べ)ですが、アメックスの方が2割ほど会員数が多く決済額も高いからになります。

まとめ

VisaとMasterCardの国際ブランドは、日常生活での利用に主眼を置いています。

スーパーでの買い物やガソリンの給油など、身近なところで利用する際に便利な特典なども取りそろえています。両ブランドとも自社でカードを発行しておらず、あくまで決済機能提供するだけです。このため、提携カードなどが世界各地で広まり、シェアが拡大していきました。

JCB、アメックス、ダイナースクラブは、T&Eというトラベルとエンターテインメントを楽しむために発足したカードです。富裕層の会員が多く、ステータスの維持のため、アメックスとダイナースクラブは、広く浸透するまで時間がかかっていたのが実情です。

なんにしても、Visaを1枚持っていれば世界中で不自由する事はありません。

以上、クレジットカードのシェアを公開!のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:クレジットカードのシェアを公開!

このコラムにおすすめのカード

三井住友カード(NL)

満足ポイント 5.0

年会費永年無料
還元率0.5%~5.0%
ETC550円(税込) (初年度無料)
※前年1回の利用で翌年無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB CARD W

満足ポイント 5.0

年会費永年無料
還元率1.0%~5.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

執筆者プロフィール

石崎 英司(いしざき えいじ)
石崎 英司(いしざき えいじ)
クレジットカード歴20年の専門家で、クレジットカードの券面の端の5ミリを見たら「何のカードか分かる」くらいのスペシャリスト。

今までにクレジットカードに関する記事を2,000記事以上公開。

クレジットカード・生命保険・年金などが得意分野。27歳から株を始め、株式投資も20年目のベテランでもある。

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング
おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費は通常1,375円(税込)が必要ですが、 年会費割引サービスを利用する事で年会費を永遠に無料に出来ます。

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を解説します

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を徹底解説

ポイントのコラム

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

マイルのコラム

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説