カードの上限枠ギリギリを使っていて、次の新規決済はできるのか?

カードの上限枠ギリギリを使っていて、次の新規決済はできるのか?

Photo by frankieleon

クレジットカードには、ご存じの通り利用限度額があります。上限枠に達した場合、新規の決済が出来るのかどうか、気になります。

レジに並んでいて「たしか今月は、ちょっとカードを使いすぎのはず・・」。「カードを出してレジで通るかな?エラーになったら、少し恥ずかしいので現金にしておくか」など心配になった事が自分はあります。

旅行や、家電のまとめ買いなど、一般カードでは上限枠に達するケースもあります。上限になった時に、実際に決済は出来るのか!どうなるのでしょうか。今回はそれを解説します。

クレジットカードの利用限度枠は支払いをもって復活する

クレジットカードの利用限度額と支払いの関係

まず、クレジットカードの利用限度額と支払いの関係を見ていきます。

通常は利用限度額が上限に達したら、クレジットカードを使用できません

しかし、例外もあります。例えば限度額50万円のカードで、49万円まで利用していて、新たに2万円の買い物が出来るのかどうか?

実はこれ、出来るんです

カード会社は上限を設けておりますが、多少の誤差を枠として持たせているので、2万円くらいなら可能です。ただ、限度額が50万円で、すでに49万を利用していてそこから新規の買い物で30万円とかは出来ません。

カードの利用限度額は、支払い(通常は口座引き落とし)の完了をもって復活します。

【クレジットカードの利用限度額の復活の例】

▽限度額50万円のAカード(月末締め、翌月27日引き落とし)

・1月:買い物で30万円分を使用=残りの利用枠20万円

・2月:1~26日に買い物で15万円分を使用=残りの利用枠5万円

・2月:27日に30万円の引き落としが完了=30万円分が復活し、残りの利用枠35万円

・3月:カードの利用がなく27日に15万の引き落としが完了=利用限度額50万円に復活

カードの利用は、常に「引き落とし完了」→「引き落とし完了分の利用枠復活」を繰り返す形になります。

Aカードで月初めに50万円分の買い物をした場合、支払いが完了するまで2カ月弱は使用できなくなります。これは、ちょっと困りものですが、実は利用限度枠の上限を超えても、大丈夫なケースがあります。

申し込みやすいクレジットカードは? 審査に通りやすいクレジットカードは? カード業界の中で特に審査が甘いクレジットカードは、 ズバリ「ACマスターカード」通称「アコマスカード」です。最短で即日発効が可能で、ネットからの申込もできます。 この記事を読む

上限枠に達してもクレジットカードが使える2つのパターン

クレジットカードの利用限度枠は、1つの目安として設定されています。Aカードの50万円の利用限度額を超えても、さらに新規決済できる場合があります。まず1つ目ですが、一時的な「増枠申請」をすることで可能です。

増枠申請をする主なケース

  • 海外旅行などでまとまった支出が想定される
  • 家電などの生活必需品の購入
  • 大学、専門学校などの授業料
  • 挙式の費用

上記のようなケースでは、カード会社に「増枠申請」をすると、一時的に50万→100万円などに、利用限度額を増額してくれます。電話連絡で増枠が可能になります。

通常、上記のような理由での50万円前後の「増枠申請」は、担当オペレーターレベルで即決してくれます。最近ではWeb上からでも「増枠申請」ができるカードも増えてきました。

ただし、全てのカード所有者に適用されるとは限りません。過去に延滞などの事故歴がなく、入会後6カ月以上は継続利用している会員などが対象です。

つまり「この人なら大丈夫」とカード会社が思ってくれないとダメって事になります。各カード会社にとって、カードを使ってもらえれば、それだけ手数料が入って収益が上がります。

良好なクレジットヒストリー(利用履歴)の会員には、柔軟な対応をしてくれます。利用限度額の上限枠に達しても、利用できるもう1のパターンは「タイムラグ」です。

新規決済で利用限度額を超えてしまっても、そのデータがクレジットカードの端末に送信され、反映されるまで時間がかかります。ネットで利用明細を確認できるカードでは、状況を確認することができます。

例えば1日にカードで決済したものが、長い場合だと1週後の8日に反映されるケースもあります。この間は実際に利用限度枠を超えていても、カード会社の端末では処理ができていないため、決済ができてしまうのです。

よくあるのは、Aカードで1月29日にカード決済したはずの口座引き落としが、3月27日に持ち越されているケースです。通常では2月27日に引き落とされるのですが、2月に入ってからカード会社の端末データに反映されたためです。

というものの「タイムラグ」を使ってまで、カードを使っているとヤバイ事になりそうなので、おすすめはできません。

2019年度【保存版】年会費無料のおすすめのクレジットカードはこれ! 年会費無料のおすすめのクレジットカード 2019年度版の「おすすめクレジットカード」を集めました。それぞれ特徴が違いますが、年会費無料、高還元率、マイルが貯まる、特定の店舗でポイントが一気に貯まる、旅行傷害保険が付いているなど特典の多いおすすめのクレジットカードをまとめました。 この記事を読む

まとめ

クレジットカードは計画的に利用することが大前提です。しかし、イレギュラー的な出費がある時もあります。

当たり前ですが、常日頃から延滞などの事故を起こさないことがなによりも大切です。カードを自由に使うのも、制約だらけになってしまうのも、全ては利用者の資質に関わってきます。

くれぐれも、カードは使いすぎないようにしましょう。

以上、カードの上限枠ギリギリを使っていて、次の新規決済はできるのか?のまとめでした。

JCBカードから新しく出た「JCB CARD W」ってどんなカード? JCB CARD Wのメリットとデメリット 「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」は、2017年の10月24日から募集開始のまだ1ヶ月も経っていないホヤホヤの新鮮なクレジットカードになります。 今なら取得しても、まだまだカード番号が若いです(タブン)。年会費は永年無料で還元率は1.0%とお得なカードです。 この記事を読む アコムカードは本当に審査は甘いのか?アコムの3秒診断を試してみた! アコムカード 審査が甘い アコムの「ACマスターカード」に審査落ちをする4つのパターンを紹介。他社からの借り入れがあっても「ACマスターカード」は簡単に審査が通ります。 この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC500円(税別) 初年度無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

クレジットカードの作り方

【初心者】クレジットカードの作り方を簡単解説!2019年版

Amazon・楽天のコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

ポイントのコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

マイルのコラム

マイルカードとポイントカードのどっちがいい?

クレジットカードを作る時にマイル系カードとポイント系カードで悩んでいます

空港のコラム

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

ゴールドカードのコラム

アメックスは誰でも作れる?アメックスの審査を解説

アメックスグリーンは誰でも作れる?カードの特典とアメックスの審査を分かりやすく解説

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

学生のコラム

学生にメリットのあるクレジットカード

今年から大学生。どんなクレジットカードを作れば良いでしょうか!最新トリセツ。

その他のコラム

paypay(ペイペイ)の使い方とメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)とは?これから使う人は必見です。ペイペイのメリットとデメリット