カードの海外利用でのレートはどの時点で適用されるの?

海外でクレジットカードを使う場合、気になるのは為替レートです。請求額が決まる要因に、円高・円安があるのは、周知の通りです。ただ、実際にカード利用時のレートが適用されるわけではありません。その仕組みを見ていきます。

適用されるレートはタイムラグがある

為替レートのタイムラグ

海外旅行でこんな経験をしたことありませんか?後日、クレジットカード会社の請求書を見ると、高くなっていたり、安くなっていたり。カードの為替手数料を除いても、金額にちょっと差がありすぎます。なんだか、納得できませんよね。

実はこのケース、よくあることなのです。もちろん、間違いでもなく、不正なことでもありません。要はクレジットカード会社が、利用者に請求するための為替レートにタイムラグがあるからです。

外貨でのショッピングご利用代金は、各地のVisaセンターまたはMasterCardセンターから決済センターにデータが到着した時点で、
Visaインターナショナル・MasterCardインターナショナルが交換するレートに、
弊社が海外利用に係る事務処理コストとして所定の費用を加えたレートが適用されます。

換算日の目安

ご利用日から2~4日後が目安となりますが、ご利用店の手続き状況により異なります。

引用元:三井住友VISAカード

ハワイで10USDのお土産を購入したケースで例を挙げてみました。

【円安・円高における請求額の増減の目安】(カード利用時は1USD=100円)

2日後にVisa決済センターにデータが到着し、「1USD=110円」の円安に振れた場合=請求額1,100円+1.63%の為替手数料になります。

4日後にVisa決済センターにデータが到着し、「1USD=90円」の円高に振れた場合=請求額900円+1.63%の為替手数料になります。

カード利用時の1USD=100円は、銀行間取引の「対顧客外国為替相場の公表中値(TTM)」為替レートです。これが、クレジットカード会社のレートにダイレクトに適用されません。

参考までに、クレジットカードの国際ブランドは、TTMを基に独自のレートで請求額を決定します。おおよその目安として、TTMから0.8~2.5%になります。

【5大国際ブランドが定める為替レートの目安】

1)MasterCard=TTMから約0.8%増
2)アメックス=TTMから約1.6%増
3)VISA=TTMから約1.7%増
4)JCB=TTMから約1.8%増
5)ダイナースクラブ=TTMから約2.5%増

ルーズな店舗だと請求がかなり遅れてくるケースもある

VISA以外の「MasterCard」「JCB」「アメックス」「ダイナースクラブ」の5大国際ブランドも、2~4日ぐらいで決済センターにデータが到着します。ただし、2~4日のタイムラグも状況によっては、1週間前後になるケースも出てきます。

加盟店では通常、日々の売り上げを毎日、閉店後に集計して帳簿をつけていきます。これと並行して、カードの利用を各クレジットカード会社の決済センターにデータを送信します。カード会社から、客の代わりに商品代金などを立て替えてもらうためです。

しかし、必ずしもその都度、決済センターにデータを送信するわけではありません。ある店だと1週間に一度だったり、3日に一度だったりするケースもあります。

そうなると、カード会社の為替レート適用日もずれてきます。海外に限ったことではなく、日本でもよくあることです。

2019年度【保存版】年会費無料のおすすめのクレジットカードはこれ! 年会費無料のおすすめのクレジットカード 2019年度版の「おすすめクレジットカード」を集めました。それぞれ特徴が違いますが、年会費無料、高還元率、マイルが貯まる、特定の店舗でポイントが一気に貯まる、旅行傷害保険が付いているなど特典の多いおすすめのクレジットカードをまとめました。 この記事を読む 海外でクレジットカードを利用した場合、為替レートはいつのレートが適用されるのか? 海外でクレジットカードを利用した場合、為替レートはいつのレートが適用されるのか? 海外でクレジットカードを利用した場合の為替レートは、売上伝票が決済センターに到着した日のレートが適用されます。一般的には買い物から2日から4日後、ATMの場合は当日から2日かかることが多いです。 この記事を読む

まとめ

海外でのクレジットカードの利用は、為替レートの適用ににタイムラグがあることを理解してください。ショッピング時のレートが円高で、得した気分になっても、実際に適用されるレートが円安になれば、トホホになります。

とはいえ、サブプライム時の一夜にして何十円単位での暴落や高騰など、通常はありえません。海外旅行の期間では、1円の幅で円安・円高に振れることも、そう多くはないでしょう。

為替レートはリアルタイムで適用されませんが、あまり気にする必要はないと思います。

以上、カードの海外利用でのレートはどの時点で適用されるの?のまとめでした。

このコラムにおすすめのカード

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC500円(税別) 初年度無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

クレジットカードの作り方

【初心者】クレジットカードの作り方を簡単解説!2019年版

Amazon・楽天のコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

ポイントのコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

マイルのコラム

マイルカードとポイントカードのどっちがいい?

クレジットカードを作る時にマイル系カードとポイント系カードで悩んでいます

空港のコラム

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

ゴールドカードのコラム

アメックスは誰でも作れる?アメックスの審査を解説

アメックスグリーンは誰でも作れる?カードの特典とアメックスの審査を分かりやすく解説

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

学生のコラム

学生にメリットのあるクレジットカード

今年から大学生。どんなクレジットカードを作れば良いでしょうか!最新トリセツ。

その他のコラム

paypay(ペイペイ)の使い方とメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)とは?これから使う人は必見です。ペイペイのメリットとデメリット