Q.クレジットカードの裏面にサインは必要?

カード裏面に署名していないのですが、カード裏面の署名は必要ですか?

A.カード裏面の署名は必要です。署名していない場合は本来は使えません。また、紛失した際などに不正利用されるケースも多く、その場合には保険の補償も受けられないため、防犯上でもカード裏面の署名は必ず行いましょう。

カード裏面の署名を意外に忘れている人が多い

クレジットカードの裏面には、必ずカード所有者本人が署名をする欄があります。署名は不正利用を防ぐ意味もありますが、カード運営規定上でも署名のない場合には本来は使えないのです。

すなわち、カード会社は、加盟店に対してカード利用の際には必ず裏面の署名とレシートの署名の照合を義務付けており、正式には裏面の署名がないカードは使えません。

また、不正利用を防ぐためにも署名は必要なものですが、意外に裏面に署名をしていないという人は多いのが現状です。しかも、実際には、日本の加盟店では、裏面の署名とレシートの署名を照合している店は少ないのが現状です。

しかし、海外においては、国際ブランドの付いたクレジットカードは、身分証明書代わりにもなるほど信頼性が高く、裏面の署名はクレジットカードが機能する証明ともなっています。そのため、サインの照合がおこなわれる場合が多いのです。

日本では、長年クレジットカードを使っているという人でもうっかり署名を忘れていることが多いので、もし署名したか忘れてしまったという人は署名しているかどうか確認してみましょう。

カード裏面の署名をしないデメリット

カード裏面に署名をすることによって、不正利用のリスクを軽減できるとともに、海外では身分証明書代わりになったり、署名があることでショッピングが可能になるなどのメリットがあります。

一方、署名しなかった場合におけるデメリットもあります。海外などではショッピングができない場合もあるのです。それらを詳しく見てみましょう。

決済が拒否される

カード裏面に署名がないと、決済が拒否されることがあります。拒否というのは少し大げさな言い方ですが、日本では、店員さんにやんわりと「署名をしてください」と言われます。

しかし、海外などの場合には、はっきりとカード決済を断られることもけっこうあります。

最近は暗証番号での認証が多いので、日本では、店側が裏面の署名まで確認していないケースが多くなっていますが、しっかりとした店舗だとサインで決済する時に必ずは裏面の署名欄と照合するので、断られたり、カードへの署名を求められるケースも起きるのです。

本来は、裏面の署名とレシートの署名を照合していることが、カード決済の基本です。

不正利用される可能性が高まる

クレジットカードを紛失したり、盗難の被害にあったときにカード裏面に署名をしていないと不正利用される可能性が高まります。カードには、基本的に盗難保険が付いており、紛失したり、盗まれてたりして不正利用の被害を受けたときには、被害金額は補償されます。

しかし、不正利用がカード所有者の不注意によって生じている場合には補償されません。カードの裏面に署名がない場合には、被害者の不注意が原因とされ、補償が受けられない場合が多いのです。

最近では、暗証番号を入力することでショッピングができるため、署名をしない方は増えていますが、それは大きなリスクであることを認識しておく必要があります。

カード裏面に署名がないと、不正利用しようとしている人が自分の署名を書き込めてしまうため、不正利用される可能性が高まってしまいます。暗証番号はわからないから大丈夫と署名しない方もいます。しかし、暗証番号にもリスクはあるのです。

暗証番号でもリスクはある

クレジットカード裏面の署名はなに?

カードが盗まれるケースでは、財布ごと、あるいはかばんごと盗まれたり、紛失したりする場合がほとんどです。そのような場合、安易に暗証番号を設定していれば、免許証などからすぐに暗証番号がわかってしまいます。安易な暗証番号の場合には、やはり自己責任で補償が受けられない可能性もあるのです。

カードを紛失したり、盗難にあったりした場合には、すぐにカードを利用停止にしたりすれば被害を未然に防ぐことも可能です。しかし、現代では、複数枚のクレジットカードを持っている方が多く、サブのカードの場合には盗まれたこと自体すらわからず、高額の請求がきて初めて気がつくという場合も多いのです。

いずれにしても、決済方式がどうなっているかは別にて、カード裏面の署名は忘れずに記入するようにしてください。

以上、クレジットカードの裏面にサインは必要?のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:クレジットカードの裏面にサインは必要?

人前で出してカッコいいカードを教えてください 人前で出してカッコいいカードを教えてください 今の時代、ゴールドカードではステータスを感じない?現在のステータス系のクレジットカードは、「プラチナ・ブラックカード」が主流になっています。また、国内で発行されているゴールドカードの種類は100以上に上ります。多種多様のゴールドカードがあふれ、全体的な敷居が下がった、というのは否めません。 この記事を読む クレジットカードのサインレスってなに? クレジットカードのサインレスってなに? クレジットカード払いの時に、サインが必要な時とサインレスの場合があります。一般的にスーパー、コンビニなどはサインが不要です。これは店舗がカード会社とサインレス契約をしているためです。もちろんサインレスの上限金額もあります。 この記事を読む JCBカードの簡単まとめ JCBカードの種類と簡単まとめ JCBは日本で唯一の国際ブランドであるクレジットカードです。これって世界的に見てもすごい事で、JCB以外は「アメックス」と「ダイナースクラブ」だけです。国内では圧倒的な加盟店数を誇り、海外でも徐々にネットワークを広げています。そんなJCBカードを簡単にまとめてみました この記事を読む

このコラムにおすすめのクレジットカード

VIASO(ビアソ)カード

満足ポイント 4.7

年会費無料
還元率0.5%~1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ライフカード

満足ポイント 4.9

年会費無料
還元率0.5%~1.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

クレジットカードの作り方

【初心者】クレジットカードの作り方を簡単解説!2019年版

Amazon・楽天のコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

ポイントのコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

マイルのコラム

マイルカードとポイントカードのどっちがいい?

クレジットカードを作る時にマイル系カードとポイント系カードで悩んでいます

空港のコラム

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

ゴールドカードのコラム

アメックスは誰でも作れる?アメックスの審査を解説

アメックスグリーンは誰でも作れる?カードの特典とアメックスの審査を分かりやすく解説

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

学生のコラム

学生にメリットのあるクレジットカード

今年から大学生。どんなクレジットカードを作れば良いでしょうか!最新トリセツ。

その他のコラム

paypay(ペイペイ)の使い方とメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)とは?これから使う人は必見です。ペイペイのメリットとデメリット