JCB GOLD EXTAGE(ゴールドエクステージ)

満足ポイント 4.5

年会費無料
還元率0.5%~2.5%
ETC無料

今なら最大12,500円分プレゼント!

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB GOLD EXTAGE(ゴールドエクステージ)のおすすめポイント

1.特徴と年会費

「JCB GOLD EXTAGE」(ゴールドエクステージ)は、20~29歳以下限定のクレジットカードです(学生不可)。

初年度年会費は無料、2年目以降は3,000円(税別)がかかります。家族会員は1名まで無料になります。ETCカードも無料となっています。(JCBはすべてのカードでETCカードが無料)。

クレジットカードの基本仕様は、JCB CARD EXTAGE(JCBカード エクステージ)と同じになります。旅行傷害保険は海外・国内ともに最高5,000万円補償が付いています(利用付帯)。また、国内主要空港の「空港ラウンジ」と、ハワイ・ホノルル国際空港のラウンジも無料で使えます。

「JCBカード エクステージ」と「JCBゴールドエクステージ」が大きく違うのは、「保険関係」「空港ラウンジ」「ゴールドデスク」などが、使えたりするのが違う部分で、あとは同じになります。

ディズニーファンには嬉しい「ディズニー・バージョン」のデザインカードが追加されています。

さらに、入会後3ヵ月間は、「Oki Dokiポイントが3倍!」。
入会後4ヵ月目以降は、「Oki Dokiポイントが1.5倍」などのメリットがあります。

「ゴールドエクステージ」は、5年間限定のクレジットカードになりますので、5年後のカード更新時に「JCBゴールドカード」に自動的に切り替えになります。(要審査)

5年以内に退会をしますと、カード手数料2,000円がかかってきます。

2.エクステージボーナスポイントが1ヶ月目から大爆発!

ポイントプログラムは、「Oki Dokiポイント」で基本は1,000円で1ポイントになります。1ポイント=5円相当で還元率は0.5%です。

ただ、「ゴールドエクステージ」は優遇されていまして、

「入会後3ヵ月間」は、Oki Dokiポイントが3倍で、
「入会後4ヵ月目以降」は、Oki Dokiポイントが1.5倍になります。

ボーナス条件 ポイント 還元率
入会後3ヵ月間 3.0倍 1.5%
入会後4ヵ月目以降 1.5倍 0.75%

エクステージボーナスは1年間限定で、1年間のうちに年間カード利用額が、20万以下の場合は、ボーナスステージが消滅します。20万円以上の利用がある場合は、ボーナスの1.5倍がそのまま適用になります。

[cmb_official]

海外利用の場合はポイントが2倍

海外加盟店でのショッピング利用はポイント×2倍です。この辺りは「JCB一般カード」と同じになります。ちなみにですが、Amazonでショッピングは海外加盟店扱いになりますのでポイントは2倍になります。

Oki Doki ランドは最初からポイントが3倍からのスタート

Oki Doki ランドでショッピングをすると、通常ポイント×3倍のポイントがもらえます。「JCB一般カード」の場合は、2倍~20倍なのですが、「ゴールドエクステージ」はこの辺りでも優遇されています。

【Oki Doki ランドの人気店の一部抜粋】

Oki Doki ランド

JCBは優待店が多い!セブンで3倍、スタバで5倍!

「JCB ORIGINAL SERIESパートナーポイント優待店」でのカード利用で、もらえるポイントが2倍~になります。

【JCB ORIGINAL SERIESパートナー優待店の1部抜粋】

店舗 もらえるポイント
Amazon 4倍
セブン-イレブン 3倍
スターバックス 5倍
イトーヨーカドー 3倍
昭和シェル石油 2倍

1,000円以上の利用が必要。スターバックスプリペイドカードへの入金でもOK。

3.「急がば回れ」の法則でJCBゴールドカードを見据える!

「JCB GOLD EXTAGE」は、格安の年会費で上質なサービスが受けられます。JCBゴールドカードと比較しても、サービス内容はほぼ同じです。

JCBゴールドカードの入会条件は「JCB GOLD EXTAGE」と同じ20歳以上です。それなら「JCBゴールドカードにした方がいい」というのは早計です!なぜなら、理由は以下の通りです。

  • JCBゴールドカードは審査が厳しい
  • 「JCB GOLD EXTAGE」は維持費がかからない
  • 「JCB GOLD EXTAGE」で実績をつくれば、インビテーション(招待)されやすい

もちろん、20代前半でも属性に問題なければ、JCBゴールドカードは発行されます。JCBにとっても年会費が7,000円高いJCBゴールドカードの方が収益的にも上客です。

しかし、クレジットカード会社は単純に上客だけを増やしていけばいい、という経営をしていません。各カード会社の顧客に対する重要な考え方は、堅実性と実績が前面にあります。

例えば以下のような状況が想定されます。

Aさん(28歳) 
カード所有歴:JCB GOLD EXTAGE=4年
職業:会社員=従業員50人以下の中小企業に5年勤務
年収:380万円
利用額:毎月2万~3万円を定期的に利用
延滞歴:なし
状況:あと1年で初回の更新を迎えるが、JCBゴールドカードのインビテーションがきた

Bさん(28歳)
カード所有歴:他社のVISAブランドの一般カード=4年
職業:会社員=一部上場で従業員1,000人以上の企業に5年勤務
年収:500万円
利用額:毎月2万~3万円を定期的に利用
延滞歴:なし
状況:JCBゴールドカードを申し込んだが、否決されて「JCB GOLD EXTAGE」をすすめられた

Bさんは属性が高いのですがJCBの利用歴が無かったので、JCBからワンクッション置く形をアドバイスされました。

ゴールドカードでも、JCBのような「独立系」のプロパーカードや「銀行系」などは審査が厳格です。「厳格」な審査をパスするのは、属性以外にも自社カードでの一定の実績が重要視されます。

Bさんの場合、例えば「JCB GOLD EXTAGE」を申し込めば、発行されたでしょう。そこで、一定期間利用していれば、Aさんよりも短期間でJCBゴールドカードのインビテーションがくる確率が高いです。

全ての人に当てはまるとはいえませんが、少なくとも「急がば回れ」という堅実性はカード会社にとても好まれます。

4.「JCB GOLD EXTAGE」→「JCBゴールドカード」の自動昇格は100%ではない?

「JCB GOLD EXTAGE」が手元に届き、5年後の初回のカード更新時にJCBゴールドカードへ自動昇格します。通常ですと、更新時期の1~2カ月前にJCBゴールドカードが郵送されます。

しかし、5年後の更新時をもって契約終了の案内がきたり、JCB一般カードへの切り替えを促す案内が届くケースがあります。JCBゴールドカードへ昇格するにあたって利用実績の審査があります。

ゴールドカード昇格の審査基準

  • 「JCB GOLD EXTAGE」や他社カードでの延滞歴の有無
  • 「JCB GOLD EXTAGE」で定期的な利用の有無

これらの審査項目に該当すれば、自動昇格は難しくなります。「JCB GOLD EXTAGE」を全く利用しなければ、JCBにとっても収益にならないので、昇格が見送られることが濃厚です。もちろん、延滞歴がなく、定期的にカードを利用していれば問題はありません。

5.ゴールドになると、これほど多くのサービスがつきます

JCB GOLD EXTAGEに入会すると、ゴールドカード特典「GOLD Basic Service~JCB GOLD EXTAGE~」を利用する事が出来ます。 

【空港ラウンジサービス】
国内主要空港+ハワイ・ホノルル空港のラウンジが無料で使えるようになります。

【会員専用デスク】
JCBゴールド会員の専用の通話料無料のゴールドデスクになります。カードに関する全般的な問い合わせが出来ます。

【JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス】
JCBトラベルデスク経由で対象の「海外・国内パッケージツアー」に申し込んで、JCB GOLD EXTAGEで支払うと「Oki Dokiポイント」が3倍~最大7倍もらえます。

【東京ディズニーリゾートへの旅 トラベル特典】
JCBトラベルデスク経由で「ディズニーホテル」「東京ディズニーリゾートR・オフィシャルホテル(6施設)」に宿泊する「エースJTB」のパッケージプランを申し込んで、JCB GOLD EXTAGEで支払うと「Oki Dokiポイント」が10倍もらえます。

【手荷物無料宅配券(片道)サービス】
JCBトラベルデスク経由で「海外パッケージツアー」を申し込んで、JCB GOLD EXTAGEで支払うと、手荷物無料宅配券片道分(空港から自宅)を1組につき1枚プレゼントしてくれます。(対象空港:成田・羽田・中部国際・関西国際空港)

【国内宿泊オンライン予約】
JTBが厳選した約5,000施設のホテル、旅館の予約が出来ます。

【ハーツレンタカーサービス】
約8,500ヵ所のネットワークを誇る世界最大級のレンタカー会社「ハーツレンタカー」で、割引サービスを受けられます。

【ドクターダイレクト24(国内)】
JCBが提携している全国の提携医療機関を待料金で利用できます。

【健康チェックサービス】
痰(たん)などの検体を郵送するだけで、専門家のアドバイスや病院の紹介が受けられます。

6.会員サイト「MyJCB」にはメリットがいっぱい!

「MyJCB」とはカードご利用代金の確認やポイント照会などができる会員限定のWEBサイトで、登録をするとパソコン・スマートフォン・携帯で24時間いつでも無料で見る事が出来ます。

カードの利用明細は、最新のものを含め最長8ヶ月分が確認でき、ポイント残高の確認や商品交換も簡単に出来ます。

支払い金額が確定した後に支払い方法の変更をする事も可能なので、ショッピング1回払いを利用後に分割やリボ払いに変更する

JCB安心のセキュリティ

JCBはクレジットカードを安全に利用する為に、不正使用を未然に防ぐ為の取り組みも力を入れています。

【不正検知システム】

不正検知システムを用いてカード取引ごとに不正リスクのスコアリングを実施し、不審なカード取引がないかを早期に検知します。直近の不正使用の傾向と似ている場合には、カードの取引を保留する場合があります。

【カード利用状況確認のご連絡】

第三者による不正利用の可能性を検知した場合に、電話やメールにてカードの利用内容を確認する連絡が届きます。

7.JR東海プラスEXサービスならチケットレスでらくらく乗車!

JCB一般カードがあると、東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約&チケットレスサービス「プラスEX」が使えます。年会費500円(税別)で、サービス入会後2ヶ月間はお試し期間として年会費は発生しません。

JCB一般 EXカードでチケットレスになる

「プラスEX」サービスのメリット

  • いつでもどこでもらくらく予約!
    スマートフォンや携帯電話、パソコンからスピーディに予約できます。(予約受付時間は5時30分~11時30分です)
  • 支払いはお手持ちのカードでOK
    「プラスEX」サービスの利用代金はJCBカードで決算されるので、クレジットのポイントも貯まります。
  • 座席リクエストが可能
    「座席番号リクエストサービス」で、シートマップで空席状況を確認しながら好きな座席を選ぶ事が出来ます。 (※残り座席が少ない場合、この機能を利用できない場合があります)
  • 予約変更が無料で何度でも出来る
    スマートフォンや携帯電話で予約の変更や取り消しが手数料なしで何度でも出来ます。 (※予約の取り消し(払い戻し)には、手数料が必要です)
  • ICカードでスピーディに乗車
    IC乗車サービスは切符の受け取りが不要なのでスムーズに乗車が出来ます。 サービス入会後に送られてくる「プラスEXカード」を改札機にタッチするだけで乗車できます。 (※プラスEXカードによるIC乗車サービスは、会員ご本人(大人1名)のみ利用できます)

JCB一般 EXサービスが使える

繁忙期でも「プラスEX」サービスなら1年中同じ値段なので、ゴールデンウィークや年末年始などの期間でも会員価格で利用する事が出来ます。

8.JCBカードがApply Pay対応へ!

JCBがApplePAy対応になりました

2016年10月からさらに新しいシステムを導入しました。JCBカードがApple Payに対応するようになりました。対応端末は「iPhoe7」「iPhoe7 Plus」「Apple Watch Series2」になります。

交通系電子マネーのSuicaのチャージなど、Apple PayのSuicaの支払いにJCBカードが利用できます。このネットワーク網を通じて、より快適でスムーズな決済をApple Payがサポートします。

ポストペイ型(後払い式)の電子マネー・QUICPayの全国の加盟店で利用できます。全国のコンビニエンスストア、ファストフード、家電量販店など、加盟店のジャンルも幅広いです。

ApplePay加盟店一覧

アプリケーションやオンラインでも、Apple Payがあればワンタッチでショッピングが可能です。カード番号や名前などの入力が一切不要なので、安全かつスピーディに支払いが出来ます。

アプリやオンラインショップでのApple Pay対応機種

  • iPhone6以降の機種
  • iPad Pro、iPad Air2、iPad mini3以降の機種
  • 2012年以降のmacOS SierraがインストールされたMacでSafariでの支払い
     (支払いの承認にはiPhone6以降の機種、Apple Watchが必要)

9.電子マネーのQUICpayで簡単決済

コンビニなどの少額決済には欠かせないのが電子マネーです。電子マネーには、先払いチャージ方式後払い方式があります。QUICpay(クイックペイ)は後払い方式ですので、残高を気にすることなくレジで使えます。この少しのストレスの差は実際に両方の電子マネー使ってみると、かなりあります。人にもよると思いますが、自分の場合は断然、後払い方式の方が使いやすいです。

電子マネーを使うことで請求はJCBカードの方に来るので、「Oki Dokiポイント」が貯まる事になります。

JCB QUICpay

QUICPayの特徴は以下の通りです。

  • 事前のチャージが必要なく、残高を気にせず利用できる
  • 決済は端末にかざすだけで、1秒前後で完了する
  • サインの記入や暗証番号の入力が必要ない
  • 1回の精算では20,000円が限度額

【タイプ別 電子マネー一覧】
電子マナーは種類が多くて困るのですが、QUICPay(クイックペイ)とiD以外は全て「先払いでチャージが必要」と覚えれば簡単です。

タイプ 会社別  
後払い電子マネー QUICPay(クイックペイ) QUICPay(クイックペイ)
電子マネーiD iD
先払い電子マネー 楽天edy 楽天Edy
電子マネーSuica Suica
電子マネーpasmo PASMO
電子マネーwaon WAON

10.QUICPayの種類は複雑そうだけど簡単!

QUICPayには以下の種類があります。どれを使っても内容は同じになります。
【カードタイプ】

カードタイプ QUICPay専用カード 専用カード型
QUICPay専用カード クレジットカード型(QUICPay搭載)
QUICPay(nanaco) QUICPay(nanaco)

【モバイルタイプ】

フェリカ搭載の「お財布ケータイ」しか使えません。残念ですがiPhoneはフェリカ搭載ではないので使用不可になります。

QUICPayモバイルタイプ

【キーホルダータイプ】
コンビニやレストラン、全国のエッソ・モービル・ゼネラルのSSでも使用可能です。

QUICPayキーホルダータイプ

11.絶対必要!QUICPay(nanaco)でセブンイレブンではポイントが3倍になる!

セブンでQUICPayを使う場合「nanaco」のヒモ付けが最強になります。これはぜひ使ってみてほしいです。

JCBカード(ORIGINALシリーズ)で、セブンイレブンで買い物をするとOki Dokiポイントが3倍貯まります。電子マネーのQUICPayもJCBカードと同様にみなされます。

つまり、セブンで1,000円の買い物をしたとします。

  • 「JCBのOki Dokiポイント0.5%×3倍」+「nanacoポイント0.5%」=合計ポイント還元率2.0%になります。

JCBは現在キャンペーンをしており、期間中は「Oki Dokiポイント1ポイント」を「nanacoポイント6ポイント」に移行可能となっておりますので、キャンペーン期間中は合計還元率は2.5%となります。これが、QUICPay(nanaco)になります。

QUICPay nanaco

「これって普通のnanacoカードでは?」と思いますが、裏面はこのようになっています。

QUICPay(nanaco)

きちんと、QUICPayが付いています。見た目は100%nanacoカードなので、セブンのレジで「QUICPayで支払います」と言っても、店員さんが「nanacoですか?」と聞かれるかもしれませんが「QUICPayで」と言い切りましょう。nanacoで支払うとだいぶ損をする事になります。

【QUICPayが使える主な店舗】

コンビニ セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
サークルKサンクス
デイリーヤマザキ
ミニストップ
セイコーマート
スリーエイト
ポプラ
ショッピング イトーヨーカドー※
近鉄百貨店※
阪急百貨店※
イオングループ※
ヨドバシカメラ
ガソリンスタンド 昭和シェル
ENEOS
エクスプレス
(エッソ、モービル、ゼネラル)
スーパー 阪急オアシス
平和堂
アークスグループ
ドラッグストア ツルハドラッグ
ウェルネス
くすりのレデイ
くすりの福太郎
グルメ すき家
ロイヤルホスト※
サガミグループ
魚べい
レジャー USJ
東京タワー
スーパージャンカラ
富士急ハイランド
キッザニア東京/甲子園

※一部店舗は対象外になります。

12.スタバではポイントが5倍になる!

「JCB ORIGINALシリーズ」※1のカードをスタバで使うと利用額が1回で1,000円以上の場合、ポイントが5倍になります。本来のJCBカードの還元率は0.5%なので、還元率は一気に2.5%となります。

「スタバで1回に1,000円以上も使わないって・・・無理。」と、ほとんどの人が厳しいと思います。でも、方法はあります。

JCBカードからの「スターバックス カード」へのチャージでもポイントは5倍になります

つまりチャージを1,000円以上すればその段階でポイントは5倍になります。あとは店舗で「スターバックス カード」を利用して1,000円以下の注文をしたとします。そこはポイントが5倍にはなりませんが、チャージで既に5倍ついていますので同じ事になります。

普段コーヒーを飲む際に、チャージをしておいたマネーを小出しに使うことで構いません。

スターバックス カード

「スターバックス カード」はプリペイドカードで、店舗で店員さんに言うと、その場で無料で作れます。

スタバでポイントが5倍になる「JCB ORIGINALシリーズ」※1

  • JCB一般カード
  • JCBゴールド
  • JCBデビットゴールド
  • JCBゴールド ザ・プレミア
  • JCBザ・クラス
  • JCB CARD EXTAGE(JCBカード エクステージ)
  • JCB GOLD EXTAGE(ゴールドエクステージ)

13.J/Secure(ジェイセキュア)とは

セキュリティ-に関して、最近のクレジットカード各社が力を入れています。最近ではインターネットショッピングで、カード情報がもれるなど不正使用が起きています。クレジットカードには券面の表にカード番号と有効期限、裏面にセキュリティーコードが記載されてます。

ネットショッピングの通常決済では、これらの3情報を入力すると決済が完了します。つまり、本人でなくても3つの情報を知って入れば、第三者でも簡単に決済できます。海外のサイドでは実態のないネットショップのサイトを立ち上げ、クレジット情報を盗み取る事件も起きています。

JCB一般カードなどに付属する「J/Secure」(ジェイセキュア)は、ネットでの不正使用防止に向けて導入されました。ユーザー登録をしてパスワードを設定します。JCB会員の本人認証を行うシステムで、最後にこのパスワードを入力しないと決済ができません。

J/Secureを導入しているJCBカード発行会社

つまりカードを落としたとしても、ネットでモノを買う場合は、このパスワードが必須になりますので不正に使われることはありません。あやしそうなショッピングサイトがあれば「JCB J/Secure」のロゴマークがなければ避けた方が賢明です。「J/Secure」の加盟店は、急速に広がっています。

【J/Secureを導入しているJCBカード発行会社】

  • JCBグループ
  • アプラス
  • 小田急電鉄
  • クレディセゾン
  • ワイジェイカード
  • セディナ
  • 西日本旅客鉄道
  • ポケットカード
  • ライフカード
  • エヌシーガイドショップ
  • 宮崎信販
  • 九州日本信販
  • エースカード
  • ビューカード
  • 山陰信販
  • イオン銀行
  • オリエントコーポレーション
  • ジャックス
  • セブン・カードサービス
  • トヨタファイナンス
  • 日立キャピタル
  • 三菱UFJニコス
  • UCS
  • 楽天カード
  • 日専連
  • ほくせん
  • 楽天銀行
  • シティックスカード
  • ライフフィナンシャルサービス

14.「JCBでe安心」制度でネットショッピングも安心

「JCBでe安心」とは、インターネットショッピングでご利用になった覚えのない請求があった場合、状況調査のうえ適用条件に基づき、請求を取り消しするサービスです。

以下の3つが対象業種になります。

  • インターネットショッピング
  • 電話・プロバイダー料金
  • 電話・FAXによる通信販売

不正利用が認められた場合に被害額を補償してくれます。万が一見に覚えの無い請求があった場合には、カード会社へ連絡をしましょう。

JCB安心のセキュリティ

JCBはクレジットカードを安全に利用する為に、不正使用を未然に防ぐ為の取り組みも力を入れています。

【不正検知システム】

不正検知システムを用いてカード取引ごとに不正リスクのスコアリングを実施し、不審なカード取引がないかを早期に検知します。直近の不正使用の傾向と似ている場合には、カードの取引を保留する場合があります。

【カード利用状況確認のご連絡】

第三者による不正利用の可能性を検知した場合に、電話やメールにてカードの利用内容を確認する連絡が届きます。

15.旅行傷害保険は利用付帯で最高5,000円

海外・国内旅行傷害保険は、利用付帯で最高5,000万円になります。海外・国内でのショッピングガード保険は最高200万円になります。ゴールドカードになるので、やはり補償が手厚くなっています。

JCB GOLD EXTAGE(ゴールドエクステージ)の詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 満20歳以上29歳以下で安定継続収入のある方
審査・発行 最短当日発行・翌日お届け
年会費(本人) 初年度 無料
2年目以降 3,000円(税別)
年会費(家族カード) 初年度 1人目…無料
2人目より1,000円(税別)
2年目以降 1人目…無料
2人目より1,000円(税別)
限度額 ショッピング 公式サイト参照
キャッシング 公式サイト参照
ETCカード 無料
締日 / 支払日 公式サイト参照
支払い方法 公式サイト参照
国際ブランド
  • JCB

追加できるカード

追加カード ETCカード
家族カード

電子マネー

  • QUICPay

ポイントプログラム

ポイント還元方法 キャッシュバック、マイル移行、商品券他景品
ポイント付与率 ・入会3ヶ月間…1,000円=3ポイント
・入会4ヶ月~初年度…1,000円=1.5ポイント
・2年目以降…1,000円=1~1.5ポイント
・海外利用…1,000円=2ポイント
ポイント還元率 ・入会3ヶ月間…1.5%
・入会4ヶ月~初年度…0.75%
・2年目以降…0.5%~0.75%
・海外利用…1.0%
ポイント有効期限 2年間

マイレージ

マイレージ移行先 JAL ANA デルタ航空
マイル付与率 500ポイント→1,500マイル (1,000円=1ポイント=3マイル換算)
マイル還元率 初年度…0.9%~ (1マイルの価値を2円と想定)
翌年度以降…0.6%~ (1マイルの価値を2円と想定)
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 無料

付帯保険

海外旅行保険
(利用付帯)
死亡・後遺傷害 最高5,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高3,000万円
携行品損害 最高50万円
国内旅行保険
(利用付帯)
死亡・後遺傷害 最高5,000万円
入院費用 5,000円/1日
手術費用 入院日額×倍率
通院費用 2,000円/1日
ショッピング保険 国内・海外…200万円/90日間
その他 紛失・盗難補償

おすすめ比較特集