SMBCモビットの初回申し込み時の限度額の決まり方とできるだけ多く借りる方法

SMBCモビットの初回申し込み時の限度額の決まり方とできるだけ多く借りる方法

SMBCモビットのカードローンは限度額は、最高800万円と決まっています。

同じSMBCグループのプロミスは最高限度額は500万円なので、比較すると上限が高いのが分かります。

ただ、残念ながら初回契約時にいきなり限度額800万円が設定されることはありません。

今回は、実際のところSMBCモビットの初回契約時にはどれくらいの限度額が設定されるのか?詳しく紹介します。

SMBCモビットの利用限度額

初回契約時の限度額は50万円以下がほとんど

SMBCモビットの利用限度額は最高800万円ですが、初回契約時の限度額はほぼ50万円以下と低めに設定されています。

SMBCモビットの初回限度額

  • ほぼ50万円以下

年収が200~500万円程度の人なら30~50万円までの限度額になるのが一般的で、中には5万円~10万円という少ない限度額が設定されるケースもあります。

最高限度額は800万円と高いのに、なぜ初回限度額はこれ程低めに設定されているのか?

このあと、初回契約時の利用限度額が決定される仕組みについて詳しく解説します。

契約時の限度額の決まり方

3つの項目を基準にして決まる

SMBCモビットの利用限度額を決める仕組みは、主に以下の3つのポイントを基準にして判断します。

限度額を決める3つの基準

  1. 月々に返済できる金額はどれくらいか?
  2. 総量規制にかからない範囲で融資できるか?
  3. 他社利用状況には問題はないか?

この3つの項目には、利用限度額を決めるための重要な要素があります。

ちなみに、SMBCモビットの限度額は厳正な審査で決められるので、例えば申し込み時に100万円を希望しても、まずその通りになりません。

月々に返済できる金額

SMBCモビットを申し込む時には、年収などの勤務情報や、扶養家族がいるかなどの申告が必要です。

申し込み時に必要な申告

  • 年収
  • 扶養家族
  • 家賃や住宅ローン
  • 他社借り入れ額

利用限度額を決める為の審査項目で、もっとも重視されるのが返済能力です。

収入が多く、他社借り入れも無い場合は高額に設定される事もありますが、毎月の収入も少ない上に他社からの借り入れも多い場合、利用限度額が5~10万円と低く設定される事もあります。

利用限度額が決まるポイント

  • 収入と返済額のバランスが重要

収入に見合ってない利用限度額は生活苦にも繋がるので、本人に見合った毎月の返済可能額を算出して利用限度額が決められます。

総量規制にかからない範囲

SMBCモビットは、総量規制の対象となるカードローンです。

総量規制て何?

  • 借り入れ金額は年収の3分の1までというルール

総量規制は、簡単に言うと「いくらまでお金を借りれるか?」という総額に制限を付けるためのルールです。

例えば、収入が600万円人が借入れできる合計額は最大200万円までで、年収300万円の人(借り入れ額100万円)と同じ感覚で返済出来る様に、こういった取り決めがあります。 

SMBCモビットに申し込んだ段階で、他社カードローンやクレジットカードで、すでに上限まで借入れがある場合は、高額な限度額を望むのは難しいです。

借り入れの合計額が年収の3分の1を超えている場合

  1. 消費者金融のおまとめローンや借り換えローン
  2. 緊急医療費の借り入れ
  3. 社会通念上緊急と認められる費用を支払うための借り入れ(10万円以下3ヶ月以内で返済するローンなど)
  4. 配偶者貸付
  5. 個人事業主の借り入れ
  6. 預金取り扱い金融機関からのつなぎ融資

総量規制に関する詳しい情報は、以下の日本貸金業協会公式サイトからも確認出来ます。

参考URL:日本貸金業協会 公式サイト

他社利用状況

SMBCモビットの利用限度額には、他社の消費者金融カードローンの利用状況も影響します。

例えば、他社で延滞を繰り返している場合や限度額いっぱいまで借り続けている場合などは、SMBCモビットの利用限度額が低めに設定されることがあります。

他社カードローンの利用状況と、SMBCモビットの限度額との関係をまとめてみました。

他社利用状況 利用限度額への影響
他社利用なし 影響なし
カードローンで延滞あり 限度額が低くなる可能性あり
(審査落ちの可能性もある)
カードローンを4社以上利用中 限度額が低くなるか、総量規制に該当する場合は審査落ちする
カードローンで自転車操業になっている 限度額が低くなるか、審査落ちの可能性大
過去に他社カードローンで延滞したり、
長期延滞が原因でカードが強制解約になった事がある
限度額が低くなるか、審査落ちの可能性大

SMBCモビットの過去利用者は優遇される

「過去にSMBCモビットを利用していたが、現在は解約している」という人が再度SMBCモビットに申し込んだ場合は、はじめて申し込む人よりも限度額が優遇されるケースがあります。

これは、SMBCモビットの社内データに過去の契約情報が登録されているためですが、毎月きちんと返済していて「優良顧客」として扱われていたような人は、希望限度額がそのまま通るケースもあります。

ただ、過去に「100万円以上」の限度額があったからといって、再申し込み時も同じ限度額が設定されるとは限りません。

SMBCモビットで最初から500万円借りられない理由

SMBCモビットで最初から500万円借りられない理由

では、なぜSMBCモビットの公式サイトには「最高限度額は500万円」と書かれているのに、50万円までしか借りられないのでしょうか。

上記で触れた総量規制以外の理由についても触れておきます。

総量規制だけを考えると「年収の3分の1まで借りられる」ということになる訳ですが、たとえば年収1,500万円のひとが申し込んでも、いきなり500万円の限度額が設定されることはありません。

その理由は「利用者としての信用がないため」です。

いくら年収が高くても「その人が信用できる人かどうか?」は別問題です。年収が高い人でもお金にルーズな人はすぐに延滞してしまうでしょうし、なかには浪費癖があってSMBCモビットの返済がままならない…といった人もいます。

一般的に、大手消費者金融では最低6ヶ月~1年以上の利用状況を見て、「この人は信用できる」と判断したタイミングで限度額を増額するケースがほとんどです。

初回契約時に出来るだけ多く借りるコツ

他社ローンやクレジットカードで延滞しない

初回契約時に出来るだけ多く借りるコツ サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

お金が足りずに困っているからSMBCモビットに申し込む、というケースがほとんどなので、利用者としては少しでも多めに限度額を設定してほしいというのが本音でしょう。

SMBCモビットの審査では、過去の金融機関やクレジットカードの利用履歴をすべてチェック出来る信用情報機関のデータを照会します。

この信用情報機関に延滞履歴などのネガティブな情報が残っていると、SMBCモビットの限度額を下げられます。

限度額をアップさせる条件

  • 絶対に支払いを延滞しない

SMBCモビットの初回申し込み時に出来るだけ多く借りる為には、他社カードローンやクレジットカードの支払いで、絶対に延滞しない事が限度額アップの条件となります。

他社ローンをコツコツ返済しておく

他社のカードローンを利用している人は、総量規制に触れないようにコツコツ返済しておく事も重要です。

「他社を返済出来るくらいならSMBCモビットには申し込まない」と言われたらその通りですが、余裕のある時に他社借り入れの繰り上げ返済をするなど計画的に利用出来れば、審査時にプラスになる事があります。

収入アップも重要

限度額を上げるには収入アップも重要 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

急な年収アップはなかなか難しいですが、少しでも年収が上がればそれだけ限度額も増える可能性があります。

WEB完結の提出書類

  • 直近2ヶ月分の給与明細が必要

SMBCモビットのWEB完結申し込みを選ぶと、直近2ヶ月分の給与明細を提出しないといけません。

その為、事前にSMBCモビットへ申し込む事を決めているなら、残業や休日出勤で収入を増やしておくのも1つの手です。

契約後に限度額アップも可能

SMBCモビットの初回限度額が少なくても、利用途中に限度額をアップさせる事が出来ます。

スマホやパソコンの会員Webサービスから増額申請が出来ますが、以下のように「増額申込をする」という項目がある人だけ申請が出来るので、この項目が無い人は申込みが出来ません。

SMBCモビット 契約後に増枠申請をする サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

注意点

  • 増額申請には審査がある

利用限度額の増額申請には別途審査が必要なので、もし審査に落ちてしまうと増枠してもらえません

SMBCモビットの契約後に希望するタイミングで限度額を増やしてもらうには、普段から堅実に利用して年収を増やす事が大切です。

まとめ

限度額アップのタイミングを待つ

SMBCモビットをはじめとする手消費者金融は、初回限度額は50万円までがほとんどです。

最終的に多く借りたいなら、まずはSMBCモビットで50万円を借りて、そのあとコツコツ返済して限度額アップのタイミングを待つ方が近道かもしれません。

カードローンの情報まとめ

カードローンに関する記事を以下にまとめました。

以上、SMBCモビットの初回申し込み時の限度額の決まり方とできるだけ多く借りる方法でした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:SMBCモビットの初回申し込み時の限度額の決まり方とできるだけ多く借りる方法

執筆者プロフィール

石崎 英司(いしざき えいじ)
石崎 英司(いしざき えいじ)
クレジットカード歴20年の専門家で、クレジットカードの券面の端の5ミリを見たら「何のカードか分かる」くらいのスペシャリスト。

今までにクレジットカードに関する記事を2,000記事以上公開。

クレジットカード・生命保険・年金などが得意分野。27歳から株を始め、株式投資も20年目のベテランでもある。

このコラムを読んだ人はこちらのコラムも興味があるかも

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング
おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費は通常1,375円(税込)が必要ですが、 年会費割引サービスを利用する事で年会費を永遠に無料に出来ます。

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を解説します

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を徹底解説

ポイントのコラム

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

マイルのコラム

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説