JCBドライバーズプラスカード

満足ポイント 3.8

年会費無料
還元率~2.0%
ETC無料

今なら最大5,500円分プレゼント!

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCBドライバーズプラスカードのおすすめポイント

【キャンペーンは2017年3月31日まで】

①新規入会で2,000円分のJCBギフトカードプレゼント!
②家族カード同時入会で 最大2,000円分のJCBギフトカードプレゼント!
③「支払い名人」の登録と利用で1,500円キャッシュバック!

1.特徴と年会費

JCBドライバーズプラスカードの年会費は、ネット入会で初年度無料になります(郵便は対象外)。家族会員は400円(税別)で追加できるカードは「ETCカード」「QUICPay」になります。

少し変わったカードで、クレジットカードの利用分に応じて、キャッシュバックが発生します。もちろん、カードを使えば使うほどキャッシュバック率は上がります。対象は高速道路、ガソリンに限らず何でも構いません。(還元率は最大2.0%)。

このカードの使い勝手の良い所は、「ガソリンスタンドの指定がない」のが非常に便利です。また、JCB系になりますので「Oki Dokiポイント」が1,000円につき1ポイント貯まります。貯まったポイントはJCBギフト券や、いろいろな商品に交換が出来ます。

デメリットとしまして、ガソリン・高速代の月間利用が3万円未満の場合、このカードの意味は全くありませんので、ご注意ください。

1つ上のクラスの「JCBドライバーズプラス・ゴールドカード」はこちら。

2.高速道路、ガソリンスタンドでの利用分のキャッシュバックを計算してみる

どのくらい使うと、いくらキャッシュバックされるのか!を、今回は仮で8月にカード利用をした場合で計算してみます。下の表と見比べながら読んでください。

【ステップ1】
8月のカード利用の合計金額がベースになります。8月のカード利用は124,000円とします。

【ステップ2】
124,000円の場合、キャッシュバック率は10%になります。これでキャッシュバックのフラグが成立します。(カード利用額が30,000円以上でないとキャッシュバックの対象になりません)

【ステップ3】 
9月の「ガソリン・高速代」は15,000円でした。

【ステップ4】 
3ヵ月後の12月に【ステップ3】の金額の10%がキャッシュバックされます。
15,000円×10%=1,500円がキャッシュバックになります。

分かりやすく表にしてみました。

【ステップ1】8月のカード利用額

8月に使ったカードの明細
名目 使った金額
ガソリン 6,000円
コンビニ 1,000円
Amazon 12,000円
公共料金 25,000円
高速代 5,000円
旅行 75,000円
合計 124,000円

 

【ステップ2】キャッシュバック率を計算します

8月のカード利用額は、124,000円ですのでキャッシュバック率は10.0%になります。

カード利用額が3万円未満の場合は、キャッシュバックは発生いたしません。

月間カード利用額 キャッシュバック率
3万円未満 0%
3~5万円未満 2.5%
5~7.5万円未満 5.0%
7.5~10万円未満 7.5%
10~15万円未満 10.0%
15~20万円未満 15.0%
20~25万円未満 20.0%
25~30万円未満 25.0%
30万円以上 30.0%

【ステップ3】9月の「高速・ガソリン」のカード利用分

9月の「高速・ガソリン」のカード利用分は15,000円でした。

9月の「高速・ガソリン」のカード利用分
高速 10,000円
ガソリン 5,000円
合計 15,000円

【ステップ4】キャッシュバックを計算

「高速・ガソリン」のカード利用分の10%がキャシュバックになります。

15,000円×10%=1,500円。

3ヵ月後の12月分のカード利用額から1,500円がキャッシュバックされます。

3.JCBドライバーズプラスカード還元率早見表!最大2.0%

自分の還元率が何%なのかを確認することが出来ます。

カード利用額 キャッシュバック金額 還元率
3万円未満 0% なし
3~5万円未満 2万円×2.5%=500円 1~1.67%
5~7.5万円未満 2万円×5.0%=1,000円 1.33~2%
7.5~10万円未満 2万円×7.5%=1,500円 1.5~2%
10~15万円未満 2万円×10%=2,000円 1.33~2%
15~20万円未満 2万円×15%=3,000円 1.5~2%
20~25万円未満 2万円×20%=4,000円 1.6~2%
25~30万円未満 2万円×25%=5,000円 1.67~2%
30万円以上 2万円×30%=6,000円 ~2%

4.キャッシュバックの年間最高額は72,000円!

それでは、もう少しキャッシュバックについて説明します。JCBドライバーズプラスカードは、利用法によってお得度が非常に高い!ということが分かりました。

高速道路(ETC)や給油などで月間カード利用額が30万円以上なら、30%のキャッシュバック率になります。通常「あり得ない」ほどのお得度です。となると、月に給油で30万円分を利用したら30%の「90,000円がキャッシュされるの?」という疑問が出てきます。ただし、これには条件があります。

  • キャッシュバック率はETCと給油に適用される
  • キャッシュバック利用額は月間最大20,000円

例えば1月のカードの利用額が30万円で、ETCと給油で20,000円の利用をしました。「20,000円」×「0.3」=「キャッシュバック6,000円」となります。

ちなみに、30万円の利用が全てETC・給油でも、キャッシュバックは同じく6,000円になります。キャッシュバック対象利用額の上限が20,000円だからです。

そうすると、年間で最大のキャッシュバックは「6,000円」×「12カ月分」=「72,000円」です。この数字を見て、決して肩を落とさないでください。一見すると、少し「がっかり感」がありますが、そうではありません。

冷静になって還元率を比較しましょう。「JCBドライバーズカード還元率早見表」では、カード利用額30万円以上で還元率が2.0%になっています。クレジットカードの還元率は、1.0%以上あれば高還元率といわれています。JCBドライバーズプラスカードは、その2倍の2.0%ですよ。

主な高還元率カードの還元率ランク

順位 カード名 還元率 年会費(税別)
1位 JCBドライバーズプラスカード 2.0% 1,250円
2位 漢方スタイルクラブカード 1.5% 1,500円
3位 REX CARD 1.5% 2,500円
4位 エクストリームカード 1.5% 3,000円
5位 REX CARD Lite 1.25% 無料

還元率が同じ場合は年会費が安い方が上位。リボ払い専用カードは除く

JCBドライバーズプラスカードは、年会費1,250円(税別)がかかりますが、還元率のコスパに優れています。還元率1.5%以上のカード群の中では、年会費が最も安価です。

5.電子マネーのQUICpayで簡単決済

コンビニなどの少額決済には欠かせないのが電子マネーです。電子マネーには、先払いチャージ方式後払い方式があります。QUICpay(クイックペイ)は後払い方式ですので、残高を気にすることなくレジで使えます。この少しのストレスの差は実際に両方の電子マネー使ってみると、かなりあります。人にもよると思いますが、自分の場合は断然、後払い方式の方が使いやすいです。

電子マネーを使うことで請求はJCBカードの方に来るので、「Oki Dokiポイント」が貯まる事になります。

JCB QUICpay

QUICPayの特徴は以下の通りです。

  • 事前のチャージが必要なく、残高を気にせず利用できる
  • 決済は端末にかざすだけで、1秒前後で完了する
  • サインの記入や暗証番号の入力が必要ない
  • 1回の精算では20,000円が限度額

【タイプ別 電子マネー一覧】
電子マナーは種類が多くて困るのですが、QUICPay(クイックペイ)とiD以外は全て「先払いでチャージが必要」と覚えれば簡単です。

タイプ 会社別  
後払い電子マネー QUICPay(クイックペイ) QUICPay(クイックペイ)
電子マネーiD iD
先払い電子マネー 楽天edy 楽天Edy
電子マネーSuica Suica
電子マネーpasmo PASMO
電子マネーwaon WAON

6.QUICPayの種類は複雑そうだけど簡単!

QUICPayには以下の種類があります。どれを使っても内容は同じになります。
【カードタイプ】

カードタイプ QUICPay専用カード 専用カード型
QUICPay専用カード クレジットカード型(QUICPay搭載)
QUICPay(nanaco) QUICPay(nanaco)

【モバイルタイプ】

フェリカ搭載の「お財布ケータイ」しか使えません。残念ですがiPhoneはフェリカ搭載ではないので使用不可になります。

QUICPayモバイルタイプ

【キーホルダータイプ】
コンビニやレストラン、全国のエッソ・モービル・ゼネラルのSSでも使用可能です。

QUICPayキーホルダータイプ

7.会員サイト「MyJCB」にはメリットがいっぱい!

「MyJCB」とはカードご利用代金の確認やポイント照会などができる会員限定のWEBサイトで、登録をするとパソコン・スマートフォン・携帯で24時間いつでも無料で見る事が出来ます。

カードの利用明細は、最新のものを含め最長8ヶ月分が確認でき、ポイント残高の確認や商品交換も簡単に出来ます。

支払い金額が確定した後に支払い方法の変更をする事も可能なので、ショッピング1回払いを利用後に分割やリボ払いに変更する事が出来る嬉しいサービスもあります。

JCB一般カード MyJCBでいつでも利用料金の確認

【MyJチェックも自動登録】
MyJCBに新規登録すると、WEB明細サービス「MyJチェック」も同時登録となります。登録後はカードご利用代金明細書の発送は停止し、MyJCBでいつでも確認することが出来ます。
(※ただし、お客様のご利用内容により「カードご利用代金明細書」を発送させていただく場合があります)

【会員限定サービス】
毎月実施されるキャンペーンや、ポイントアップ企画などの登録者限定のおトクな優待もあります。現在実施中のキャンペーン一覧から、気になるキャンペーンへの参加も簡単に出来ます。

【便利なサービスたくさん!】
MyJCBに登録をすると、以下のサービスも利用出来ます。

  • 各種カードの申し込み
    ETCスルーカードやQUICPayのお申し込みが出来ます。
  • 各種金券の購入
    JCBギフトカードやJCB-QUOカードなどの金券を購入が可能。
  • 各種料金のお支払い
    電気代やガス代などの公共料金の支払いがカードで出来ます。
  • お客様情報の照会・変更
    住所やID、パスワードなどの変更が出来ます。
  • J-Basket
    「旅」をはじめとするさまざまな特典を提供する登録制サービスが利用可能
  • 暗証番号通知書の送付受付
    JCBカードの暗証番号を書面で送付するサービスをお申し込みができます。
  • 「支払い名人」
    毎月のお支払い金額を自由に設定・変更出来ます。
  • キャッシングサービス
    キャッシングサービスの申し込みができます。
  • 「融資ご利用内容のお知らせ」WEB化
    キャッシングサービスの利用のつど交付される「融資ご利用内容のお知らせ」を書面の代わりにMyJCBで確認できます。

8.J/Secure(ジェイセキュア)とは

セキュリティ-に関して、最近のクレジットカード各社が力を入れています。最近ではインターネットショッピングで、カード情報がもれるなど不正使用が起きています。クレジットカードには券面の表にカード番号と有効期限、裏面にセキュリティーコードが記載されてます。

ネットショッピングの通常決済では、これらの3情報を入力すると決済が完了します。つまり、本人でなくても3つの情報を知って入れば、第三者でも簡単に決済できます。海外のサイドでは実態のないネットショップのサイトを立ち上げ、クレジット情報を盗み取る事件も起きています。

JCB一般カードなどに付属する「J/Secure」(ジェイセキュア)は、ネットでの不正使用防止に向けて導入されました。ユーザー登録をしてパスワードを設定します。JCB会員の本人認証を行うシステムで、最後にこのパスワードを入力しないと決済ができません。

J/Secureを導入しているJCBカード発行会社

つまりカードを落としたとしても、ネットでモノを買う場合は、このパスワードが必須になりますので不正に使われることはありません。あやしそうなショッピングサイトがあれば「JCB J/Secure」のロゴマークがなければ避けた方が賢明です。「J/Secure」の加盟店は、急速に広がっています。

【J/Secureを導入しているJCBカード発行会社】

  • JCBグループ
  • アプラス
  • 小田急電鉄
  • クレディセゾン
  • ワイジェイカード
  • セディナ
  • 西日本旅客鉄道
  • ポケットカード
  • ライフカード
  • エヌシーガイドショップ
  • 宮崎信販
  • 九州日本信販
  • エースカード
  • ビューカード
  • 山陰信販
  • イオン銀行
  • オリエントコーポレーション
  • ジャックス
  • セブン・カードサービス
  • トヨタファイナンス
  • 日立キャピタル
  • 三菱UFJニコス
  • UCS
  • 楽天カード
  • 日専連
  • ほくせん
  • 楽天銀行
  • シティックスカード
  • ライフフィナンシャルサービス

9.「JCBでe安心」制度でネットショッピングも安心

「JCBでe安心」とは、インターネットショッピングでご利用になった覚えのない請求があった場合、状況調査のうえ適用条件に基づき、請求を取り消しするサービスです。

以下の3つが対象業種になります。

  • インターネットショッピング
  • 電話・プロバイダー料金
  • 電話・FAXによる通信販売

不正利用が認められた場合に被害額を補償してくれます。
万が一見に覚えの無い請求があった場合には、カード会社へ連絡をしましょう。

JCB安心のセキュリティ

JCBはクレジットカードを安全に利用する為に、不正使用を未然に防ぐ為の取り組みも力を入れています。

【不正検知システム】

不正検知システムを用いてカード取引ごとに不正リスクのスコアリングを実施し、不審なカード取引がないかを早期に検知します。直近の不正使用の傾向と似ている場合には、カードの取引を保留する場合があります。

【カード利用状況確認のご連絡】

第三者による不正利用の可能性を検知した場合に、電話やメールにてカードの利用内容を確認する連絡が届きます。

10.ハマれば手放せないカードになる!

 JCBドライバーズプラスカードは、万人受けするカードではなく、利用する人が限定されます。もちろん、JCBでもターゲットを絞ってリリースしたカードです。

通勤などで日常的に車の利用が多い人、法人・個人事業主で車をメインに使う人には最適な一枚です。2.0%の還元率は、月間で30万円以上の利用でハードルが高いです。しかし、もう少しハードルを下げてみても、かなり使えるカードであることが分かります。

カードの月間利用額が30,000円で、ETC・給油で20,000円を利用したケースです。この場合は500円の還元となり、還元率が1.67%です。

還元率1.5%のカードでは、漢方スタイルクラブカードの年会費が1,500円(税別)です。それを考えても、JCBドライバーズプラスカードのお得度が、かなり上回っています。

月間30,000円以上の利用なら、かなり現実味がある金額になります。月にETC・給油で20,000円以上の利用があれば、JCBドライバーズプラスカードを検討する価値はあります。通勤で毎日、高速道路を利用するユーザーであれば、かなりおすすめできます。

誰でもお得になるクレジットカードではありませんが、利用目的に適合すると、最強レベルのドライバー系のカードです。一度ハマれば、手放せないカードになるといえます。

JCBドライバーズプラスカードの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 原則として18才以上で、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方
審査・発行 最短3営業日
年会費(本人) 初年度 無料(オンライン入会限定)
2年目以降 1,250円(税別)
年会費(家族カード) 初年度 無料
2年目以降 400円(税別)
限度額 ショッピング 公式サイト参照
キャッシング 公式サイト参照
ETCカード 無料
締日 / 支払日 公式サイト参照
支払い方法 公式サイト参照
国際ブランド
  • JCB

追加できるカード

追加カード ETCカード
家族カード

電子マネー

  • QUICPay(分離型カード/おサイフケータイ)

ポイントプログラム

ポイント還元方法 キャッシュバック
ポイント付与率 月間のクレジットカード利用額でキャッシュバック率が決定
ポイント還元率 最大2%
ポイント有効期限 -

マイレージ

マイレージ移行先 -
マイル付与率 -
マイル還元率 -
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 -

付帯保険 

海外旅行保険 死亡・後遺傷害 -
傷害治療費用 -
疾病治療費用 -
救援者費用 -
賠償責任 -
携行品損害 -
国内旅行保険 死亡・後遺傷害 -
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
ショッピング保険 最高100万円/90日間(自己負担額10,000円 海外での利用が対象)
その他 -

おすすめ比較特集