Q. よく聞くブラックリストって一体なに?

Q. よく聞くブラックリストって一体なに?

A. 実際にリストがある訳ではなく、個人信用情報機関に延滞や債務整理などの金融事故情報が登録されている状態のことをブラックリストといいます。

指定信用情報機関とは?

指定信用情報機関とは、個人の方の信用情報を管理している組織のことです。この指定信用情報機関は業界別に設置されており、次の3つがあります。

  • クレジットカード業界 CIC(CREDIT INFORMATION CENTER)
  • 消費者金融業界    JICC(日本信用情報機構)
  • 銀行業界       KSC(全国銀行個人信用情報センター)

CICとJICCには、業界に関係なくローンやクレジットカードを発行している金融機関はすべて加盟できるようになっています。カード会社や消費者金融会社、銀行など多くの金融機関が両方に加盟しているのです。また、キャッシング情報はCICとJICCは情報交換を行い共有できるようになっています。

クレジットカードを利用すると、カードの申し込み状況、利用状況、そして返済履歴が指定信用情報機関に登録されるようになっているのです。

この利用実績や返済履歴のことをクレジットヒストリー(クレヒス)といいます。このクレジットヒストリーは新たにクレジットカードを発行する上で重要な審査材料となるのです。各金融機関はカードローンやクレジットカードの審査の時に、このクレジットヒストリーを指定信用情報機関の情報で確認するようになっています。

2020年度【保存版】年会費無料のおすすめクレジットカード 2020年度【保存版】年会費無料のおすすめクレジットカード 2020年度版の「おすすめクレジットカード」を集めました。それぞれ特徴が違いますが、年会費無料、高還元率、マイルが貯まる、特定の店舗でポイントが一気に貯まる、旅行傷害保険が付いているなど特典の多いおすすめのクレジットカードをまとめました。 この記事を読む

延滞・金融事故とブラックリストの関係

延滞・金融事故とは、長短期の延滞や債務整理(通常の債権整理、自己破産、民事再生)など、カード利用残高や融資金の回収が困難になった情報をいいます。

たとえば、クレジットカードの利用代金を長期に渡り支払わず、カード会社から契約を強制解除された場合に金融事故となります。

この長期延滞や金融事故を引き起こすと、その情報が指定信用情報機関に登録されるのです。まさに延滞・金融事故の情報が登録された状態のことをブラックリストといいます。

ただし、延滞は、短期延滞(クレジットカード業界では遅延)と長期延滞に分かれて扱いも違ってきます。短期延滞(遅延)の場合は、後から入金すれば、カードはそのまま使い続けることができます。

何回にもわたって遅延や短期延滞を繰り返さなければ、延滞情報にも載らない場合も多いです。

一方、長期延滞に陥った場合には、一定期間が経過するとカード会社や消費者金融会社はカード契約の解除に踏み切ります。それぞれの会社で契約解除になるまでの期間は違っていますが、指定信用情報機関に金融事故として登録されることになります。

この状態になれば、ブラックリストに掲載されていると言われ、どこでもカードの審査には通らなくなるのです。

餃子の王将はクレジットカード・電子マネー・スマホ決済が使える? 餃子の王将はクレジットカード・電子マネー・スマホ決済が使える? 餃子の王将はクレジットカード払いが出来ません。しかし、ショッピングモール内の店舗で利用出来るところがあります。ただ、かなりの少数店舗ですので基本はクレカ払いが出来ないと思ってOKです。電子マネーはクレジットカードが使える店では使う事が出来ます。カードとは別件ですが王将は「ぐるなびギフトカード」が使えます。 この記事を読む

ブラックリストと言われる理由

ではなぜ、この状態のことをブラックリストと言われるのでしょうか?

すでに記載したように、各金融機関は、審査の際に指定信用情報機関で審査を申込んだ方のクレジットヒストリーを確認します。そのとき、過去に長期延滞などの事故情報が登録されていると、まず審査に落ちてしまいます。

無担保無保証人で融資をする金融機関においては、信用情報というものは、何よりも重視すべき信用力と言えるのです。

すなわち、きちんと遅れなく返済していると言うことは、金融機関に対しては何よりも信用を得ることができます。逆に、延滞や金融事故を起こしていると言うことは、金融機関にとっては信用力のない人となるのです。

そのため、過去に金融事故を起こした人に対してはどの金融機関も警戒してしまいます。つまり、「金融事故情報が登録されている=要注意人物」となるため、その状態のことを揶揄してブラックリストと呼ばれているのです。

ブラックリストに登録されると、通常のローンだけでなく、住宅ローンやクルマのローンもなども組めなくなるため、非常に不便な生活を強いられることになります。そのため、延滞や金融事故はなんとしても起こさないようにしましょう。

吉野家でクレジットカード払いや電子マネー・スマホ決済は使える? 吉野家でクレジットカード払いや電子マネー・スマホ決済は使える? 吉野家ではクレジットカードは使えませんが、電子マネーのWAONは使うことが出来ます。WAONはポイントの2重取りが出来るので、現金で払うよりお得になります。「吉野家WAONカード」というのもがありますが、普通のWAONカードでも使うことが出来ます。 この記事を読む

以上、よく聞くブラックリストって一体なに?のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:よく聞くブラックリストって一体なに?

このコラムにおすすめのクレジットカード

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ライフカード

満足ポイント 4.9

年会費無料
還元率0.5%~1.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天ペイとは?楽天ペイのメリットと使い方

楽天ペイで還元率1.5% 楽天ペイのメリットと使い方

ポイントのコラム

人気でおすすめのVISAカードランキング

人気でおすすめのVISAカードランキング

マイルのコラム

JALカードコラムのまとめ

JALカードコラムのまとめ

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

コンシェルジュが使えるクレジットカードランキング

コンシェルジュが使えるクレジットカードランキング

SiteLock