Q.クレジットカードを複数枚持つデメリットは?

クレジットカードを複数枚所有したいのですが、何かデメリットはありますか?

A.クレジットカードは複数枚持つと、各カードのポイントが分散されるのでポイントが貯まりにくくなったり、口座振替の管理が大変になるなどのデメリットがあります。

クレジットカードを複数枚所持することのデメリット

クレジットカードは、便利なことから、現代では1人あたり2.6枚(日本クレジット協会)を持っているとのデータもあり、複数枚持っているのは当たり前の時代になっています。(参照:一般社団法人日本クレジット協会)

しかし、便利ですが、基本的にはよく使うメインカードと、ポイントなどのためのサブのカードを1~2枚保有しているというのが理想でしょう。

複数枚所持していると、以下のようなデメリットがあります。

ポイントが貯まりにくい

クレジットカードの大きな魅力の1つにポイント制度にあります。ポイントが貯まり、そのポイントでショッピングができたり、色々な景品と交換ができる事です。

ポイントのために、何枚もカードを作っているという場合も少なくありません。

しかし、カードを複数枚所持してしまうと、ショッピングなどで利用する金額も分散されてしまうため、カード1枚あたりに貯まるポイントも分散し、それぞれのカードのポイントは少なくなってしまいます。

また、ポイントには有効期限があります。2年程度が普通ですが、1年という有効期限の短いカードもあります。この期間内にポイントは使わないと消えてしまいます。

有効期限を気にする場合、無期限のセゾンカードなどがいいでしょう。ポイントが無期限なので全てのポイントを使い切る事ができます。

貯まったポイントが少ない場合には、交換できる商品がほとんどないままポイントの有効期限が過ぎてしまうという事もあります。これは大きなデメリットです。

そのため、ポイントを貯めるならよく使うメインカードはポイント還元率の高いカードに決めておき、ほかのポイントと交換ができる1枚か1枚のクレジットカードに支払いを集中させたほうがいいでしょう。

引き落とし日の管理が大変

クレジットカードを何枚も作るデメリット

クレジットカードには、それぞれ引き落とし日(支払日)があります。実際にクレジットカードの支払日はそれぞれ違っており、同じカード会社でもカードの種類によって支払日が違っていることはよくあります。

つまり、クレジットカードを何枚も持っていれば、当然カードの支払日は月の中で何回も訪れることになります。持っているクレジットカードの支払日が同じならいいですが、たいていは違う日になっているケースが多いのです。

口座の引き落とし日に合わせてお金を確認して、不足していれば入金に行くというのは、管理が難しくなります。

口座残高が不足してしまい、支払いを延滞してしまうことにもなりかねません。また、各カードの請求額も把握しなくてはならず、そのつど口座残高を確認する必要があります。このように、複数枚所持して、それぞれに利用も分散していると支払い管理の負担が非常に重くなります。

【初心者】クレジットカードの作り方を簡単解説!2019年版 クレジットカードの作り方 クレジットカードの作り方は4つ スマホで簡単に作れる クレジットカードを作るのに必要なモノ 銀行口座と身分証明... この記事を読む

支払管理ができないと大変

1枚のカードで延滞が発生して、枚数が多いために把握できず、すぐに返済入金をしなかった場合には、延滞登録されてそのカードが利用停止になるだけでなく、すべてのカードが使えなくなることもあり得るので注意が必要です。

さらに、クレジットカードの請求書が何枚も来る場合、その確認もおろそかになってしまいます。そのため、不正利用されていても気がつかないということも起こってしまう可能性も高くなります。

このように複数枚のクレジットカードを持つというのは大きなデメリットがあります。

したがって、基本的には、メインになるクレジットカードは決めておき、ほかのサブカードはポイント還元率の高いカードを持つのがおすすめです。

新規申込みで不利になることも

クレジットカードを複数枚所持するということは、それだけ与信枠の合計も大きくなるということです。複数枚のカードを持っていることにより、全体の与信枠合計が大きくなるということは、ほかのカードに新規申込みをする際に不利になる場合もあります。

たとえば年収300万円の人がクレジットカードを複数枚所持し、その与信枠の合計が300万円だとしたら、この人は300万円一気に使うことが可能ということになります。これではカード会社のリスクも増します。

たいていのカード会社の場合は、実際に利用している金額に注意しますが、枚数がかなり多くなりすぎている場合には、リスクを意識して、審査に通過しづらくなるというデメリットもあるのです。

そのため、クレジットカードはメインカードとサブカードを決めて、使わなくてもいいカードは解約したほうがいいでしょう。管理の負担も軽くなり、ポイントも貯まり審査に悪影響を及ぼす可能性も少なくなります。

2019年度【保存版】年会費無料のおすすめのクレジットカードはこれ! 年会費無料のおすすめのクレジットカード 2019年度版の「おすすめクレジットカード」を集めました。それぞれ特徴が違いますが、年会費無料、高還元率、マイルが貯まる、特定の店舗でポイントが一気に貯まる、旅行傷害保険が付いているなど特典の多いおすすめのクレジットカードをまとめました。 この記事を読む 1番かっこいいクレジットカードは何? 一番かっこいいクレジットカードは何? 支払いをする時、ブラックカードやプラチナカードだと優越感を味わえます。ザ・クラスを獲得するまで4~5年かかります。アメックスやダイナースは1年以内にブラックカードが作れたりしますがJCBは厳格で、簡単には作らせてくれません。メンバーズセレクション、グルメベネフィットなどのブラックカードのサービスが充実しています この記事を読む

このコラムにおすすめのクレジットカード

REXカード

満足ポイント 4.7

年会費無料
還元率1.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC500円(税別) 初年度無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

クレジットカードの作り方

【初心者】クレジットカードの作り方を簡単解説!2019年版

Amazon・楽天のコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

ポイントのコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

マイルのコラム

マイルカードとポイントカードのどっちがいい?

クレジットカードを作る時にマイル系カードとポイント系カードで悩んでいます

空港のコラム

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

ゴールドカードのコラム

アメックスは誰でも作れる?アメックスの審査を解説

アメックスグリーンは誰でも作れる?カードの特典とアメックスの審査を分かりやすく解説

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

学生のコラム

学生にメリットのあるクレジットカード

今年から大学生。どんなクレジットカードを作れば良いでしょうか!最新トリセツ。

その他のコラム

paypay(ペイペイ)の使い方とメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)とは?これから使う人は必見です。ペイペイのメリットとデメリット