Vプリカ

満足ポイント 4.0

年会費無料
還元率-
ETC-
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

Vプリカのおすすめポイント

特徴と年会費

Vプリカは、ライフカード株式会社が発行するネット専用Visaの「プリペイドカード」になります。ネット上のVisa加盟店ならクレジットカードと同じように利用する事が出来ます。

プリペイドカードなので後日カードが郵送されるなどと思われるかもしれませんが、Vプリカはカード自体がありません。マイページで券面を選ぶことが出来ますが、これはバーチャル上の事になります。

入手にあたり、年齢的な条件は、国内在住で18歳以上であればOKで、審査もなく、簡単な登録をすればすぐにアカウントが発行されます(審査不要で即発行)。

ネット上でVISAがVISAが使える所が条件になりますが、VISAなので困ることはありません。

どういったモノに使える?

ネット上のクレジットカード(VISA)決済のできるサイトに使えます。
代表的な例をいいますとこんな感じになります。

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahooショッピング
  • 携帯ゲームの課金
  • App Store
  • Google Play
  • iTunes
  • LINEコイン
  • 海外のショッピングサイト

逆に使えないものはこういったものになります。

  • インターネット以外でのVISA加盟店での利用
  • Vプリカによるキャッシュ(現金)取引(FX取引/旅行小切手購入など)
  • 月額・継続契約の利用料金の支払い(公共料金/電話料金/プロバイダー/レンタルサーバーなど)
  • 航空券やフェリー、高速バス、また、コンサートなどのチケット、ホテルの事前予約等

クレジットカードと何が違う?

使う感覚としてはクレジットカードと同じようなものなのですが、なにが違うのかをまとめました。

  • 先払いと後払い
  • 審査が無い
  • 匿名性が高く本名がバレない
  • 秘密の買い物がバレない
  • 年会費がかからない
  • 実物のカードが存在しない
  • 紛失の心配がいらない

Vプリカとクレカの違いを表にするとこのようになります。

  Vプリカ クレジットカード
審査 不要 必要
本人確認 不要 必要
銀行口座 不要 必要
カード記載氏名 ニックネームOK 本名
カード形態 カードなし  プラスチックカード
利用開始時機 Vプリカ発行後即 カード到着後
利用可能額 残高の範囲内  与信額内
引き落としタイミング 購入時  後日
年会費 不要  必要
セキュリテイーロック 対応  1部有り

Vプリカの限度額と有効期限

保有枚数は同時に10枚まで保有できます。また、複数のVプリカの残高を合算することで最高10万円の買い物が可能になります。

Vプリカの有効期限は、購入後1年を経過したその月の月末となります。残念ながら有効期限を過ぎてしますと使えなくなります。残高も執行されてしまします。

回避する方法は、新しいVプリカを購入して合算をすれば、新しい方のVプリカの有効期限に変更になります。なお、有効期限がせまってくると、約1ヶ月前にお知らせメールが届くシステムになっております。

VプリカとVプリカギフトの違い

Vプリカは全部で8種類のカード券種がありますが、コンビニで購入する場合と、クレカで購入する場合は、種類が多少異なります。

【購入可能な券種】

クレジットカード・インターネットバンキングからの購入の場合8種類いけます。

  • 500円
  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 20,000円
  • 30,000円

コンビニでの購入なら5種類になります。

  • 2,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 7,000円
  • 10,000円

Vプリカギフトの場合は2種類だけになります。

  • 3,000円
  • 5,000円

「休眠カード維持費」の注意点

Vプリカの注意点としまして「休眠カード維持費」というのがあります。

危険な匂いがしますが、これは最後に利用した月から未使用で3ヵ月間を過ぎますと、管理費用として、翌月25日に月額125円(消費税込)が「休眠カード維持費」として残高より引かれます。

3ヵ月間使用しない事って、場合によってはわりとあると思います。

「休眠カード維持費」を取られないようにする対処法として、Amazonギフト券(メール版)の15円分を購入すれば「休眠カード維持費」は発生しなくなります。

購入時に手数料がかかる

Vプリカは購入時に200円の手数料がかかります。例えば3,000円のVプリカを購入しようとすると、3,200円がかかります。コンビニ、ネットからクレジットカードで決済をしても200円の手数料がかかってしまいます。

ただ、ライフカードでVプリカを購入すると手数料がかかりません。ライフカードは年会費無料のクレジットカードなので購入専用に作っておいても損はありません。

Vプリカの購入方法

24時間いつでも、インターネット上やコンビニでVプリカを購入&発行ができます。プリペイドカードのため審査等の面倒な手続きはなく、購入後すぐにカード情報を確認できます。

【インターネットで買う】
会員専用ページ(Myページ)から申込み後、クレジットカードで支払いができます。支払い完了後、すぐにVプリカが発行されます。この場合、クレジットカード払いになります

【コンビニで買う】
最寄りのコンビニでVプリカを購入して、会員専用ページ(Myページ)でカード情報を発行します。

【ネットバンクで買う】
ネットバンク(パソコン、モバイル)からVプリカ購入代金を支払うことができます。

ギフトにも最適!Vプリカギフトとは?

Vプリカには通常カード以外に、プレゼントに最適なVプリカギフトがあります。Vプリカギフトはコンビニで購入できて、すぐに使う事が出来る便利さが特徴です。

通常のVプリカは利用者情報の登録が必要ですが、Vプリカギフトはアカウント開設の必要がなく、簡単なカード情報の入力のみでカードを使うことが出来ます。

Vプリカギフトは2種類!

Vプリカギフトは、3,000円分(販売価格3,250円)と5,000円分(販売価格5,290円)の2種類があります。金券のような感覚で手渡しができるギフトなので、贈り物として幅広く活用できます。取り扱い店舗は以下の通りです。

Vプリカの取り扱い店舗一覧

Vプリカの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 日本国内在住の18歳以上の方
審査・発行 即日発行
年会費(本人) 初年度 無料
※Vプリカの未利用期間が3ヶ月を超えた場合、休眠カード維持費として、毎月25日にVプリカ残高から125円が引落しされます。
2年目以降 無料
※Vプリカの未利用期間が3ヶ月を超えた場合、休眠カード維持費として、毎月25日にVプリカ残高から125円が引落しされます。
年会費(家族カード) 初年度 -
2年目以降 -
限度額 ショッピング 限度額 Vプリカの残高の範囲内
キャッシング 限度額 -
ETCカード -
締日 / 支払日 -
支払い方法 前払い式
・券種…500円~30,000円
・支払い方法…クレジットカード(VISA、Master Card、ライフカード)、インターネットバンキング、コンビニ購入のいずれか
国際ブランド
  • VISA

追加できるカード

追加カード

電子マネー

ポイントプログラム

ポイント還元方法 -
ポイント付与率 -
ポイント還元率 -
ポイント有効期限 -

マイレージ

マイレージ移行先 -
マイル付与率 -
マイル還元率 -
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 -

付帯保険 

海外旅行保険 死亡・後遺傷害 -
傷害治療費用 -
疾病治療費用 -
救援者費用 -
賠償責任 -
携行品損害 -
国内旅行保険 死亡・後遺傷害 -
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
ショッピング保険 -
その他 ・セキュリティロック機能
・VISA認証サービス(3-Dセキュア)対応

おすすめカードを比較

ジャンル別 最新コラム

楽天のコラム

「楽びん!」がエリア拡大

「楽びん!」の予約注文のお届け対象エリアが東京都23区へ拡大!

アメックスのコラム

アメックスの凄まじいポテンシャルをあらためて検証してみた!

アメックスの凄まじいポテンシャルをあらためて検証してみた!

航空系のコラム

ANAの「旅割」と「特割」ってなに?どっちが安い?

ANAの「旅割」と「特割」ってなに?どっちが安い?

飲食系のコラム

楽びんで松屋の牛丼が宅配可能に

松屋の牛丼が宅配で届くようになりました

ポイントのコラム

宝くじはクレジットカードで買えるのか?買えます。

宝くじはクレジットカードで買えるのか?調べてみました。

まとめのコラム

おすすめクレジットカードとは?

おすすめクレジットカードとは?