Q.ブラックリストの情報を消すことはできますか?

社内ブラックとブラックリストの違いはなんですか?

A. 登録されている指定信用情報機関や延滞、金融事故などの種類によって異なりますが、5年(自己破産は10年間)は登録情報は記載から消えません。したがって、その後にならないと情報は消去されないので注意してください。 

そもそもブラックリストとは?

そもそもブラックリストとは、短長期の延滞や債務整理、自己破産などの金融事故を引き起こし、その事故情報が個人の信用情報として指定信用情報機関に登録されている状態のことを言います。

指定信用情報機関も業界別に次の3つになります。

  • クレジットカード業界 CIC(CREDIT INFORMATION CENTER)
  • 消費者金融業界    JICC(日本信用情報機構)
  • 銀行業界       KSC(全国銀行個人信用情報センター)

CICとJICCには、それぞれの業界以外の金融機関も参加でき、キャッシングに関しては互いに情報共有をしています。KSCは基本的には銀行業界のみに限られ、カード会社や消費者金融会社は見ることができません。

カード会社を含めた金融機関は、ローンやクレジットカード審査の時に、必ず個人の信用情報を指定信用情報機関で確認します。カード会社は、CICとJICCの個人情報を取り寄せて確認するのです。

そのため、過去に短期延滞(遅延)を繰り返したり、長期延滞や金融事故を起こしたりしている場合には、どの金融機関に行っても審査に落ちるようになってしまいます。このことを揶揄してブラックリストと呼んでいます。

ただし、短期延滞などに関しては、カード会社などによって扱いが違っています。

全額払いが出来るリボ払いカードのまとめ 全額払いが出来るリボ払いカードのまとめ リボ払いのカードは、ポイント還元率が良く、高スペックなタイプも多くあります。 支払いでは金利手数料が上乗せされるため、一括払いのカードよりも好条件にしているのです。最初に設定をしておけば「一括払いと同じ」という優れたカードもあります。今回はその中でも優れた「リボ払いカード」をまとめてみました。 この記事を読む

ブラックリストからカード事故情報を消すことはできるか?

指定信用情報機関に登録されている過去の延滞・事故情報は、個人の力で消す事は出来ません。指定信用情報機関では、完済(契約解除などの不良完済を含む)から一定の期間が経過すると過去の事故情報が消去される仕組みとなっています。

ただし、指定信用情報機関に確認(情報開示)して、短期延滞や長期延滞などが誤情報によって登録されている場合には、登録した金融機関に誤りであることを示せば、誤情報の訂正は可能です。

登録されている延滞・事故情報がどれくらいの期間で消去されるかは、延滞の種類や事故の種類、登録されている指定信用情報機関によって異なっています。基本的にはたいていブラックと言われる情報は、消えるまで5年ほどかかるので、一度でも長期延滞や金融事故を引き起こすと長期間に渡って不便な生活を強いられることになります。

カード払い延滞情報の消去にかかる時間

延滞情報の消去されるまでにかかる時間は以下のようになっています。

指定信用情報機の情報保存期間

  • CIC 契約継続中及び完済後5年
  • JICC 契約継続中及び完済後5年
  • KSC 完済後5年(自己破産などは10年)

これからわかるように、消去されるまでの期間のカウントダウンは完済後から始まります。また、遅延や短期延滞を繰り返していた場合には、借りている間は、指定信用情報機関の記録からは消えていかず、正常完済しても5年間は記録が残るということです。

ただし、この完済後の意味には、注意する必要があります。延滞が長期にわたった場合には、クレジットカードでも、カードローンでも強制解約になります。

この強制解約は、延滞期間が長引いた場合にカード会社や消費者金融会社が強制的に契約を解除することであり、その時点で一括返済を要求できることになります。すなわち、強制解約は不良完済にあたり、強制解約をされた時点から5年間、記録は消えないのです。

申し込む前に確認。三井住友カードのメリットとポイントの貯め方 申し込む前に確認。三井住友カードのメリットとポイントの貯め方 これからクレジットカードを作ろうとして「どれにすればいいのか?」と迷ったりしているのなら、間違いがないのは三井住友カードです。クレジットカードといえば、三井住友カードを思う浮かべる人も多いと思います。 今回、分かりやすく三井住友カードのメリットとデメリットを解説します この記事を読む

自己破産と民事再生情報の消去にかかる時間

債務整理情報のうち、自己破産や民事再生の官報に記載される金融事故情報については、銀行業界のKSCでは延滞や通常の債務整理よりも重度の金融事故として記録保持期間は長くなります。消去にかかる期間は以下のようになっています。

指定信用情報機関の自己破産・民事再生の消去までの期間

  • CIC 5年
  • JICC 5年
  • KSC 10年

見ての通り、CICやJICCでは通常の事故情報と変わらず、5年間の記録保持になりますが、KSCでは10年間保存されることになり、その間はローンやクレジットカードの審査は通りません。

住宅ローンやクルマのローンもその期間は利用することができません。基本的には、ローンやクレジットカードでは延滞はしないことが最良です。

以上、ブラックリストの情報を消すことはできますか?のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:ブラックリストの情報を消すことはできますか?

このコラムにおすすめのクレジットカード

REXカード

満足ポイント 4.7

年会費無料
還元率1.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

イオンカードセレクト

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天ペイとは?楽天ペイのメリットと使い方

楽天ペイで還元率1.5% 楽天ペイのメリットと使い方

ポイントのコラム

人気でおすすめのVISAカードランキング

人気でおすすめのVISAカードランキング

マイルのコラム

JALカードコラムのまとめ

JALカードコラムのまとめ

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

コンシェルジュが使えるクレジットカードランキング

コンシェルジュが使えるクレジットカードランキング

SiteLock