Q.派遣社員の場合、勤務先は派遣先と派遣元どちらを書けばいいですか?

派遣社員の場合、勤務先は派遣先と派遣元どちらを書けばいいですか?

A.派遣社員の場合は、基本的に派遣元の企業名を勤務先に記入してください。自分の属性をよく見せようと派遣先の企業名を記入する人も多いですが、在籍確認などの都合もあるため派遣元の企業名を記入するのが正解です。

なぜ派遣元なのか

では、なぜ派遣社員の場合は派遣先ではなく派遣元の会社名を記入するのでしょうか。実は、在籍確認があることを想定すると、派遣元の会社名を申告したほうがより安全なのです。

少し深刻な話になりますが、基本的に派遣先企業において派遣社員の扱いは劣悪なことが多く、存在感も非常に薄いです。クレジットカード会社によっては勤務先に在籍確認をすることがありますが、その際派遣先企業だと派遣社員の存在感が薄いため、在籍確認の電話を取り次いでもらえないことがあります。

すると、在籍を確認できなかったという理由で審査落ちしてしまうのです。そのため、派遣元の会社名を記入したほうがより安全なのです。

派遣先と派遣元どちらを申告する場合もある

最近はクレジットカードの申し込みフォームも進化しており、派遣社員の場合は派遣元と派遣先両方の会社名を記入する場合があります。このような場合は正直に派遣元と派遣先の会社名を申告すれば大丈夫です。もし勤務先を記入する欄が1つしかなければ派遣元の会社名を記入するようにしましょう。

カード会社に正直に申告する

勤務先を申告する時に、派遣先の大企業の名前をついつい記入してしまいたくなる気持ちは理解できますが、ここでは正直に派遣元の企業名を申告しましょう。

勤務先を偽って申告する人は、何か属性に問題でもあるのではないかと無用な疑いを持たれてしまうこともあります。電話で確認されることもあるので、最初から正直に申告しておくほうがよいでしょう。

仮に派遣先の会社名を申告し、在籍確認ができなかった場合には審査で落ちてしまい、そのデータがカード会社に保管されてしまいます。一度落ちるとすぐに申し込んでもまた落ちることが多いので、不要なリスクを避けるためにも派遣元の会社名を正直に申告しましょう。

このコラムにおすすめのクレジットカード

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

イオンカード

満足ポイント 4.1

年会費無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

セディナカード

満足ポイント 4.0

年会費無料
還元率0.5%~1.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

MICARD(エムアイカード)

満足ポイント 4.2

年会費無料
還元率0.5%~10%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集