公共料金を払うなら口座振替割引とクレジットカードのどっちが得か

公共料金を払うなら「口座振替割引」と「クレジットカード」のどっちが得か?

口座振替とカードのそれぞれの条件の確認をしてみる

公共料金をクレジットカードで払っている人も多いと思います。引き落としの人は口座振替割引という制度があるのをご存知でしょうか?

例えば「関西電力」の場合、1回の引き落としで54円の割引になります。

カード払いでもらえるポイントと54円のどっちが得なのか!何パターンかでシミュレーションをしてみました。

答えを先に書くと、還元率が1%以上なら公共料金はクレジットカードで支払う方がお得になります

では、シミュレーションの続きです。まず始めに各種条件の設定を決めます。場所は神戸市で行きます。

口座振替割引 関西電力の「口座振替割引」は1回54円
大阪ガスの口座振替割引はサービス自体が無し
神戸市の口座振替割引はサービス自体が無し

調べてみると、水道とガスの「口座振替割引サービス」は、全国でもほとんど無いのが分かりました。よって今回は電気代のみでいきます。

次に総務省統計局の1人暮らしと2人以上の世帯の電気代です。

人数 電気代
1人暮らしの場合 5,320円
2人以上の世帯 10,100円

1人暮らしの場合のシミュレーション

1人暮らしの場合のシミュレーションをしてみます。クレジットカードは還元率0.5%と1%でそれぞれ比較してみます。対象の電気代は5,320円です。

  口座振替割引 還元率0.5% 還元率1%
割引率 54円 26.6円 53.2円

還元率が0.5%カードの場合、口座引き落としの方がお得なのが分かります。

2人以上の世帯の場合のシミュレーション

対象の電気代は10,100円です。

  口座振替割引 還元率0.5% 還元率1%
割引率 54円 50.5円 101円

還元率が0.5%カードの場合で、ほぼ同等。1%のカードなら断然クレカ払いの方が得になりました。

2人以上の世帯というデータが若干分かりにくいですが(4人とかもいるので)、手持ちのクレジットカードの還元率が1%以上で、月の電気代が5,400円以上ならカードの方が得をするという事になります。

夏と冬はもっと電気代がかかるので、それを含めるとカードの方が得になります。また、貯まったポイントをマイルに交換も出来るので、総合で考えるとクレジットカードに軍配があがります。

還元率が1%以上のカードは以下になります。

オリコカードザポイント

オリコカード ザ ポイント

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1%~2%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

新規入会&利用で最大8,000ポイントプレゼント

オリコカード ザ ポイントのメリット

  • 年会費が永年無料
  • 還元率が1%と高い
  • 入会後6ヶ月間はポイント2倍

オリコカード ザ ポイントのデメリット

  • ポイントの有効期限が1年間しかない
  • 海外旅行傷害保険が付いていない

オリコカード ザ ポイントは基本還元率は1%で年会費無料で発行出来るカードです。

新規入会から6カ月間は基本還元率が2%になるので、この時期にまとめ買いもお得です。

加えて、さらに、ショッピングモールの「オリコモール」を経由してAmazonや楽天などの提携サイトで買い物をすると、通常還元率1%+ショップポイント0.5%+オリコモール特別加算0.5%=還元率2%を獲得出来ます。

PayPayカード

PayPayカード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1%~3%
ETC550円(税込)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

新規入会&3回利用で最大7,000円相当のPayPayポイントがもらえる

PayPayカードのメリット

  • 年会費無料
  • 還元率は1%と高い

PayPayカードのデメリット

  • 旅行傷害保険が付いていない

PayPayカードはでいつでも基本還元率1%を獲得出来る年会費無料のカードです。

ヤフーショッピングを使うと、基本還元率+加算ポイント2%で合計還元率3%を獲得出来ます。

貯まるポイントはPayPayポイントになります。

楽天カード

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1%~2%
ETC550円(税込)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント

楽天カードのメリット

  • 年会費無料
  • 楽天市場でポイント3倍
  • 海外旅行傷害保険は利用付帯で最高2,000万円

楽天カードのデメリット

  • ETCカードが有料
  • 広告メールが多い
  • 問い合わせがしにくい

おなじみ、高還元率の代表的なカードと言えば楽天カードです。

年会費無料で基本還元率1%を獲得出来ます。

楽天の対象サービスを使うことでポイント倍率があがるSPUというプログラムなら、ポイント最大14倍を獲得できる最強カードです。

以上、公共料金を払うなら「口座振替割引」と「クレジットカード」のどっちが得か?のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:公共料金を払うなら「口座振替割引」と「クレジットカード」のどっちが得か?

このコラムにおすすめのカード

三井住友カード(NL)

満足ポイント 5.0

年会費年会費永年無料
還元率0.5%~5.0%
ETC550円(税込) (初年度無料)
※前年1回の利用で翌年無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天ゴールドカード

満足ポイント 4.9

年会費2,200円(税込)
還元率1%~5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

執筆者プロフィール

石崎 英司(いしざき えいじ)
石崎 英司(いしざき えいじ)
クレジットカード歴20年の専門家で、クレジットカードの券面の端の5ミリを見たら「何のカードか分かる」くらいのスペシャリスト。

今までにクレジットカードに関する記事を2,000記事以上公開。

クレジットカード・生命保険・年金などが得意分野。27歳から株を始め、株式投資も20年目のベテランでもある。

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング
おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費は通常1,375円(税込)が必要ですが、 年会費割引サービスを利用する事で年会費を永遠に無料に出来ます。

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を解説します

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を徹底解説

ポイントのコラム

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

マイルのコラム

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説