いまさら聞くけどVISAってなに?

いまさら聞くけどVISAってなに?

いつも当たり前に聞くVisaですが、「三井住友の何か?」と思う人も多いかもしれません。さらに、VisaとMasterはワンセットの同じモノ?と勘違いもあるかと思います。今回はこれを簡単に解説していきます。

アメリカに本社のあるVisaはクレジットカードの複数ある決済システムの一つにすぎません。Visaについて整理してみます。

Visaはクレジットカードを発行してません

例えばAさんとBさんでこんな会話があるとします。

Aさん:「Bさんはどこのクレジットカードを持っているの?」
Bさん:「Visaだけど」

この会話は全く不自然ではありませんが、質問の意図によってはトンチンカンになってしまいます。

Aさんの意図は次の2通りに考えれるからです。

1)…「Bさんはどこの(国際ブランドの)クレジットカードを持っているの?」
2)…「Bさんはどこの(発行会社の)クレジットカードを持っている?」

Aさんの意図が1)のケースなら、Bさんの答えは正しくなります。2)の場合はBさんの答えが間違いです。Visaはクレジットカードを発行していないからです。

少し専門用語が多いので、国際ブランドと発行会社の違いを説明します。

国際ブランドとは、世界中で決済が出来るシステムを提供している会社になります。カードの右下にあるマークがそれです。国際ブランドは現在世界で5社になります。

国際ブランド

  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • アメックス
  • ダイナース

発行会社とは、クレジットカードを発行している会社になります。なじみのある所で言いますとこんな感じになります(ほかにもいっぱいあります)

発行会社

  • 三井住友カード
  • クレディセゾン

発行会社は、入会審査や請求、特典の提供や会員サポートなどを業務としています。Visaは「イシュア」(カード発行会社)ではなく、決済システムを表す国際ブランドの名称になります。決済システムを銀行、航空会社、ホテル、流通などの各企業と提携・ライセンス契約し、カードを発行してもらっています。つまり自社でカードを発行しておりません。

おさらいになりますが、5大国際ブランドのカード発行形態は以下の通りです

発行会社でもあり決済システムを提供している国際ブランド

  • JCB
  • アメックス
  • ダイナースクラブ

決済システムのみを提供している国際ブランド

  • Visa
  • MasterCard

VisaとMasterCardは、なぜイシュアではないのでしょうか。(イシュア=カード発行会社)。この2つの国際ブランドは、日常生活で使うことを目的とした性質があるからです。世界のどこの国・地域でも、幅広く利用できることが第一にしなければなりません。

Visaは世界で最も利用できる店舗数(4,000万店)を持ち、門戸を広げて提携やライセンス発行を世界各地で広げてきました。MasterCardは、Visaと同じ加盟店開拓のシステムを採用し、ほぼ同じ利便性を持ちます。

JCB、アメックス、ダイナースクラブはT&F(トラベル&エンターテインメント)カードと呼ばれています。

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1%~2%
ETC550円(税込)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント

楽天カードのメリット

  • 年会費無料
  • 楽天市場でポイント3倍
  • 海外旅行傷害保険は利用付帯で最高2,000万円

楽天カードのデメリット

  • ETCカードが有料
  • 広告メールが多い
  • 問い合わせがしにくい

世界最大の会員数を誇るVisaの特徴

世界で1番の会員数を誇るVisaの特徴 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

Visaと「提携・ライセンス発行」を受けたカードの世界の会員数は20億人ともいわれています。MasterCardは約10億人です。JCB、アメックス、ダイナースクラブの3国際ブランドは、合わせても3億人程度です。Visaの売り上げは、クレジットカード界全体の半数近くを占めます。

そんなVisaの歴史を見てみます。

1958年:バンク・オブ・アメリカが「BANK AMERICARD」を設立
1968年:日本の住友クレジットサービスがVisaカードを発行
1976年:現社名のVisaに変更

住友クレジットサービス(現三井住友カード)がイギリスに次いで、アメリカ以外の企業として2番目にVisaカードを発行しました。

まとめ

少しはVisaに対する認識が変わったと思います。日本でVisaブランドを代表するクレジットカードが「三井住友カード」になります。

「Visa」は三井住友のブランドと思っている人も多いかと思いますが、それは誤解で、住友が昔からVisaと提携していたので、そういうイメージだったのかもしれません。

今では日本を代表する「三井住友カード(NL)」になっています。この知識を身につけると、のちのち役立つことも出てきます。

クレジットカードの仕組みを理解すると、損することはありません。例えば、国際ブランドを重複させないのは、リスク管理、利用限度額を増やすうえでも重要です。

今回のVisaに関する知識があれば、応用できる範囲になると思います。

以上、いまさら聞くけどVisaってなに?のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:いまさら聞くけどVisaってなに?

このコラムにおすすめのカード

三井住友カード(NL)

満足ポイント 5.0

年会費永年無料
還元率0.5%~5.0%
ETC550円(税込) (初年度無料)
※前年1回の利用で翌年無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友カード ゴールド(NL)

満足ポイント 5.0

年会費5,500円(税込)
※年間100万円以上の利用で翌年以降永年無料
還元率0.5%~5.0%
ETC550円(税込) (初年度無料)
前年1回の利用で翌年無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

執筆者プロフィール

石崎 英司(いしざき えいじ)
石崎 英司(いしざき えいじ)
クレジットカード歴20年の専門家で、クレジットカードの券面の端の5ミリを見たら「何のカードか分かる」くらいのスペシャリスト。

今までにクレジットカードに関する記事を2,000記事以上公開。

クレジットカード・生命保険・年金などが得意分野。27歳から株を始め、株式投資も20年目のベテランでもある。

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

FC2ブログランキング
おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費は通常1,375円(税込)が必要ですが、 年会費割引サービスを利用する事で年会費を永遠に無料に出来ます。

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を解説します

楽天の期間限定ポイントの期限と使い方を徹底解説

ポイントのコラム

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

三井住友カードのポイント交換は何が1番おすすめ?完全ガイド

マイルのコラム

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

ANAの国際線特典航空券に必要なマイルの早見表

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説

JCBのボーナスポイントとは?使い方を分かりやすく解説