JCBの「支払い名人」ってなに?

JCBの「支払い名人」ってなに?

JCBカードに「支払い名人」という支払い方法があります。平たく言うと「リボルビング(リボ払い)」の事になります。

リボ払いは金利手数料の負担があるので、本来はおすすめ出来ません。「支払い名人」の場合、うまく「リスクコントロール」ができれば、お得になるケースもあります。今回、「支払い名人」のメリット・デメリットを見ていきます。

「支払い名人」のメリットとは

一般的なリボ払いは、ユーザーにとっての金銭的な負担が大きいので、避けた方が無難な支払い方法です。高額商品を購入したり、ショッピングでカードの利用を重ねても、月々の支払いが一定です。このため、支払い回数が増えて、金利手数料が膨らんでいきます。

「支払い名人」の場合は、少し性質が違います。ルールをしっかり把握すれば、通常の1回払いと同じように金利手数料がかかりません。

支払い名人のメリット

  • 通常のリボ払いと違い、初回の金利手数料がかからない
  • 設定金額を自由に変更できる
  • 国内のショッピングガード保険が自動付帯になる
  • 対象のキャンペーンの抽選口数が2倍になる

JCB支払い名人

「支払い名人」は利用分が全てリボ払いになるわけではありません。例えば以下のような仕組みになります。

「支払い名人」の設定額50,000円

  • 1月の利用額=50,000円…2月の支払い額50,000円(金利手数料なし)
  • 1月の利用額=80,000円…2月の支払い額50,000円(金利手数料なし)+3月の支払額30,000円(金利手数料あり)

金利手数料がかからない方法

  • 「支払い名人」の設定金額をカードの利用上限額に設定する
  • 利用限度額が50万円以内なので、全て金利手数料のかからない1回払いになる

「支払い名人」の設定は、JCBのWeb上の「MyJCB」で簡単にできます。もちろん、カードデスクへ電話をして設定や変更などもできます。

ショッピングガード保険はJCBカードを利用した商品が対象で、盗難や破損など購入日から90日間、年間100万円を限度に1事故3,000円の自己負担で保証してくれます。

ただし、個別のケースによっては、カードの利用限度額=リボ払い上限額にならない場合もあります。例えばカードの利用限度額が50万円に対し、リボ払い(支払い名人)上限が30万円だったりします。この場合は、支払い名人の設定を30万円にし、月々の利用額が30万円以内にしなければなりません。審査によっては、支払い名人を利用できないケースもあります。

JCBカードの簡単まとめ JCBカードの種類と簡単まとめ JCBは日本で唯一の国際ブランドであるクレジットカードです。これって世界的に見てもすごい事で、JCB以外は「アメックス」と「ダイナースクラブ」だけです。国内では圧倒的な加盟店数を誇り、海外でも徐々にネットワークを広げています。そんなJCBカードを簡単にまとめてみました この記事を読む

「支払い名人」のデメリットとは

JCBの支払い名人のデメリット

「支払い名人」は確かにメリットが得られる支払い方法ですが、リスクをしっかり把握することが大切です。基本的には金利手数料のかかるリボ払いですので、場合によってはユーザーの負担が増加します。
2回目以降の支払いは、消費者金融と同じような金利手数料がかかることを理解が必要です。

支払い名人のデメリット

  • 「支払い名人」で2回目以降の支払いがある場合、金利手数料が年率15%かかる
  • 多く買い物をしても月々の支払額が少ないので金銭感覚がまひする
  • 支払い額が増加すると「支払い名人」の設定額を下げて、支払い回数が増える可能性もある

リボ払いをおすすめできないのは、このような理由があるからです。年率15%とは、単純に10万円を1年間にわたって返済すると、11万5,000円もの支払い総額になるということです。1万5,000円も手数料を取られる事になります。「支払い名人」を使うことでキャンペーン申し込みの抽選が2倍になるメリットも一気に吹き飛びます。

各カード会社は、仕入れや在庫管理の必要がない「リボ払い」の収益増に躍起です。さまざまな特典を用意してユーザーを誘導しますが、常にリスクと隣り合わせの支払い方法です。多重債務に陥りやすいのも、リボ払いのデメリットに挙げられます。

JCBカードから新しく出た「JCB CARD W」ってどんなカード? JCB CARD Wのメリットとデメリット 「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」は、2017年の10月24日から募集開始のまだ1ヶ月も経っていないホヤホヤの新鮮なクレジットカードになります。 今なら取得しても、まだまだカード番号が若いです(タブン)。年会費は永年無料で還元率は1.0%とお得なカードです。 この記事を読む Amazonでおすすめのクレジットカードはダントツで還元率「3.2%」のJCBカード amazonでの買い物は還元率3.2%のJCBカードが1番 目次 通常ポイントで1倍分 Amazonは海外扱いなのでポイントUP(1倍分) 「Oki Dokiランド」のボーナスポイントが発生(1倍分) JCBスターメンバーズの加算ポイントも付く これらをすべて足すと3.2倍になる... この記事を読む 年会費無料で「海外旅行傷害保険」が自動付帯で付いているカード 年会費無料で「海外旅行傷害保険」が自動付帯で付いているカード 今回、年会費無料で「海外旅行傷害保険」が自動付帯で付いているカードをまとめてみました。年会費もかかるし、海外旅行傷害保険も「利用付帯」というカードがほとんどですが、調べると年会費が無料なのに「自動付帯」で付いているカードも稀にあります。 この記事を読む

まとめ

JCBカードの「支払い名人」のように、各カード会社ではさまざまなリボ払いの商品を大々的にアピールしています。リボ払いの名称を各カード会社によって、ソフトなイメージにさせるようなネーミングも目立ちます。リボ払いを前面に出していない、リボ払い専用のカードもあるほどです。

なるべくなら、リボ払いには手を出したくないのですが、使い用によっては、お得度が高いのも事実です。リスクコントロールができれば、おいしいとこ取りができます。

リボ払いは、まさにクレジットカード界の「諸刃の剣」といえます。

このコラムにおすすめのカード

JCB CARD W

満足ポイント 5.0

年会費永年無料
還元率1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCBゴールド

満足ポイント 4.8

年会費10,000円(税別)
還元率0.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

ポイントのコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

まとめのコラム

学生クレジットカードの利用限度額はどのくらい?

学生クレジットカードの利用限度額はどのくらい?

キャンペーンのコラム

2018年クレジットカード入会キャンペーン

2018年9月現在のクレジットカード入会キャンペーンでおいしいカード9枚

amazonのコラム

Amazonタイムセールとは?毎日やっている?

Amazonタイムセールとは?毎日やっている?

楽天のコラム

セイコーマートで楽天ポイントが利用可能に

アメックスのコラム

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF

アメックスカードでのホテル予約が今なら5,000円OFF