コスパ最強のJCBプラチナカードの7つのメリットを徹底解説

コスパ最強のJCBプラチナカードを徹底解説

JCBカードの上位グレードであるJCBプラチナの年会費は25,000円(税別)と決して安くないですが、25,000円分の年会費を払うだけのメリットは十分にあります。

今回はJCBプラチナのサービスにはどのようなものがあるのか詳しく解説します。

ちなみに、JCBの上位グレードカードにはJCBザ・クラスもありますが、JCBザ・クラスは招待制のクレジットカードなのでJCBカードからインビテーション(招待)が来ないと入会できません。

その点、JCBプラチナは上位グレードのクレジットカードでありながら、申し込み制のクレジットカードなので信用力がある人なら比較的持ちやすいクレジットカードといえます。

空港ラウンジが利用できる

日本国内や海外にはクレジットカード会社が運営している空港ラウンジがありますが、JCBプラチナの会員なら空港ラウンジが無料で利用出来ます。

また、家族カードもサービスの対象となので、家族旅行などで旅の疲れを癒したいときにはピッタリのサービスといえます。

なお、空港ラウンジを無料で利用できるのは以下のカード会員のみで、JCB一般カードの会員は有料なのでこれだけでもプレミア感があります。

有料の場合、空港ラウンジは1,000~2,000円がかかります。

空港ラウンジが無料で利用できるカード

  • JCB GOLD EXTAGE
  • JCBゴールド
  • ゴールド ザ・プレミア
  • JCBプラチナ
  • JCBザ・クラス

プライオリティ・パスが無料

プライオリティ・パスとは、世界148ヶ国や地域・600を超える都市にある空港ラウンジを無料で利用できる「パスポート」のようなものをいいます。

空港ラウンジでプライオリティ・パスと航空チケットを見せれば、軽食やドリンクなどを無料で楽しめます。

JCBプラチナは、プライオリティパスが無料で付いているので海外旅行に頻繁に出かける人にとってはかなりのメリットです。

ちなみに、一般の人がプライオリティ・パスを手に入れるためには、「PRIORITY PASS」の公式サイトから会員申し込みをおこなう必要があり、グレードによって以下の年会費がかかってきます。

JCBプラチナのランクはプレステージなので、年間5万円弱の年会費が無料になる感じです。

会員ステージ 年会費 サービス内容
スタンダード US99ドル 1回32ドルで利用可能
スタンダード・プラス US299ドル 10回まで無料。その後の利用は1回につき32ドル
プレステージ US429ドル 利用回数制限なし

引用元:プライオリティパス公式サイト

プライオリティパスを持っていれば、空港ラウンジで無料のドリンクや軽食サービスなどを利用できますし、空港ラウンジ内にあるWi-Fiサービスも利用可能です。

ラウンジによってはシャワールームも無料で使えるので、長時間のフライトで疲れた体を癒すこともできます。

グルメ・ベネフィットは1名分無料

グルメ・ベネフィットとは、国内の厳選された有名レストランの所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分の料金が無料になるサービスです。

利用できる代表的なお店は以下のとおりですが、お店によっては1人15,000円~20,000円前後のプランもあります。

なお、グルメ・ベネフィットは1年に2シーズンの利用期間があり、基本的には1シーズンで1回だけの利用ですが、お店によってはランチとディナーで1回づつ利用することも可能です

<主要エリアのグルメ・ベネフィット利用可能店舗>

エリア 店舗名
北海道エリア ・リストランテ テルツィーナ
・黒島
・厨 花膳
・SIO
・TAKU 円山
・酒肴菜友 じょっぱり
関東エリア ・鉄板焼 下野
・竹林の寿司店
・アンティカ・オステリア・デル・ポンテ
・あわびの源太
・ロドラント ミノルナキジン
・鮨 銀座 天川
・寿司 はせ川西麻布店
・エゴジーヌ
・鉄板焼 馨
・元麻布 東郷
近畿エリア ・中国料理 青冥 祇園店
・Ristorante Tantotanto
・すし 古径 大阪北新地店
・網焼ビフテキ 小松屋
・寿司 はせ川心斎橋店
・鉄板焼 彩
・ベイラウンジ & バー
・とうふ・大阪料理 のりたけ
・シェラトン都ホテル大阪
・割烹 武田
・神戸 アントレコット
・ラヴィマーナアネックス パチャ
・ステーキランド 山崎
中国・四国エリア ・イタリア料理 La sette
・鮨割烹 ちま喜
・板前割烹 ひぐち
・みもすそ川別館
九州エリア ・ラ・ロシェル福岡
・RestaurantVERT FONCÉ
・しゃぶ禅 福岡昭和通り大名店
・広東料理 蓮花/LINPHA
・料亭 山吹
・フレンチレストランDiamant Rouge

※上記店舗は対象店舗のなかから一部を抜粋したものです。
※対象店舗は予告なく変更される場合があります。

なお、グルメ・ベネフィットのサービスを利用するためには専用ダイヤルから予約し、決済はJCBプラチナで支払うことが条件となります。

プラチナ・コンシェルジュデスクは24時間

どのクレジットカード会社でも、上位グレードのカード会員は「コンシェルジュサービス」が利用可能です。

JCBプラチナの会員も24時間対応のコンシェルジュサービスが利用できるので「自分専用の秘書を雇っている」と考えれば、JCBプラチナの年会費は安いものです。

コンシェルジュデスクで対応してくれるサービスの一例

  • 予約のとりにくいプレミアコンサートのチケット手配など
  • 航空券、ホテルの手配と予約
  • 希望する場所や時間帯、料金に応じたレストランの案内と予約
  • ゴルフコースの情報提供と予約

JCBプレミアムステイプランで高級ホテルが優待

JCBプラチナの会員は「JCBプレミアムステイプラン」を使って会員だけの特別価格でホテルに泊まることが出来ます。

JCBプレミアムステイプランは年々対象のホテルやサービスが変わりますが、おおむね一般価格の10~15%オフの値段で利用できます。

JCBプレミアムステイプランで案内されるホテルのなかには、1泊30,000~40,000円前後のところもあるので、家族4人で各々10%引きの恩恵が受けれるとしたら、それだけで12,000~16,000円分がお得になる計算になります。

旅行傷害保険が充実

JCBプラチナのメリットはまだまだあります。

クレジットカードには、通常「海外旅行保険」がついており、旅行時に病気になったり携行品に損害を受けた際には補償が受けれます。

JCBプラチナカードは自動付帯で保険金額が手厚いというメリットがあります。

一例をあげると、JCB一般カードの場合、死亡後遺障害の保険金額は最高3,000万円ですが、JCBプラチナの場合は以下のとおり1億円となっており、その差は歴然です。

<海外旅行傷害保険>

保険の種類 保険金額 備考
傷害・死亡後遺障害 最高1億円 旅行期間中の事故によるケガが原因で事故の日から180日以内に死亡または後遺障害を生じたとき
傷害・治療費用 1回の事故につき1,000万円 旅行期間中の事故によるケガが原因で医師の治療を受けたとき
※事故の日から180日以内に要した費用に限る
疾病・治療費用 1回の病気につき1,000万円 旅行期間中発病、または原因が発生し旅行期間中または旅行行程終了後72時間を経過するまでに(特定感染症の場合は30日を経過するまでに※)医師の治療を受けたとき
※最初の治療日から180日以内に要した費用に限る
賠償責任 1回の事故につき1億円 旅行期間中に誤って他人をケガさせたり他人のものを壊したりして、被害者から法律上の損害賠償を請求されたとき
携行品損害 1旅行中100万円限度
保険期間中100万円限度
旅行期間中に携行する身の回りの品(被保険者の所有するもの)が盗まれたり、事故により壊れたりしたとき
※自己負担額1回の事故につき3,000円
※携行品1つあたり10万円限度

また、上記の条件を一般的な保険会社の商品と比較してみると、いかにJCBプラチナがお得かどうかがわかります。

以下は、東京海上日動の海外旅行傷害保険の条件を表にしたものですが、傷害死亡保険が1億円や賠償責任1億円など、同じような条件で設定すると10日間の旅行で必要な保険料は13,520円になります。

JCBプラチナの場合、年間で25,000円(税別)の年会費がかかりますが、年に2度程度海外旅行に行く人なら、十分に元が取れる計算になります。

<参考:東京海上日動の海外旅行傷害保険>

内容 保険金額
傷害死亡補償 1億円
傷害後遺障害 1億円
疾病による死亡補償 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品損害 30万円
保険料(10日間の場合) 13,520円

以上のほかにも、海外で飛行機が遅延したときに補償される「海外航空機遅延保険」もついていて、万一飛行機の遅れが原因でホテルに泊まったり食事代が余計にかかった場合は、2万円まで補償されます。

ショッピングガード保険が手厚い

ショッピングガード保険とは、JCBカードで購入した商品が偶然の事故などで破損した場合に補償が受けられる保険のことをいいます。

JCB一般カードにもショッピングガード保険はついていますが、海外での保障は最高100万円程度です。

ショッピングガード保険とは?

JCBカードで購入された品物を、JCBカードでの購入日から90日間、年間最高100万円まで補償いたします(1事故につき自己負担額1万円)。
ショッピングガード保険については、お持ちのカードにより補償内容が異なりますので、詳しくはカード一覧よりご確認ください。

引用元:JCB保険コンサルティングデスク

一方、JCBプラチナの場合は「最高500万円程度まで補償」されます。

さらに、万一事故が発生した場合の自己負担額についても、JCB一般カードは1回の事故につき10,000円を負担する必要がありますが、JCBプラチナの場合は3,000円で済みます。

以上、コスパ最強のJCBプラチナカードの7つのメリットを徹底解説のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:コスパ最強のJCBプラチナカードの7つのメリットを徹底解説

このコラムにおすすめのカード

JCBプラチナ

満足ポイント 4.9

年会費25,000円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCBゴールド

満足ポイント 4.8

年会費1万円(税別)
還元率0.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ
おすすめクレジットカードを30秒で診断

おすすめクレジットカード比較(当社調べ)

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

三井住友カードの年会費を永遠に無料にする方法

Amazon・楽天のコラム

楽天ペイとは?楽天ペイのメリットと使い方

楽天ペイで還元率1.5% 楽天ペイのメリットと使い方

ポイントのコラム

人気でおすすめのVISAカードランキング

人気でおすすめのVISAカードランキング

マイルのコラム

JALカードコラムのまとめ

JALカードコラムのまとめ

空港のコラム

プライオリティパスが付いているカードランキング

プライオリティパスが付いているカードランキング

ゴールドカードのコラム

難易度の高いクレジットカードランキング

難易度の高いクレジットカードランキング

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

国内旅行保険付きクレジットカードランキング

学生のコラム

フリーランス向けクレジットカードランキング

フリーランス向けクレジットカードランキング

その他のコラム

コンシェルジュが使えるクレジットカードランキング

コンシェルジュが使えるクレジットカードランキング

SiteLock