Apple Payがいよいよ日本に上陸!その詳細を徹底解剖

Apple Payがいよいよ日本に上陸!その詳細を徹底解剖

国内のモバイル決済市場にApple Payがついに登場します。2016年10月25日に日本で開始されました。

今回はApple Payの詳細を徹底解剖してみます。

全てに対応できる機種は「iPhone 7シリーズ」と「Apple Watch Series 2」

Apple Payの利用には、各端末の世代によって限定されます。全てのデバイスに対応できるのは「iPhone 7シリーズ」と「Apple Watch Series 2」の2機種です。

Appleの非常にうまい戦略で事実上、上記2機種でなければ、機動力のあるモバイル決済ができません。

Apple Payは、ポストペイ型(後払い式)の電子マネーの「iD」と「QIUCPay」の加盟店・サービスで利用できます。クレジットカードからのチャージが必要になるからです。このため、利用できるのは、対応機種と対象クレジットカード保有者になります。

利用できる店舗はコンビニ、ショッピングセンター、家電量販店、ドラッグストアなど幅広くあります。iDで約64万4,000店、QUICPayは40万店以上の加盟店があります。

【Apple Payの対応機種と利用できるデバイス】

iPhone 7、iPhone 7 Plus
交通機関 店舗 アプリ内 Web上

 

iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE
交通機関 店舗 アプリ内 Web上
× ×

 

iPhone 5以降とペアリングしたApple Watch Series 2
交通機関 店舗 アプリ内 Web上
×

 

iPhone 5以降とペアリングしたApple Watch Series 1とApple Watch
交通機関 店舗 アプリ内 Web上
× × ×

 

iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3
交通機関 店舗 アプリ内 Web上
× ×

 

2012年以降に発売されたMacのモデル
交通機関 店舗 アプリ内 Web上
× × ×

次に「使えるカード会社」は以下になります。

▽国際ブランド
 ・MasterCard
 ・JCB
 ・アメックス

▽発行会社

  • イオンカード
  • au
  • オリコカード
  • クレディセゾン
  • ソフトバンク
  • ティーエス キュービック
  • dカード
  • ビューカード
  • 三井住友カード
  • MUFGカード

交通系電子マネーのSuicaとは、抜群の相性の良さも見せています。保有しているSuicaカード(Suica定期券も含む)があれば、カードの上にiPhone7などの端末を置くだけでOKです。
これで、Suicaカードの情報が端末に転送されます。あとは設定しておいたクレジットカードから、Walletの中でSuicaに直接チャージされる仕組みです。非常に簡単な設定ですが、以下のような大きなメリットがあります。

  • Suicaカードを持ち歩く必要がなくなる
  • 券売機、コンビニなどでのチャージが不要になる
  • Suica定期券の更新も端末内でできるので、窓口に行く必要がない
  • 券売機にかざす際、端末のアプリを開く必要もなく、スリープ状態でもOK

安全性やApple Pay国内導入の背景

Apple Payが日本上陸でもっと暮らしが便利に!

モバイル決済は、利便性よりも安全性が最優先されます。IT機器・端末の発展の一方で、セキュリティーの強化が世界各地の共通認識になっています。

同時に利用のプライバシーにも配慮しなければ、モバイル決済機能として成立しません。Apple Payには以下のようなセキュリティー&プライバシー機能を持たせました。

  • クレジットカード番号以外にも、各ユーザーにApple Payの独自番号の割り当て
  • Apple Payでは決済の詳細を保存しないので、個人が特定されることがない
  • 紛失や盗難時には遠隔操作で使用を一時停止でき、Suicaの残高を回復できる

国内のiPhone 6以下ユーザーにとって、おサイフケータイが使えないのは不便でした。
飛行機に搭乗する際、スマホを読み取り機にかざすだけで、ゲートを通過できるのもおサイフケータイの「特権」でした。

Appleもそんな現状を眺めていただけではありません。なんといっても、日本市場を活性化させることが急務でした。2020年の東京五輪までに、国内でApple Pay市場の拡大をしなければなりません。
このため、当初は2017年を予定していた国内の導入を2016年に前倒しすることになりました。

2016年10月中に、国内のモバイル決済市場が、大きく活性化します。

まとめ

iPhoneユーザーにとって、国内のApple Pay導入は念願でした。2014年10月に米国で初導入し、2015年7月に英国、2016年にアジアで初の中国がそれぞれ導入しました。
これらのニュースを聞くたびに、日本はどうなの?と、焦りを募らせた人も多いかと思います。

現在までにApple Payを導入している国・地域は、カナダ、豪州、シンガポール、スイス、フランス、香港、ロシアを加えた計10に上ります。2016年中には日本のほか、スペインも導入予定です。

日本はこれでようやく、モバイル決済の「先進国」の仲間入りを果たした気分です。

このコラムにおすすめのカード

ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.9

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC500円(税別) 初年度無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

JCBカードなら洋服の青山でポイント5倍

JCBカードなら洋服の青山でポイント5倍。新社会人の人はチャンス

年会費無料のコラム

クレジットカードの作り方

【初心者】クレジットカードの作り方を簡単解説!2019年版

Amazon・楽天のコラム

AmazonでJALマイルを倍増できる方法

AmazonでJALマイルを倍増できる方法

ポイントのコラム

LINEペイ キャンペーン ファミマで2割還元を開始

LINEペイがファミマで2割還元を開始。ペイペイの100億円キャンペーンに対抗です

マイルのコラム

マイルカードとポイントカードのどっちがいい?

クレジットカードを作る時にマイル系カードとポイント系カードで悩んでいます

空港のコラム

プライオリティパスがあれば、関西空港の「ぼてじゅう」のお好み焼き3,400円分まで無料で食べれます

プライオリティパスがあれば、関西空港の「ぼてじゅう」のお好み焼き3,400円分まで無料で食べれます

ゴールドカードのコラム

女子にモテるクレジットカード

女子にモテるクレジットカードって本当にある?自分なりの感想

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

三井住友カードなら、セブン・ローソン・ファミマ・マックでポイント5倍!しかも期限がナシです

三井住友カードなら、セブン・ローソン・ファミマ・マックでポイント5倍!しかも期限がナシです

旅行保険のコラム

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

学生のコラム

クレジットカードは大学生でも作れる?

クレジットカードは大学生でも作れる?

その他のコラム

paypay(ペイペイ)の使い方とメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)とは?これから使う人は必見です。ペイペイのメリットとデメリット