貯まったマイルは特典航空券に交換するのが最も効率が良い!

貯まったマイルは特典航空券に交換するのが最も効率が良い!

Photo by hirotomo t

JAL、ANAともマイルの使い道は、さまざまな交換先が思い浮かびます。

  • 特典航空券に変えて、タダ旅行に行くか
  • 商品券に替えるか

しかし、何に変えるかで1マイル=1ポイント=1円の等価と言い切れません。先に結論を言うと、航空会社のマイルは特典航空券に交換するのが、最も効率が良いのです。当たり前ですが。その効率の良さを最大限に生かす方法があります。

2019年度【保存版】年会費無料のおすすめのクレジットカードはこれ! 年会費無料のおすすめのクレジットカード 2019年度版の「おすすめクレジットカード」を集めました。それぞれ特徴が違いますが、年会費無料、高還元率、マイルが貯まる、特定の店舗でポイントが一気に貯まる、旅行傷害保険が付いているなど特典の多いおすすめのクレジットカードをまとめました。 この記事を読む ANAとJALのマイルの有効期限は? ANAとJALのマイルの有効期限は? あれ?マイルの有効期限いつだっけ?と思ってログインしたらあと3ヵ月後だった!というのもあります。有効期限が切れていたって事もあるかもしれません。 そこで、ANAとJALのマイルの有効期限をまとめてみました。まー答えを先に書くと3年間なんですが。 この記事を読む

マイルを貯めるのも航空機の利用が最も効率的

マイルの交換をする前に、マイルを貯める最も効率的な方法を書きます。JAL、ANAともにマイルの交換先は、パートナー企業のポイントや電子マネーにも交換できます。最近、航空会社とこの分野の提携が、ますます増えていくことが予想されます。あらゆる分野で互換性が高まっています。

実際にこんな現象も起きています。

・マイルを貯めても飛行機に乗らない人
・飛行機に乗らなくても、マイルが貯まる人(通称・陸マイラー)

まず、航空会社のマイルとパートナー企業とのポイント交換は、1万マイル=1万ポイントのケースが多くあります。なので、1万マイルを基準にします。航空機の利用以外に、陸での買い物で1万マイルを貯めるために使う金額は、80万~100万円が目安になります。

単純に航空機の利用だけで1万マイル相当を貯めるには、主に以下の方法があります。

【マイルを貯める その1 国際線】

航空会社 往復 料金 貯まるマイル
JAL 成田⇔ロス 236,000円 10,916マイル

【マイルを貯める その2 国内線】

航空会社 往復 料金 貯まるマイル
JAL 羽田⇔新千歳 29,000円 1,020マイル

1,020マイル×10往復で10,200マイル=29万円

国内線だと10,000マイル貯めるのに約29万円かかります。上記をまとめると、こうなります。

【1万マイルを貯める効率順の目安】

1)国際線を利用すると、23万6,000円相当でOK
2)国内線を利用すると、29万円相当でOK
3)航空機を利用しない「陸の買い物」だと、80万~100万円かかる

実際に持っているクレジットカードのランクや、空席具合で料金に変動があるのですが、国際線が1番マイルの価値が高いと判断できます。

国際線はダイナミックセイバー7プレミアムで計算
国内線は特便割引3で計算
曜日と時間で料金は変わってきます

マイルを交換するなら国際線のファーストクラスが最も効率が良い

貯まったマイルはファーストクラスの航空券に交換するのがお得!

貯めたマイルは、特典航空券に交換するのが最もお得になります。特典航空券に交換した場合、航空券の料金換算で1マイル=最低でも約2円以上の価値になります。

その他のパートナー企業の商品やポイントに交換すると、1マイル=1円相当になります。JALやANAのホームページでは、1万マイル=1万円相当の商品やサービスとの交換になるケースが多くあります。

それでは、特典航空券に交換することを決めました。なにが一番いいのか。
マイルを貯めるのは、国際線が効率が良いと前述しました。マイルを特典航空券に交換するのも、実は国際線が1番おいしいです。クラスが上がれば上がるほど、換算率も良くなります。

【ANAの東京・成田⇔米国・ニューヨークのファーストクラスのマイル換算率】

某年某日の往復で約202万円でした。特典航空券に必要なマイル数は15万マイルです。

1マイル当たりの換算率は「202万円」÷「15万マイル」=マイル換算率13.5円

【ANAの東京・成田⇔米国・ニューヨークのビジネスクラスのマイル換算率】

某年某日の往復で約84万(フレックスプラス)でした。特典航空券に必要なマイル数は8万5,000マイルです。1マイル当たりの換算率は「84万円」÷「8万5,000マイル」=マイル換算率9.9円

ちなみに、国内の特典航空券は2円前後になります。

ファーストクラスの特典航空券は現実的には、ハードルが高いのですが、ビジネスクラスなら比較的、達成しやすいかと思います。時期や路線によっては、換算率が軽くマイル換算率が10円を超えます。

初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ 初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ 「ANAカード」と言ってもかなりの種類があります。今回はANA一般カードからプラチナカードの年会費、ボーナスマイル、フライトマイルや付帯サービスなど、全てのカードを簡単に分かりやすく紹介します。 この記事を読む

まとめ

国際線のビジネスクラス以上になると、非常に使い勝手があります。ハワイやグアムなどの観光地では、ビジネスクラス以上になると、搭乗手続きがほぼスル―です。これがエコノミーになると、1時間以上も待たされるケースが出てきます。

ハワイの家族旅行などでは、マイルで全員分のエコノミー→ビジネスへのアップグレードも可能です。この場合のマイル換算率も、状況によっては10円以上になるケースが出てきます。貯まったマイルはぜひ無料の航空券に変えて旅行に行きましょう。

このコラムにおすすめのカード

JAL 普通カード

満足ポイント 4.4

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.9

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA ワイドカード

満足ポイント 4.4

年会費7,250円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

このページをシェアする

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ

おすすめクレジットカード比較

ジャンル別 最新コラム

キャンペーンのコラム

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進

イオンがワオンポイントを2倍に変更。キャッシュレスを推進!

年会費無料のコラム

クレジットカードの作り方

【初心者】クレジットカードの作り方を簡単解説!2019年版

Amazon・楽天のコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

ポイントのコラム

楽天カードでENEOSの特約店ポイントが変わる

ENEOSの特約店ポイントが変わる!楽天カードが還元率が2%から1.5%へ

マイルのコラム

マイルカードとポイントカードのどっちがいい?

クレジットカードを作る時にマイル系カードとポイント系カードで悩んでいます

空港のコラム

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

カーシェアの走行距離が1キロごとにJALマイルが貯まる

ゴールドカードのコラム

アメックスは誰でも作れる?アメックスの審査を解説

アメックスグリーンは誰でも作れる?カードの特典とアメックスの審査を分かりやすく解説

飲食のコラム

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大は4.5%まで伸びる

マクドナルドで還元率2.7%になる方法。最大4.5%まで伸びる

コンビニのコラム

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

2019年8月から期間限定TポイントがPayPayに変わる

旅行保険のコラム

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

実際に旅行保険で支払われるものってなに?

学生のコラム

学生にメリットのあるクレジットカード

今年から大学生。どんなクレジットカードを作れば良いでしょうか!最新トリセツ。

その他のコラム

paypay(ペイペイ)の使い方とメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)とは?これから使う人は必見です。ペイペイのメリットとデメリット