世界の空港ラウンジを運営する「プライオリティ・パス」とJALが業務提携

世界の空港ラウンジを運営する「プライオリティ・パス」とJALが業務提携

Photo by juandazeng


プライオリティ・パスと日本航空(JAL)が業務提携することで合意しました。「プライオリティ・パス」は、世界最大規模の空港ラウンジ・アクセス・プログラムです。

「プライオリティ・パス」を保有すると、世界各地の空港ラウンジが無料で利用できます。特に海外出張や海外旅行が多い人にとって、大変重宝します。

今回のJALとの提携で、ますます利便性が高まりました。

JALの40,000マイルと1年間の「プライオリティ・パス」が交換できる

2016年10月6日にプライオリティ・パス社から、JALとの業務提携が発表されました。内容は、JALの40,000マイルと1年間の「プライオリティ・パス」との交換です。同サービスは既に10月5日からスタートしています。

国内の航空会社で、このような交換サービスを始めたのはJALが初めてです。今後の動向に注目されます。

【プライオリティ・パスとJALの業務提携の詳細】

サービス開始日:2016年10月5日から
サービス内容:1年間の「プライオリティ・パス」がJALマイルの40,000マイルと交換できる
利用方法:手順
 1.特典交換後に「JALとっておきの逸品事務局」から登録済のメールアドレスに返信がある
 2.「プライオリティ・パス」発行に必要なインビテーションコード、手続き内容を確認
 3.専用サイトで上記の必要事項を記入すると、数週間で「プライオリティ・パス」が届く
利用期間:登録時から1年間

【プライオリティ・パスで利用できる海外空港ラウンジ】

  • 世界400の国・地域の空港で950カ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる
  • ラウンジ内は無料のフリーでドリンク、アルコール、軽食の利用ができる
  • ラウンジ内はWi-Fiなどの通信環境が整備され、FAXなども完備してビジネス機能も有する
  • シャワーや仮眠室なども完備しており、出張や旅行の疲れを癒やせる

一部ラウンジを除く

海外の空港ラウンジの威力はすさまじいのです。例えば北京首都国際空港では、質の高い中華料理の数が多く、チャーハン、炒めもの、小龍包など盛りだくさん。軽食といえるレベルをはるかに超えています。

世界各地の空港ラウンジでも、北京首都国際空港は抜きん出た存在です。ラウンジ内は、エアチャイナのファーストクラスの乗客が利用しているので、優雅な雰囲気も漂っています。清潔なシーツが張り詰められたベッドがある仮眠室まで用意されています。

「ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」を利用するには?
「ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」を利用するには?

「ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」の利用条件を公開。ファーストクラスのチケットを持っている、もしくはANAのダイヤモンド会員でないと入ることの出来ない「ANAスイートラウンジ」。レストラン"DINING h"にはレストラン専属のスタッフが常駐。写真の食べ物は全て無料。

この記事を読む

「プライオリティ・パス」をゲットするためのアプローチ方法

1年間の「プライオリティ・パス」=JALの40,000マイルは、どのぐらいJAL便に乗れば達成可能なのか?一般的な条件の下、シミュレーションしてみました。

【JAL便で40,000マイル獲得の道(目安)】

▽国内線
1.路線は東京(羽田)-札幌(新千歳)
2.対象運賃は「特便割引3」で往復50,000円とします
3.積算マイルは片道383マイル×2=766マイル

  • 「40,000マイル」÷「766マイル」=約53往復=合計運賃約265万円

▽国際線
1.路線は東京(成田)-米国・シカゴ(オヘア国際空港)
2.対象運賃は「ダイナミックセイバー7(タイプF)」で往復130,000円とします
3.積算マイルは片道3,142マイル×2=6,284マイル

  • 「40,000マイル」÷「6,284マイル」=6.4往復=合計運賃約832,000円

国内線で40,000マイルはハードですが、日本と米国の上記のような例なら往復6.4回分です。企業の国際部門の担当、貿易関連部署の商社マン、自動車メーカーの輸出担当なら、クリアできそうな数字です。

この他に「プライオリティ・パス」をゲットできる方法は、クレジットカードになります。プラチナステータスのカードには、無料で「プライオリティ・パス」が付くケースが多いです。

【プライオリティ・パスが付帯している年会費30,000円以下の主なクレジットカード】

クレジットカード名 年会費(税別)
楽天プレミアムカード 10,000円
JCBゴールド ザ・プレミア 15,000円
MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード 20,000円
セゾンプラチナ・アメックス・カード 20,000円
SBIプラチナカード 30,000円
どうやればJALの「サクララウンジ」に入れるのか!?
どうやればJALの「サクララウンジ」に入れるのか!?

「サクララウンジ・・・」響きの良い言葉です。 どうすれば、この「サクララウンジ」が利用できるのか!? もちろん普通のクレジットカードでは利用は出来ません。ゴールドカードを持っていても 利用出ません。普通のゴールドカードなどで入れるのは「カード会社提携のラウンジ」のみになります。

この記事を読む

まとめ

通常、JAL便で年間40,000マイルを利用する人なら、すでに高確率で「プライオリティ・パス」を保有しています。今回の「プライオリティ・パス」とJALの提携で、どのぐらいの人が交換するのか気になるところです。

「プライオリティ・パス」は、年間の利用制限がない「プレステージ会員」が399USD(約40,000円)です。「スタンダード会員」は年会費99USDで、1回のラウンジ利用料が27USDかかります。

そう考えると、上記のクレジットカードを取得するのが最も得です。ただ、JALマイルの交換先が増えたことは、ユーザーにとって歓迎すべき点です。

このコラムにおすすめのカード

楽天プレミアムカード

満足ポイント 4.4

年会費10,000円(税別)
還元率1.0%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JAL 普通カード(VISA/Master)

満足ポイント 4.1

年会費無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JAL CLUB-Aカード(VISA/Mater)

満足ポイント 4.1

年会費10,000円(税別)
還元率1.0%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JAL CLUB-Aゴールドカード(VISA/Master)

満足ポイント 4.1

年会費16,000円(税別)
還元率2.00%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集