Amazonで月額980円。本読み放題がついに日本でも開始!

Amazonで月額980円。本読み放題がついに日本でも開始!

ついに日本にも上陸しました!!しかも予想より早くの上陸です。

米国Amazonが日本で新サービスの電子書籍「Kindle Unlimited」(キンドル・アンリミテッド)を日本で8月3日から開始しました。

米国では2014年7月にスタートしており、これまで11カ国でサービスをしています。日本でのサービス開始を待ち望んでいたユーザーも数多くいました。

そんなキンドル・アンリミテッドの詳細を見ていきます。

超お得!月額980円(税込)で読み放題

【キンドル・アンリミテッドの詳細】

料金:980円(税込)
種類和書12万冊以上洋書120万冊以上が読み放題
試読:最初の30日間は無料で利用することができる

和書は書籍が8万冊以上で、コミックも3万冊以上をそろえています。この他、雑誌も200以上、国会図書館の書籍もあります。参加している出版社は大手など100社以上となっています。

キンドル・アンリミテッドは、かなり使えます。従来のAmazonの電子書籍端末「キンドル」のユーザー以外にも、さまざまな端末に対応します。アプリをダウンロードすれば、以下の端末で利用することができます。

  • iPhone
  • アンドロイド
  • タブレット
  • パソコン

利用する端末を選ばないため、利便性が飛躍的に向上しました。読書離れが進んでいる現状打破のため、たくさんの端末で利用できるのがサービスのキーワードになります。専用の端末オンリーでないところが、大きなメリットになります。

加えて、詠み放題のため、料金体系を1本に絞ることができ、分かりやすくしています。多くのユーザーを取り込む要素が満載です。

 

【キンドル・アンリミテッドに参加している主な出版社】

  • 講談社
  • 小学館
  • 文藝春秋
  • 新潮社
  • 幻冬舎
  • 光文社
  • 秋田書店
  • 東京創元社
  • ダイヤモンド社
  • 東洋経済新報社

さすがに新刊をリアルタイムでリリースするケースは少ないですが、1~2年以内の話題作やベストセラーをきっちりカバーします。一度に10冊までダウンロードすることができます。

Amazonが電子書籍普及の起爆剤になるのか!?

電子書籍は、国内で複数のサービスが展開されています。しかし、会員数が順調に増えている状況とはいえないのが実情です。

書籍関連のサービスは、なんといってもユーザーのニーズをピンポイントでつかむのが難しいのです。このため、多くの書籍をライナップして、顧客ニーズを満たしていくしか方法がありません。

  • Yahoo!ブックストア(読み放題) 400円(税別) 
  • NTTドコモ「dマガジン」     400円(税別)
  • ソフトバンク「ブック放題」   500円(税別)

これらのサービスは、2~10万冊前後の保有書籍とあって、キンドル・アンリミテッドより小規模です。同じように読み放題のシステムも採用していますが、ラインナップ数が読者ニーズをつかむ生命線になります。さらに、著作権の問題もあり、蔵書を増やしていくのは大変な作業になります。

気になるのは年会費3,900円の有料サービス「Amazon・プライム」との連携です。プライム会員は動画の「プライム・ビデオ」や音楽の聴き放題「プライム・ミュージック」が、年会費だけで利用できます。

現状ではプライム会員であっても、キンドル・アンリミテッドを利用するには、980円(税込)の料金がかかります。いずれにせよ、Amazonが日本で開始したキンドル・アンリミテッドは話題性があります。今後のキンドル・アンリミテッドの会員数の増加など、明るい材料があればプライム会員への優遇に期待が持たれます。

30日間は無料で試すことができるので、まずは気軽に読書をしてみることをおすすめします。


おすすめ比較特集