愛知県の県税がクレジットカード納付出来るようになりました。GMO-PGのサービスを提供

愛知県県税のクレジットカード納付にGMO-PGのサービスを提供

Photo by Ian Chen


愛知県民さんに朗報です!

GMOペイメントゲートウェイ(本社・東京都渋谷区、相浦一成社長=以下GMO-PG)は、愛知県県税のクレジットカード納付のサービスを始めました。2016年10月3日から「愛知県県税クレジットクレジットカードお支払いサイト」の制作・運営をスタートしました。

GMO-PGでは東京都、福岡市、大阪府などの自治体に、クレジットカード納付のサービスを提供しています。今後も多くの自治体でサービスを展開していく予定です。

クレジットカードによるキャッシュレス化が、ますます加速していきます。

愛知県で13税目のクレジットカード納付サービス

愛知県では2014年5月から、自動車税(定期課税納期内納付分)のクレジットカード納付を開始しています。2016年10月3日から個人事業税、不動産取得税などをクレジットカードによる税目が一気に13税目に増えました。

キャッシュレス化の背景には、2020年の東京五輪を見据えた政府の成長戦略があります。政府方針で公的納付時の電子化の普及も、成長戦略の指針にしています。今後は地方税を含め、公的料金などのクレジットカード決済が、増加傾向していきます。

【GMO-PGの税金用クレジットカード決済・納付サイト運営サービスの特徴】

  • 利用できる国際ブランドはVISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースクラブ
  • 取り扱っている自治体は東京都、福岡市、大阪府、愛知県
  • 公的料金の取り扱いは日本年金機構、国民年金保険料など

【GMO-PGがサービスを提供している公金・公共料金の支払い】

▽東京都
 ・自動車税
 ・各種税金
 ・水道料金

▽愛知県
 ・自動車税
 ・各種税金

▽大阪府
 ・自動車税

▽福岡市
 ・各種税金
 ・水道料金

▽札幌市
 ・水道料金

GMO-PGは2006年の地方自治法改正後、多くの自治体にクレジットカード決済のサービスを提供してきました。2007年に自治体・公共機関に向けたクレジットカード決済サービスの提供を開始して、2011年には決済サービスに加え、納付サイトの制作・運営を始めました。

税金などをクレジットカードで納付した場合のメリットとデメリットとは

税金をクレジットカードで納付できるのは非常に便利でスムーズです。パソコンがあれば、自宅で24時間いつでも納付できます。わざわざ通勤や帰宅途中のコンビニ、金融機関に立ち寄って納付する必要もありません。

ただし、利便性がある一方でデメリットもあります。クレジットカードによる税金納付のデメリットも、しっかり理解して利用の可否を決めるのが大切です。

【メリット】

  • 手元に現金がなくても納付できる(一部限度額がある)
  • 納付日が迫ってもパソコンなどで簡単に決済できる
  • 納税のため店舗や金融機関に出向く必要がない

【デメリット】

  • 現金納付と違い手数料がかかる
  • セキュリティーや情報漏えいの危険性がある

デメリットの中で、最も気になるのは「手数料」を取られることです。通常はクレジットカード会社が加盟店(自治体)に、1~10%の手数料を課します。しかし、クレジットカード会社の利用規約では、加盟店が客(納税者)に手数料を上乗せして請求することを禁止しています。これが、愛知県を含む自治体には許されていることになります。

【愛知県のクレジットカード納付による手数料】

納税通知書・納付書の合計額 手数料
1円~10,000円 73円(消費税込78円)
10,001円~20,000円 146円(消費税込157円)
20,001円~30,000円 219円(消費税込236円)
30,001円~40,000円 292円(消費税込315円)
40,001円~50,000円 365円(消費税込394円)

以降、納税通知書・納付書の合計額が10,000円増えるごとに決済手数料73円(消費税別)が加算されます。

実際にクレジットカードで納付した場合、現金払いに比べて損するケースを多いです。ポイント還元率0.5%のカードで10,000円を納付すると、以下のような計算式になります。

  • 「税額10.000円」+「手数料78円」-「ポイント還元50円」=10,028円

現金納付よりも28円余計に支払うことになります。なので、このケースで税金をクレジットカードで支払うなら、ポイント還元率が0.78%以上でなければ損します。ただ、JCBカードのようにカード利用額に応じてポイント還元率が上がっていくような場合は、見極めが必要になります。その方が得をする場合もあるためです。

東京都では、納税者の手数料の支払いについて以下のような見解を示しています。

クレジットカードによる都税の納付をご利用の場合、
利用額に応じた「ポイントサービス」等の利益還元が行われることが多いこと等、他の納付方法にはない利益が発生します。

そのため、クレジットカード納付を選択した納税者様には、他の納付方法をご利用の納税者様との公平性の観点からクレジットカード納付による立替払システムの利用料として、
利用額に応じた手数料を負担いただいております。

引用元:東京都主税局

まとめ

愛知県でも税金のクレジットカード納付が増強され、ますます利便性が高まりました。クレジットカード1枚で税金の納付ができるのは、ひと昔前なら考えられませんでした。

手数料とポイント還元率を勘案して、カードを利用すれば損する場合は無理して利用するべきではありません。ポイント還元率が1.0%以上のカードなら、積極的に利用することをおすすめします。

税金の納付で得するクレジットカードは、かなり限られてくるのが実情です。

このコラムにおすすめのカード

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集