いまさら聞くけど、VISAってなに?


いつも当たり前に聞くVISAですが、「三井住友の何か?」と思う人も多いかもしれません。さらに、VISAとMasterはワンセットの同じモノ?と勘違いもあるかと思います。今回はこれを簡単に解説していきます。

米国に本社のあるVISAはクレジットカードの複数ある決済システムの一つにすぎません。VISAについて整理してみます。

VISAはクレジットカードを発行してません

例えばAさんとBさんでこんな会話があるとします。

Aさん:「Bさんはどこのクレジットカードを持っているの?」
Bさん:「VISAだけど」

この会話は全く不自然ではありませんが、質問の意図によってはトンチンカンになってしまいます。

Aさんの意図は次の2通りに考えられるからです。

1)…「Bさんはどこの(国際ブランドの)クレジットカードを持っているの?」
2)…「Bさんはどこの(発行会社の)クレジットカードを持っている?」

Aさんの意図が1)のケースなら、Bさんの答えは正しくなります。2)の場合はBさんの答えが間違いです。VISAはクレジットカードを発行していないからです。

少し専門用語が多いので、国際ブランドと発行会社の違いを説明します。

国際ブランドとは、世界中で決済が出来るシステムを提供している会社になります。カードの右下にあるマークがそれです。国際ブランドは現在世界で5社になります。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメックス
  • ダイナース

発行会社とは、クレジットカードを発行している会社になります。なじみのある所で言いますとこんな感じになります(ほかにもいっぱいあります)

  • 三菱UFJニコス
  • 三井住友カード
  • クレディセゾン

発行会社は、入会審査や請求、特典の提供や会員サポートなどを業務としています。VISAは「イシュア」(カード発行会社)ではなく、決済システムを表す国際ブランドの名称になります。決済システムを銀行、航空会社、ホテル、流通などの各企業と提携・ライセンス契約し、カードを発行してもらっています。つまり自社でカードを発行しておりません。

おさらいになりますが、5大国際ブランドのカード発行形態は以下の通りです

【発行会社でもあり、決済システムを提供している国際ブランド】

  • JCB
  • アメックス
  • ダイナースクラブ

【決済システムのみを提供している国際ブランド】

  • VISA
  • MasterCard

VISAとMasterCardは、なぜイシュアではないのでしょうか。(イシュア=カード発行会社)。この2つの国際ブランドは、日常生活で使うことを目的とした性質があるからです。世界のどこの国・地域でも、幅広く利用できることが第一にしなければなりません。

VISAは世界で最も利用できる店舗数(4,000万店)を持ち、門戸を広げて提携やライセンス発行を世界各地で広げてきました。MasterCardは、VISAと同じ加盟店開拓のシステムを採用し、ほぼ同じ利便性を持ちます。

JCB、アメックス、ダイナースクラブはT&F(トラベル&エンターテインメント)カードと呼ばれています。

三井住友VISAカードの簡単まとめ 三井住友VISAカードの簡単まとめ 「三井住友VISAカード」は、いろいろ種類があります。今回、いざ作る時に、どれにしようか迷う人のために、簡単にまとめてみました。 この記事を読む

世界最大の会員数を誇るVISAの特徴

世界で1番の会員数を誇るVISAの特徴を詳しく紹介します!

VISAと「提携・ライセンス発行」を受けたカードの世界の会員数は20億人ともいわれています。asterCardは約10億人です。JCB、アメックス、ダイナースクラブの3国際ブランドは、合わせても3億人程度です。VISAの売り上げは、クレジットカード界全体の半数近くを占めます。

そんなVISAの歴史を見てみます。

1958年:バンク・オブ・アメリカが「BANK AMERICARD」を設立
1968年:日本の住友クレジットサービスがVISAカードを発行
1976年:現社名のVISAに変更

住友クレジットサービス(現三井住友VISAカード)が英国に次いで、米国以外の企業として2番目にVISAカードを発行しました。

【日本国内でVISAから直接ライセンス発行を受けている主な会社】

リボ払いでポイントが2倍以上になるカードのまとめ リボ払いでポイントが2倍以上になるカードのまとめ リボ払いはイヤだけどポイント2倍はおいしい。でも「リボは金利かかるし」と思う人も多いはず。自分は「ANA VISA 一般カード」を来月からリボに変更しようと企んでおります。もちろんポイントが2倍狙いのためです。ちなみにですが、計算をすると手数料は13円でした。計算式は下に書いています この記事を読む クレジットカード払い・電子マネー払いができる大手ファミレスまとめ クレジットカード払い・電子マネー払いができる大手ファミレスまとめ 全国各地に展開している大手のファミレスは、大変重宝する存在です。出張、旅行などで見知らぬ地域に行っても、食事で大失敗はありません。長期の出張では、かなりの頻度でファミレスで食事をすることもあるかと思います。 ふと、思った... この記事を読む

まとめ

少しはVISAに対する認識が変わったと思います。日本でVISAブランドを代表するクレジットカードが「三井住友VISAカード」になります。「VISA」は三井住友のブランドと思っている人も多いかと思いますが、それは誤解で、住友が昔からVISAと提携していたので、そういうイメージだったのかもしれません。

今では日本を代表する「三井住友VISAカード」になっています。この知識を身につけると、のちのち役立つことも出てきます。

クレジットカードの仕組みを理解すると、損することはありません。例えば、国際ブランドを重複させないのは、リスク管理、利用限度額を増やすうえでも重要です。

今回のVISAに関する知識があれば、応用できる範囲になると思います。

このコラムにおすすめのカード

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友VISAゴールドカード

満足ポイント 4.5

年会費10,000(税別)
還元率0.5%~1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.3

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

MICARD(エムアイカード)

満足ポイント 4.2

年会費初年度無料
還元率0.5%~10%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

おすすめ比較特集